竹島問題の歴史

1.9.12

1876/77 - Watanabe Kouki's "Opinion on Matsushima - 2"

Watanabe Kouki (渡辺洪基) was the Director of the Bureau of Documents in Japan's Ministry of Foreign Affair in 1876 when he wrote the opinion below on the location of an island referred to as "Matsushima" in a petition by Mutoh Heigaku (武藤平学), who wanted permission to develop the island. The opinion is Director Watanabe's second opinion on the island. His first opinion can be found HERE. Both opinions were included in an 1881 Japanese Ministry report entitled "A Study of Historical Evidence of Takeshima" (竹島考証).

The Japanese Foreign Ministry was confused as to the location of the Matsushima mentioned in Mutoh Heigaku's petition not only because the island described sounded similar to the Korean island of Ulleungdo, which the Japanese referred to as Takeshima, but also because Matsushima was the name of an island near Japan's Oki Island that the Japanese referred to as "Oki's Matsushima" (隱岐ノ松島) and Western maps referred to as either Liancourt Rocks or Hornet Rocks.

Moreover, the British added to the confusion when the captain of the Bristish ship "
HMS Argonaut" lost a rudder near Ulleungdo in 1789 and mismapped Ulleungdo's location as 37º 32' N and and 129º 50 E, resulting in many Western maps showing the non-existent island of "Argonaut" about 109 kilometers to the northwest of the real Ulleungdo, which was referred to by many Western nations as "Dagelet Island." This map confusion lasted through most of the 1800s.


Then in 1840, a map by Philipp Franz Balthasar von Siebold HERE was published that added to he confusion by co-labeling the non-existent island of Argonaut as "Takeshima," which was the Japanese name for Ulleungdo, and the real Ulleungdo as "Matsushima," which was the Japanese name for Liancourt Rocks. Dr. Siebold seems to have mistakenly shifted the names he saw on Japanese maps up from Ulleungdo and Liancourt Rocks to Argonaut and Ulleungdo, respectively.
Opinion on Matsushima - 2 
I have heard that Matsushima (松島) and Takeshima (竹島), called Ulleungdo in Korea, are just two names for the same island. However, I have also heard from the former Governor of Tottori Prefecture that there are, indeed, two islands. According to writings by Toda Takayoshi (戶田敬義), Katou (加藤), and Ken Kanamori (金森謙), there is an island called Takeshima about 40 ri to the north of the West Island (西島) of Oki’s Matsushima (隱岐松島) . [West Island is just a small island of Matsushima that islanders call “Next Island” (次島).] Also, it is said that Takeshima is about 140 ri  by ship from Yonago in Hoki Province (伯州米子). They say that you can sail from Yonago to Izumo (出雲) and then on past Oki’s Matsushima (隠岐松島) to reach Takeshima (Ulleungdo).
However, it is also written that it is about 60 ri by ship from Oki’s Fukushima (福島), also called Fukuura (福浦), to Matsushima, and then about 40 ri from Matsushima to Takeshima. Moreover, it is about 40 ri from Takeshima on to Korea. This is based on the story of an old man who in 1724, the 9th year of Kyoho (享保), testified that he had sailed there several times. When asked he said, “The distance from the village of Mitsuyanagi of Hamanome (濱野目・三柳村) in Aimi County (會見郡) of Hoki Province (伯州) to Oki’s Dogo Island (隠岐ノ後島) is between 35 and 36 ri. Using this distance one can guess the distance from Takeshima to the mountains of Korea to be about 40 ri.” Based on this, there definitely seems to be two islands. 
If we look at Western texts, the British “Imperial Gazetteer” says that Dagelet Island (pronounced as “Dazera”),  that is Matsushima, is an island in the Sea of Japan that is situated between the Japanese Archipelago and the Korean Peninsula. Its northwest corner is at 37º 25' N and 130º 56' E (Greenwich means). It was named by La Pérouse in 1787. It has a coastline of sheer cliffs and is approximately 9 ri around. It is covered by dense forest up to its highest point.Also, “Lippincott’s Pronouncing Gazetteer of the World  says that Dagelet is a small island in the Sea of Japan that is exactly between Japan and Korea. It has a circumference of 8 ri and is positioned at 37º 25' N and 130º 56' E. If you look this up on a map, the location of the island labeled as Dagelet, or Matsushima, on the British Navy’s nauticalchart seems to be at the same position in both books.
The British “Royal Atlas”; the “Atlas Universel,” by Brué of France; “Map of Japan and Korea” by James Wyld, geographer to the British Queen; “Map of Asia” by Kiepert of Germany; 1875 Gotha:  Stieler Atlas”; a map by the Geographische Institu in Weimar all show the island of Dagelet in the same position.It is said an island is drawn with dotted lines, except on the British nautical chart, at 129º 57' E and 37º 50' N and labeled “Argonaut” or “Takeshima.” The island is also clearly shown at the same position on a map of the Russian Mapping Bureau.

Also, in the text of Ken Kanamori (金森謙), it is written that Takeshima has a circumference of 15 ri. Moreover, it you add up all the measurements done by Toda Takayoshi (戶田敬義) 
 on his map, they total about 23 ri. (That includes all the ins and outs of the shoreline.) That circumference is more than just a little different than that of Matsushima, or Dagelet. On the south corner of the map is drawn an island that has a circumference of about 1.5 ri. That island is probably Uindo (于人島) [Uindo (于人島) probably a misspelling of Usando (于山島)].
However, Matsushima and Takeshima are two islands, and since Matsushima is closer to our country than Takeshima, Korea also cannot oppose our saying Matsushima is part of Japan.

And regarding the importance of the island, it is situated almost midway between Japan and Korea. It is on the sea route from our San’in (山陰) region to Korea’s Yeongheung-bu (永興府), namely Port Wonsan, in Hamgyeong Province (咸鏡道
),. When traveling from Nagasaki to Port Vladivostok, one must pass it, which means it is many times more important than Takeshima. Moreover, it has frequently caught the attention of such countries as English and Russia. It is known in this way by several other countries.
 
However, in our country it is unknown if Matsushima and Takeshima are two islands or one. Accordingly, we do not know if it is part of Korea or not. If a foreign country were to ask, we would not know how to answer. If we decide it does belong to our country, we must show obligation to it. If we decide it belongs to Korea, we do not know how foreign countries will react, so we must be careful. We must try reflecting on this point.

Written by Bureau of Documents Director Watanabe Kouki (渡辺洪基)

225 comments:

  1. Here is the transcription of Watanbe Kouki's 1876 "Opinion on Matsushima - 2":

    松島之議


    松島ト竹島卽チ韓名鬱陵島ハ聞ク所ニ倚ルニ一島二名アルカ如シト雖トモ、舊鳥取縣令ニ聞クニ全ク二島ノ由ト認メ、又戶田敬義加藤金森謙ナル人ノ書ニ隱岐國松島西島[松島ノ一所屬ナリ土俗呼ンテ次島ト云]ヨリ海上道規凡四十里許、北方ニ一島アリ名ヲ竹島ト云フ云云、又伯州米子ヨリ竹島迠海上道程百四十里許アリ、米子ヨリ出雲ニ出テ隱岐ノ松島ヲ經テ竹島ニ到ルナリ、但シ隱岐ノ福島(一謂福浦)ヨリ松島迠海上道程ニ十里許松島ヨリ竹島迠四十里許云云又竹島ヨリ朝鮮江海上道規四十里許ト云此說ハ亨保九年昔屢渡海セル一老叟ニ詰問セラレシ時其答ニ伯州會見郡濱野目三柳村ヨリ隱岐ノ後島江三十五六里アリ此遠見ノ考ヲ以テ竹島ヨリ朝鮮山ヲ見レハサシ遠ク見レハ凡ソ四十里許リト云フニ因ル云ニ是ヲ以テ考フレハ二島アル事瞭然タルカ如シ、洋書ニ就テ按スルニ英ノインパリヤールガセツトルニダケレツト(ダゼラト音ス)島卽松島ハ日本海ノ一島ニシテ日本島ト朝鮮半島ノ間ニアリ、其西北ノ點北緯百三十七度二十五分東經[グリーンチトツチヨリノ算]百三十度五十六分一千七百八十七年ラペルーズノ名クル所周圍九里海巖ハ絶壁之ヲ境シ、其最高處ニ至ルマテ樹木森森タリ」又クワピンコツト著プロナヲンシンク、ガセフテル、ゼヲールルド」ニダゼラハ日本海ノ小島ニシテ日本朝鮮ノ殆ント中間ニアリ、周圍八里北點北緯三十七度二十五分、東經百三十度五十六分」トアリ、之ヲ地圖ニ徵スルニ英海軍測量圖載スル所ダセラ卽チ松島ト題セル者其地位二書ニ載スル所ノ如シ、英ノロヤールアトラス、佛ブルーエノ大圖、英女王地理家ゼイムスウイルドノ日本朝鮮ニ日耳曼ヲーペルス亞細亞國千八百七十五年ゴツタノスチールスノアドラス、ウアイマル、地理局ノ圖皆ナ同地位ニダゼラ島ヲ置キ、英測量圖ニハ點線ヲ以テ限ルモノノ外ハ東經百二十九度五十七八分、北緯三十七度五十分ニアルゴナウト卽竹島ト題シタル者ヲ置テ、魯西亞ノ地圖局ノ圖ニモ同處ニ之ヲ慥力ニ置テ、又金森謙ノ書ニ竹島周圍大凡十五里トアリ、又戶田敬義ノ圖私船ノ測量ヲ總計スレハ二十三里餘トナル[尤曲屈出入ヲ合セ沿岸]去レハ彼松島卽チ「タゼラ」島ノ周圍ト異ナル事少少ナラス、而シ圖中南隅ニ一里半周圍ノ一島ヲ載ス、是于人島ナルベシ、眞圖ニ就テ測量スルニ、隱岐島ト松島竹島朝鮮ノ距離凡ソ符合ス、サレハ松島竹島ノ二島ナルハ殆ソト判然タリ、唯我國ノ書ニ竹島之事ノミ多クシテ松島ノ事ナキハ大小貧富ノ差ヨリ竹島ニ往來スルノミニシテ、且朝鮮トノ爭論モ竹島ニノミ關係シタル故ト思ワル、此島ノ外國ノ認ムル處ヲ圖ニ徵スレハ英國ノ諸圖ハ對馬島ト合セテ朝鮮ノ色トシ、佛モ亦同シ日耳曼ゴタ、スチーレルスノ圖ニハ對馬ト合セテ日本色トシ、唯ウアイマルノ地理局圖ノミ對馬ヲ以テ日本色トシ、松島竹島ヲ朝鮮色トテ、英佛ノ對州ヲ合セテ朝鮮色ニセシハ對馬旣ニ日本版圖ニ相違ナケレハ、隨テ松島竹島モ其色ヲ變セン、卽チスチーレルノ圖ハ此結果ナルヘシ、況ン哉松島竹島ヲ以テ傳フ其語ハ日本語ナリ、因テ考フレハ此島ハ暗ニ日本所屬ト見○シタルヘシ、偖我國ト朝鮮トノ關係ヲ論スレハ、舊幕府無事ヲ好ムヨリ竹島ヲ以テ唯彼地圖ニ鬱陵島ト均シキト、其地ノ遠近ヲ以テ朝鮮ニ讓與セリト雖トモ、松島竹島ニ島アリ、松島ハ竹島ヨリ我近キ方ニアレハ日本ニ屬シ朝鮮又異論アル能ハス、而シテ其緊要ニ論スレハ同島ハ殆ント日本ト朝鮮ノ中間ニ位シ、我山陰ヨリ朝鮮咸鏡道永興府卽チ「ラサレヲ」港トノ航路ニ當リ、長崎ヨリ「ウラシヲストツク」港、航舶ノ日必近ツク所其緊要ナル所謂竹島ニ數倍ス故ニ今英魯等ノ頻リニ注目スル所トナレリ、而シテ各國ノ認ムル所是ノ如シ然ルニ我國ニテハ松島竹島二島一嶼ノ事判然ナラス、隨テ朝鮮ニ屬スル哉否ヲモ知ラスルナリ、若シ外國ノ問ニ逢フ又答フル所ヲ知ラス、若我物トセン歟之ニ關スル義務ナカルヘカフス之ヲ朝鮮ニ歸セン歟、外國ニ主意セサルヲ得ス、是再考ス所以ナリ。

    記錄局長 渡邊洪基 述

    ReplyDelete
  2. 松島之議

    松島ト竹島、卽チ韓名鬱陵島(→蔚陵島)ハ、聞ク所ニ倚ルニ、一島二名アルカ如シト雖トモ、
    舊鳥取縣令ニ聞クニ、全ク二島ノ由ト認メ、

    又、戶田敬義、加藤、金森謙ナル人ノ書ニ、

    隱岐國松島西島[松島ノ一所屬(→一小屬)ナリ。土俗呼ンテ次島ト云]ヨリ、海上道規凡四十里許、北方ニ一島アリ、名ヲ竹島ト云フ、云云。
    又、伯州米子ヨリ竹島迠、海上道程百四十里許アリ、米子ヨリ出雲ニ出テ、隱岐ノ松島ヲ經テ、竹島ニ到ルナリ。
    但シ、隱岐ノ福島(一謂福浦)ヨリ松島迠、海上道程ニ十里許、松島ヨリ竹島迠、四十里許云云。又、竹島ヨリ朝鮮江、海上道規四十里許ト云。
    此說ハ、亨保(→享保)九年、昔、屢、渡海セル一老叟ニ詰問セラレシ時、其答ニ、伯州會見郡・濱野目・三柳村ヨリ、隱岐ノ後島江、三十五六里アリ、此遠見ノ考ヲ以テ、竹島ヨリ朝鮮山ヲ見レハ、サシ(→少シ)遠ク見レハ、凡ソ四十里許リト云フニ因ル、云ニ(→云々)。

    是ヲ以テ考フレハ、二島アル事、瞭然タルカ如シ。


    洋書ニ就テ按スルニ、
    英ノ「インパリヤール・ガセツトル」ニ、
    ダケレツト(『ダゼラ』ト音ス)島、卽松島ハ、日本海ノ一島ニシテ、日本島ト朝鮮半島ノ間ニアリ。
    其西北ノ點、北緯百三十七度二十五分、東經[「グリーンチトツチ」(→グリーンチイツチ)ヨリノ算]、百三十度五十六分。
    一千七百八十七年、ラ・ペルーズノ名クル所。周圍九里。
    海巖ハ、絶壁之ヲ境シ、其最高處ニ至ルマテ、樹木森森タリ」

    又、「クワピンコツト(→リクピンコット?)」著「プロナヲンシンク、ガセフテル(→ガゼツテル)、ゼ(→「、」あり)ヲールルド」ニ(→「ニ」なし)、「ダゼラ」ハ、日本海ノ小島ニシテ、日本・朝鮮ノ殆ント中間ニアリ。周圍八里。
    北點、北緯三十七度二十五分、東經百三十度五十六分」トアリ。


    之ヲ地圖ニ徵スルニ、
    「英海軍測量圖」載スル所、「ダセラ」卽チ「松島」ト題セル者、其地位、二書ニ載スル所ノ如シ。

    英ノ「ロヤール・アトラス」、佛「ブルーエ」ノ大圖、英女王地理家「ゼイムス・ウイルド」ノ日本朝鮮ニ(→図)、日耳曼「ヲーペルス」亞細亞國、
    千八百七十五年、「ゴツタ」ノ「スチールス」ノアドラス、(→アトラス)、
    「ウアイマル」地理局ノ圖、
    皆ナ、同地位ニ「ダゼラ島」ヲ置キ、

    英測量圖ニハ、點線ヲ以テ限ルモノノ外ハ、東經百二十九度五十七八分、北緯三十七度五十分ニ、「アルゴナウト」卽「竹島」ト題シタル者ヲ置テ、
    魯西亞ノ地圖局ノ圖ニモ、同處ニ之ヲ慥力ニ(→慥カニ)置テ。

    又、金森謙ノ書ニ、竹島周圍、大凡十五里トアリ。
    又、戶田敬義ノ圖、私船ノ測量ヲ總計スレハ、二十三里餘トナル。[尤、曲屈出入ヲ合セ、沿岸]
    去レハ、彼松島、卽チ『タゼラ』島ノ周圍ト異ナル事、少少(→少々)ナラス。

    而シ、圖中南隅ニ、一里半周圍ノ一島ヲ載ス。是「于人島」(テキストには赤い字で「于山島」と直している)ナルベシ。


    眞圖ニ就テ測量スルニ、隱岐島ト松島・竹島・朝鮮ノ距離、凡ソ符合ス。

    サレハ、松島・竹島ノ二島ナルハ、殆ソト(→殆ント)判然タリ。

    唯、我國ノ書ニ、竹島之事ノミ多クシテ、松島ノ事ナキハ、大小貧富ノ差ヨリ竹島ニ往來スルノミニシテ、
    且、朝鮮トノ爭論モ、竹島ニノミ關係シタル故ト思ワル。


    此島ノ外國ノ認ムル處ヲ、圖ニ徵スレハ、
    英國ノ諸圖ハ、對馬島ト合セテ朝鮮ノ色トシ、佛モ亦同シ。
    日耳曼「ゴタ」、「スチーレルス」ノ圖ニハ、對馬ト合セテ日本色トシ。
    唯、「ウアイマル」ノ地理局圖ノミ、對馬ヲ以テ日本色トシ、松島・竹島ヲ朝鮮色トテ、(「テ」は「ス」か)

    英佛ノ對州ヲ合セテ朝鮮色ニセシハ、對馬旣ニ日本版圖ニ相違ナケレハ、隨テ松島・竹島モ其色ヲ變セン。
    卽チ、「スチーレル」ノ圖ハ、此結果ナルヘシ。

    況ン哉(→ヤ)、松島・竹島ヲ以テ傳フ、其語ハ日本語ナリ。

    因テ考フレハ、此島ハ暗ニ日本所屬ト見○シ(→見做シ)タルヘシ。

    偖、我國ト朝鮮トノ關係ヲ論スレハ、舊幕府、無事ヲ好ムヨリ、竹島ヲ以テ唯彼地圖ニ鬱陵島(→蔚陵島)ト均シキト、其地ノ遠近ヲ以テ、朝鮮ニ讓與セリト雖トモ、

    松島・竹島ニ島(→二島)アリ、松島ハ竹島ヨリ我近キ方ニアレハ、日本ニ屬シ、朝鮮又異論アル能ハス。

    而シテ、其緊要ニ論スレハ、同島ハ、殆ント日本ト朝鮮ノ中間ニ位シ、
    我山陰ヨリ、朝鮮咸鏡道永興府、卽チ「ラサレヲ」港トノ航路ニ當リ、
    長崎ヨリ「ウラシヲストツク」港、航舶ノ日、必、近ツク所。其緊要ナル、所謂竹島ニ數倍ス。
    故ニ、今、英魯等ノ頻リニ注目スル所トナレリ。

    而シテ、各國ノ認ムル所、是ノ如シ。

    然ルニ、我國ニテハ、松島・竹島二島一嶼ノ事、判然ナラス。
    隨テ、朝鮮ニ屬スル哉否ヲモ知ラスルナリ(→知ラサルナリ)。

    若シ外國ノ問ニ逢フ、又答フル所ヲ知ラス。
    若、我物トセン歟、之ニ關スル義務ナカルヘカフス(→ヘカラス)。
    之ヲ朝鮮ニ歸セン歟、外國ニ主意(→注意)セサルヲ得ス。
    是、再考ス所以ナリ。

    ReplyDelete
  3. Gerry,

    Below are my ideas of translation. I am not really sure I am right or not because I am not good at English.


    I have heard that Matsushima (松島) and Takeshima (竹島) are just two names for the same island, Takeshima, which is called Ulleungdo in Korea.


    I have heard that Matsushima (松島) and Takeshima (竹島), called Ulleungdo(蔚陵島) in Korea, are just two names for the same island.

    the Governor of Tottori Prefecture
    →the former Governor

    Kyoho (亨保), →享保

    目三柳 → 伯州會見郡・濱野目・三柳村

    that is exactly between Japan and Korea.
    exactly →almost(?)

    and is positioned at 37º 25' N and 130º 56' E.
    “north point of the island”

    It is said an island is drawn with dotted lines
    → Except British navigational chart

    That island is probably inhabited.
    → The island is probably 于人島(于山島).

    On the British map
    → maps

    ReplyDelete
  4. I think Korean translation is a very good one.

    서양 책에 찾아보면 영국의 임페리얼 가제트르에 ダケレツト(『ダゼラ』ト音ス)島、즉 松島는 일본해의 한 섬으로 日本島와 조선반도의 사이에 있으며 그 서북의 점, 북위 137도 25분, 동경(Greenwich means)130도 56분. 1787년 ラペルズ가 이름한 주위 9리의 海巖은 절벽을 경계로 하고, 가장 폰은 곳에 이르기까지 수목이 우거져있다고 했다.

    영국의 로얄 아틀라스, 프랑스 ブルーエ의 大圖, 영국 여왕 지리가 제임스 윌드의 일본, 조선(日本朝鮮図)

    또 金森謙의 책에 竹島 주위가 大凡15리라고 되어 있으며 또 戶田敬義의 지도에 개인 배의 측량을 총계하면 23리 남짓이 된다고 했다[굴곡, 출입을 합한 연안]. 그러면 저 松島, 즉 ‘ダセラ’ 섬의 주위와 다른 것이 적지 않으며 지도에 남쪽 귀퉁이에 주위가 1리 반인 섬 하나가 있으니 이것은 무인도「于人島」(テキストには赤い字で「于山島」と直している)일 것이다.

    ReplyDelete
  5. Gerryさんの韓国語翻訳と日本語テキストの起こしは、次のサイトのものではないかと思います。

    http://koreanlanguagenotes.blogspot.jp/2006/06/what-is-history-of-ulleungdo-ch-12.html

    またこれとは別に、以下のサイトに、日本語の起こしがあります。ひらがなで起こしています。
    http://take8591.web.fc2.com/06web/1881kosyo/030sita/3000.htm
    http://take8591.web.fc2.com/06web/index.html
    (竹島考證 下)


    田中邦貴さんのもともとのサイトは以下のところです。
    http://www.geocities.jp/tanaka_kunitaka/takeshima/
    http://www.geocities.jp/tanaka_kunitaka/takeshima/2a343tan1647-1881/
    http://www.geocities.jp/tanaka_kunitaka/takeshima/2a343tan1648-1881/
    http://www.geocities.jp/tanaka_kunitaka/takeshima/2a343tan1649-1881/
    23 24 25 26 (第十二号 松島之議 二)


    韓国のタダメディア다다미디어出版の『独島資料集 독도자료집Ⅱ』竹島考證 2006年5月16日刊に、別の写本のテキスト影印と韓国語翻訳がのっています。
    この韓国語訳は、Gerryさんの引用している翻訳とは別個のようです。
    この影印テキストは「外務省」の罫紙に書かれています。

    この「外務省」の影印テキストは
    竹島考證 : 国立公文書館内閣文庫所蔵「外務省記録」 竹島問題
    エムティ出版, 1996.4のものと同じかもしれません。
    https://ndlopac.ndl.go.jp/F/1XRX94CLNRBC12LVUXJ5HHHTIDPY3T4F8727ILU2NHI18YNSJH-00839?func=full-set-set&set_number=905679&set_entry=000002&format=999


    国立公文書館の請求番号 271-0117は、「旧蔵者外務省」とあり、エムティ出版と『独島資料集 독도자료집Ⅱ』の、もと資料は、こちらかもしれません。

    同じく国立公文書館の請求番号が、
    上 本館-2A-034-03・単01647100
    中 本館-2A-034-03・単01648100
    下 本館-2A-034-03・単01649100
    の3冊は、作成部局が 太政官とあり、「内閣」の罫紙に書かれています。
    このうち、上と下はネット公開されています。
    田中邦貴さんのサイトのものと同じテキストと思われます。

    こうした書誌は、
    http://www.digital.archives.go.jp/
    の検索欄に「竹島考證」を入れると出てきます


    「于人島」についてですが、
    다다미디어出版の「外務省」のテキストにも「于人島」と出てきます。
    「内閣」のテキストは「北緯」などが朱色で直されていますが、直したほうが正しいテキストと思われます。「于人島」を「于山島」と直しているのも、「正しい修正」なのかもしれません。
    しかし、「外務省」のテキストも「于人島」なので、渡辺洪基自身がそう書いていたのかも知れません。

    ReplyDelete
  6. Thank you, Matsu. I made the corrections you suggested.

    ReplyDelete
  7. Here is a Korean translation of Watanbe Kouki's 1876 "Opinion on Matsushima - 2":

    松島之議

    松島와 竹島, 즉 한국 이름으로 울릉도는 들은 바에 따르면 한 섬의 두 이름인것 같다고 하지만 舊 鳥取縣令에게 들으니 정말로 두 섬이라고 인식하고 있었으며 또 戶田敬義, 加藤, 金森謙이라는 자의 글에 隱岐國 松島, 西島[松島의 한 작은 屬島이며 土俗에 칭하기를 次島라고 한다]로부터 해상로로 40리쯤 북쪽에 한 섬이 있는데 이름이 竹島라고 한다고 했다. 그리고 伯州 米子에서 竹島쪽으로 해상로 약 140리쯤에 있으며 米子에서 出雲으로 나와 隱岐의 松島를 지나 竹島에 이르게 되며 단 隱岐의 福島[일명 福浦]에서 「松島로 해상로 약 60리쯤, 松島에서 竹島로 40리쯤」이라 했다. 또 竹島에서 조선으로 해상로 40리 정도라고 했다. 이 說은 享保 9년, 이전에 여러 차례 渡海를 한 한 노인에게 물어봤을 때 그 대답이 伯州 會見郡 濱野目 三柳村에서 隱岐의 後島가 35, 6리이니 멀리서 보이는 것을 고려하여 볼 때 竹島에서 朝鮮山은 멀리 보면 40리쯤이라고 했다. 이를 가지고 생각해보면 두 섬이 있음이 분명한 것 같다. 서양 책에 찾아보면 영국의 임페리얼 가제트르에 즉 松島는 일본해의 한 섬으로 日本島와 조선반도의 사이에 있으며 그 서북의 점, 북위 137도 25분, 동경 130도 56분. 1787년 ラペルズ가 이름한 주위 9리의 海巖은 절벽을 경계로 하고, 가장 폰은 곳에 이르기까지 수목이 우거져있다고 했다. 또 クワピンコツト가 지은 プロナヲンシンク、 ガセフテル、ゼヲールド에 다제라는 일본해의 작은 섬으로 일본, 조선의 거의 중간에 있으며 주위 8리이며 북점, 북위 37도 25분, 동경 130도 56분」이라고 되어 있다. 이를 지도에 비추어보면 영국 해군이 측량한 지도에 실려있는 ダセラ, 즉 松島라고 이름붙은 것은 그 위치가 두 책에 실려있는 것과 같다. 영국의 로얄 아틀라스, 프랑스 ブルーエ의 大圖, 영국 여왕 지리가 제임스 윌드의 일본, 조선에 日耳曼 ヲーペルス의 아세아국, 1875년 ゴツタノスチールス의 아틀라스, 바이마르, 지리국의 지도 모두 같은 위치에 ダセラ섬을 위치시켰으며 영국의 측량도에는 점선으로 한계를 표시한 것 외에는 동경 129도 57, 8분, 북위 37도 50분에 アルゴナウト、 즉 竹島라고 이름한 것을 두었으며 러시아의 지도국의 지도에도 같은 위치에 그것을 분명하게 위치시켰다. 또 金森謙의 책에 竹島 주위가 15리라고 되어 있으며 또 戶田敬義의 지도에 개인 배의 측량을 총계하면 23리 남짓이 된다고 했다[굴곡, 출입을 합한 연안]. 그러면 저 松島, 즉 ‘ダセラ’ 섬의 주위와 다른 것이 적지 않으며 지도에 남쪽 귀퉁이에 주위가 1리 반인 섬 하나가 있으니 이것은 "우인도" (于人島) 일 것이다. (于人島는 于山島의 오자이겠다.) 진짜 지도로 측량함에 隱岐島와 松島, 竹島, 조선의 거리가 대체로 부합하니 松島, 竹島가 두 섬이라는 것은 거의 분명한 것이다. 다만 우리나라의 책에 竹島만 많이 실려 있고 松島의 기사가 없는 것은 大小, 貧富의 차이로 竹島에만 왕래했고 또 조선과의 논쟁도 竹島에만 관계되었던 때문이라고 생각된다. 이 섬을 외국이 인식하는 것을 지도에 비추어보면 영국의 지도는 대마도와 합하여 조선의 색으로 해 놓았으며 프랑스도 마찬가지이다. 日耳曼 ゴタ スチーレルス의 지도에는 대마도와 합하여 일본 색으로 했으며 다만 바이마르의 지리국 지도만 대마도를 일본 색으로 하고 松島와 竹島를 조선 색으로 했다. 영국과 프랑스가 대마도를 합하여 조선 색으로 했는데, 이는 대마도가 이미 일본판도임에 틀림없으므로 松島와 竹島도 그 색을 바꾸어야 할 것이니 즉 スチレル의 지도는 이 결과라고 할 수 있다. 하물며 松島와 竹島에 관해 전하는 말은 일본어라고 하므로 그로써 생각해보면 이 섬은 암암리에 일본 소속이라고 보여져왔다고 할 수 있다. 우리나라와 조선의 관계를 논한다면 舊 막부가 아무 문제도 생기지 않기를 바란 것에서 竹島를 오직 저들 지도의 울릉도같다면서 그 지리적 원근을 가지고 조선에 양여했다하지만, 松島와 竹島는 두 섬으로 松島는 竹島보다 우리에게 가까운 장소에 있으므로 일본에 속하는 것이며 조선은 또 異論이 있을 수 없다. 그런데 긴요함을 논하자면 이 섬은 거의 일본과 조선의 중간에 위치하여 우리 山陰에서 조선 함경도 永興府, 즉 ‘ラサレヲ’항과의 항로에 해당하고, 長崎에서 ‘블라디보스톡’항으로 항해하는데 반드시 근접하는 곳으로서 그 긴요함으로 보자면 竹島에 수배에 이르므로 지금 영국, 러시아 등이 자주 주목하는 곳으로 각국이 인식하는 바가 이러하다. 그런데 우리나라에서는 松島와 竹島가 두 섬인지 한 섬인지도 判然하지 않으며, 따라서 조선에 속하는가의 여부도 알지 못한다. 만약 외국의 질문을 받으면 또한 답할 바도 알지 못한다. 만약 우리 것으로 하자면 그에 관련한 의무가 없어서는 안된다. 그것을 조선에 귀속시키고자 한다면 또 외국에 주의하지 않을 수 없다. 이것은 재고해야할 것이다.

    記錄局長渡邊洪述/

    ReplyDelete
  8. matsu様
    貴殿のコメントが、空虚なコメントですぐに追いやられてしまい残念な今日この頃です。
    ゲーリーさんに、「ヲーベルス亜細亜國」を尋ねられたので、探してみましたが分かりません。私も貴殿同様に、「ヲーペルス亜細亜」と読み、さらに「國」ではなく「圖」だと思って調べたのですが分からないのです。ヲーは、Woだと思うのですが、Woeや、Wauなどドイツ語らしい綴りで考えられるものをAsien Landkarteなどもつけていろいろ検索したのですがどうしてもわかりません。後半がべルスではなく、ペルスだとすると、persがこの場合考えられそうですが、Stielerを「スチーレル」と読んでいるものの、その前では「スチーレルス」となっていますから、ヲーペルスの最後の「ス」も果たして付いているのかどうか。
    この問題に関する歴史的な地図のデータとして、以下を探してみました。
    http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/nihonkai_k/germany/pdfs/maplist.pdf
    どうも該当するものがないようです。

    それと、この渡辺の文章を、もし出来れば、朱書きの句読点と誤字訂正に倣った上で、現代日本語訳をmatsuさんにしていただければありがたいと思います。「変ゼン」とか言った文語文は、多くの日本人に誤解される可能性があります。漢字に関しても、私が小学生の頃は、九州や本州と言った言葉を習ったときに、「州」という漢字は「川」の中に、三つの島がある絵だと黒板に絵を描いて先生に説明された記憶があります。古代中国の大洪水の話でした。州に島の意味がないと教えられている人は、ここに投稿する資格が無いように思うのですが、これが悲しい実情では仕方がありません。

    ReplyDelete
  9. 小嶋日向守さま
    過分のお言葉、痛み入ります。

    「松島之議」の含まれる『竹島考證』には、少なくとも3つテキストがあります。
    一部繰り返しになりますが、まとめてみます。

    ① このテキスト
    田中邦貴さんのサイトにあるもので、国立公文書館内閣文庫所蔵。
    「内閣」の罫紙に書かれている。
    http://www.geocities.jp/tanaka_kunitaka/takeshima/
    http://www.geocities.jp/tanaka_kunitaka/takeshima/2a343tan1647-1881/
    http://www.geocities.jp/tanaka_kunitaka/takeshima/2a343tan1648-1881/
    http://www.geocities.jp/tanaka_kunitaka/takeshima/2a343tan1649-1881/
    23 24 25 26 (第十二号 松島之議 二)

    原本 国立公文書館請求番号
    上 本館-2A-034-03・単01647100
    中 本館-2A-034-03・単01648100
    下 本館-2A-034-03・単01649100
    作成部局が 太政官とあり、このうち、上と下はネット公開されている。
    http://www.jacar.go.jp/DAS/meta/listPhoto?REFCODE=A04017258800&IS_STYLE=default&image_num=15
    http://www.jacar.go.jp/DAS/meta/listPhoto?REFCODE=A04017259200&IS_STYLE=default&image_num=55

    誤字あり。朱筆の加点、訂正あり。この訂正がいつのものかは不明。
    「于人島」を「于山島」と訂正している。
    ほかの2テキストは「于人島」。渡辺の原文は「于人島」か?

    ② エムティ出版 1996年4月15日刊 影印版
    『竹島考證』上中下  国立公文書館内閣文庫所蔵「外務省記録」

    https://ndlopac.ndl.go.jp/F/1XRX94CLNRBC12LVUXJ5HHHTIDPY3T4F8727ILU2NHI18YNSJH-00839?func=full-set-set&set_number=905679&set_entry=000002&format=999

    国立公文書館請求番号271-0117「旧蔵者外務省」の影印と思われる。

    「外務省」の罫紙に書かれている。


    ③ 韓国タダメディア다다미디어出版『独島資料集 독도자료집Ⅱ』竹島考證 
    2006年5月16日刊

    序文に、
    『竹島考證』は、上・中・下の3巻で構成され、日本外務省外交史料館と国立古文書館の2か所に所蔵されています。『独島資料集Ⅱ』では、外交史料館所蔵本を参照しました。
    とある。国立古文書館は国立公文書館の誤りと思われる。②をさすか。
    参照といいながら、影印版で、韓国語訳と注をのせる。

    この本の該当部分の本文と韓国語訳、注記は以下の通りです。
    364p~369p

    英ノインペリヤールガセツトル
    韓国語訳:英国の『大英帝国地名事典』
    注記:Imperial Gazetteer『大英帝国地名事典』を言うが、特定化できない。

    リワピンコツト著プロナヲンシンク、ガセツテル、ゼ、ヲールルド」
    韓国語訳:リッピンコットが書いた『プロナウンシング地名事典』
    注記:Edited by Thomas, J & Baldwin. T Lippincott’s pronouncing gazetteer of the world (Philadelphia: J.B.Lippincott &co.,1856)と推定される。『リッピンコットの地名事典』
     
    英ノロヤールアトラス
    韓国語訳:英国の『ロヤル アトラス』
    注記:‘Royal Atlas’とは特定化できない。

    仏ブルーエノ大図
    韓国語訳:フランス ブリウェの「大図」
    注記:1820、1821フランス ( A.H.Brué)「Carte générale de L’Emipre de chinois et du Japan(清帝国および日本全図)」とみられる。

    英女王地理家ゼイムスウイルドノ日本朝鮮国
    韓国語訳:英国女王所属の地理学者ジェイムス ワイルドの『日本列島』

    注記:ジェイムス ワイルド:James Wyld, geographer to the Queen & HRH The Prince Consort

    注記『日本列島』:史料には「日本朝鮮国」と表記されているが、ジェイムス・ワイルドの『The island of Japan』を指していると見られる。(London,1859)


    肝心の、日耳曼ヲーペルス亜細亜国 は、
    ドイツ オペルスの『アジア国』とあるだけで注記はありません。

    ReplyDelete
  10. 日 흑백 지도만 공개하더니, 이유 있었네
    http://www.ytn.co.kr/_ln/0104_201209060232039852

    뉴스에 보도된 것처럼 일본이 고의적으로 흑백 지도를 공개한 것인지 알고 싶습니다.
    고의적으로 흑백 지도를 공개한 것이라면 일본측의 다른 근거 자료와 주장도 신뢰할 수 있을지 의문입니다.

    뉴스와 관련된 문서가 이 블로그에 게재되어 있다면, 흑백 지도로 되어 있는지와 그것을 어떻게 해석하고 있는지 궁금합니다.

    ReplyDelete
  11. 渡辺洪基の「松島之議」はいつ書かれたのでしょうか?

    Gerryさんは、1876(明治9年)としていますが、
    明治10年(1877)ではないかと思います。


    竹島考證 下

    第四号 明治10年1月17日 
    竹島渡海之願 
    島根県士族 戸田敬義 

    第五号 明治10年3月13日 
    本年一月二十七日付ヲ以竹島渡海之願書至急御指揮被下度追願
    島根県士族 戸田敬義

    第六号 明治10年4月
    本年竹島渡海奉願置候處、最早季候ヲ誤リ候ニ付明年ニ讓リ候段御届旁上申
          島根県士族 戸田敬義

    第七号 明治10年6月8日
    書面竹島渡航願之儀難聞啓候事
    東京府知事 楠本正隆(=戸田敬義への返事)



    第八号 明治9年7月
    松島開拓之議
    陸奥ノ士族 武藤平学

    第九号 明治9年7月13日
    兒玉貞陽建白

    第十号(明治9年7月13日)
    松島着手之楷梯見込
          兒玉貞陽

    右二書ノ旨ニ付、渡辺洪基意見二通アリ。即、第十一号、十二号是ナリ。

    第十一号 日付なし
    松島之議 一
    記録局長 渡辺洪基立案

    第十二号 日付なし
    松島之議 二
    記録局長 渡辺洪基 述

    この「右二書」は、直前の児玉の二書ではなく、第四号以来の、戸田による「竹島」についての議論、そして、武藤・児玉の「松島」についての議論を言うのではないかと思います。

    つまり渡辺洪基「松島之議」は、戸田の明治10年の一連の議論のあと、明治10年(1877)6月8日の東京府知事による申請却下の後に書かれたのではないでしょうか。

    ところが、次の第十三号 は、また明治9年に戻ってしまいます。

    第十三号  明治9年12月19日
    松島開島願書弁建言
    下総国印旛郡佐倉田町商 斉藤七郎兵衛

    ReplyDelete
  12. I am not sure what is being discussed above, but are you suggesting that Mr. Watanabe's second opinion (Item #12) was not written in 1876?

    Just after (Item #12), and just before Item #13, which was dated December 19, 1876, it is written that in November of the same year 瀬脇壽人 went to Russia as Deputy Director of Trade at Vladivostok Harbor, where he received the Dec. 19, 1876 request from 斉藤七郎兵衛 (Item).

    Since it said "in the same year," we know that Mr. Watanabe's opinion (Item #12) was also written in 1876.

    If you want me to change something, please write it in English because Google Translator does not work very well, and I cannot really understand if you are asking me to change something.

    ReplyDelete
  13. Gerry,

    Yes, I am suggesting Watanabe’s article could be written in 1877.

    右二書ノ旨ニ付、渡辺洪基意見二通アリ。即、第十一号、十二号是ナリ。

    I think「右二書ノ旨」means what Toda’s letters say and what Mutoh and Kodama’s suggestions say.

    Toda is talking about 竹島
    Mutoh and Kodama are talking about 松島

    Watanabe is talking about 竹島 and 松島
    And his discussion is about what islands 竹島 and 松島 are.

    So, Watanabe’s article should be written after Toda’s letters and rejection by the governor of Tokyo in June 1877.

    As you say, after Watanabe’s article again come 1876 articles.

    So, I am not quite sure.

    ReplyDelete
  14. Matsu,

    Just before Mr. Watanabe's two opinions, it says the following:

    "Watanabe Kouki writes his opinion of the two previous letters in two letters, which are Items #11 and #12."

    The two previous letters were Items #8 and #9, which were dated July 1876 and July 13, 1879, respectively.

    After Mr. Watanabe's second opinion, is written the following:

    "In November of the same year,Mr. Sewaki Hisato(瀨脇壽人) went to Russia as as Deputy Director of Trade at Vladivostok Harbor, where he had 'Matsushima' on his mind. Previously, Mr. Saito Shichirohei(齋藤七郎兵衛), a merchant of Shimosa-kura in Chiba Prefecture, while traveling to the port on business passed near 'Matsushima' and got a general understanding of is landscape. With the intention of developing the island, he submitted a petition to Mr. Sewaki, the Deputy Director of Trade. Item #13 is that petition."

    Since Items #8 and #9 were written in July 1876, before Mr. Watanabe's opinions, and since Mr. Saito's petition was written on December 19, 1876, we can assume that both of Mr. Watanabe's opinions were written after July 1876 and before December 19, 1876.

    ReplyDelete
  15. Correction: The two previous letters were Items #8 and #9, which were dated July 1876 and July 13, 1876, respectively.

    ReplyDelete
  16. 同年(明治9年)11月、ウラジオストック港貿易事務官、瀬脇寿人がロシア領に赴く。

    第十三号 明治9年12月19日
    松島開島願書幷建言
    千葉県 下総国印旛郡佐倉田町 斉藤七郎兵衛

    第十四号 (明治10年)4月25日
    明治十年 平信第一
    貿易事務官 瀬脇寿人

    第十四号附 浦潮港日記抄(2通)
       明治9年12月18日
       明治10年3月22日
       (貿易事務官 瀬脇寿人)

    第十五号 (明治10年)5月
    明治十年 平信第二 番外甲号
    (貿易事務官 瀬脇寿人)

    第十六号 明治10年5月6日
    松島開島之建白
    露領浦潮港在留 武藤平学

    第十七号 明治10年6月25日
    公信第三号
    貿易事務官 瀬脇寿人

    第十八号 明治10年7月2日
    明治十年 第八号
    在浦潮港貿易事務官 瀬脇寿人

    第十九号 (明治10年?)8月6日
    松島異見
    坂田諸遠


    第二十号  明治11年8月15日
    松島開拓願(連名)
    長崎県 肥前国高来郡神代 下村輪八郎
    千葉県 下総国印旛郡佐倉田町 斉藤七郎兵衛


    第二十一号 日付なし (明治11年8月15日以降)
    松島巡視要否ノ議(甲乙丙の論)
         公信局長 田邊太一

    第二十二号 日付なし 第二十一号以降
    記録局長 渡邊洪基

    第二十三号 日付なし 第二十一号以降 第二十二号と同時か
    丁(甲乙丙の論に次ぐ、丁の論)
    公信局長 田邊太一


    明治13年9月、 天城艦、松島を測量

    第二十四号 明治13年9月13日
    水路報告第三十三号
    水路局長 海軍少将 柳楢悦
    (松島 韓人之ヲ鬱陵島ト称ス)

    第二十四号附 (図面)
      (松島 一名 欝陵島)

    (結論) 明治14年8月  
      北澤正誠


    Gerry,

    北澤正誠 first showed 1877 戸田敬義 article, but after that, the papers are in order of the date.

    So, maybe I was wrong.

    右二書 means 武藤and 兒玉, and 渡邊洪基 松島之議 一、二 were written in 1876.

    ReplyDelete
  17. Gerry,

    渡辺洪基 松島之議二
    has description as below:

    又、戶田敬義ノ圖私船ノ測量ヲ總計スレハ二十三里餘トナル[尤曲屈出入ヲ合セ沿岸]去レハ彼松島卽チ「タゼラ」島ノ周圍ト異ナル事少少ナラス、而シ圖中南隅ニ一里半周圍ノ一島ヲ載ス、是于人島ナルベシ
    Moreover, it you add up all the measurements done by Toda Takayoshi (戶田敬義) on his map, they total about 23 ri. (That includes all the ins and outs of the shoreline.) That circumference is more than just a little different than that of Matsushima, or Dagelet. On the south corner of the map is drawn an island that has a circumference of about 1.5 ri. That island is probably Uindo (于人島)

    So, he could see the map of戶田敬義.

    Toda’s first letter to the Tokyo Governor was sent in January 27 1877.
    第四号 明治10年1月17日 竹島渡海之願 島根県士族 戸田敬義 

    The map was attached with the letter.

    So, 渡辺洪基 松島之議二 should be written after January 27 1877.

    ReplyDelete
  18. This comment has been removed by the author.

    ReplyDelete
  19. About Toda’s letter and Maps we can see

    http://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/web-takeshima/takeshima04/takeshima04-1/takeshima04-230728.html

    戸田敬義(とだたかよし)は旧鳥取藩士であるが、自分を島根県士族と署名しているのは明治9(1876)年島根県と鳥取県が合併し、現在の鳥取県も島根県と呼ばれた時代であったからである。

    写真 4  「竹島之図」乙 (外務省外交史料館所蔵史料)

    shows the island.

    圖中南隅ニ一里半周圍ノ一島ヲ載ス、是于人島ナルベシ

    ReplyDelete
  20. Kaneganese,

    渡辺洪基 松島之議 is still introduced as written in 1878.

    http://dokdo-or-takeshima.blogspot.jp/2007/06/1878.html

    I think we need to update the blog.

    松島之儀→松島之議
    幕府倫安ノ議→幕府偸安ノ議 
    馬関其他石州因州伯州壱岐→馬関其他石州因州伯州隠岐


    Chaamiey-san is also wondering why渡辺洪基didn’t refer to 1877 Dajokan order writing松島之議 in 1878.

    http://blogs.yahoo.co.jp/chaamiey/archive/2011/7/16
    次の文は『竹島考証』(北澤正誠 1881年 明治14年)という記録書に掲載されている「松島の儀」という意見書で、1878年、つまり太政官指令の翌年である明治11年に外務省の記録局長渡辺洪基という人が書いたものです。内容は、明治9年(1876年)に武藤平学さんが提出した「松島開拓の議」の建白書についての外務省内での論議を要約したものだそうです。(略 by matsu)
    ただ、これを読むと、外務省ではその前年に出された太政官指令のことは聞いているのかいないのか。どうも太政官指令は知らないまま、別途検討しているようにも見えて・・・・・・どうなんでしょうか、良く分かりません。


    I think the date when 渡辺洪基 wrote 松島之議 is very important.


    To be funny, Steven J. Barber is also in confusion.

    English
    http://www.dokdo-takeshima.com/japans-watanabe-koukis-confusion-about-matsushima-%e6%9d%be%e5%b3%b6.html

    Korean
    http://www.dokdo-takeshima.com/korea/japans-watanabe-koukis-confusion-about-matsushima-%e6%9d%be%e5%b3%b6/

    Odd Japanese
    http://www.dokdo-takeshima.com/japan/japans-watanabe-koukis-confusion-about-matsushima-%E6%9D%BE%E5%B3%B6/

    ReplyDelete

  21. Gerry Bevers wrote:

    "Then in 1840, a map by Philipp Franz Balthasar von Siebold HERE was published that added to he confusion by co-labeling the non-existent island of Argonaut as "Takeshima," which was the Japanese name for Ulleungdo, and the real Ulleungdo as "Matsushima," which was the Japanese name for Liancourt Rocks. Dr. Siebold seems to have mistakenly shifted the names he saw on Japanese maps up from Ulleungdo and Liancourt Rocks to Argonaut and Ulleungdo, respectively.


    He's misleading the readers again by writing Siebold's map caused the confusion to the Japanese and I'm correcting his misleading again by writing the real fact as follows:

    Siebold's map has nothing to do with the non-existent Argonaut. Siebold didn't know the Argonaut was non-existent when he drew Takeshima with co-labeled Argonaut. Argonaut was found to be non-existent 14 years later in 1854. Probably he simply thought Argonaut was the western name for Takeshima(=Ulleongdo) because he clearly understood there were two islands in the East Sea(the Sea of Japan) called Takeshima(Ulleongdo) and Matsushima(Dokdo).

    Thus, the Japanese who referenced the Siebold's map doubtlessly consider Takeshima and Matsushima in his map were the Japanese traditional Takeshima(Ulleongdo) and Matsushima(Dokdo) respectively even though Takeshima was co-labeled with Argonaut. It's sure the Japanese didn't think Takeshima in Siebolds map was non-existent even in their dreams. Conclusively, the Japanese had no problem with Siebold's map.

    There's no non-existent Argonaut in Siebold's map. There are only Japanese traditional Takeshima and Matsushima co-labeled Argonaut and Dagelet respectively in his map. He didn't write anything like "Argonaut is non-existent." in his map. There's no way the Japanese were confused by the names of the two islands in his map.

    The pro Japanese people make viciously ill use of Siebold's map to deny the Meiji-era maps depicting Matsushima(Dokdo) as Korean land such as "新撰朝鮮國全圖, 1894", 朝鮮國全圖(1877)and "銅版朝鮮国全図(1882)".

    I'd like to ask the pro-Japanese people if they are happy with misleading the readers, especially the Japanese.

    ReplyDelete
  22. Matsu,

    I read Steve Barber's site and I found no problem there. Would you please tell what confusion he had is ?

    ReplyDelete
  23. 全てを、シーボルトの地図と、コルネット(Colnett)による1789年のアルゴノート島発見の経度ミスの所為にしてしまうのは見当違いだと思います。

    結局の処、全てはあまりにも杜撰だった朝鮮の地図が混乱の起源なのでしょう。お得意の韓国起源説がこの場合は正しいと思います。

    松浦静山の記録を見ても、天保時代から、竹島二島説(多景島と竹島)があり、一つは、朝鮮半島のすぐ近くにある攀陵島または、欝陵島と云われる島で、これが、古来の多景島(たけしま)であろう。そして、日本人が呼ぶ「竹島」(現在の鬱陵島)は、竹島一件で元禄時代に、朝鮮に権利を譲った島とは違うのではないかという考え方は、幕閣の中にも根強くあったようです。これが、幕末から明治初年の日本人の竹島認識にも繋がっていると思います。

    1732年 フランスのダンビル作成の中国全図
    Tchiang-chan-tao and Fan-ling-tao are near Ping-hai.
    千山島(于山島)と 攀陵島(鬱陵島)が朝鮮半島に近すぎる位置にある。
    http://blog-imgs-29-origin.fc2.com/n/u/k/nukohiroba/080912.jpg
    http://news.hankyung.com/nas_photo/200809/2008091173071_2008091196851.jpg

    この地図の島を、現在でも鬱陵島であると主張しながら、次の地図では、攀陵島の存在理由を無視して、アルゴノート島の存在をシーボルトとコルネットの所為だと一方的に非難するのですから呆れてしまいます。

    1835年 イギリスのウォーカー作成の日本図(J. & C. Walker: Empire of Japan. )
    Tchian-shan-tao Fan-ling-tao
    Dagelet(真の鬱陵島)の他に、千山島(于山島)と 攀陵島(鬱陵島)が平海の近くにある。
    http://www.dokdo-takeshima.com/wordpress/wp-content/images/jc-walker-1835-close.jpg

    この地図の混乱の結果が以下の地図になっている。

    1876年の日本の樫原義長作成の「掌中日本全圖」 明治九年二月
    拡大してみると、かなり、半島寄りにアルゴノートの竹島と、松島(実際の鬱陵島)が記載されている。
    Shochu Dai Nihon zenzu / Kashihara Yoshinaga. Meiji 9 [1876]
    http://luna.davidrumsey.com:8380/luna/servlet/detail/RUMSEY~9~1~23457~80039:Shochu-Dai-Nihon-zenzu---Kashihara-?sort=Pub_Date%2CPub_List_No%2CSeries_No&qvq=q:nihon;sort:Pub_Date%2CPub_List_No%2CSeries_No;lc:RUMSEY~9~1

    これらが、全て日本のプロ研究者の陰謀なのだとsloww君は信じているのでしょう。
    ああ、頭が痛い。

    ReplyDelete
  24. matsuさん、

     松島の議が書かれたのは1878年ではないだろうということは分かりました。

     外務省の検討と太政官指令の関係については、結局、竹島考証には太政官指令のことは出てこないようなので、外務省は太政官指令については何も知らないまま松島とは何かという検討をしていたのだろうと、今は思っています。


     

    ReplyDelete
  25. Sloww,

    I just said Steve Barber is confusing 1876 and 1878.
    It’s only a funny story.

    But in his site, when he says;

    “The Minister of Foreign Affairs referencing of foreign maps in an attempt to ascertain whether or not Dokdo was Japan’s territory”,

    he is making a big mistake.

    No. They were not in an attempt to ascertain whether Dokdo ( today’s Takeshima) was Japan’s territory or not.

    They were referencing of foreign maps in an attempt to ascertain whether “an Island called Matsushima which has so many good natural resources” was Japan’s territory or not.

    All of the “wanna be developers” and Japanese bureaucrats were focusing on today’s Ulleungdo, not Dokdo. They had no concern about Dokdo which had no economic value at that time.

    Toda says the name of the island is Takeshima, and Mutoh, Kodama, Saito, Sewaki, and Shimomura say the name of the island is Matsushima, which belongs to Japan.
    They were all discussing about Ulleungdo.

    Japanese government thought the island called Matsushima at that time is Korea’s Ulleungdo, so it never gave a permission to develop Matsushima.

    ReplyDelete
  26. Chaamieyさん

    渡邊洪基が「松島之議一」で「先ツ島根県ニ照会シ」と書いているのは重要だと思います。
    ときあたかも、島根県のほうから「竹島外一島」について問い合わせが来ていたわけで、これとの前後が注目されます。
    渡邊洪基は島根県から照会が来ていることを知らなかったのでしょうか?
    当時の政府で、内務省と外務省が全く連携がなかったとも考えにくいと思います。

    松島之議一

    昔者、竹島ノ記事、略説多クシテ、松島ノ事、説論スル者ナシ。
    而テ、今者、人、松島ニ喋々ス。
    然リ而テ、此二島、或ハ一島両名、或ハ二島也ト諸説紛々、朝野其是非ヲ決スル者ヲ聞カス。

    彼竹島ナル者ハ、朝鮮ノ蔚陵島トシ、幕府偸安ノ議、遂ニ彼ニ委ス。故ニ、此所謂松島ナル者、竹嶋ナレハ彼ニ属シ、若竹島以外ニ在ル松島ナレハ、我ニ属セサルヲ得サルモ、之ヲ決論スル者無シ。

    然ルニ、松嶋ナル者、我国ト朝鮮トノ間ニ位シ、長崎ヨリ浦潮港ニ至リ、馬関、其他、石州・因州・伯州・隠岐ヨリ、彼要地タル「ラサレフ」港ヘノ道ニ当ルヲ以テ、頗ル要地ト為シ、連綿、此近傍ニ、英・魯其船艦ヲ出没ス。

    若シ夫、我国ノ部分ナランニハ、之ニ多少ノ注意無ル可ラス。
    彼国ナラン歟、又保護ヲ加ヘサル可ラス。
    況ンヤ、他国我ニ糺ス、之ニ答フルニ決辞ナキヲ如何セン。
    然ラハ則、無主ノ一島ノミ。

    諸書ニ就テ案スルニ、竹島、洋名「アルゴナウト」島ナル者ハ、全ク烏有ノ者ニシテ、其松島、「デラセ」島ナル者ハ、本来ノ竹嶋、即チ蔚陵島ニシテ、我松島ナル者ハ、洋名「ホルネット・ロックス」ナルカ如シ。
    然ルヲ、洋客、竹島ヲ認テ松島ト為シ、更ニ竹島ナル者ヲ想起セシ者ノ如シ。
    而テ、此「ホルネット・ロックス」ノ我国ニ属スルハ、各国ノ地図皆然リ。
    他ノ二島ニ至リテハ、各国、其認ムル所ヲ同フセス。
    我国論、又確拠無シ。

    是、実ニ、其地ノ形勢ヲ察シ、其所属ノ地ヲ定メ、而テ其責ニ任スル所ヲ、両国間ニ定メサル可ラサル者タリ。

    因テ、先ツ島根県ニ照会シ、其従来ノ習例ヲ糺シ、併テ船艦ヲ派シテ、其地勢ヲ見、若シ彼既ニ著手セハ、其宰政ノ模様ヲ実査シ、然ル後ニ、其方略ヲ定メント要ス。

    請フ、速ニ採リテ議スル者アラン事ヲ伏望ス。

    記錄局長 渡辺洪基 立案

    ReplyDelete
  27. 国立公文書館アジア歴史資料センターのホームページに行って

    http://www.jacar.go.jp/

    渡邊洪基 で検索をかけると、
    49番目に 松島之議が出てきます。

    1)渡邉洪基松島ノ議(参考)
    外務省外交史料館> 外務省記録> 3門 通商> 5類 産業> 3項 木材> 欝陵島ニ於ケル伐木関係雑件

    稿本(2~27コマ)と清本(28コマ以降最終42コマ)です。

    これが原資料だと思います。

    稿本の右上欄外に 何号、というメモが見えますが、竹島考證を作った時の番号だと思います。10コマ目には「考證第八号」とあります。

    于山島のところは
    「于人島」と書いてあり、清本は「于入島」になっています。
    稿本は「人」だと思いますが「入」に見えたんだと思います。

    稿本4コマ右ページ6行目、
    清本31コマ右ページ5行目

    渡辺洪基自身は于山島という言葉は使っていないようです。

    ReplyDelete
  28. おお、ありがとう御座います。
    稿本は、確かに「于人島」に見えます。「人」はひょっとすると、「入」なのかもしれませんが、「于」は撥ねています。

    ところが、清本では、「干入島」になっていますね、潮が入り、干(ひ)る島という漢字の意味から理解したのですね。漢字の分かるフランス人あたりが、欝陵島を、登る山という意味で「攀稜島」だと理解したのと似ています。

    それから、悩みの種だった「ヲーペルス亜細亜国」はやはり誤記でしたね。

    稿本は、「日耳曼ヰーペルス亜細亜図」(3コマ目 左頁11行目)のように書いてあります。
    ついでながら、リッピンコットは、誤字なく、「ツ」が明瞭ですね。ところが、
    清本で、「日耳曼ヲーペルス亜細亜図」(30コマ目 左頁4行目)と誤読していました。
    この段階でも、まだ國ではなく、図となっています。

    これで、やっとわかりました。
    稿本もよくよく見ると実は、「日耳曼キーペルス亜細亜図」でした。
    渡邊の稿本の段階で、キの縦棒の傾きが足りなかったのです。

    1860 Neuer Handatlas uber alle Theile der Erde, Asien, Karte 26 Heinrich Kiepert's, Deutschland.
    http://www.atlassen.info/atlassen/reimer/kieha.html
    http://www.atlassen.info/atlassen/reimer/kieha02/picslarge/kieha1871k026.jpg

    ReplyDelete
  29. Matsu,

    I just said Steve Barber is confusing 1876 and 1878.
    --> I understood what you talked about.

    You said Steve Barber made a mistake by writing “The Minister of Foreign Affairs referencing of foreign maps in an attempt to ascertain whether or not Dokdo was Japan’s territory”, but I don't think he made a mistake.

    Watanabe Kouki wrote "So what we call "Matsushima (Dokdo)” is called “Hornet Rocks” by Westerners. Foreign maps show Hornet Rocks to be Japanese territory, but there is still no agreement among countries concerning the other two islands."

    As Steve Barber wrote, Watanabe Kouki attempted to read the ownership of Hornet Rocks(Dokdo) by referencing the foreign maps, which indicates Japan had never claimed Dokdo before.

    You wrote "All of the “wanna be developers” and Japanese bureaucrats were focusing on today’s Ulleungdo, not Dokdo. They had no concern about Dokdo which had no economic value at that time." I think you don't understand what they really focused on.

    Watanabe Kouki's main interest was not today's Ulleongdo because he already knew Ulleongdo was Korean land. He said "If the “Matsushima” being talked about here is Takeshima (Ulleungdo), then it belongs to them." What he was interested in was Mutoh's Matsushima which he hoped to be other than today's Ulleongdo. He was ready to make Mutoh's Matsushima as Japanese land if it was not Ulleongdo. The Japanese were not focusing on today’s Ulleungdo. If your statement they(All of the “wanna be developers” and Japanese bureaucrats) were focusing on today's Ulleongdo is right, why didn't they develope today's Ulleongdo after they found out Mutoh's Matsusima was today's Ulleongdo?

    ReplyDelete
  30. matsuさん、

    >渡邊洪基は島根県から照会が来ていることを知らなかったのでしょうか? 当時の政府で、内務省と外務省が全く連携がなかったとも考えにくいと思います。

     という感もあるにはありますが、渡邊洪基さんは松島の議の二で「旧鳥取県令に聞いたら確かに二島だと言っている」とは書いていますが、島根県の地籍編纂伺いのことは何も書いていないので、そのことは知らなかったとしか思えません。

     ただ、外務省が太政官指令の件を知らなかったとしても、竹島問題の解釈において特段の問題は生じないように思います。

    ReplyDelete
  31. 小嶋さん

    キーペルスの発見、さすがです。
    渡辺洪基たちが、何に準拠していたかを知るのは、とても重要だと思います。
    これですべて読めたことになるのではないでしょうか。すごいです。

    キーペルスの画像の解像度がいまいちなのですが、竹島・松島のところには何が書いてあるのでしょうか?

    『松島之議』の部分についてだけは、これで原本が見つかったと思います。
    しかし『竹島考證』全体の北澤正誠の原本が外務省にはあるのだと思いますが、公開されていないんでしょうか。
    田中邦貴さんのサイトの内閣文庫のテキストも後世の写本ですし、エムティ出版のものも、韓国の『独島資料集Ⅱ』のものも、外務省の罫紙ではありますが、写本だと思います。その意味で、間違いや誤写があるのだと思います。
    読みやすいのは助かりますが。稿本は、私には歯が立たず、実は読めません。

    Chaamieyさん

    この竹島考證全体、というか下巻の第4号、明治時代以降のテーマは、
    実は、「松島考証」とでもいうべき内容で、さかんに国民から上がってくる「松島」開拓の申請に対して、政府としての判断を下そうとしているのだと思います。
    ここに出てくる「松島」は、すべて実態は鬱陵島のことであるのが、よくわかります。巨木が茂り、人が住む島だからです。現在の竹島=独島はまったく議論の対象になっていないと思います。開拓要請の対象が実態として鬱陵島自体なのですから、当然といえますが。
    「松島は鬱陵島なので、日本人は開拓できない」というのが、この下巻の(第4号以下の)テーマなのだと思います。

    こうした、外国の地図・文献を読む立場の外務省の意見が、内務省にも注入されて「竹島外一島」は日本とは無関係、という判断が出来上がっていくのではないかとも思うのですが・・・。

    年代の書いていない、11号、12号、21号、22号、23号の年代決定が重要だと思います。
    もっとも、後半の21号、22号、23号は、いずれにしても明治11年8月15日以降なので、明治10年の太政官指令以降になるのは確実です。

    ReplyDelete
  32. 清水秀子「外務省局部長変遷表」『国際政治』41号「日本外交史研究」1970
    153p~によれば、渡辺洪基は、外務省記録局長に2回なっています。

    明治9年(1876)7月13日~明治11年(1878)3月6日
    明治13年(1880)11月5日~明治14年(1881)5月9日


    田辺太一の外務省公信局長の期間は、以下の通りです。

    明治8年(1875)1月14日~明治12年(1879)4月24日

    以下も同じ日付をあげています。
    秦郁彦著『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』1981東大出版会293p
    「外務省主要官職歴任表」『日本外交史辞典 新版』1992山川出版社40~41p

    これにより、
    渡辺洪基の「松島之議」一、二 11号、12号、は、前掲の戸田敬義の申請以降ということとあわせて
    明治10年(1877)1月27日~明治11年(1878)3月6日
    となります。

    最初、1878年とされていたのは、何かの根拠によったのではないかとも思いますが、むしろ正しいのかも、とも思えたりします。


    次に、21号、22号、23号ですが、田辺太一の書いた21号と23号は、やはり前掲の第20号、下村輪八郎、斉藤七郎兵衛、連名の「松島開拓願」明治11年(1878)8月15日以降、とあわせて

    明治11年(1878)8月15日~明治12年(1879)4月24日

    となります。この文献は、arareさんなども繰り返し触れている重要な文献ですが、年代についてはどうお考えなのでしょうか?

    さて、渡辺洪基の22号も当然、この時期に入るはずなのですが、前記の「外務省局部長変遷表」によれば、このとき、渡辺洪基は記録局長ではありません。  さあ、困った・・・。

    ReplyDelete
  33. Again, I want to say I am open to changing the date of Mr. Watanabe's opinion's 1 and 2, but I am just waiting for the debate to finish. Also, I do not exactly know your opinions since I do not read Japanese and Google translator is not very good.

    Is it possible that Opinion 1 was written in 1876 and Opinion 2 was written later, maybe in 1887 or 1888?

    Maybe Mr. Watanabe wrote his first Opinion after receiving Mutoh's application and his second Opinion after receiving Todo's?

    ReplyDelete
  34. So the confusion of early Meiji government before Kouki Watanabe was:
    Obviously Meiji government might not have inherited the relevancy between Matsushima and “Liancourt Rocks”, because the bureaucratic mechanism was not continuous from Edo-bakufu to Meiji government.
    They had known there were two islands vaguely (as Dr. Siebold had known), Takeshima in the west side and Matsushima in the east side. They had known Takeshima was Ulleung-do traditionally. But losing the real relevancy, because Matsushima had precisely resulted to point Ulleung-do in western maps, so they might have thought both Takeshima=Argonaut and Matsushima=Dagelet were two ”Ulleung-do” (or neighboring islands like Ulleung-do and illusional Usan-do).
    That was very confusing, but was the same reorganization of western people at that time. Westerns had believed Ulleung-do were two islands before mid-late of 18th, although they at once recognized Liancourt Rocks was a very different island from two ”Ulleung-do” when they had found it in 1854.
    So, most of description in governmental documents (before the confirmation from Amagi’s survey in 1880) showed that, they had clearly recognized Matsushima as Ulleung-do, not Liancourt Rocks. Liancourt Rocks was called just Lianco-island then.

    As far as I know, Kouki Watanabe was the first Meiji government bureaucrat who had questioned and correctly answered the confusion as: Matsushima was not Ulleung-do but Liancourt Rocks. So it means he was the first person who recovered this old relevancy and recognition of Japanese in Edo-era.

    ReplyDelete
  35. Gerry,

    I am sorry I can’t write well.

    First, I thought Watanabe(渡辺洪基)’s 松島之議 was written after Toda Takayoshi(戸田敬義)’s 竹島渡海之願 and Mutoh Heigaku (武藤平学)’s 松島開拓之議, because Toda speaks only about 竹島, and Mutoh speaks only about 松島, while Watanabe is speaking both about 竹島 and 松島.

    Then, Gerry showed the chronology which is北澤正誠’s identification of the dating.

    I agreed at one time.

    But again, I found the words in 松島之議;

    又、戶田敬義ノ圖,私船ノ測量ヲ總計スレハ二十三里餘トナル

    Moreover, it you add up all the measurements done by Toda Takayoshi (戶田敬義) on his map, they total about 23 ri.

    So, Watanabe had seen Toda’s map before he wrote松島之議.

    Therefore, this article(松島之議) must be written after Toda’s petition (1877.1.27) .
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    Then I researched when Watanabe and Tanabe was in their position.

    Japanese historians have enough data about who was in the position at what time.

    Watanabe 渡辺洪基 was twice at 外務省記録局長.
    ① 1876. 7.13~1878.3.6
    ② 1880.11. 5~1881.5.9


    So, No11 (松島之議1) and No12(松島之議2) were written between

    1877.1.27 and 1878.3.6.

    (it can be between1880.11. 5~1881.5.9)

    I am not saying 松島之議1 was written in 1877, and松島之議 2 was written in 1878.

    I just wondered why Gerry first thought it was written in 1878, which has the possibility.



    Then , Tanabe 田辺太一 was 外務省公信局長 in
    1875.1.14~1879.4.24

    So, No22, 24 were written in

    1878.8.15 ~ 1879.4.24.

    because it was written after No 20, Shimomura and Saito’s petition. (1878.8.15)

    That is the chronology.



    And one more thing I want to add again is;

    All petitions that want to “develop 松島”means “developing 鬱陵島.”
    None of Mutoh, Saito, Sewaki, and Shimomura is speaking about Dokdo.

    They are all speaking about “an Island called Matsushima which has so many natural resources”, …namely Ulleungdo.

    They had no concern about Dokdo, which had no economic value at that time.


    And more, we have to focus on Tanabe(田辺太一)’s 附ケ札(Tsukefuda=Remarks) for No 14 and No 17.

    No 14
    松島ハ、朝鮮ノ欝陵島ニシテ我版図中ナラス。
    斉藤某ノ願意ハ許可スルノ権ナキ旨答フヘシ。

    右者、公信局長・田辺太一、附ケ札也。

    No 17.
    松島ハ、朝鮮ノ欝陵島ニシテ、我版図中ノモノナラス。(以下略)

    右者、公信局長・田辺太一、附ケ札也。


    He writes again and again “Matsushima is Korea’s Ulleungdo.”
    So Japanese cannot develop Matsushima.

    This “Matsushima” never means Dokdo.


    For the last, the reason why I want to know the time when these articles were written, is, it was around the time of Dajokan Order in 1877.

    These documents say How Japanese thought Matsushima at that time.

    We also can see the influence of these thought into the maps around that age.

    ReplyDelete
  36. Correction

    So,( Tanabe’s )No22, 24 were written in
    1878.8.15 ~ 1879.4.24.



    So,( Tanabe’s )No21, 23 were written in
    1878.8.15 ~ 1879.4.24.

    ReplyDelete
  37. Thank you, Matsu. I think your English is pretty good.

    ReplyDelete
  38. Thank you, Gerry.


    小嶋さん

    稿本の次の部分を確認していただけませんでしょうか?
    現在の解釈は、意味がどうもおかしい気がします。

    ① 又、戶田敬義、加藤●、金森謙ナル人ノ書ニ、

    「加藤」という名前は何かの間違いではないかと思います。
    「戶田敬義が○した金森謙ナル人ノ書」の可能性はないでしょうか?もっとも、戸田敬義の文章には金森謙の文は出てきませんが。

    ② 英ノインペリヤール・ガセツトルニ、
    “ダケレツト(ダゼラト音ス)島、卽松島ハ、日本海ノ一島ニシテ、日本島ト朝鮮半島ノ間ニアリ。其西北ノ點、北緯百三十七度二十五分、東經[「グリーンチイツチ」ヨリノ算]、百三十度五十六分。一千七百八十七年、ラペルーズノ名クル所。周圍九里。海岩ハ、絶壁之ヲ繞シ、其最高處ニ至ルマテ、樹木森森タリ」”

    北緯の「百」はないと思います。
    「海岩ハ、絶壁之ヲ繞シ」ではないでしょうか

    ③ 又、リツピンコット著プロナヲンシング、ガゼツテル、ヲフ、ゼ、ヲールルド

    「ヲフ」of がありますよね。

    ④ 又、戶田敬義ノ図、●●ノ測量ヲ總計スレハ、二十三里餘トナル。[尤、曲屈出入ヲ合セ、沿岸]

    「私船の測量」というのが、何か変な気がします。「私船」は他の字ではないでしょうか

    ⑤ ●圖ニ就テ測量スルニ、隱岐島ト松島・竹島・朝鮮ノ距離、凡ソ符合ス。サレハ、松島・竹島ノ二島ナルハ、殆ント判然タリ。

    「真図」というのが変な気がします。別の字ではないでしょうか?

    ⑥ 而シテ、其緊要ニ論スレハ、同島ハ、殆ント日本ト朝鮮ノ中間ニ位シ、我山陰ヨリ、朝鮮咸鏡道永興府、卽チラサレフ港トノ航路ニ當リ、長崎ヨリウラシヲストツク港、航舶ノ日、必、近ツク所、其緊要ナル、所謂竹島ニ數倍ス。


    「ラサレフ港」は、「ヲ」でなく「フ」で間違いないと思います。

    長崎ヨリウラシヲストツク港、「航舶ノ日」、必、近ツク所

    この「航舶ノ日」というのも何か変な気がします。

    よろしくお願いいたします。

    ReplyDelete
  39. ちょうど今、自分流に翻字していた処です。暫定的に最初の二頁分(原稿に随い行わけ)

    渡邊洪基松島之議 稿本

    松島之議

    松島ト竹島、即チ韓名蔚陵島は(盤)聞く所ニ倚るニ、一島二名
    なるが如しと雖とも、旧鳥取縣令ニ聞くに全ク、二島の由を認め又
    戸田敬義、加藤書、金森謙ナル人ノ書ニ、隱岐國松島西島[松島 ※書
    ノ一小屬なり土俗呼ンて次島と云]より海上道規凡ソ四十里許北方ニ一島あり名ヲ竹
    島と云ふ云々。又、伯州米子より竹島迠、海上道程百四十里許あり
    米子より出雲ニ出て、隱岐の松島ヲ經て、竹島ニ到るなり。但し、隱岐
    の福島(一謂福浦)より松島迠、海上道程六十里許、松島より竹島迠四十 ※六
    里許云々。又、竹島より朝鮮え(江)、海上道䂓四十里許ト云。此說ハ、享保
    九年、昔、屢、渡海セる一老叟ニ詰問セられし時、其答ニ、伯州會見
    郡、濱野目・三柳村より、隱岐の後島ヱ(江)、三十五六里あり、此遠見の
    考を以て、竹島より朝鮮山を見れバ、少シ遠く見れは(盤)、凡そ四十里許
    りと云ふニ因る云々。是を以て考フれは(盤)、二島ある事、瞭然たるが如し。


    洋書ニ就て按するニ、英のインペリヤールガセツトル ニ、ダケレツト(『ダゼラ』ト音ス)島、即松
    嶋ハ、日本海の一島ニして、日本島と朝鮮半島の間ニあり。其西北
    の點、北緯三十七度二十五分、東經[グリーンチィッチよりの算]、百三十度五十六分。 ※百なし
    一千七百八十七年、ラ・ペルーズの名くる所。周圍九里。海岸ハ、絶壁之
    を境し、其最高處ニ至るまて、樹木森々たり。」又、リツピンコット著「プ
    ロナヲンシング、ガゼツテル、ヲフ、ゼ、ヲールヽド」に、「ダゼラ」は日本海の小島ニして
    日本・朝鮮の殆ント中間ニあり。周圍八里。北點、北緯三十七度二十五分
    東經百三十度五十六分」とあり。之を地圖ニ徴するニ、英海軍測量
    圖載する所、ダセラ即ち松島と題せるは(者)、其地位、二書ニ載する所の
    如し英のロヤールアトラス、佛ブルーヱの大圖、英女王地理家ゼイムス
    ウイルドの日本朝鮮図、日耳曼キーペルス亜細亜図、千八百七十五年
    ゴツタのスチールスのアトラス、ウァイマルヽ地理局の圖皆ナ、同地位に(尓) ※ヽ
    ダゼラ島を置き、英測量圖ニは(盤)、點線を以て限るものゝ外ハ、東

    ReplyDelete
  40.      同地位に(丹) ※ヽ
    ダゼラ島を置き、英測量圖ニは(盤)、點線を以て限るものゝ外ハ、東

    前の投稿の海岸を海「岩」に訂正します。

    稿本の三~四頁 翻刻

    經百二十九度五十七八分、北緯三十七度五十分に(丹)、アルゴナウト即、竹島
    と題したる者を置く。魯西亜の地圖局の図ニも同處ニ之を慥カニ置
    て、又、金森謙の書ニ、竹島周囲、大凡十五里とあり。又、戸田敬義の図
    私舩の測量を総計すれハ、二十五里餘となる[尤曲屈出入を合せ沿岸]去れバ、彼松

     ※ 私舩は間違いなく、「私」だと思います。
     ※ 三よりも五のように見えます

    島、即ち、ダゼラ島の周囲と異なる事、少々ならす(須)。而して、圖中南 ※て
    隅ニ、一里半周圍の一島を載す。是、于人島なるべ(遍)し。英圖ニ就て ※英
    測量するニ、隱岐嶋と松島・竹島・朝鮮の距離、凡そ符合
    す。されバ松島・竹島の二島なるハ、殆ント判然たり。此島の外國

    (貼紙部分)
    唯、我國の書に(尓)、竹島の事のミ多
    くして、松島の
    事なきは(盤)、大小
    貧冨の差より
    竹島ニ往來する
    のミニして、且、朝鮮
    との爭論も、竹
    島に(尓)のミ関係
    し(志)たる故と思
    わ(王)る。

    の認むる處を、図に(丹)徴すれハ、英國の諸圖ハ、對馬島と合せて朝
    鮮の色とし、佛も亦同し。日耳曼ゴタ、スチーレルスの図ニハ、對馬ト合
    セて日本色とし、唯、ウアイマルの地理局圖のミ、對州を以ちて日本色 ※州 ※ち
    とし松島・竹島を朝鮮色とす。英佛の對州を合せて朝鮮 ※す
    色ニせしハ、對州既ニ日本版圖ニ相違なけ(希)れハ、隨テ(而)松嶋・竹島も ※州

    其色を變せん。即チ、スチーレルの圖ハ、此結果なるへ(遍)し。況んや(哉)、
    松島・竹島を以て(亭)、傳フ。其語ハ日本語なり。因て考ふれハ、此島ハ
    暗ニ日本所屬ト見做したるなるへ(遍)し。偖、我國と朝鮮との関係 ※したるなるべし
    を論すれハ、旧幕府、無事を好むより、竹島を以て(亭)唯彼地圖ニ
    蔚陵島と均しきと、其地の遠近を以て(亭)、朝鮮ニ讓與せりと雖
    とも松島・竹島二島あり、松島ハ竹島より我近き方ニあれハ、
    日本ニ属し、朝鮮又異論ある能わ(王)す(須)。而して、其緊要ニ論すれ
    ハ、仝島ハ、殆ント日本と朝鮮の中間ニ位し、我山陰より朝鮮咸鏡
    道永興府、即ちラサレフ港との航路ニ當り、長崎よりウラシヲストツ ※フ?
    ク港、航舶方必らす(須)、近つく所。其緊要なる、所謂竹島ニ數倍す。
    故ニ、今、英魯等の頻りニ注目する所となれり。而して各国の認むる
    所、是の如し。然るニ、我国ニてハ、松島・竹島二島一嶼の事、判然
    ならす(須)。隨て、朝鮮ニ屬する哉否をも知らさるなり。若し外国の

    問ニ逢ふ、又答ふ(婦)る所を知らす(須)。若、我物とせん歟、之ニ關する義
    務なかるへ(遍)からす(須)。之を朝鮮ニ歸せん歟、又外國ニ注意 ※又
    せさるを(越)得す。是、再考する所以なり。 渡辺洪基述 ※る

    ReplyDelete
  41. matsuさん、小嶋日向守さん、詳細な確認作業おつかれさまです。


    matsuさんの 

    >「松島は鬱陵島なので、日本人は開拓できない」というのが、この下巻の(第4号以下の)テーマなのだと思います。
     こうした、外国の地図・文献を読む立場の外務省の意見が、内務省にも注入されて「竹島外一島」は日本とは無関係、という判断が出来上がっていくのではないかとも思うのですが・・・。(10/9/12 23:11)

    についてですが、太政官指令は「竹島は朝鮮の鬱陵島である」という判断が前提になっているので、おっしゃるような推定はちょっと難しそうです。

    ReplyDelete
  42. 小嶋さん

    ありがとうございます。
    変体ガナの勉強にもなります。

    ① 又、戶田敬義、加藤書、金森謙ナル人ノ書ニ、
    清本では「カ蔵書」あるいは「カ載書」に見えます。実際に引用されているのが金森謙の『竹島図説』だけなので、3人の書というより、「金森謙ナル人ノ書」にかかる形容詞句ではないでしょうか。

    ② 北緯百三十七度二十五分、
    清本も百がないので、百を入れたのは、ひょっとしたら北澤正誠のまちがいでしょうかね。

    「絶壁之ヲ境シ」ではなく、「絶壁之ヲ繞シ」ではないかと思うのですが。

    ④「私船の測量」というのが、どうにも納得がいかないのですが、「私」が動かないとすると「船」のほうに別字の可能性はないでしょうか?
    清本は「和船」にも見えます。二十三里は、稿本は確かに二十五に見えますね。清本は二十三をとっていますが、この清本も実はあてにならないような気もします。「総計」を「総斗」にしています。意味は同じですが、やはり「計」に見えます。

    ⑤「真図」が「英図」というのはとても納得がいきます。

    ⑥「航舶ノ日」→「航舶方」
    これもよくわかりますね。
    清本は「ウランヲストック港航舶必ラス近ツク」。「方」の部分を無視したようです。


    Chaamieyさん

    後半は確かに私の憶測なのですが、前半の「松島は鬱陵島なので、日本人は開拓できない」というのが、この下巻の(第4号以下の)テーマなのだと思います。」は当たっていると思っています。

    ReplyDelete
  43. Sloww,

    Go to the library and find
    다다미디어『독도자료집Ⅱ』竹島考證 (2006)

    You can read 竹島考證 下 with a good Korean translation.

    There, you can find how Japanese thought “Matsushima” at that time.

    Matsushima mentioned here is definitely not Dokto, but Ulleongdo.

    At p397 and p453, Tanabe Taichi, The Director of the Bureau of Communication in Japan's Ministry of Foreign Affair says again and again,

    “Matsushima is Korea’s Ulleongdo.”
    마쓰시마(松島)는 조선의 울릉도.

    It is in attached paper for the remarks on petition to develop Matsushima in 1877.

    So at 1877, Japanese high officials were viewing Matsushima as Ulleongdo.

    Maps like Mori Kinseki(1877) are following this kind of recognition.

    http://www.dokdo-takeshima.com/korea/mori-kinsekis-1877-map-of-japankorea/

    ReplyDelete
  44. This comment has been removed by the author.

    ReplyDelete
  45. 松さん。すみません。
    加藤だと思いこんで読み飛ばしていました。よく見たら「蔵」です。
    「が蔵書」で間違いないです。

    「六十里」も確かです。

    繞(にょう)かこむの方が、意味的には、分かりやすいのですが、これを糸偏と見るのはやはり難しく、「境」と見るのが自然かと思います。渡邊の文字の癖からみるともう少し、にんべんに近いような書き方でないと、繞に見えない気がします。

    私船も、意味的には、和船の筈だと思って読んだのですが、草書体の崩しだと、旁のかたちが、ムだと、Zのようになり、一方、口だと「И・い」のような感じになるはずです。、この字はどちらかというとZに近い。それでも、口を「マ」とかく人もいるので、「和」と読めないこともないですね。「和舩」説に同意します。

    「英図」は自信があります。

    matsuさん。
    私も実は、たぶん茶阿弥さんと同じような危惧を感じていました。話題にしている同士では、松島といっても、この渡邊が話題としている松島で、鬱陵島のことなのは自明なのですが、慣れない人が読むと、現在の竹島のことを言っていると誤解される畏れがあります。
    カッコで補うなりの注意をしたほうが良いと思います。

    ReplyDelete
  46. 渡邊稿本の翻刻
    第十一号  
    松島之議

    昔ハ(者)、竹嶋の記事、略説多クシテ、松嶋ノ事、
    説論スル者ナシ。而テ、今者、人、松島ニ喋々ス。
    然リ而テ、此二嶋、或ハ一嶋両名、或ハ二嶋也
    ト諸説紛々、朝野其是非ヲ決スル者ヲ聞
    彼竹島ナル者ハ、朝鮮ノ蔚陵嶋トシ、幕
    府偸安ノ議、遂ニ彼ニ委ス。故ニ、此所謂

    松嶋ナル者、竹嶋ナレハ彼ニ属シ、若竹島以外ニ
    在ル松島ナレハ、我ニ属セサルヲ得サルモ、之ヲ決論
    スル者無シ。然ルニ、松嶋ナル者、我国ト朝鮮トノ
    間ニ位シ、長崎ヨリ浦潮港ニ至リ、馬関、其他、
    石州・因州・伯州・隠岐ヨリ、彼要地タル、ラザレフ ※(ザに濁点)
    港ヘノ道ニ當ルヲ以テ、頗ル要地ト為シ、連綿、
    此近傍ニ、英・魯其船艦ヲ出没ス。若シ
    夫、我国ノ部分ナランニハ、之ニ多少ノ注意無ル
    可ラス。彼国ナラン歟、又保護ヲ加ヘサル可ラス。
    況ンヤ、他国我ニ糺ス、之ニ答フルニ決辞ナキヲ

    如何セン。然ラハ則、無主ノ一島ノミ。諸書ニ
    就テ案スルニ、竹嶋、洋名アルゴナウト嶋ナル者ハ、
    全ク烏有ノ者ニシテ、其松嶋、デラセ嶋ナル者ハ、
    本来ノ竹嶋、即チ蔚陵島ニシテ、我松嶋
    ナル者ハ、洋名ホル子ツトロツクス、ナルカ如シ。然ルヲ、洋
    客、竹嶋ヲ認テ松嶋ト為シ、更ニ竹嶋ナル
    者ヲ想起セシ者ノ如シ。而テ、此ホル子ツトロックス、
    ノ我國ニ屬スルハ、各国ノ地図皆然リ。他ノ
    二嶋ニ至リテハ、各国、其認ムル所ヲ同フセス。我
    国論、又確拠無シ。是、実ニ、其地ノ形勢ヲ

    察シ、其所属ノ地ヲ定メ、而テ其責ニ任
    スル所ヲ、両國間ニ定メサル可ラサル者タリ。因テ、
    先ツ嶋根縣ニ照會シ、其従来ノ習例ヲ
    糺シ、併セテ船艦ヲ派シテ、其地勢ヲ見、 ※(セが入っている)
    若シ彼既ニ著手セハ、其宰政ノ模様ヲ
    実査シ、然ル後ニ、其方略ヲ定メント要ス。
    請フ、速ニ採リテ議スル者アラン事ヲ伏望ス。

       渡邊洪基 立案 ※(記録局長の文字なし ※草書体の邊)

    ReplyDelete
  47. Matsu,

    What do you want to point out?

    You are insisting Matsushima in the maps including Mori Kinseki's is not Dokdo, aren't you?
    Then, "Where is Dokdo?" and "If there's no Dokdo, why did they omitted Dokdo?" If Matsushima in Mori's map isn't Dokdo as you insist, Mori isn't the only cartographer who omitted Dokdo in their maps. Can you explain why they didn't draw Dokdo while drawing non-existent Argonaut in their maps?

    I'm going to show you how many Japanese maps depicted Matsushima(my Dokdo, your Ulleongdo) soon.

    -----------------------------------

    There, you can find how Japanese thought “Matsushima” at that time.
    Matsushima mentioned here is definitely not Dokto, but Ulleongdo.
    --> I didn't say every Matsushima is Dokdo. As the result of referencing the western maps, some Japanese maps, especially the government made maps, depicted three islands making Matsushima as Ulleongdo, but it didn't greatly affect the Japanese people's traditional perception on Dokdo. Even the politicians were confused if Matsushima was Ullongdo or not, like Watanabe Kouki.

    You wrote Tanabe Taich said "“Matsushima is Korea’s Ulleongdo.” Why don't you show the whole sentence or paragraph of what he said? He wrote "Matsushima is Korean Ulleongdo(松島ハ朝鮮ノ欝陵島ニシテ)", but he was referring to Matsushima in the Mutoh's petiton.

    You should know the key point Tanabe Taich made about Matsushima. He wrote "Matsushima was named by the Japanese. The fact is it(Matsushima) is the Usando belonging to Chosun's Ulleongdo.(聞ク松島ハ我邦人ノ命ゼル名ニシテ其実ハ朝鮮蔚陵島ニ属スル于山ナリ) " He clearly understood Matsushima was Korean Usando(Dokdo).

    Again, the Japanese weren't greatly influenced by the western mapping error. They consistently depicted their traditional Takeshima(Ulleongdo) and Matsushima(Dokdo) in the maps. The important thing is there are many maps depicted Matsushima(Dokdo) as Korean land.

    ReplyDelete
  48. 小嶋日向守さん、

    難読文字の判読、ありがとうございます。その中で、自分が分かることだけを言うのは大変恐縮なのですが、一つだけ。

    第十一号の4行目の「決スル者ヲ聞」の後の「カス」が書きもれかと思います。


    なお、上に私もたぶん同じではないかとして「慣れない人が読むと、現在の竹島のことを言っていると誤解される畏れがあります。」との危惧を書かれましたが、私がここで述べていますのは、単に、外務省の松島検討と内務省ルートの太政官指令は関連がなさそうだということのみですので念のために申し添えます。

    ReplyDelete
  49. 小嶋さん

    ありがとうございます。
    こうしてみると、伝わっている写本には、ずいぶん間違いがありますね。

    さて最初の「が蔵書」が間違いないとすると、

    「戶田敬義が蔵書、金森謙ナル人ノ書ニ」となりますね。

    実は、「加藤」という人がいて、その「加藤」さんが書いた、我々には未知の文献もまたあるのかなあ、と反面一部期待していたところもあったのですが、やっぱり、参照していたのは金森謙の『竹島図説』だけだったのですね。
    六十里のところは、最初の起こしが二十里になっていたので、あれあれ、渡邊洪基は『竹島図説』の引用を間違えているぞ、と思っていたのですが、正しく引用されているということですね。

    ところが、本文が「戶田敬義が蔵書、金森謙ナル人ノ書ニ」ということになると、実はまた、ややこしいことになります。

    渡邊洪基は、戶田敬義の「蔵書」を見られる立場にいた、ということになるからです。

    このとき、鳥取出身の島根県士族である戶田敬義も、また東京に出てきていたわけですから、渡邊洪基とは行き来があったとしても不思議はありません。

    しかし!
    となると、渡邊洪基が「戶田敬義の図」を見ることが出来たのは1877年1月27日以降だ、というわが年代決定の基準が、はかなくも崩れてしまうことになるのです。
    「蔵書」が見られたのであれば、「図」も見られたはずですから。

    嗚呼
    これを英語でまたどうやってGerryさんに説明しよう・・・。


    「松島は朝鮮の鬱陵島」の話ですが、
    韓国側は、「松島」と出て来ると、何が何でも「独島」と信じて疑わないわけですが、日本側が「松島」を「鬱陵島」と認識していたということは、地図上の表現を見ていく上でも、とても重要だと思います。
    カッコをつけても、恣意的な誤解をする人はするでしょうし・・・。

    ReplyDelete
  50. This comment has been removed by the author.

    ReplyDelete
  51. 行替わりが多くて読みにくいので変体仮名などを濁点のある現行のひらがなに改め整理してみました。

    渡邊洪基松島之議 稿本の起こし

    松島之議

    松島と竹島、即ち、韓名、蔚陵島は、聞く所に倚るに、一島二名なるが如しと雖ども、旧鳥取縣令に聞くに、全く二島の由を認め、又、戸田敬義が蔵書、金森謙なる人の書に、隱岐國松島西島[松島の一小屬なり土俗呼んて次島と云]より海上道規、凡そ四十里許北方に一島あり名を竹島と云ふ云々。又、伯州米子より竹島迠、海上道程百四十里許あり。米子より出雲に出て、隱岐の松島を經て、竹島に到るなり。但し、隱岐の福島(一謂、福浦)より松島迠、海上道程六十里許、松島より竹島迠四十里許云々。又、竹島より朝鮮へ、海上道䂓四十里許と云。此說は、享保九年、昔、屢、渡海せる一老叟に詰問せられし時、其答に、伯州會見郡、濱野目・三柳村より、隱岐の後島へ、三十五六里あり、此遠見の考を以て、竹島より朝鮮山を見れば、少し遠く見れば、凡そ四十里許りと云ふに因る云々。是を以て考ふれば、二島ある事、瞭然たるが如し。洋書に就て按するに、英のインペリヤールガセツトルに、ダケレツト(『ダゼラ』と音す)島、即、松嶋は、日本海の一島にして、日本島と朝鮮半島の間にあり。其西北の點、北緯三十七度二十五分、東經[グリーンチィッチよりの算]、百三十度五十六分。一千七百八十七年、ラ・ペルーズの名くる所。周圍九里。海岩は、絶壁之を境し、其最高處に至るまで、樹木森々たり。」又、リツピンコット著「プロナヲンシング、ガゼツテル、ヲフ、ゼ、ヲールヽド」に、「ダゼラ」は日本海の小島にして日本・朝鮮の殆んど中間にあり。周圍八里。北點、北緯三十七度二十五分、東經百三十度五十六分」とあり。之を地圖に徴するに、英海軍測量圖載する所、ダセラ即ち松島と題せるは、其地位、二書に載する所の如し。英のロヤールアトラス、佛ブルーヱの大圖、英女王地理家ゼイムス・ウイルドの日本朝鮮図、日耳曼キーペルス亜細亜図、千八百七十五年、ゴツタのスチールスのアトラス、ウァイマルヽ地理局の圖、皆な、同地位にダゼラ島を置き、英測量圖には、點線を以て限るものゝ外は、東經百二十九度五十七八分、北緯三十七度五十分に、アルゴナウト、即、竹島と題したる者を置く。魯西亜の地圖局の図にも同處に之を慥かに置く。又、金森謙の書に、竹島周囲、大凡十五里とあり。又、戸田敬義の図、和舩の測量を総計すれは、二十五里餘となる[尤曲屈出入を合せ沿岸]去れば、彼、松島、即ち、ダゼラ島の周囲と異なる事、少々ならず。而して、圖中南隅に、一里半周圍の一島を載す。是、于人島なるべし。英圖に就て測量するに、隱岐嶋と松島・竹島・朝鮮の距離、凡そ符合す。されば松島・竹島の二島なるは、殆んど判然たり。
    唯、我國の書に、竹島の事のみ多くして、松島の事なきは、大小貧冨の差より竹島に往來するのみにして、且、朝鮮との爭論も、竹島にのみ関係したる故と思わる。
    此島の外國の認むる處を、図に徴すれば、英國の諸圖は、對馬島と合せて朝鮮の色とし、佛も亦同じ。日耳曼ゴタ、スチーレルスの図には、對馬と合せて日本色とし、唯、ウアイマルの地理局圖のみ、對州を以ちて日本色とし、松島・竹島を朝鮮色とす。英佛の對州を合せて朝鮮 色にせしは、對州既に日本版圖に相違なければ、隨て松嶋・竹島も其色を變せん。即ち、スチーレルの圖は、此結果なるべし。況んや、松島・竹島を以て傳ふ。其語は日本語なり。因て考ふれば、此島は、暗に日本所屬と見做したるなるべし。偖、我國と朝鮮との関係を論すれば、旧幕府、無事を好むより、竹島を以て、唯、彼地圖に蔚陵島と均しきと、其地の遠近を以て、朝鮮に讓與せりと雖ども松島・竹島二島あり、松島は竹島より我近き方にあれば、日本に属し、朝鮮又異論ある能わず。而して、其緊要に論すれば、仝島は、殆んと日本と朝鮮の中間に位し、我山陰より朝鮮咸鏡道永興府、即ち、ラサレフ港との航路に當り、長崎よりウラシヲストツク港、航舶方必らず近づく所。其緊要なる、所謂竹島に數倍す。故に、今、英魯等の頻りに注目する所となれり。而して各国の認むる所、是の如し。然るに、我国にては、松島・竹島、二島一嶼の事、判然ならず。隨て、朝鮮に屬する哉否をも知らざるなり。若し外国の問に逢ふ、又答ふる所を知らず。若、我物とせん歟、之に關する義務なかるべからず。之を朝鮮に歸せん歟、又外國に注意せざるを得ず。是、再考する所以なり。  渡辺洪基述。


    ----------------
    「対馬」の表記が、清書では、「対馬」になっているのが、「対州(つしま)」になっているのが面白いです。州は島の意味だとあらためて納得できます。

    ReplyDelete
  52. Sloww,

    You wrote;
    “You are insisting Matsushima in the maps including Mori Kinseki's is not Dokdo, aren't you?”

    Yes that’s right.

    “Then, "Where is Dokdo?" and "If there's no Dokdo, why did they omitted Dokdo?"

    There are so many Japanese maps that do not draw Takeshima / Dokdo.

    Why?
    Because Takeshima/Dokdo was not so important for Japanese at that time.

    Koreans blindly believe Dokdo was so important that it can’t be omitted.
    But the history was that.
    Japanese didn’t have any concern about it at Meiji era until Nakai Yozaburo found the economic value of sea-lions.
    It was just the same for the Koreans.


    “Why Japanese kept drawing non-existent Argonaut”

    That is what I don’t know well.
    That’s probably because Japanese long believed there are two islands of Takeshima and Matsushima at the northwest of Oki.

    “I'm going to show you how many Japanese maps depicted Matsushima(my Dokdo, your Ulleongdo) soon.”

    I will be waiting. Let’s check one by one.
    -----------------------------------

    “I didn't say every Matsushima is Dokdo. As the result of referencing the western maps, some Japanese maps, especially the government made maps, depicted three islands making Matsushima as Ulleongdo”

    Yes that’s right.


    “but it didn't greatly affect the Japanese people's traditional perception on Dokdo.”

    I disagree.

    “You wrote Tanabe Taich said "“Matsushima is Korea’s Ulleongdo.” Why don't you show the whole sentence or paragraph of what he said? He wrote "Matsushima is Korean Ulleongdo(松島ハ朝鮮ノ欝陵島ニシテ)", but he was referring to Matsushima in the Mutoh's petiton.”

    I don’t understand what you mean here.
    They both are talking about Matsushima, which is surely Ulleoungdo.

    “You should know the key point Tanabe Taich made about Matsushima. He wrote "Matsushima was named by the Japanese. The fact is it(Matsushima) is the Usando belonging to Chosun's Ulleongdo.(聞ク松島ハ我邦人ノ命ゼル名ニシテ其実ハ朝鮮蔚陵島ニ属スル于山ナリ) He clearly understood Matsushima was Korean Usando(Dokdo).”


    That’s why I recommended you to read
    다다미디어『독도자료집Ⅱ』竹島考證 (2006)
    with a good Korean translation.

    Tanabe Taich here is just quoting one of the three opinions,甲乙丙.
    It’s not HIS opinion.

    His opinion appears in his “Tukehuda” I showed above.

    松島는 조선의 울릉도.

    You should say
    “He clearly understood Matsushima was Korean Ulleoungdo.”


    “Again, the Japanese weren't greatly influenced by the western mapping error. They consistently depicted their traditional Takeshima(Ulleongdo) and Matsushima(Dokdo) in the maps. The important thing is there are many maps depicted Matsushima(Dokdo) as Korean land.”

    No.
    These maps showed Matsushima(=Ulleougdo) as Korean land.
    Let’s check one by one.

    ReplyDelete
  53. Chaamiey様
    ご指摘ありがとうございます。行毎にしたときに誤って削除していました。

    訂正
    ト諸説紛々、朝野其是非ヲ決スル者ヲ聞
    カス。彼竹島ナル者ハ、朝鮮ノ蔚陵嶋トシ、幕

    ※了解です。「たぶん」は実はslow studentに対する皮肉ですww

    ReplyDelete
  54. matsu様

    I would like to correct your misunderstanding.

    You wrote: “Tanabe Taich here is just quoting one of the three opinions,甲乙丙. It’s not HIS opinion.”

    “甲”is TANABE’s opinion. He writes “It is said that Matsushima was named by us the Japanese; the fact is it (Matsushima) is the Usando belonging to Chosun's Ulleongdo (adapted from translation by sloww)” 「聞クカ如キハ松島ハ我邦人ノ命セル名ニシテ其実ハ朝鮮蔚陵島ニ属スル于山ナリ」.

    TANABE believed the Matsushima of the petition for developing to be Korea’s Ulleongdo. Thus he interpreted traditional Matsushima to be Usan belonging to Korean Ulleongdo.

    ReplyDelete
  55. Matsu,

    You wrote "Because Takeshima/Dokdo was not so important for Japanese at that time." and "Japanese didn’t have any concern about it at Meiji era until Nakai found the economic value of sea-lions."
    From the old time, the Japanese never separated Dokdo from Ulleongdo. Even Nagakubo drew them together in the map of Japan in 1779 even if they were not Japanese land.


    The reason Takeshima(Ulleongdo) and Matsushima(Dokdo) were consistently drawn was Japanese cartographers of Meiji-era perceived those two islands exist in the East Sea(Sea of Japan), knew they can't be separated and they had seen them together in the old Japanese maps. Drawing Matsushima (Dokdo) for the Japanese cartographers was not the matter related to the economic value.


    If you insist Dokdo was omitted because it was not important, please think about why the maps below shouldn't omit Matsushima(Dokdo). 『日露淸韓明細新圖』was for the Japanese soldiers and the rest are for the Japanese students.

    大日本全図(1892)
    大日本帝国(1893)
    Map of 日本地誌(1897)
    日露淸韓明細新圖(1903) 1
    日露淸韓明細新圖(1903) 2


    The maps below show Matsushima is Dokdo no matter what it looks like and where it's located. You keep me linking those maps over and over again.

    朝鮮輿地全圖(1875)
    新撰朝鮮輿地全圖(1882)
    實側朝鮮全圖(1894)
    朝鮮輿地図(1894) :"中峯" is the real name of peak in Ulleongdo.
    満韓新図(1904) : It's interesting Japanese ultra-right ring group "黒龍会" was still using Matsushima for Dokdo just before the Japanese incorporation of Dokdo in 1905.


    Being asked "why Japanese kept drawing non-existent Argonaut?", you wrote " I don't know well.
    That’s probably because Japanese long believed there are two islands of Takeshima and Matsushima at the northwest of Oki.
    Yes, you exactly pointed out the bottom line.The Japanese long believed Takeshima and Matsushima exist at the northwest of Oki. In other words, it was very natural for the Japanese cartographers to draw the Japanese traditional Takeshima(Ulleongdo) and Matsushima(Dokdo). You should agree Takeshima can't be Argonaut. You can't find the answer for the reasons why Japanese cartographers drew non-existent Argonaut omitting Dokdo, which means Takeshima and Matsushima in the Meiji-era maps are generally Ulleongdo and Dokdo respectively.


    As for Tanabe Taich's opinion on Matsushima, arare様 corrected your misunderstanding. He clearly understood Matsushima in Mutoh's petition was Ulleingdo and Japanese traditional Matsushima was Usando(=Dokdo) of the Korean land.

    ReplyDelete
  56. Arare san

    I can’t understand why you can say 甲is Tanabe.
    He is just introducing three opinions.

    Is there any part of this document saying 甲is Tanabe himself ?

    第二十一号を、全文掲げます。口語訳をそえます。わからないところもあるので、助けていただければと思います。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・
    http://www.geocities.jp/tanaka_kunitaka/takeshima/2a343tan1649-1881/

    http://www.tanaka-kunitaka.net/takeshima/2a343tan1649-1881/45.jpg
    http://www.tanaka-kunitaka.net/takeshima/2a343tan1649-1881/46.jpg
    http://www.tanaka-kunitaka.net/takeshima/2a343tan1649-1881/47.jpg
    http://www.tanaka-kunitaka.net/takeshima/2a343tan1649-1881/47.jpg

    ReplyDelete
  57. 是ニ於テ、松島巡島ノ議論起リ、可否紛々、一決セズ。即、別紙第二十一号、是ナリ。

    第二十一号  松島巡視要否ノ議 外務省公信局長 田邊太一

    甲云、
    甲は言う。

    一日、開否ノ略定リテ、而後、今日視察ノ要否ヲ論スヘシ。
    松島を開拓するのか否か、方針が定まったそのあとに、いま視察を行うかどうかを決めるべきである。

    聞クカ如キハ、松島ハ我邦人ノ命セル名ニシテ、其実ハ朝鮮・蔚陵島ニ属スル于山ナリ。
    聞くところによれば、「松島」とは我が国の人の命名した名前で、その実は朝鮮の蔚陵島に属する于山である。

    蔚陵島ノ朝鮮ニ属スルハ、旧政府ノ時、一葛藤ヲ生シ、文書往復ノ末、永ク証テ我有トセサルヲ約シ、載テ両国ノ史ニ在リ。
    蔚陵島が朝鮮に属するのは、旧政府(江戸幕府)の時に、ひとつの争いが起こり、文書往復の末に、我が所有とはしないことを永遠に約束し、その記録は両国の歴史書に残っている。

    今、故ナク人ヲ遣テコレヲ巡視セシム。 此ヲ他人ノ宝ヲ数フトイフ。
    今、理由もなく人を派遣してこれ(松島)を巡視させるのは、他人の宝を数えるということである。

    況ンヤ、跡、隣境ヲ侵越スルニ類シ、我ト韓トノ交、漸ク緒ニ就クトイヘトモ、猜嫌、猶、未、全ク除カサルニ際シ、如此一挙ヨリシテ、再ヒ一隙ヲ開カンコト、尤、交際家ノ忌ム所ナルヘシ。
    ましてや、その行跡は、隣境を侵越するたぐいのことであり、日本と韓国との交際が、ようやく始まったとはいっても、(韓国の日本への)猜疑と嫌悪がまだ全く除かれていない時に、このような行動に出ることにより、ふたたび争いを生じることになるのは、最も交際家の避けるべき所であろう。

    況ンヤ、英或ハ露船ヲ雇ヒ、コレニ赴カンコト、又、尤、彼ノ忌ム所ニ出ツルオヤ。
    ましてや、イギリスあるいはロシアの船を雇って、そこ(松島)に行こうというのは、また、彼(韓国側)が、最も、嫌がることであるからである。

    縦令、該島ヲシテ韓籍ニ属セストモ、南、無人島ヲ開キ、琉球ヲ藩トスルモ、識者、或ハ其宜ニ非サルヲ論ス。
    たとえ、その島が韓国領土でなかったとしても、(日本の)南で無人島(小笠原)を開き、琉球を藩とすることについても、識者の中には、してはならないことだと言う者もいる。

    現今ノ務、方ニ国脈ヲ静養スルニアリ。
    現在なすべきことは、まさに国脈を静養ことである。

    鮮ヲ煎テ、コレヲ擾ス、 計ノ得ルモノナラス。
    鮮ヲ煎テ、コレヲ擾ス(ここ、わかりません)のは、よい政策とは言えない。

    松島、断シテ開ク能ワス。 又、開クヘカラス。
    松島は決して開拓することが出来ず、また開拓してはいけない。

    其不能不可ヲ知テ、コレヲ巡視スル、豈無益ナラサランヤ。
    その不能不可なることを知っていて、これ(松島)を巡視しるのは、無益なことではないか。

    況ヤ、後害ヲ醸サントスルオヤ。
    ましてや、後に害になることだからである。

    (以上、甲の意見。韓国との平和を願い、韓国の領土である「松島」は開拓できないと言う。
    ただ、「縦令、該島ヲシテ韓籍ニ属セストモ」と言っているのに注意。
    「現今ノ務、方ニ国脈ヲ静養スルニアリ」は、西南戦争後の国土の疲弊を言うか。
    この人は、「松島ハ我邦人ノ命セル名ニシテ、其実ハ朝鮮・蔚陵島ニ属スル于山ナリ。」という情報を、誰に「聞いた」のだろうか。
    「松島は、蔚陵島ニ属スル于山」というのは、「東国文献備考」によるか。当時日本で読めたのだろうか? 『萬機要覧』は、国王しか読めなかったはず。

    ReplyDelete
  58. 乙云。
    乙は言う。

    開否ノ略ハ、視察ノ後ニ非サレハ、定ムル能ハス。
    松島を開拓するか否かは、視察の後でなければ、決めることができない。

    版図ノ論、今、其実ヲ視ス、只ニ蠧紙上ニ拠信スルハ、コレヲ可トイフヘカラス。
    版図を論ずるときに、実際にその場所を見ないで、ただ紙の上にかいてあることだけに依拠して信じるのは、正しい方法ではない。

    況ンヤ我近海ニアリ、我民ノ韓ノ内地ニ航スルモノ、露ノ藩地ニ航スルモノ、必由ノ途タレハ、其地ノ状形ヲ悉サスシテ、コレヲ不問ニ措ク、我吾務ヲ尽ササルニ幾シ。
    ましてや、我が近海にあり、日本人で韓国の内地に航行する者も、ロシアの藩地に航行する者も、必ず経由する途中にあるので、その地の形状を明らかにしないで放置しておくのは、自分の義務を尽くしていないことに近い。

    故ニ、該島ハ勿論、所謂竹島ナルモノモ、亦巡視シテ、ソノ今日ノ状ヲ詳知スヘシ。
    だから、該島(松島)はもちろん、いわゆる竹島についても、また巡視して、その現在の状況を詳しく知らなければならない。

    巡視ハ、必要スル所ナリ。
    巡視は、必ず行わなければならない。

    サレトモ、英露等ノ船ヲ雇ヒ、僅ニ一日半日ノ碇泊ヲナシ、
    一人二人ノ官吏、上陸視察ストモ、果々敷事ナキハ、イフヲマタス。
    そうは言っても、イギリスやロシアの船を雇い、わずかに一日か半日の停泊をし、一人や二人の官吏が上陸して視察したとしても、はかばかしい成果がないであろうことは、言うまでもない。

    且、今日ヲ失フテハ、再ヒスヘカラサル機会ナリトイフマテニモアラサレハ、西南勦定ノ後、海軍モ無事閑暇ノ時アルヘケレハ、其時ニ至リ、測量製図等ニ熟セル海軍士官ト、生産開物ニ明カナル官吏トヲ派差シテ、コレヲ検セシメ、而後、コレヲ書図ニ徴シ、古文書ニ照シテ、初メテ松島ノ蔚陵島ノ一部ナリヤ、果テ于山ナリヤ、又別ニ、一ノ無主地ナリヤヲモ、定得ヘク、将、後来開墾シテ、利益ノ有無ヲモ考得ヘシ。

    また、今でなければ、二度と出来ない機会だというまでのことでもないので、西南戦争が鎮定された後、海軍も仕事もなく時間に余裕の厚保時もあるだろうから、その時になって、測量・製図等に熟練した海軍士官と、産物に詳しい官吏とを派遣して、これを調査させ、その後に、書や図を調べ、古文書に照して、初めて松島が蔚陵島の一部であるのか、果して于山であるのか、また別の一つの無主地であるのかをも、決めることが出来、将来、渡って開墾すれば利益があるかどうかも考えることが出来るだろう。


    故ニ巡視ノ後ニアラサレハ、開否ノ議ヲ定メカタシ。松島、必、巡視セサルヘカラサルナリ。


    だから、巡視のあとでなければ、開拓の是非は決めることができない。松島は、必ず、巡視しなければいけない。

    然レトモ、瀬脇氏ノ議ノ如キハ、敢テコレヲ可トセス。必、将ニ它日ヲ竢アルヘシ。

    しかし、瀬脇氏の言うようなことについては、あえて、それを許可する必要はない。必ず、次の機会を待つべきである。

    (以上、乙の意見。現地を見なければ政策は決定できない、とする。田辺太一は、甲と対立軸のある意見をならべている。
    乙は、「松島ノ蔚陵島ノ一部ナリヤ、果テ于山ナリヤ、又別ニ、一ノ無主地ナリヤ」といろいろな可能性を考えている。
    「于山」という情報を、甲と共有していることに注意。
    「無主地」という発想がすでにある。)

    ReplyDelete
  59. 丙云
    丙は言う。

    英国新聞ニ、露国ノ東略ヲ預妨セントテ、既ニ太平海北部ニ一ノ海軍屯站ノ地ヲ要セントスルノ論アリ。
    イギリスの新聞に、ロシアの東方進出を予防するために、すでに太平洋の北部にひとつの(イギリスの)海軍基地が必要だとの議論が載っていた。

    松島等ノ如キ、或ハ彼カ注目スル処タルモ知ルヘカラス。
    松島などは、あるいは、彼(イギリス)が注目している所かもしれない。

    且聞、該国官船「シルビヤ、長崎ヨリ韓地ニ航セリト。
    また、該国(イギリス)の官船「シルビヤ」号が、長崎から韓国に航行したとも聞いた。
    当時、我訳官乗組居ラサレハ、何ノ地ヲ航過セシヤヲ知ルニ由ナシ。
    その時に、日本の通訳官が乗り組んでいなかったので、どこの地を通過して航行したのかを知る方法はない。

    或ハ、該国ヲモ、予メ巡視セシメシコト、必、無トモ信シカタシ。
    あるいは、該国(イギリス)に、すでに(松島を)巡視させたことが、必ずしも無いとは信じられない。(ここ不明。韓国がイギリスに巡視させた、ということがないとはいえない、という意味か。)

    サレハ、今ニモ英公使、或ハシカラストモ、他ヨリ、該島ニ就キ云々ノ論アルトキ、一切知ラスト答ヘンハ、頗ル忸怩ナキアタワス。所謂不都合ナルモノナリ。
    なので、今でも、英公使、あるいはそうでなくても他の国(あるいはイギリスの他の部署?)から、該島(松島)について何か議論(問い合わせ?あるいは要望?)があった時に、全く知らないと答えるのは、非常に忸怩たらざるをえない。所謂、不都合だということである。

    故ニ、今日ノ策ハ、甲乙ノ所論ノ如キ、開否等ノ議ニ渉ラス、聊ニテモ該島ノ現状ヲ知ルコトヲ急務トセリ。

    だから、今日の策は、甲や乙の所論のような、(松島の)開拓の是非の議論ではなく、少しでも該島(松島)の現状を知ることが急務である。

    故ニ、誰ニテモ、其地ヲ巡視スヘキノ望アルモノ、何船ニテモ、其近傍ヲ航シ、甘ンジ寄椗セントイフモノアレハ、コレヲ許可シ、コレヲ雇フヲ可ナリトイヘトモ、ソノ効ヲ収ムルモノハ、只ニ前ニ述ル所ノミニ止ルモノナルハ、計算上、多費ヲ要スルコトハ妙トセス。
    ゆえに、誰であっても、其地(松島)を巡視したいという望みを持つもの、どんな船でも、その(松島の)近くを航行して(松島に)寄港(着船)してもよいと言う者があれば、これを許可し、これを雇っても良いが、その成果として期待できるものは、ただ前に述べたことだけにすぎないので、計算上、多額の費用を要するのでは得策ではない。

    須ク、如此、効ヲ収ムルコト、若干ノ価アルヘキヲ算シ、若干金ヲ瀬脇氏ニ付シ、是額内ヲ以テ、此挙ヲナスヘキヲ命セハ、計ノ得ルモノニ幾カシ。
    すべからく、このような成果を収めるためには、どのくらいの費用がかかるのかを計算して、その若干金を瀬脇氏に付託し、この金額の範囲内で行動をするように命じれば、かかる費用は、その成果として得られるものに近いものになるだろう。

    我邦人、外国ノ船ニ搭シ、韓地ニ至リシトテ、韓政府ノ猜嫌ヲ増サントノ過慮ハ、ナキニアラストハイヘトモ、該島ニ在ル韓民(縦令、官吏アルモ)、邦人ト外国人トヲ区別スルノ眼晴モアルマジケレバ、断然、交隣ノ誼ニ於テハ、妨碍ヲ生セサランコトヲ信ス。
    我が国の人間が、外国の船に搭乗して韓地に行ったとして韓国政府の猜嫌を増すだろうとの過慮は、ないとは言えないが、該島(松島)にいる韓民は(たとえ官吏がいたとしても)、日本人と外国人とを区別する眼を持たないだろうから、きっと、交隣の誼については障害にはならないだろうと思う。

    (丙の意見。イギリスの情報に詳しい人の話。イギリスから松島について問い合わせがあった時に、日本が何も知らないのではまずいので、開拓とは関係なく松島の調査をすべきだ、とする。
    瀬脇に肩入れする意見。)


    どこにも、甲は田辺太一の意見だと書いてありません。

    ReplyDelete
  60. 田辺太一さん、写真を見ると、なかなかかっこいいです。

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E8%BE%BA%E5%A4%AA%E4%B8%80


    Slow,

    I will answer you tomorrow.

    ReplyDelete
  61. Matsu様

    Ulleungdoは、松島とばれたり竹島と呼ばれているという解釈でよいのでしょうか?
    Jugudoもまた竹島と呼ばれたり松島と呼ばれていたということなのでしょうか?

    現在の竹島は隠岐の松島で間違いないようですが、隠岐の松島と別に松島も同時にあったと考えて良いのですよね?

    400年前の地図で西島と東島に分かれて記録されていることを思うと現竹島がひとつの島として表記するものなのでしょうか?
    質問ばかりですみません。
    自分なりに理解しようとしているのですが。間違っていないかどうか教えていただけたら幸いです。

    ReplyDelete
  62. matsuさん、

    意見甲の「鮮ヲ煎テ、コレヲ擾ス、 計ノ得ルモノナラス。」ですが、「煎」が煮詰めるという意味であることと、この一句が国力培養との対比で書かれていることからすれぱ、「朝鮮に無用の力を傾注して問題を起こしても得るものが無い。」というくらいでどうでしょうか。


    >この人は、「松島ハ我邦人ノ命セル名ニシテ、其実ハ朝鮮・蔚陵島ニ属スル于山ナリ。」という情報を、誰に「聞いた」のだろうか。

    については、この当時、鬱陵島と于山島という二つの島を描いた地図があったこともそういう材料になった可能性があるのではないでしょうか。


     意見丙の「或ハ、該国ヲモ、予メ巡視セシメシコト、必、無トモ信シカタシ。」は、全体の意味としては、イギリスは松島を既に巡視したかも知れない、と言っているのだと思います。「該国ヲモ」が不可解なわけですが、引用なさった資料では確かに「該国」と書いてはあるのですが、文脈からすると「該島」の転記ミスの可能性は無いでしょうかねえ。何しろ「松島の議」ではいくつか転記ミスがあったようですから。


    matsuさんも上で指摘なさったのですが、私は、この当時、「松島っていうのは鬱陵島に属する于山なのかも知れない」という推論がかなり有力に語られていたという事実に大注目しています。

    ReplyDelete
  63. kukoさん、横レスで失礼します。

    >Ulleungdoは、松島と呼ばれたり竹島と呼ばれているという解釈でよいのでしょうか?

     そうです。このころ、竹島渡海之願(戸田敬義)とか松島開拓之議(武藤平学)とか松島開拓願(下村輪八郎、斉藤七郎兵衛)が提出されたりしていたわけですが、これらの開拓願いの対象は実はいずれも鬱陵島のことです。
     ただし、「鬱陵島のことだ」というのは、明治13年(1880年)になって軍艦天城の松島実地調査の結果判明したことなので、それ以前に提出されていたこれらの開拓願いにおいて、申請者たちは、それが鬱陵島であることを知らないまま、ある者はそれを竹島と呼びある者は松島と呼んでいたことになります。

     
    >Jugudoもまた竹島と呼ばれたり松島と呼ばれていたということなのでしょうか?

    Jugudoとは鬱陵島の東2kmにある竹島(チュクト)の意味でお書きになったものと思いますが、天城が実地調査するまでは外務省の人間は誰も鬱陵島の正確な地理情報を持っていなかったので、チュクトの存在そのものが視野には無かったと思います。

    ReplyDelete
  64. This comment has been removed by the author.

    Reply