竹島問題の歴史

23.10.07

鬱陵島検察使のこの地図は、子山嶋をあらわしているか?

Gerryの投稿の日本語訳です。原文はこちら ↓
Inspector's Map of Ulleungdo Shows Jasando (子山嶋)?

左の写真は、朝鮮時代の鬱陵島検察使の一人がが描いた鬱陵島の地図です。 制作年は不明ですが、韓国の放送局であるKBSが放送した李奎遠の特集番組に出て来たものです。KBSのウェブサイトに登録していれば、視聴が可能です 。大変面白いものでした。17分38秒当たりにこの地図がでてきます。

とにかく、この地図で、鬱陵島の周囲にある岩礁が実際より大きく強調されていることにお気づきでしょうか。鬱陵島の東海岸を見ると、子山嶋と書かれている島があるようです。これは于山島の漢字間違いです。この島が竹嶼なのか、観音島なのか分かりませんが、確かに子山嶋と書かれているようです。韓国側は、于山島が"独島"(竹島/Liancourt Rocks)の古名である、と主張していますが、韓国の古地図は于山島が鬱陵島の隣接島である竹嶼である事を示しています。何故韓国で出版される本やウェブサイトにこの地図が載っていないのでしょうか?

ところで、このビデオの中で、KBSのレポーターは待風軒 (Daepungheon)の男性にインタビューしています。この建物は、慶尚北道蔚珍郡の邸山浦にある建物で、李奎遠やその他の鬱陵島検察使が鬱陵島へ渡る為に順風を待つ為に滞在したまさにその場所であるようです。そのインタビューの中で、今は公民館になっている建物のこの男性は、鬱陵島検察によってなされた文書をいくつか見せていました。その男性は、以前はもっとあったのだが、数十年前にわざと燃やしてしまったのだと言います。どう言う理由で歴史的文書を燃やしてしまったりするのか、想像も出来ません。李政権や朴政権は何かを隠したかったのでしょうか?

No comments:

Post a Comment