竹島問題の歴史

23.10.07

1905年 軍艦橋立の竹島調査

Gerryの投稿の日本語訳です。原文はこちら↓
1905 June - Japanese Cruiser Surveys Takeshima (Liancourt Rocks)

1905年6月、日本海海戦においてロシア海軍を破った後、日本の軍艦、橋立が竹島に望楼を設置することが適しているかどうかを決めるための調査を行うために派遣されました。6月13日、戦艦橋立とその乗組員は竹島へ到着した時、35人の隠岐漁民が猟銃と魚網を用いてアシカ漁をしていたのに出くわしました。漁民の責任者は中井養三郎で、日本政府へこの島を領土編入するように請願を出した実務家です。(竹島は1905年2月22日に日本の領土へ編入されました。中井の請願書

この軍艦橋立の航海日誌は、島の水はその殆どが飲料に適さないなど、竹島についての興味深い事実を物語っています。

No comments:

Post a Comment