竹島問題の歴史

21.5.10

1900 - Russian Ministry of Finance  "Overview of Korea" - Korean easternmost is Ulleungdo(130°54′ E.) , not Liancourt Rocks

Russian official document wiped out "Takeshima/Liancourt Rocks(Olivutsa & Menelai)" from the map and described Korea's easternmost is Ulleungdo(130°54′ E.) , which excludes Liancourt Rocks from Korean territory.

In 1854, Russian frigate Paleada under the command of Admiral Evfimii Vacilevich Putiatin, was known to have surveyed the island and named it Olivutsa(Оливуца) & Menelai(Менелай), five years after French whaler Liancourt found Takeshima/Dokdo and named as Liancourt Rocks in 1849. "Map of Joseon's Eastern Seashore" by the Russian Navy Hydrographic Service in 1857 shows Russian had known accurate location and topography of the island.

Korean claim Russian nautical-chart in 1857 shows Russian considered Takeshima/Dokdo as Korean territory since it's title is "Map of Joseon's Eastern Seashore" and the island is included. However, nautical chart is a nautical chart, which are produced for the purpose of safety of vessels and ships, not for territorial determination. Moreover, map itself doesn't always show the territorial issue unless it has national border or any other indication.

In 1892 Russian book, as we have studied, Russian diplomat Podzhio highly likely considered "Olivutsa & Menelai(Liancourt Rocks)" DOES NOT belong to Choson. The map of Korea included Olivutsa(Оливуца) & Menelai(Менелай) as did before, but descript
ion of both eastern limit of Choson peninsula and Gangwon Province (江原道) of his book did not. This practically shows the fact that a single old map, such as "Map of Joseon's Eastern Seashore", without any clear indication of territorial jurisdiction, never "serve as crucial evidence to prove whether a territory belongs to a certain country and not another".

Finally , the Russian official book "ОПИСАНIЕ КОРЕИ (Overview of Korea)" finish this Korea's silly claim that "Russian considered Liancourt Rocks belong to Korea" off, since 1. The geography chapter clearly wrote "Korean easternmost is Ulleungdo at 130°54′ E." and 2. It's attached map even wiped Takeshima/Liancourt Rocks(Olivutsa & Menelai : 131°52′ E. , 37°14′ N.) off where it should be, along with north western part of mainland of Japan, from the map of Korea. Apparently, Russian government seems have officially concluded that Liancourt Rocks never belong to Korea (or possibly, it's " jurisdiction unknown : tella nullis"), after almost 43 years.

(note : Even Russian labeled Ulleungdo as "Matsushima", likewise other western countries, in both 1892 and 1900 map. Korean claim that Matsushima during Meiji era was an old name for today's Takeshima/Liancourt Rock, but in fact, they started to call Ulleungdo as Matsushima from early Meiji era. The ancient name Takeshima for Ulleungdo was used for the phantom island Argonaut mainly, but some still called Ulleungdo as Takeshima. So three names, Takeshima, Matsushima and Ulleungdo were used for Ulleungdo, especially in the early Meiji era. That was the reason both "Takeshima/Matsushima" or Takeshima and the other island(= Matsushima) was used for Ulleungdo in Japanese official record, which Korean mistakenly claim Japan gave Matsushima, the ancient name for Liancourt Rocks, to Choson, in 1870 and 1877, respectively. This confusion also caused some troubles in Japan, but the corresponding letters among Shimane prefecture, Ministry of Interior and the Ministry of Foreign Affairs clearly shows both "Takeshima/Matsushima" or Takeshima and the other island(= Matsushima) were not for today's Takeshima/Liancourt Rocks, but Ulleungdo solely. ) There is a Korean diplomatic document that shows even Joseon called Ulleungdo as Japan's "Matsushima"

On top of that, this book was translated into Japanese and published by the Ministry of Agriculture and Commerce in 1905, then naturally, it is also highly likely that Japanese official knew Russia considered Liancourt Rocks doesn't belong to Korea. This Russia's conclusion coincides with other countries', including America, German, British, Japan and even Korea herself, as shown below, and represents the then global common wisdom since it was written based on more than 800 books, journals, maps and nautical charts etc. from all over the world as were listed in the 3rd volume of the book. So far, none of the maps and documents globally around the year 1900 we have studied as well suggest that Takeshima/Liancourt Rocks/Dokdo belong to Korea.


As the above post shows, there was no single country, including Korea herself, considered Takeshima/Liancourt Rocks/Hornet Island was Korea's. Japan didn't seize Ulleungdo even though they had every chance/reasons to do so and those documents and maps showed it could be Japan's territory. However, Japanese government didn't since they knew Matsushima (or Takeshima in ancient time) is Choson's Ulleungdo as 1877 and 1870 official documents concluded.

In conclusion, Japan's incorporation of Takeshima into Shimane in 1905 as tella nullis is fair and totally legitimate.

Volume I of "Opisanie Korei (ОПИСАНIЕ КОРЕИ)" is downloadable from this site. Click "free user" for free. The map attached to the third volume is copied from the National Diet Library of Japan.

"Opisanie Korei (ОПИСАНIЕ КОРЕИ)" showed above was provided by matsu. Thanks, as always.

Reference ;

1905 - The Translation of "Overview of Korea"(1900) by Ministry of Agriculture and Commerce of Japan (Japanese) (『韓国誌』日本農商務省)

"Matsushima in the old Korean diplomatic documents" (Japanese) ( 『旧韓国外交文書』にみる松島)

"The discovery of the sea-chart " (日本海沿岸海図(1897年英国製の複製)の発見 (平成19年7月/島根県江津市和木公民館))

1882 - Jan. 31 - "Another island" = Joseon's Ulleungdo, namely Takeshima/Matsushima (Japanese) (「竹島外一島之儀本邦関係無之について」再考−明治十四年大屋兼助外一名の「松島開拓願」を中心に−)


1877 - Argument about "another island": details of the compiled official documents (公文禄) of the Ministry of the Interior (太政官指令)

1883 - Mar. 1 - The island that Japan calls Matushima or Takeshima and Korea calls Ulleungdo (The Draft of Official Notice : 内達案)

1900 Carta Korea_Russian Ministry of Finance_11111_300
1900 Carta Korea_Russian Ministry of Finance_22222_300
1900 Carta Korea_Russian Ministry of Finance_33333_300

20 comments:

  1. Once again there are problems with the conclusions you jump to Kaneganese.

    First, you can’t use Russian documents to impose their territorial perceptions on Chosun (Korea)

    Second Koreans insist Dokdo was made part of Uldo County after this document was printed. So really it has no bearing on Korea’s assertions they claimed the island late in 1900.

    Third Dokdo was simply eliminated from the map entirely. All this means is that the islands were not included, it does not mean Dokdo was considered part of Japan.

    It’s nice to see however, that you acknowledge the name Takeshima was used for Ulleungdo Kaneganese. Thus Japanese maps of the early 1900s can be described as showing Ulleungdo and Dokdo as Korean.

    http://www.dokdo-takeshima.com/wordpress/wp-content/images/rus-jap-warmap.jpg

    http://www.dokdo-takeshima.com/wordpress/wp-content/images/rus-jap-warmap-closeup.jpg

    All Western maps don’t show Dokdo as Korean? So says you.

    Unfortunately Japanese maps frequently show Dokdo as Korean and never as Japanese. So sad….

    ReplyDelete
  2. 1857.Восточнаго Берега Полуострова Кореи(朝鮮東海岸海圖) ロシア海軍
    Palaldaの成果

    *A 1888.German Steamer Wismarの鬱陵島調査.  (LiancourtやArgoanutに行っていないか、確認必要)
    (China sea directory, 3rd edition VolⅣ)

    *B 1889.Detailed map of Dagelet by corvette Vitjaz  (LiancourtやArgoanutに行っていないか、確認必要)
    Scale 1:223 100 Library control number - К-ВАз 2/71

    1892.Podzhio "Overview Korea" by Pozio

    1895.Kapta Tio-Ciohb Nan Kopen  by Pozio (1892とほぼ一緒)

    1900.ロシア大蔵省(今回のPost)

    やはり、corvette VitjazがなにかPozioの地図に影響を与えている可能性がありますが、CCが別会社なのでどうにもなりません。

    ReplyDelete
  3. Thank you, Kaneganese.
    Excellent, as always.

    Some Koreans has begun to excavate Russian resources.

    I hope they will find the truth of the history.

    ReplyDelete
  4. Thanks, GTOMR

    I added the link you gave in the post.

    matsu,

    I hope I didn't make any mistake, but if you find anything, please let me know.

    After writing this post, I got extremely interested in why Russian didn't even try to take Liancourt Rocks. I think they recognized it's Japan's, though it is just a guess.

    ReplyDelete
  5. matsuさん、chaamieyさん、

    このニュースに出てくる韓国の国会決議について、なにかもう少し詳しく分かる韓国語のソースを見かけたら、教えて頂けますでしょうか? よろしくお願い致します。

    -----------------------------
    韓国・教科書、国会が取り消し促す決議
    [ 歴史共同研究・教科書 ]
    日本の教科書検定問題、国会が取り消し促す決議採択

    【ソウル2日聯合ニュース】日本で独島(日本名:竹島)を自国領土と表記・記述した小学校教科書が検定を通過した問題と関連し、国会は2日、本会議で「日本の社会教科書独島領土表記の検定承認取り消しを促す決議案」を議決した。

     国会は決議案で、「独島は歴史的、地理的、国際法的に明白な大韓民国の固有領土」だと指摘。

    日本政府が社会科教科書に独島領有権を記述・表記した行為は、領土主権を侵害する明白な挑発行為であり国際法秩序違反だとし、検定承認の即時取り消しを促した。

     続けて、日本政府の検定承認は韓日両国の信頼関係を損なうだけではなく、北東アジアおよび国際社会の根本秩序までも揺るがし、国際社会での孤立を自ら招く行為だと批判した。

    日本政府に一切の歴史わい曲の試みを中断するよう求めるとともに、日本の検定承認取り消しに向けたアジア各国や国連など国際社会の賛同を呼びかけた。


    韓国国会、日本教科書の「竹島領有権表記」を取消し要求案を可決

    【政治ニュース】 【サーチナ】 2010/04/03(土) 13:21

      3月30日、文部科学省が検定合格とした小学校5年社会の教科書に記された竹島関連の内容をめぐり、韓国では「日本政府の行為は領土主権を侵害する挑発行為」として、激しい反発が相次いでいる。

      これを受け、李明博大統領は実効支配の強化を積極的に検討することを示唆した。

    また、与野党を問わず日本政府に対する批判の声が高まり、2日に開催された国会では「日本の社会教科書独島領有権表記検定合格の取り消しを求める決議案」が可決された。

    在席した193人のうち棄権した2人を除く191人が賛成の票を投じた。

      決議案では「日本の独島領有権主張は間違った歴史認識によるもの。両国の友好関係に深刻な影響を及ぼす」と警告し、再発防止を求めている。

    そして、「日韓併合100年目を迎え、軍国主義の蛮行を反省し謝罪することでパートナ的・未来志向的韓日関係の歴史的進展を図らないばかりか、むしろ歴史を歪曲し、真実を隠蔽(いんぺい)しようとする」と、日本政府を強く批判した。

      一方、与党内では韓国の教科書にも対馬の領有権問題や日本の歴史歪曲などを記述する方案を推進し、竹島での実効支配強化のために住居機能の強化、博物館の設置、観光の活性化などを求める動きが出ている。

      また、与党の安商守(アン・サンス)院内代表は国会レベルで持続的にこの問題に取り組むために「独島特別委員会」を立ち上げることを与野党に提案した。(編集担当:金志秀)
    ------------------------------

    ReplyDelete
  6. Nice post, Kaneganese, but Liancourt Rocks was not prize territory in 1900 since they were essentially just a few barren rocks in the middle of nowhere.

    Yes, I think the Russians probably recognized them as Japanese territory, but the Russians probably would not have been interested in them, anyway. What would they have done with them? And how would they have defended them?

    The Japanese were the first to see value in the rocks.

    ReplyDelete
  7. 第289回国会(臨時会)
    議案番号8054
    提案年月日2010.4.2.
    提案者 教育科学技術委員長
    日本の社会科教科書独島領土表記検定承認取消し促求決議案

    主文

     大韓民国国会は、日本国政府が、2010年3月30日、歴史的、地理的、国際法的に明白に大韓民国の固有領土である独島を日本国領土と歪曲記述または表記した小学校社会科教科書を検定承認することで大韓民国の領土主権を侵害した行為に対して強力に糾弾し、同時に直ちに社会教科書の検定承認を取り消すことを促して、次のように決議する。

    1 大韓民国国会は、日本国政府が独島を日本国領土と歪曲記述または表記した小学校社会科教科書を検定承認した行為は大韓民国の領土主権を侵害する明白な挑発行為として厳に糾弾すると共に、直ちに社会科教科書の検定承認を取り消すことを促す。

    2 大韓民国国会は、日本国政府が独島を日本国領土と歪曲記述または表記した社会科教科書を検定承認したことは国際法秩序に違反し、韓日両国間の信頼関係を毀損するだけでなく北東アジア及び国際社会の根本秩序さえ崩す行為であることを直視して、再発防止のための根本的な対策を用意することを促す。


    3 大韓民国国会は、独島が歴史的、地理的、国際法的に明白に大韓民国の固有領土という点をもう一度強調し、日本国政府が教科書歪曲を繰り返すことは、過去の不幸であった歴史に対する徹底的な反省なしに歴史を傲慢に認識することから始まったものとして、韓日両国の未来世代間の肯定的で進取的なパートナー関係と友好関係の形成を深刻に毀損する結果となることを憂慮して、一連の歴史歪曲の試みを中断することを促す。

    4 大韓民国国会は、日本国政府が独島を日本国領土と歪曲記述または表記した社会科教科書を検定承認したことは、東アジアの平和と共同繁栄に対する期待を壊すだけでなく、歴史の歯車を逆に回そうとする退行的発想であり、国際社会での孤立を自ら招く行為になることを警告し、同時に、検定承認を直ちに取り消すことを促す大韓民国の努力にアジア各国と国連を含めた国際社会が賛同することを期待する。

    ReplyDelete
  8. 提案理由

     2010年3月30日、日本国文部科学省が独島を日本国領土と記述または表記した小学校社会科教科書を検定承認した措置は、歴史的、地理的、国際法的に明白に大韓民国の領土である独島に対する深刻な主権侵害行為として、主権者の代表機関である大韓民国国会は、このような主権侵害行為を決して見逃すことはできない。

     大韓民国国会と国民は、東アジアに消すことができない傷をつけた日本国政府が、韓国強制併合100年になる2010年に軍国主義的蛮行を反省して謝罪することで同伴者的で未来指向的な韓日関係への歴史的進展を計るどころか、むしろ誤った歴史を歪曲して真実を隠蔽する退行的行為に専念しているという点に慨嘆を禁じ得ない。

     特に、大韓民国国会は、日本国政府が発逹段階上の未成熟な小学生たちにまで独島に対する誤った歴史を教えることは、歪曲された歴史観を持たせ未来の主役である後代に至るまで日本国が東アジアで孤立を兔れることができなくなる自滅的行為になるものと厳に認識して、東アジアの平和と韓日間の協力関係を通じた共同繁栄と発展のために、賢明で前向きな措置を取ることを促そうと決議案を提案する。

     大韓民国国会は、今回の事態を引き起こした日本国政府が両国間の信頼を取り戻して友好関係を回復するためには、独島を歪曲記述または表記した社会科教科書の検定承認を取り消すなど最善の努力を尽くすことをもう一度促して、日本国政府の早急な措置を期待する。




    2010.5.22

    ReplyDelete
  9. This comment has been removed by the author.

    ReplyDelete
  10. [審議経過]

    ◯議長キム・ヒョンゴ
     議事日程第四、日本の社会科教科書独島領土表記検定承認取消し促求決議案を上程します。教育科学技術委員会アン・ミンソク議員、提案説明をしてください。


    ◯教育科学技術委員長代理アン・ミンソク議員
    (提案理由説明)(翻訳省略)


    ◯議長キム・ヒョンゴ
     アン・ミンソク議員、御苦労さまでした。それでは、日本の社会科教科書独島領土表記検定承認取消し促求決議案を議決することとします。投票してください。

    (電子投票)

     投票は終わりましたでしょうか? それでは投票を終了します。投票結果を申し上げます。在席193人中賛成191人、棄権2人であり、日本の社会科教科書独島領土表記検定承認取消し促求決議案は可決されたことを宣言します。

    (賛否議員の名前は末尾に記載)

    (イ・ビョンソク議員、議席から―議長、賛成を投票したが間違ったようで……)

     はい、訂正要請書を提出されれば修正しておくようにします。アン・ヒョンファン議員も同じで……

    (アン・ヒョンファン議員、議席から―賛成です)

     クォン・ヨンギル議員とカン・スンギュ議員……先ほど棄権投票でしたが、とにかく要請書どおり作成します。

    (この間5分)



         ↓

     議事録作成後の結果は、投票者194人、賛成者194人。

    ReplyDelete
  11. Thanks, Gerry

    "Liancourt Rocks was not prize territory in 1900 since they were essentially just a few barren rocks in the middle of nowhere. "

    I agree. And that is exactly Japan's Meiji government thought when they received information of ancient Matsushima=Liancourt Rocks along with new Matsushima=Ulleungdo in 1877. Meiji government didn't even pay attention to the "barren rocks" without any trees. All they brought up for discussion was Ulleungdo, which can be developped. Until 1905, the only people who benefit from the islets were Japanese fishermen who were hunting sealions on Ulleungdo/Liancourt Rocks and Japanese shipping agencies who used the islets as a landmark/guide for the voyage from western part of Japan to Hokkaido.

    chaamieyさん

    有難うございました。翻訳までして頂いて、助かります。それにしても日本の国会と同じように議事録が公開されているんですね。オンラインでしょうか?いずれにせよ大変勉強になりました。

    先日、教科書研究センターに行ってきたので、資料を揃えて投稿したいな、と思っていたのでした。

    ReplyDelete
  12. ここが国会homepageのtopです。
    http://www.assembly.go.kr/renew09/main.jsp


     このぺージの上部の黒い帯がmain menewで、その一番左の「情報広場」の中の3つめに「国会情報システム」のページがあります。ここです。http://www.assembly.go.kr/renew09/info/inf/infosystem.jsp?M_idx=3_01

    この中で、左側の列の上から3つめ、議場の写真があるのが「会議録情報」、右側の列の上から2つめ、机とパソコンの写真が「議案情報」です。

    今回の件の議事録は
    http://likms.assembly.go.kr/kms_data/record/data2/289/pdf/289za0001b.PDF#page=2
    で、この2ページめの右列の太文字「4」が本件部分です。

     決議文そのものは、「議案情報」の
    http://likms.assembly.go.kr/bill/jsp/BillDetail.jsp?bill_id=PRC_W1X0K0J4L0Z2Y1Z0H1M5K5V6L6V0I1
    の上段の中ほどにあるpdfファイルをクリックしてください。「8054」の文書が出てきます。




    2010.5.23

    ReplyDelete
  13. chaamieyさん

    詳細な情報、有難うございました。ブログの方も見せて頂いたので、投稿する時にはそちらにリンクしたいと思います。

    ReplyDelete
  14. [イシューと現場] 政府、「独島政策」を全面再修正

    [世界日報] 2010年5月23日

    守勢的対応のため日本は手のつけられない状態、主張ますます露骨化
    事案発生のたびに「物静かで断固とした」外交戦 転換
    民間では「政府、対症的対応では限界」批判


     「独島周辺海域の地質調査活動を自制して欲しい。」 岡田克也日本外務大臣が、最近開かれた韓日外相会談で我々の側にこのように要求した。韓国政府としては受け入れることができない「途方もない要求」だ。日本の独島領有権主張がますます露骨化している。今年に入ってだけでも、小学校教科書と外務省外交青書掲載問題に続いてこれで三度目だ。島根県の「独島の日」行事は恒例行事となった。日本の独島主張が程度と内容の面でその強度を加えているのだ。政府の独島政策は「袋叩き」に遭うしかない。

    ◆静かな外交は失敗したか=静かな外交は、日本の独島領有権主張に対する「無対応、無関心」の政策だ。これまでの独島政策の基本方針だ。私たちは独島を実効的に支配しているから、国際紛争地域として浮上させようとする日本側の意図に乗ってはいけないという判断が根底にある。
      政府は、最近、「静かで断固たる外交」に政策基調を転回した。日本が独島主張をするたびに断固として厳重に対応するというのが静かで断固たる外交政策の骨子だ。無対応、無関心政策の廃棄を意味する。国際社会が納得することができる効果的な方法も一緒に講ずるという意図もある。断固たる対応は、日本の主張に対する反駁論理を開発して、国際社会を相手にした説明も積極的にするという意図が含まれているからだ。政府の政策転換は、静かな外交が日本の領有権主張を阻むことができず、その強度だけがひどくなる結果を生んだという判断によるのだ。

    ReplyDelete
  15. This comment has been removed by the author.

    ReplyDelete
  16. ◆14の部署で独島政策= 現在、我が政府の独島関連政策は14の部署が共同で担当している。外交部、国土海洋部、北東アジア歴史財団などの関連部署と傘下の機関がそれぞれ役割を持って独島外交を展開している。対外的な外交業務は外交部、自然保存は環境部、文化財保存は文化財庁、実質事業は国土部、対外広報は北東アジア歴史財団などが引き受けている。各部署ごとに固有の領域があるから、ある一つの部署がすべての業務を引き受けにくいという現実的な理由があると政府関係者は明らかにした。例えば、国土部の仕事を外交部が引き受けて行うのは難しいことのようだ。また、総理室傘下の政府合同独島領土管理対策処が省庁間の意見を調整する。総理室関係者は、「独島政策に関する常設機構はないが、総理室傘下の独島対策処が継続的に対策会議を開いて省庁間の意向を調整し、意見を実際に反映しようと努力している。」と明らかにした。

    ◆政府の政策、実効性はあるか= 独島の民間専門家たちは、政府の独島政策は一言で言って「臨機応変、現実回避」として厳しく批判する。韓国政府が日本政府の発表のレベルと重要性に応じて適切に対応することができず、国内世論と国民感情に大きく左右される側面が多いと指摘している。総理室傘下の独島合同対策処は、今年に入って去る1月28日、4月5日の計2回会議を開いた。
      一回めの会議は、昨年末の日本高校教科書解説書の独島関連記述に対する対応の論議だった。二回めの会議は、日本小学校教科書検定結果の分析に関して開催された。自発的で能動的な政策を用意すると言うよりは防御的、守勢的な政策対応で成り立っているのだ。民間団体である独島守護隊の金ジョング代表は、「独島問題が始まって既に50年になった。その間、政府が一度でも独島問題を総合的に検討したことがあるのか問いたい。」とし、「これからは、これまでの問題をよく見て比較検討し、総合的な対策を用意する時だ。」と明らかにした。


    ◆日本の独島領有権主張の経緯

    ▲1905年 = 日本島根県、「独島を竹島と呼び県の所管に編入する」と言う内容の告示
    ▲1907年 = 日本閣議、独島日本編入決定
    ▲1996年 2月1日 = 文部省検定中高校地図5種に独島を自国領土として表記
    ▲1996年 10月 = 橋本龍太郎総理、独島領有権主張
    ▲2000年 9月19日 = 森喜朗総理、KBSインタビューに「独島は私たちの地」妄言
    ▲2005年 3月16日 = 島根県議会、「竹島の日」(2月22日) 条例通過
    ▲2006年 3月29日 = 文部省、高校教科書出版社に「独島は日本の地」明記要求
    ▲2009年 7月 17日 = 日本防衛白書、5年連続で独島を日本領土と主張
    ▲2009年 12月 25日 = 文部省、高校地理歴史学習指導要領解説書に「(独島領有権を明示した) 中学校解説書を基礎とする」明記
    ▲2010年5月16日 =岡田克也外相、韓日外相会談で独島周辺海域地質調査の自制を要請




    2010.5.26

    ReplyDelete
  17. 「1907年 = 日本閣議、独島日本編入決定」ですか? なんとも不思議な主張をしていますね。日本が閣議決定で竹島を編入したのは1905年1月28日ですが、それを知らないのでしょうか。それとも単純なミス?

    それとサンフランシスコ講和条約で日本領と決していることがラスク書簡なども含めてスッポリ抜け落ちています。こういう歪曲された歴史しか知らない韓国民であれば、日本の主張が正当なものであれ、そうと受け止められないのもむべなるかな。

    ところで、天安事件は千才一遇の好機との主張もありますが、外堀を埋められたら了とすべきではないでしょうか。すなわち日本の領有根拠を述べた書籍の韓国内での発行を認めさせることができたら上出来だと思いますね。(わが政府にはそれすらできそうにないが……。)

    人の弱みに付け込むようなことはするなと言われるかもしれません。日本人同士ならそういう考え方もありだと思いますが、生き馬の目を抜く国際社会では通用しないでしょうね。むしろ相手の弱みに付け込むのが当たり前で、それが出来ない奴は愚か者とみなされるのです。いかに相手の弱みに付け込むかを考え実行することを「戦略」と言います。日本の不得手な部分といわれますが、明治人はこれをやっているんですよね。それでなければ列強の植民地にされていますよ。平成の我々にできないわけがないのですが……。

    2010.5.26

    ReplyDelete
  18. Makotoさん

    >「1907年 = 日本閣議、独島日本編入決定」ですか? なんとも不思議な主張をしていますね。

    これまた「不思議な主張」と言うよりは、むしろ、明らかな「誤報」と呼ぶべきでしょう。

    韓国の記者たちは、いったい、記事を書くときに、基本的な事実を「取材する」ということしないんでしょうか?

    この記事は『世界日報』の記事で、
    「◆日本の独島領有権主張の経緯」という部分の前に
    이우승•조수영 기자  イ・ムスン チョ・スヨン記者
    とあります。この2人にも、ぜひ「始末書」を書いてもらいたいものです。


    また、この年表では、日本側から仕掛けている、と見えるように作ってありますが、戦後の歴史的事実を年表的にたどっていくと、むしろ仕掛けているのは、いつも韓国側であるように思います。

    年表を作る時に、おっしゃるようにサンフランシスコ条約関連のラスク書簡などの事実、さらには李承晩ラインと日本側の抗議、また1996年からの事にふれるのであれば、200海里問題からときほぐすべきでしょう。

    すなわち、まずはじめに韓国側の「理不尽な行為」があって、これに日本側が「抗議」で対抗している、というケースばかりのように思います。
    その「抗議」に効き目が無いとすれば、日本側は「戦略」を練り直すべきでしょう。

    歴史的事実のひとつひとつを、韓国の一般の人々にわかるように知らせていく、という方法が、迂遠なようだけれども、結局は正攻法で、いちばん効果があるように思います。

    あわせて日本人も「韓国側の受け売り」ではなくて、自分の目で資料を見て、自分の頭で考えて、主張をする人たちを増やさなければいけないと思います。
    例えば「北教組」の先生たちも、自分の目で資料を見て、自分の頭で考えたら、「韓国側の主張はおかしい」、と気付くはずです。

    そういえば、このサイトに投稿している人たちも、
    自分の目で資料を見て、考えてみたら、韓国側の主張はおかしい、と気がついた人たちばかりですよね。

    ReplyDelete
  19.  1907年の間違いとか、つい先日の小学校社会科教科書検定の件が取り上げられていないなどずさんな点はありますが、こういう記事を読むと、日本側が主張をしていくことの大事さを改めて感じますね。何はともあれ、韓国のマスコミが日本の主張を紹介してくれることになるので、それなりの意味があります。

     

    ReplyDelete
  20. 先ほど教科書の件を投稿したのですが、やはり日本政府の対応は、自主的もしくは計画的に、というよりむしろ基本的に韓国側の行動に反応した日本側の世論や議員、メディアに仕方なく対応することが主であるように感じます。chaamieyさんが訳して下さった記事のように、韓国側による、日本政府の後手後手の対応についての分析が不正確な事が、これからどのように影響してくるのか、近頃不安定な半島情勢もあいまって興味深いところです。

    ReplyDelete