Headlines

Loading...

21.10.08

1905 - June 5 - Tokyo Asahi Shimbun Corrected "Liancourt Rocks" as "Takeshima"

Prof.Shin Yong-ha(1997) (cache) and other pro-Korean claim that Japanese government and Newspaper conspired to "keep secret" and "not to publish the fact Takeshima was formally incorporated into Shimane" in official gazette nor newspapers so that many Korean and other foreigners in Tokyo could not know the incorporation. But Tokyo Asahi Shimbun(東京朝日新聞), the former name of the Asahi Shimbun, which was one of the most popular newspapers in Japan and the paper reported a circulation of over 100 thousands copies on weekdays already in 1900, actually made correction of the name of the island from "Liancourt Rocks" in 30th May to "Takeshima" in 5th June, following the correction article of Official Gazette on a same day. Obviously, it was no secret for Japanese government nor newspaper at all and apparently the fact that Liancourt Rocks was now Japanese Takeshima was easily accessible to all the foreigners including many Korean in Tokyo.

According to Prof. Shin's delusional "conspiracy theory", "Japanese government didn't allow newspaper to publish the fact so that the "secret" could be kept from many Koreans rediding in Tokyo at the time". In other words, if Official Gazettes corrected the name of the island and newspapers like Tokyo Asahi Shimbun, one of the largest newspaper printed the corrected map clearly indicate Liancourt Rocks was now Japanese "Takeshima", Korean definately had noticed about the incorporation of so-called their island. Korean always say that Korea had no chance of protest since it had no diplomacy in 1906, but there were no trace of protests against these official gazettes and newspapers in spite of it was way before the the Second Korea-Japan Agreement (referred to in South Korea as the "Ulsa protectorate treaty") in November 1905, based on which Japan seized diplomatic sovereignty over the old Empire of Korea.

In fact, according to Prof. Shin, in October 1905, Korean did protest against Japanese when they noticed a Japanese tried to own the Korean land (江原道蔚珍郡竹辺浦), where Japanaese Imperial Navy built the watchtower and later removed it just like Takeshima. And Korean government succeeded in bringing back to Korea in April 1906 !! What about Takeshima/Dokdo? Why they didn't even made protest against Japanese active effective control on Ryanko-to(Takeshima/Liancourt Rocks) in early 1900's - 1905, in which Japanese had been hunting Sealions freely with some Korean hired, Navy investigating, building watchtowers and tearing down later or even after they finally found out that it was officially incorporated into Shimane in March 1906, just like they did to the land in 竹辺浦?

So, why Korean in Tokyo who were supposed to have read this newspaper and official gazette didn't protest the incorporation at all? The only answer is, well, very simple, I suppose, that Korean didn't considered it to be their territory at all. It is positively supported by the fact that in the June 2 edition of Korean newspaper "Hwangseong Shinmun"(皇城新聞), Korean actually called Liancourt Rocks as "Angohu島(island)=Liancourt island" which was same with Japanese called it, not Dokdo, Seokdo, Usando nor any other names Korean claim to be the old names for Takeshima/Liancourt Rocks afterall, and the fact in July 1906 Edition, they reported that Ministry of Interior officially replied to Japanese Govenor-General that Takeshima/Dokdo was out of Uld County , too.

(A lots of thanks to matsu, who told me where to find newpapers and Prof. Shin's article, and providing Japanese translations for us.)

Reference
1905 - May 30 - Tokyo Asahi Shimbun

1905 - June 05 - Tokyo Asahi Shimbun

1905 - January 28th: the decision to incorporate Takeshima in to Shimane by a Cabinet meeting公文類集第29編 竹島編入閣議決定)

1905 - May 29 , 30 & June 5- An Extra of Official Gazette "The War Report of The Japan Naval Battle"

1905 - June 2 - 皇城新聞 : Korean called "Liancourt Rocks(リアンコルド岩)" as "Angohu島", not "Dokdo", Seokdo nor Usando.The 15th column " South Korea's
Groundless Claim of "Ingerent Part of (Korean) Territory"

1906 - July - Korea Omits Dokdo from Uldo County (皇城新聞 「鬱島郡의 配置顛末)

22 comments:

pacifist said...

Thanks Kaneganese.
Pro-Korean people including Steve the frog-brained can't refute anymore...
Liancourt Rocks were japan's land. Korea had no right to claim the rocks.

dokdo-takeshima.com said...

Kaneganese, the Japanese of course did make public their annexation of Liancourt Rocks. Nobody is saying the "incorporation" was kept secret forever.

But again you show your lack of historical context.

First Japan's public acknowledgement of their annexation didn't come until after the Japanese had decimated the Russian's Baltic Fleet at the Battle of Tsushima. At this point Japan had uncontested control of the Korean peninsula. The Japanese had routed the Russians from Port Arthur, they had driven them out of Manchuria as well. The Japanese had all but won the Russo Japanese war by June of 1905.

Japan annexed Liancourt Rocks in a clandestine manner for at least a couple of reasons.

First, it would have been foolish of the Japanese to annex Dokdo publicly and then station naval on the rocks. They would be sitting ducks in a naval conflict.

Second, Japan was very worried they might be perceived as heavy handed if they incorporated islands thought to be Korean land. At this point the Japanese politicians were worried other foreign nations might become involved in Korean affairs. They still remembered the Triple Intervention of 1895 when they were stripped of the Liandong Peninsula by the Western nations.

Japan's incorporation "announcement" makes no mention of Liancourt Rocks. It was the size of a postage stamp on a local prefecture newspaper. There was no announcement of the annexation of the islets in their official gazette nor at a central government level. This is not legal.

Japan's islands Pacifist?

Not even your country's own records and maps can help you....

Japan-Says-Dokdo-Is-Korean

Kaneganese said...

Thanks, pacifist

Yes, I agree. So far, almost all the documents we went through clearly tells us that Japan is the rightful owner of 竹島/Liancourt Rocks. On the other hand, all the documents clearly tell us that Korean didn't considered it as their territory until around 1950, when Korean started to show its aggression for stealing lands from Japan.

pacifist said...

Steve the frog-brain,

You must admit that Japan has a right to own Liancourt Rocks because Japan has various documents and maps to show that she controlled the rocks until 1945.

On the other hand, Korea has no evidence to reach the rocks before the early 20th century, when some of Korean fishermen were hired by Japanese. I asked you to bring the evidence to show that Korea has a right to own the rocks but you failed and still you have no evidence.

matsu said...

Kaneganese,

Thank you for posting the Tokyo Asahi Shimbun.

Now, it is obvious that the incorporation of Takeshima was not a secret, and the Koreans could also know it very easily.

It is just like Alibi(アリバイ)in detective stories, to explain the fact that the Koreans never protested the incorporation of Takeshima.

So now the Alibi has broken, only the fact remains that the Korans did not protest the incorporation of the island.

The reason is easy. It was not because they have no right to protest at that time, but the island was not their territory.


I say again the responsibility of Ulleung-do Governer 沈興澤 is very serious.
He should have sent the information about the incorporation earlier, if the island really belonged to his territory.


BTW,
I confess I could not notice the viewpoint you have shown about the 竹辺望楼 case when I sent the translation of 愼鏞廈’s article.

Yes, you are right. The Koreans at that time could protest, and did protest and protect their land, if the land really belonged to their territory.

Sorry I still cannot find the original document 內部來去案, and
I hope we can talk about this matter later with another post.

Below is what professor Shin says in his article, and my Japanese translation.


일제는 러ㆍ일 전쟁 종결직후 강원도 울진군ㆍ죽변포에 설치했던 망루를 철거할 때 망루장(望樓長)과 일본 상인이 결탁하여 망루토지(望樓土地)를 침탈하려고 시도했으며, 36) 6개월간이나 분쟁과 교섭이 진행되다가 한국 의정부(議政府)의 노력에 의해 저지된 예도 있었다. 37)

36)내부래거안(內部來去案)(규(奎) No.17768) 제(第)1책(冊), 광무(光武) 10년(年) 2월(月) 26일조(日條), 내부대신(內部大臣)의 의정부참정대신(議政府參政大臣)에의 보고(報告)참조. 일제가 1905년 10월 죽변망루(竹邊望樓)를 철거할 때 일본해군(日本海軍)의 망루장(望樓長) 고교청중(高橋淸重)이란 자가 일본상인(日本商人)에게 망루와 그 토지(土地)를 매각했다 하여 울진군수(蔚珍郡守)에게 인허공문(認許公文)의 발급을 요구하며 이의 침탈을 기도하였다가 항의에 부딪혀 6개월간이나 분쟁이 일어났다.
37)내부래거안(內部來去案) 제(第)1책(冊), 광무(光武)10년(年) 4월(月) 17일조(日條), 의정부조회(議政府照會) 제(第)56호(號).


日帝は、露日戦争終決直後、江原道蔚珍郡・竹辺浦に設置した望樓を撤去する際、望樓長と日本商人が結託して望樓土地を侵奪しようと試み36)、 6ヶ月間にわたる紛争と交渉があったが、韓国議政府の努力によって阻止された例もあった。 37)

36)內部來去案(奎No.17768) 第1冊, 光武10年2月26日條, (內部大臣の議政府參政大臣への報告)参照。日帝が 1905年 10月、竹辺望樓を撤去する際、日本海軍望樓長の高橋清重という者が、日本商人に望樓とその土地を売却したとして、蔚珍郡守に認許公文の発給を要求して侵奪を企て、抗議によって 6ヶ月間にわたる紛争が起きた。
37)內部來去案 第1冊, 光武10年4月17日條, 議政府照會 第56號.

Gerry Bevers said...

Very interesing, Kaneganese. Thanks.

Kaneganese said...

You are welcome, matsu and Gerry

matsu,

As for "內部來去案", yes, that was exactly what I was thinking about when I asked you if I could read original documents. Although I wasn't sure about what the original documents say, but I put "according to Prof. Shin" so that I could avoid responsibility of misreading. I hope we could check the original documents in the near future. BTW, I don't know why Prof. Shin put this episode in his article, but I guess he just wanted to show how Korean bravely fought against "evil Imperial Japan" and suceeded. Apparently, it was a bad move.

To dear readers;

If you find the Korean two old documents below, please let me know where I can get, thanks.

●內部來去案(奎No.17768) 第1冊, 光武10年2月26日條

●內部來去案 第1冊, 光武10年4月17日條, 議政府照會 第56號.

GTOMR said...

here is 内部來去案(奎No.17768) 第1冊, 光武10年2月26日條
But no link to original document.

P/S These days there are no "recent comment" isn't on the title page and it is difficult to read those...

GTOMR said...
This comment has been removed by the author.
Kaneganese said...

GTOMR,

Thanks, anyway.

GTOMR said...

Sorry manytimes,
It is 內部來去案 which matsu sugegsted about(36)

above one is wrong link

correct one here
内部來去案 光武10年2月26日條

照會 第三號
內部大臣勳一等 李址鎔
議政府參政大臣 朴齊純 閣下

現接江原道觀察署理春川郡守 李明來의 第十六號 報告書內開 頃於上月十三日에 接閱蔚珍郡守 尹宇榮 報告書즉 內槪 本郡近北面竹邊浦望樓留駐之日本海軍이 今爲撤歸이온 바 今陰曆十二月二十七日日本商人 高賀者 來到郡廳曰 竹邊浦所在望樓與地段을 並爲買得於望樓長인즉 自郡으로 認許公文成給이라 온 바 郡守가 不可自下擅便故로 玆에 報告等因이기 高賀者居住姓名과 何月日에 給價幾許買得과 望樓長之姓名居址을 幷即詳探報來야 以爲轉報케  事로 指飭以送이더니 即接該郡守報告內開 即到指令를 承準와 招致高賀詳問事狀인즉 自己 日本佐賀縣三養基郡鳥棲洞二百十三番戶 而姓은 佐賀오 名은 亦次오 望樓長은 高橋오 名은 淸重이오 居住 日本佐世保海兵團詰兵所오 居址 不知이온 바 上年十月日駐箚撤歸之時에 給一百八十圓 買得望樓 而址地 不爲買賣이온니 基址之隨家 意有常例야 地段幷買之意로 前有所告이다 故로 緣由報告等因을 據査온즉 蔚珍郡竹邊浦望樓은 日本海軍이 軍用暫駐타가 已爲撤歸이온 今此日本商民高賀亦次가 望樓長高橋淸重에게 私相賣買云者가 非徒違越定章이오라 萬不近理이기 玆以仰佈오니 査照신 후 迅辦交涉시와 即行禁止케 시고 示明시믈 爲要.
內部大臣勳一等 李址鎔 議政府參政大臣 朴齊純 閣下 光武十年二月二十六日

GTOMR said...

議政府 照會 第五十六號 內部(1906.04.17)

議政府參政大臣 朴齊純
內部大臣 李址鎔 閣下
議政大臣 參贊 秘書課長 文書課長參政大臣 局長 調査課長 一課長

貴第三號 照會 接到와 以蔚珍郡竹邊浦所在望樓與地段私相賣買禁止一事로 準即行文日本統監고 業經照覆在案이온 바 現樓該統監照覆內開 去月十四日 以蔚珍郡竹邊浦望樓賣却一事 接到貴第十三號照會 當經閱悉 準即行文我佐世保海軍鎭守府 調査事實 仍接復開 該望樓所用建物 及營造物以代金收納後 擧越他人之意 賣却於佐賀縣人古賀亦次 去年十二月二十七日 業經受領代 金然該敷地決無賣却等因 準此照覆 照亮爲盼等因이기 玆에 照會오니 照亮심을 爲要.
議政府參政大臣 朴齊純 內部大臣 李址鎔 閣下 議政大臣 參贊 秘書課長 文書課長參政大臣 局長 調査課長 一課長 光武十年四月十七日 光武十年四月十一日 裁定 課員

Kaneganese said...

Wow!

You did it! (Sorry, I misunderstood what you wrote earlier.) Thanks, GTOMR! You are an angel.

And 李址鎔 and 朴齊純 ? They are exactly the pair who didn't make any "protest" after they ordered Shim, the head of Ulleungdo, to investigate the shape and population of "Dokdo" on 28th, May, just a month later. Now, it is apparent that Korean government didn't protest Japan about the incorportation because they found out that "Dokdo" was not their territory, not because they didn't have diplomacy.

dokdo-takeshima.com said...

Matsu, how many Korean or Japanese citizens or politicians were even aware of Liancourt Rocks in the early 1900s? Even most Japanese themselves didn't become aware of these rocks until after the battle of Tsushima and Japan was a much more modern international country at this time.

You say..."Korea didn't protest Japan's annexation of Liancourt Rocks..."

This is like asking woman who was raped while tied up and gagged why she didn't scream or fight back.

Isn't there anyone on this forum that understands the historical relationship between Japan and Korea during this era? I can't believe there are so many Japanese "historians" on this forum who lack even a rudimentary knowledge of Japanese-Korean relations at the turn of the 20th Century!

By 1906 the Japanese (Hayashi et al) been purging the Korean court of anti-Japanese leaders for least 2 years. This means by the time Japan annexed Liancourt Rocks there was little or no opposition left in Korean government anyway. Hayashi himself stated before the protectorate treaty "If we can clean up the court and cut the weeds from the roots, we can improve administration in Korea as a whole." Ito was busy finding reliable collaborators to install.

The Resident General inquired to the Home Ministry about Liancourt Rocks.

Who was the Resident General Minister in Korea around this time? Hayashi Gonsuke. The same thug who refused to remove Japanese trespassers and illegal Japanese police from Dokdo's nearest island Korea's Ulleungdo.

Hayashi-Gonsuke

Do you really think Hayashi would have suggested returning Liancourt Rocks to Korea if they found out they had wrongfully annexed Korean territory? Fat chance.

Kaneganese said...

BTW, what is  ? Is that a space? Comma?

GTOMR said...
This comment has been removed by the author.
GTOMR said...

>BTW, what is  ? Is that a space? Comma?

Maybe some charactor about comma or some hangul , but I dont know those because there are no original doccument data linked

Kaneganese said...

Thanks, GTOMR

From this documents, it is apparent that Korean government protested and told Resident-General they won't allow Japaenese to sell the land which used to be used as a watchtower site. They did have a "diplomacy" when it comes to Korean territory. So why they didn't do the same thing a month later about Takeshima? The answer is apparent. Korean realized Takeshima was not Usando, Seokdo nor none of the Korean islands.

GTOMR, do you think we can find documents which are something to do with 皇城新聞's article「鬱島郡의 配置顛末」in June 13 on a same site?

matsu said...

Sorry I was busy out and could not contact.

GTOMR,
Thank you very much for finding 內部來去案.
Kaneganese said you are an angel, I would say you are a genius for finding documents.
I admire you.



dokto-takeshima. com,

I said,
“…only the fact remains that the Korans did not protest the incorporation of the island(takeshima)…. It was not because they have no right to protest at that time, but the island was not their territory.
The Koreans at that time could protest, and did protest and protect their land, if the land really belonged to their territory.”

This 竹辺望楼case which Korean Professor Shin Yong-ha introduced proves the fact.

dokdo-takeshima.com said...

Matsu, the Koreans did protest about Japan's claim to Dokdo. The question is what did Japan do about it?

Why don't you read this page and tell us what effect Chosun's protests had with regard to Japan's invasion of Ulleungdo?

Japan's-Invasion-of-Ulleungdo


If Korea couldn't stop the Japanese from swarming Ulleungdo, what makes you think they could stop them on Dokdo, an uninhabited rock from a distant island?

Don't place the onus of Korea to object to Japan's presence on Korean soil. Try to justify Japan's presence there to begin with.

matsu said...

內部來去案の解釈をしてみます。

英語でやろうかと思いましたが、とても歯が立たないので、とりあえず、日本語でやります。私も専門家ではありませんので、間違いを指摘していただければと思います。


まず、光武10年(1906)2月26日のほうから。

GTOMRさんの紹介していただいたサイトに、タイトルがついています。

①울진의 근북면 죽변포 망루를 일본인이 사적으로 매매한 것은 불법이니 금지시킬 것
「蔚珍郡・近北面・竹邊浦の望樓を日本人が私的に売買したことは不法なので禁止する事」

続いて
②(文書番号)照會 第三號 
(発送日)光武十年二月二十六日(1906年 02月 26日)
(発送者)內部大臣勳一等 李址鎔
(受信者)議政府參政大臣 朴齊純 閣下

Kaneganeseさんご指摘のように、內部大臣・李址鎔、參政大臣・朴齊純のペアは、この少しあとの沈興澤の報告の時と同じです。


③現接 江原道觀察署理春川郡守 李明來의 第十六號 報告書內開
この「江原道觀察署理・春川郡守 李明來」も「沈興澤報告」の時と同じ人物ですね。

「(內部大臣の李址鎔が)江原道觀察署理春川郡守 李明來の第十六號報告書を受けたが、それによると、」

④頃於上月十三日에 接閱蔚珍郡守 尹宇榮 報告書즉 內槪
「先月13日(1月13日)に、蔚珍郡守 尹宇榮の報告書を受け取ったが、それによると、」

⑤本郡近北面竹邊浦望樓留駐之日本海軍이 今爲撤歸이온 바
「本郡(蔚珍郡)近北面の竹邊浦望樓に留駐していた日本海軍は、今は撤帰したが、」

⑥今陰曆十二月二十七日日本商人 高賀者 來到郡廳曰
「陰暦12月27日に、日本商人の「高賀」なるものが蔚珍郡庁に来て言うには、」

「高賀」は、あとで、「佐賀」とも「古賀」とも出てきますが、日本側の調査によると思われる「古賀」が正しいのではないかと思います。その人物が言うには、

⑦竹邊浦所在望樓與地段을 並爲買得於望樓長인즉 自郡으로 認許公文成給이라□온 바

「竹邊浦所在の望樓と地段(土地)を、いずれも望樓長から買得したので、
蔚珍郡で、それを認許する公文を成給してくれ、ということだが、」

この□は、原文では「・」になっていますが、
これはたぶん、旧字体の母音「아」にあたる「、」が含まれていて、化けているんだと思います。ここには、「하」を入れて読めば意味が通じると思います。

⑧郡守가 不可自下擅便故로 玆에 報告等因이□기
「郡守が、自分の一存では指示を出すことが出来ないので、ここに報告いたしますが、」

この□も「하」でしょうか。自信はありませんが、意味はこういうことだと思います。


⑨高賀者居住姓名과 何月日에 給價幾許買得과 望樓長之姓名居址을 幷即詳探報來□야
以爲轉報케□事로 指飭以送이더니

「「高賀」なるものの住所・姓名、ならびに何月何日に、いくらで買得したのか、ということと、さらに望樓長の姓名・住所を詳しく調べて報告しなさいと指示したところ、
(江原道觀察署理春川郡守 李明來が、蔚珍郡守 尹宇榮に指示したところ)」

ここの一つ目の□は「하」、二つ目の□は「난」すなわち「는」でしょうか。

⑩即接該郡守報告內開
「蔚珍郡守の報告があり、それによると、」

⑪即到指令를 承準□와 招致高賀詳問事狀인즉
「指令を受けて、(蔚珍郡守が)「高賀」を招致して、詳しく聞いたところ、」

⑫自己□ 日本佐賀縣三養基郡鳥棲洞二百十三番戶 而姓은 佐賀오 名은 亦次오

この□は「는」でしょう。

「自分は、日本の佐賀県三養基郡鳥棲洞二百十三番戶に住んでおり、」

佐賀県に「三養基郡」があります。鳥棲洞は、ひょっとしたら「鳥栖(とす)」町でしょうか。

「姓は佐賀、名は亦次であるが、」
この「佐賀」はミスプリと思います。「高賀」、または後に出る「古賀」が正しいと思いますが、この文書のテキストとしては、「高賀」でしょう。


⑬望樓長은 高橋오名은淸重이오 居住□ 日本佐世保海兵團詰兵所오 居址□ 不知이온 바

「望樓長は、高橋、名は淸重であり、その居住所は日本佐世保海兵團の詰兵所であるが、(本来の)住所は知らない。(と「高賀」が蔚珍郡守に答えた)」

この□は、ふたつとも、「는」。

⑭上年十月日駐箚撤歸之時에 給一百八十圓 買得望樓 而址地□ 不爲買賣이온니

「去年(1905年)10月に、(駐屯していた日本の海軍が)撤収するにあたって、
180円を出して、望楼とその跡地を買ったが、」

そのあとの「不爲買賣」が、肝心なところなのですが、実はよく分かりません。

「それは、売買にはあたらないので」?
あるいは、
「址地は、売買することは出来ないので」?

直前の□は「는」だろうと思います。


⑮基址之隨家□ 意有常例□야 地段幷買之意로 前有所告이다 故로 緣由報告等因을 據査□온즉

ここも、よくわかりません。

最初の□は「는」、次のふたつは「하」、

「跡地になった土地が、その上に建っていた建物に従うのは、常例であるが、
土地を買うにあたっては、まえの所有者を・・・しなければならないので、
報告によってよく調べてみると、」

⑯蔚珍郡竹邊浦望樓은 日本海軍이 軍用暫駐타가 已爲撤歸이온□

「蔚珍郡・竹邊浦の望樓は、 日本海軍が 軍用に暫らく駐屯していたが、 已に撤歸したので、」

最後の□は、「바」が旧字体になっているのでしょう。

⑰今此日本商民高賀亦次가 望樓長高橋淸重에게 私相賣買云者가 非徒違越定章이오라 萬不近理이□기

「いま、この「日本商民・高賀亦次」が、「望樓長高橋淸重」に、 私相賣買というのは、
定章に違反するので、道理(?)に反することであり、」

⑱玆以仰佈□오니 査照□신 후 迅辦交涉□시와 即行禁止케 □시고 示明□시믈 爲要.

この□は全部「하」でしょうか。

「ここに、謹んで指示をあおぎますので、査照されたのち、すみやかに交渉され、即刻、禁止するように、明示していただきたく思います。」

⑲內部大臣勳一等 李址鎔 議政府參政大臣 朴齊純 閣下 光武十年二月二十六日

「內部大臣勳一等 李址鎔より、議政府參政大臣 朴齊純 閣下へ。
光武十年(1906)二月二十六日」

最後のところは、參政大臣(総理大臣)の朴齊純が日本側と交渉して即刻やめさせるように、と内部大臣(内務大臣)である李址鎔が依頼している、ということでしょうか。

しかし、後半になって、こうした判断をしているのが、いったいどのレベルなのか、いまひとつ、わかりくくなっています。

⑬までは、「「高賀」が蔚珍郡守に答えた」ことで、間違いないと思いますが、

⑭の「不爲買賣」の意味、その判断はだれのものなのか。

⑮は、一般論をのべていると思いますが、これを言っている主語は誰なのか。
一応、「江原道觀察署理春川郡守 李明來」のレベルで考察しているものと思いますが。

⑯も現場レベルでの調査によるものでしょうから、ここも「報告」をしたのは「蔚珍郡守」で、判断をしているのは、「江原道觀察署理」ということでしょうか?

⑰が、この文書全体の「キモ」だと思いますが、
これは、「江原道觀察署理 春川郡守 李明來」の発言なのでしょうか。

そして、最後の
⑱は、「江原道觀察署理 春川郡守 李明來」のことばなのか、ここからは「內部大臣 李址鎔」のことばなのか。

当時の「大韓帝国」の官僚、あるいは大臣の、「気骨」を知る上で重要なことだと思いますが、どのレベルで、こうしたことを「不当」と考えていたのかは、当時の状況を知る上で非常に重要だと思います。

このケースでは、しっかり抗議もし、少なくとも愼鏞廈によれば、韓国側は土地を守りきっているわけで、竹島のケースとの比較において、非常に重要な文書だと思います。

先ほども言いましたように、私も専門家ではないので、近代史の専門家たちに、ぜひ正確に読み下していただきたいものだ、と思います。

よくわからないまま、次に行きます。

議政府 照會 第五十六號(1906年 04月 17日)

まず、タイトル。
①울진의 근북면 죽변포 망루 및 부속건물을 일본인에게 매각함을 조회

「蔚珍郡・近北面・竹邊浦の望樓、および付属建物を日本人に売却したことについての照会」

②(文書番号)議政府 照會 第五十六號 內部
(発送日)光武十年四月十七日(1906年 04月 17日)
(発送者)議政府參政大臣 朴齊純
(受信者)內部大臣 李址鎔 閣下
(決済者)議政大臣 參贊 秘書課長 文書課長參政大臣 局長 調査課長 一課長

③貴第三號 照會□ 接到□와
「貴第三號 照會は、接到したが、」

④以蔚珍郡竹邊浦所在望樓與地段私相賣買禁止一事로
「蔚珍郡・竹邊浦所在の望樓と地段についての私相賣買禁止の一事について、」

⑤準即行文日本統監□□고 業經照覆在案이온 바
「日本統監に文を送り、」このあとわかりません。

⑥現樓該統監照覆內開
これも、わかりません。この「樓」はなんでしょうか。
「該統監」は「日本統監」でしょうが、こんな言い方をしていたんでしょうか。
「統監」は、当時、ひとつしかなかったでしょうし、あえて「該」というのも、やや異様な感じもします。この部分、やや混乱があるかもしれません。

いずれにしても、
「日本側から返事がきたが、その内容は」
ということでよいのでしょうが。


⑦去月十四日 以蔚珍郡竹邊浦望樓賣却一事 接到貴第十三號照會 當經閱悉

「先月14日、蔚珍郡・竹邊浦の望樓賣却の事について、貴第十三號照會を受け取ったが」

この文書の日付は4月17日。よって先月、3月14日に、韓国側が日本側に「第十三號照會」を出していることになります。この1号文書自体、どこかに残っていると思いますが、今、その内容は不明です。

⑧準即行文我佐世保海軍鎭守府 調査事實 仍接復開
「わが佐世保の海軍鎭守府に文書を送って、事実を調査したが、その(佐世保からの)報告によれば」

⑨該望樓所用建物 及營造物 以代金收納後 擧越他人之意 賣却於佐賀縣人古賀亦次

「その(竹邊浦の)望楼に使った建物、および營造物は、代金收納の後をもって」
このあとの「擧越他人之意」がわかりません。
あるいは、「代金収納ののち、他人に擧越する意思をもって」でしょうか。
「佐賀縣人である古賀亦次に売却した」

⑩去年十二月二十七日 業經受領代金 然該敷地決無賣却等因
「去年十二月二十七日に業經受領代金 然該敷地決無賣却

ここも、いちばん肝心なところなのですが、よくわかりません。
結局、売却は成立しているのか、いないのか。

「等因」の前までが「佐世保からの報告」なんでしょうか?

⑪準此照覆 照亮爲盼等因이□기 玆에 照會□오니 照亮□심을 爲要.

突然、ここで文章が終わってしまっていますが、
この「盼」はなんでしょうか? 文字化け?
3つの□のうち、後のふたつは「하」で良いと思いますが、最初は何でしょう。

最後の「玆에 照會□오니 照亮□심을 爲要」
「ここに照会するので、照亮なさいますように」と言っているのは、文章の一番終わりですから朴齊純から李址鎔に、ということになるんでしょうか。

⑫議政府參政大臣 朴齊純  內部大臣 李址鎔 閣下
「議政府參政大臣 朴齊純 より、 內部大臣 李址鎔 閣下へ」

そして、最後が、実は難物です。
⑬議政大臣 參贊 秘書課長 文書課長參政大臣 局長 調査課長 一課長 光武十年四月十七日 光武十年四月十一日 裁定 課員

いったい、どこで切れるんでしょうか?

これは②で「決済者」となっている部分と同じであり、
4月11日の「課員」の「裁定」を、課長レベルで、4月17日に「決済」したことになります。
同日に、「參政大臣」から「內部大臣」に報告されているのがこの文章、ということになりますが、
最後にある「照亮なさいますように」という敬語表現は、「課員」が「課長」に、あるいは「課長」から大臣にあてた文書であるから、敬語になっているのでしょうか?
「參政大臣」から「內部大臣」に敬語、というのは、あまりしっくりきません。

さて、この文章全体では、⑩にある、「然該敷地決無賣却」がキーワードでしょうが、
それで、結局、どういう経緯で、この土地売却が防げたのか、実は、まだよくわかりません。

せっかく読んできて、なあんだ、という感じなのですが。


愼鏞廈論文では、この史料をあげて

日帝は、露日戦争終決直後、江原道蔚珍郡・竹辺浦に設置した望樓を撤去する際、望樓長と日本商人が結託して望樓土地を侵奪しようと試み36)、 6ヶ月間にわたる紛争と交渉があったが、韓国議政府の努力によって阻止された例もあった。 37)

 36)內部來去案(奎No.17768) 第1冊, 光武10年2月26日條, (內部大臣の議政府參政大臣への報告)参照。日帝が 1905年 10月、竹辺望樓を撤去する際、日本海軍望樓長の高橋清重という者が、日本商人に望樓とその土地を売却したとして、蔚珍郡守に認許公文の発給を要求して侵奪を企て、抗議によって 6ヶ月間にわたる紛争が起きた。
 37)內部來去案 第1冊, 光武10年4月17日條, 議政府照會 第56號.

と書いています。しかし、まだ、未知の史料があると思います。

以上、とりあえず読んでみましたが、
読み違い、段落の切り違いもあると思います。お助けをいただければと思います。

matsu said...

竹辺望樓敷地売買をめぐる文書について

この文書をほぼ一週間、ながめていました。
まだわからないところもありますが、解釈が出来た範囲で通釈してみたいと思います。

この中に出てくる、貴「第十三號照會」なる文書が、当時、大韓帝国側から日本側への「抗議」が可能であったこと、そして実際にそうした「抗議」をして、結果を出すことも出来た、という事実の証明になります。

原文と日本語訳です。(解釈が間違っているところがあるかも知れませんので、ご教示いただければ幸いです)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
內部來去案原文

內部來去案(奎No.17768) 第1冊, 光武10年2月26日條

울진의 근북면 죽변포 망루를 일본인이 사적으로 매매한 것은 불법이니 금지시킬 것
(文書番号)照會 第三號 
(発送日)光武十年二月二十六日(1906年02月26日)
(発送者)內部大臣勳一等 李址鎔
(受信者)議政府參政大臣 朴齊純 閣下
現接 江原道觀察署理春川郡守李明來의 第十六號報告書內開
頃於上月十三日에 接閱蔚珍郡守 尹宇榮 報告書즉 內槪
本郡近北面竹邊浦望樓 留駐之日本海軍이 今爲撤歸이온바
今陰曆十二月二十七日 日本商人 高賀者 來到郡廳曰
竹邊浦所在望樓與地段을 並爲買得於望樓長인즉 自郡으로 認許公文成給이라하온바
郡守가 不可自下擅便故로 玆에 報告等因이하기
高賀者居住姓名과 何月日에 給價幾許買得과 望樓長之姓名居址을
幷即詳探報來하야 以爲轉報케는事로 指飭以送이더니
即接該郡守報告 內開
即到指令를 承準하와 招致高賀 詳問事狀인즉
自己는 日本佐賀縣三養基郡鳥棲洞二百十三番戶 而姓은佐賀오名은亦次오
望樓長은 高橋오 名은淸重이오 居住는日本佐世保海兵團詰兵所오 居址는 不知이온바
上年十月日 駐箚撤歸之時에 給一百八十圓 買得望樓 而址地는 不爲買賣이온니
基址之隨家는意有常例하야 地段幷買之意로 前有所告이다故로 緣由報告等因을
據査하온즉
蔚珍郡竹邊浦望樓은 日本海軍이軍用暫駐타가 已爲撤歸이온바
今此日本商民高賀亦次가 望樓長高橋淸重에게 私相賣買云者가 非徒違越定章이오라
萬不近理이하기
玆以仰佈하오니 査照하신 후 迅辦交涉하시와 即行禁止케하시고 示明하시믈 爲要.

內部大臣勳一等 李址鎔 議政府參政大臣 朴齊純 閣下
光武十年二月二十六日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
內部來去案 第1冊, 光武10年4月17日條, 議政府照會 第56號.

울진의 근북면 죽변포 망루 및 부속건물을 일본인에게 매각함을 조회
(文書番号)議政府 照會 第五十六號 內部
(発送日)光武十年四月十七日(1906年04月17日)
(発送者)議政府參政大臣 朴齊純
(受信者)內部大臣 李址鎔 閣下
(決済者)議政大臣 參贊 秘書課長 文書課長參政大臣 局長 調査課長 一課長

貴第三號 照會는接到하와
以蔚珍郡竹邊浦所在 望樓與地段 私相賣買禁止一事로
準即行文 日本統監□하고 業經照覆在案이온바
現樓該統監照覆內開
去月十四日 以蔚珍郡竹邊浦望樓賣却一事 接到貴第十三號照會 當經閱悉
準即行文 我佐世保海軍鎭守府 調査事實 仍接復開
該望樓所用建物及營造物 以代金收納後 擧越他人之意 賣却於佐賀縣人古賀亦次
去年十二月二十七日 業經受領代金 然該敷地決無賣却等因
準此照覆 照亮爲盼等因이하기
玆에 照會하오니 照亮하심을 爲要.
議政府參政大臣 朴齊純  內部大臣 李址鎔 閣下

議政大臣 參贊 秘書課長 文書課長
參政大臣 局長 調査課長 一課長
光武十年四月十七日
光武十年四月十一日 裁定 課員

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本語翻訳および解釈

內部來去案(奎No.17768) 第1冊, 光武10年2月26日條

蔚珍の近北面竹邊浦の望樓を日本人が私的に売買したのは不法なので禁止させる事
(文書番号)照會 第三號 
(発送日)光武十年二月二十六日(1906年 02月 26日)
(発送者)內部大臣勳一等 李址鎔
(受信者)議政府參政大臣 朴齊純 閣下

(內部大臣の李址鎔は)江原道觀察署理春川郡守李明來の「第十六號報告書」を受けた。
その内容は、次の通り。[以下、江原道觀察署理・春川郡守・李明來の「第十六號報告書」]

「先月13日(1月13日)に、蔚珍郡守 尹宇榮の報告書を受けた。その報告には、
[以下、蔚珍郡守の報告]

「本郡(蔚珍郡)近北面の竹邊浦の望樓は、留駐していた日本海軍が、今は撤収したが、
今、陰暦12月27日に、日本商人「高賀」なる者が蔚珍郡庁に来て言うには、
「竹邊浦所在の望樓と地段(土地)を、いずれも望樓長から買得したので、蔚珍郡で、それを認許する公文を成給してくれ」ということである。
郡守としては、自分の一存で処理することが出来ないので、ここに報告いたします。」
[ここまで、蔚珍郡守の報告]

(そこで、江原道觀察署理が、蔚珍郡守に指示したことは、)
「高賀なるものの住所・姓名、ならびに何月何日に、いくらで買得したのか、
さらに望樓長の姓名・住所を速やかに詳しく調べて報告しなさい」と指示したところ、
蔚珍郡守から次の報告があった。その内容は、

[以下、蔚珍郡守の2度目の報告]
「指令を受けて、高賀を招致して、詳しく聞いたところ、
(高賀が言うには、)
「自分は、日本の佐賀県三養基郡鳥棲洞二百十三番戶の、姓は佐賀(高賀)、名は亦次である。望樓長は高橋、名は淸重であり、その居住所は日本佐世保海兵團の詰兵所であるが、(本来の)住所は知らない。
去年(1905年)十月に、駐屯していた日本海軍が撤収した時に、
百八十円を出して、望楼を買った。しかし、跡地は売買しなかった」
[と高賀が蔚珍郡守に答えた]
[そこで蔚珍郡守が考えるには]
「土地が、その上に建っている建物の持ち主のものであるのは、常例ではあるが、
土地もあわせて買うというのは、前からその土地を所有していた、と告げているので、ここに報告いたします」[ここまでが蔚珍郡守の報告]
そこで、(江原道觀察署理が)さらに調査してみると、
「蔚珍郡竹邊浦の望樓は、日本海軍が軍用に暫く駐屯していて、已に撤歸したのであるが、
今、この日本商民の高賀亦次が望樓長の高橋淸重から私的に賣買したというのは、匪徒が定章(法律)に違反するもので、いかにも近理(道理?)にあらざることだから、
[ここまでが、江原道觀察署理の判断]
ここに、謹んで報告いたしますので、[ここまでが江原道觀察署理の報告]
査照されたのち、すみやかに交渉され、即刻、禁止せしめて、それを明示していただきたく思います。

內部大臣勳一等 李址鎔より、議政府參政大臣 朴齊純 閣下へ。
光武十年(1906)二月二十六日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
內部來去案 第1冊, 光武10年4月17日條, 議政府照會 第56號.

蔚珍の近北面竹邊浦の望樓および付属の建物を日本人に売却したことについての照会
(文書番号)議政府 照會 第五十六號 內部
(発送日)光武十年四月十七日(1906年 04月 17日)
(発送者)議政府參政大臣 朴齊純
(受信者)內部大臣 李址鎔 閣下
(決済者)議政大臣 參贊 秘書課長 文書課長  參政大臣 局長 調査課長 一課長

貴第三號 照會は、接到した。
[議政府參政大臣 朴齊純が、內部大臣 李址鎔からの「第三號 照會」(前掲の文書)を受け取った]

蔚珍郡竹邊浦所在の望樓と地段についての私的な賣買禁止の一件について、
すなわち日本統監に文を送り、業經(すでに?)照覆在案を受け取った。
(「現樓」は「現接」か?)
その統監からの照覆の内容は、以下の通りである。
[以下、日本側の返事]

先月14日(3月14日)、蔚珍郡竹邊浦の望樓賣却の一件について、貴(韓国側からの)「第十三號照會」を受け取り、その内容を了解した。そこで、
わが(日本の)佐世保海軍鎭守府に文書を送って事実を調査したが、その報告によれば、
[以下、佐世保からの報告]
「その(竹邊浦の)望楼に使った建物および營造物は、代金収納の後に他人に擧越する意思をもって、佐賀縣人である古賀亦次に売却した。
去年十二月二十七日に、業經(すでに?)代金を受領した。然るに、その敷地は、決して賣却していない」
[ここまでが、佐世保からの報告]
(日本側としては、)このように(貴第十三號照會に)返答(照覆)するので、そのようにご理解いただきたい。
[ここまでが、日本側の返事]
との日本側の返事なので、
ここに(朴齊純から李址鎔に)照会するので、照亮なさいますように。

議政府參政大臣 朴齊純 より、 內部大臣 李址鎔 閣下へ

議政大臣 參贊 秘書課長 文書課長
參政大臣 局長 調査課長 一課長
光武十年四月十七日

光武十年四月十一日 裁定 課員
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

というわけで、
日本海軍の撤収にあたって、「竹邊浦所在の望樓と地段(土地)を、いずれも望樓長から買得したので、蔚珍郡でそれを認許する公文を成給してくれ」と言ってきた、
日本商人「高賀亦次」(実は佐賀県人「古賀亦次」)は、
江原道觀察署理の指示による蔚珍郡守の再調査によって、
「跡地は売買しなかった」(而址地는 不爲買賣)ということになり、
さらに、議政府參政大臣の照会による日本側の佐世保海軍鎭守府での調査の結果、
「然るにその敷地は決して賣却していない」(然該敷地決無賣却)ということになって、
土地売買は否定されてしまったわけです。

この一件を紹介した愼鏞廈教授の論文によれば、
「日帝は、露日戦争終結直後、江原道蔚珍郡竹辺浦に設置した望樓を撤去する際、望樓長と日本商人が結託して望樓土地を侵奪しようと試み36)、 6ヶ月間にわたる紛争と交渉があったが、韓国議政府の努力によって阻止された例もあった。 37)
 36)內部來去案(奎No.17768) 第1冊, 光武10年2月26日條,
 37)內部來去案 第1冊, 光武10年4月17日條, 議政府照會 第56號.」

と書いています。

愼鏞廈「日帝の 1904~5年 独島侵奪試図とその批判」 (第6章)
http://i815.or.kr/media_data/thesis/1997/199712.html
『韓国と日本の独島領有権論争』漢陽大学校出版部(2003)所収
  第4章「日帝の 1904~5年 独島侵奪試図とその批判」(p167~196)
初出『独島領有の歴史と国際関係』(独島研究保全協会)1997

すなわち、「土地を侵奪しよう」との日帝の「試み」は、「韓国議政府の努力によって」、「阻止」できる条件が、十分にあったわけです。


ここにおいて、この文書の大韓帝国の関係者は、
蔚珍郡守 尹宇榮
江原道觀察署理・春川郡守 李明來
內部大臣 李址鎔
參政大臣 朴齊純

の4人となりますが、この組み合わせ、特に後半の3人は、
この少しあとの鬱島郡守・沈興澤の報告の時とまったく同じです。

日付も、この竹辺望樓の文書が、
郡守からの報告があがったのが、1906年1月13日、
日本側とのやりとりがあって、決着したのが1906年4月17日であるのに対し、

独島をめぐる鬱島郡守・沈興澤の江原道への報告は、1906年3月29日、
江原道觀察署理の報告が議政府參政大臣朴齊純に送られたのが、4月29日。
新聞報道されたのが、『大韓毎日申報』(5月1日付)、『皇城新聞』(5月9日付)となり、ほぼ同じ時期です。
韓国側は、このときには、もう外交権を奪われていて、日本側に対して、「抗議」も「働きかけ」もできなかった、というのが、これまでの主張ですが、
ほぼ同時期の、この竹辺望楼をめぐってのやりとりは、そうした「抗議」や「働きかけ」が、十分に可能であったことを示しています。