竹島問題の歴史

1.10.10

Are Koreans still interested in "Dokdo"?

In August 2009, the hit counter for this site showed more than 1.1 million hits, most of which were probably from Koreans coming to this site to vote in an online survey asking if Liancourt Rocks (Takeshima/Dokdo) belonged to Korea or Japan.

Before 2009, there was a great deal of Korean media and public interest in the Takeshima/Dokdo dispute, with almost weekly reports on Korean "Dokdo" protests or on some "newly discovered" map supposedly "proving" Korean claims, but that all but ended in 2009. Now the Korean media and Dokdo advocates have pretty much gone silent on Dokdo. Why? And what has happened over the past year?

Sometime in September 2009, our hit counter mysteriously reset itself from about 1.1 million hits to about 12,000. Today, our hit counter shows over 100,800 hits, which means that over the past year, this site has had about 88,000 hits. That averages out to about 240 hits a day for the past year, which is a pretty respectable hit count. Therefore, there still seems to be some interest in the Takeshima/Dokdo dispute, but it seems to be silent interest on Korea's part. Koreans and their Dokdo advocates no longer come to this site to argue Korea's silly claims. Why? Probably because they no longer believe them, though they will probably never admit it.

I think the Korean media and Korea's Dokdo advocates have gone silence on "Dokdo" because they and the Korean government finally came to realize that making "Dokdo" an issue was hurting Korea more than helping her. Thanks to this site and others, Korean historical claims on Dokdo have been shown to be false by using Korea's own documents and maps. Few Koreans are still arguing Korea's wild Dokdo claims because evidence disproving such claims is now scattered all over the Internet.

Japan may never get back the islands that Korea illegally occupied in the 1950s, but, at least, the world is slowly coming to realize the truth about Korea's false historical claims.

58 comments:

  1. ”240 hits a day for the past year”

    Glad to hear that since it is more than I thought. I don't think Korean went silent on Dokdo issue, but I can see that the more they try to show how "Japan failed to put Takeshima on some historical maps", the more the world get to realize how Korean lacks concrete evidence they had known the island since 512 A.D.

    ReplyDelete
  2. I disagree Gerry. I think maybe it’s you who has lost interest.

    The Korean media has continually been posting news articles here on my newspage.

    http://www.dokdo-takeshima.com/news

    You are right about one thing though Gerry. Japan will never again gain sovereignty over the islands they illegally annexed in 1905.

    Korea’s false claims? Sez you………

    ReplyDelete
  3. Kaneganese & Steve Barber,

    Yes, the Korean media still talk about Dokdo festivals, Dokdo ferry service, and Dokdo bank cards, but they have essentially stopped arguing the history because most of their historical claims have now been debunked, especially their claims involving Korean maps. Their strategy now seems to be to ignore the history and focus on emphasizing that they occupy and control the islets.

    Koreans have lost the historical argument, and they know it.

    ReplyDelete
  4. Well come back, Mr. Bevers,

    I am very glad to hear from you again!

    Koreans are still teaching lies and half truths in their school.
    I think this gives very bad influence between the people of the two countries.

    So, I think we have to continue to show the “facts “to the public.

    ReplyDelete
  5. Yeah, yeah Gerry the same old maps rhetoric from you. Yawn...

    As long as the scope of your "research" remains limited to crude Chosun maps you will fail to convince anyone that Japan should again claim Dokdo.

    When new data is presented the Korean media prints about it. It's not like new records are uncovered daily. I think most recently I posted about the Oki Islands records and the 1903 Russo Japanese War Map. These documents were only released months ago.

    http://www.dokdo-takeshima.com/japan/?p=3194

    http://www.dokdo-takeshima.com/japan/?p=2921

    Combined these records show first Oki Islanders did not consider Liancourt Rocks Japanese territory prior to 1905 and that other Japanese thought the islands belonged to Korea. I wouldn't call this "losing the historical argument" at all.

    When "the Koreans" kick up a fuss about Dokdo expats tell them to shut up and now you are whining they are silent.

    I visited Ulleungdo and Dokdo in August and I'll tell you what "the Koreans" are doing. They are visiting both the islands in droves pouring millions of dollars into the local economy. "The Koreans" are completing Sadong Harbour, have finished the monorail near Taeha, and it looks like the are constructing a footbridge from Ulleungdo's main island to Gwaneumdo.

    Koreans are finally doing the right thing. Instead of responding to Japan's foolish provocations they are developing tourism in the Dokdo region thus strengthening sovereignty. They know time is on their side.

    Matsu, it's the Japanese who are teaching lies. Even their schoolbooks show Dokdo as Japanese territory which we know is not true. Japan is claiming Dokdo but Korea currently administers over the islands. How shabby the Japanese school system is to do this. So much for Japan's image as a modern civilized nation...

    ReplyDelete
  6. Steve,

    I cannot read Japanese, so I cannot comment on the 1903 Japanese document to which you linked. By the way, can you read Japanese? Do you not have a translation?

    The Japanese did not officially make Takeshima (Liancourt Rocks / Dokdo) a part of Oki county until 1905, so, without knowing what your 1903 document says, it seems understandable that Oki residents would not know the status of a small clump of barren, rocky islets in 1903, especially with the name confusion at the time.

    The important thing is that Japan officially incorporated Takeshima (Dokdo) in February 1905 (See HERE), and that the Korean Ministry of Interior confirmed in July 1906 that Takeshima was not part of Uldo (Ulleungdo) county. See HERE. This came after the Uldo County Magistrate mistakenly assumed Takeshima was part of his county, even though he did not know where the islets were.

    After the Ulleungdo County Magistrate was asked to investigate the status of "Dokdo" further, Korea's Ministry of Interior came out with their statement excluding Takeshima (Dokdo) from Ulleungdo County.

    Even before 1905, Japanese considered Takeshima as an unincorporated part of Japan. See HERE. Notice that the document even explains the name confusion of the islands at the time.

    In the 1870s and before, both Ulleungdo and Takeshima (Dokdo) were being referred to as "Matsushima" by the Japanese, which caused the confusion. This confusion was caused mainly by a British mapping error which mapped Ulleungdo much closer to Korea than its actual position. The fictious Ulleungdo was labeled "Argonaut," and the real Ulleungdo was labeled "Matsushima" on Western maps.

    We have been over these arguments before, Steve.

    ReplyDelete
  7. 「日本帝国陸海軍測量部」という名称の機関が存在していたのでしょうか?(自分は聞いたことがないのですが) 

    ReplyDelete
  8. 地図の左上には、「帝国陸海軍測量部」ではなくて、「帝国陸海測量部」編纂、と書いてあります。さすがに「軍」とはうたえなかったのでしょうね。
    あやしい地図会社です。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    3.「日露清韓明細新図」
    http://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/web-takeshima/takeshima01/kenkyukaijoukyou.data/3-06.pdf
    2010年4月1日韓国の聯合ニュースが、嶺南大学校独島研究所が公開した新地図と報じた。1903年日本の軍部が作成し、大韓帝國の国境内に竹島松島を描いていることを指摘している。
    島根県内に1904年版の同種のものがあり、アルゴノート島の竹島、ダジュレー島の松島でともに鬱陵島を意味していること、“帝国陸海軍測量部編纂”とあるがそのような組織は当時ないことがわかる。また明治大学所蔵のものには、袋入り、袋には「軍隊用ポケット入り」とあり、民間作成で外地に出征する兵隊向けに売り出したものか何かで、島の形なども正確ではないということも言える。

    「独島は朝鮮領土」、日本国家機関の地図公開2010/04/01 19:58 KST

    【慶山1日聯合ニュース】嶺南大学の独島(日本名:竹島)研究所は1日、独島を韓国領土と表記した日本地図「日露清韓明細新地図」を公開した。同地図は1903年に日本の「帝国陸海測量部」が編さんしたもので、ここ10年にわたり独島関連資料を収集してきた大邱市の市民が昨年末に入手し、このほど独島研究所に鑑定を依頼した。地図はアジア、欧州、アフリカまでが正確な尺度で精密に製作され、旧日本名の竹島(鬱陵島)、松島(独島)を「朝鮮界(朝鮮の領土)」に含めている。特に、独島と隠岐諸島の間に韓日の国境線を引いており、日本政府が独島を当時の大韓帝国の領土と認めていたことがわかる。この地図では台湾が日本領土に含まれている。独島研究所の金和経(キム・ファギョン)所長は、地図には日本政府が日清戦争で取得した台湾を自国領土として公式化する目的があったようだと指摘。日本側は自ら国境線を引き、独島を韓国領土として認めた証拠があるだけに、独島領有権主張を取り下げるべきだと促した。http://img.yonhapnews.co.kr/Basic/Article/JP/20100401/20100401200038_bodyfile.jpg

    公開された地図。台湾は青線の日本領土に含まれているが、独島は黄線の朝鮮領に入っている=1日、慶山(聯合ニュース)http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2010/04/01/0400000000AJP20100401002700882.HTML

    ReplyDelete
  9. 参考
    「日本国家機関 編纂地図」というのは、これまた、大うそですな。

    http://oosugi.net/read/yutori7.2ch.net/news4plus/1270125843/l50

    独島(ドクト、日本名:竹島)を日本領土と表現した地図を載せた日本小学校5、6学年社会科教科書5冊が日本文部科学省の最終承認を受けることによって日本の独島領有権教育が一層強化されるなかで明確な国境線をひいて独島が韓国領土であることを認めた日本国家機関編纂地図が初めて公開された。 教育科学技術部指定政策重点研究所の嶺南大独島研究所(所長、キム・ファギョン)は1日、明26年(1903年)10月日本「帝国陸海測量部」が編纂した「日露淸韓明細新圖」を公開した。 地図は10余年ほど独島関連資料を収集しているユ・ソンチョル氏(51、大邱市東区)が昨年の年末に入手したもので、最近、嶺南大独島研究所に鑑定を依頼し今回、公開されたものだ。 アジアとヨーロッパ、アフリカまで正確な尺度で細かく描かれたこの地図は竹島(チュクト、現在の鬱陵島(ウルルンド))と松島(ソンド、現在の独島)を明確に「朝鮮界(韓国の領土)」に属すると描いている。また大韓帝国の領海は「高麗海」と表記している。 特にこの地図は独島と隠岐島を中心に同じ距離に韓日両国の国境線をひき、当時の日本政府が独島を大韓帝国の「東端」と明確に認めていたことを現わしている。 一方、この地図で台湾は「日本界」に含まれている。 これに対してキム・ファギョン嶺南大独島研究所長は「日本自ら国境線をひいて独島が韓国領土であることを認めた明白な証拠まで出てきただけに、日本の独島領有権教育は直ちに中止されなければならない」と強力に主張した。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    1(参考2)(2010年4月8日掲載)
    http://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/web-takeshima/takeshima04/takeshima04-2/takeshima05h.html

    この4月1日、嶺南大学校の独島研究所が公開した「日露清韓明細新図」も、その例外ではない。この「日露清韓明細新図」は1903年に帝国陸海測量部によって編纂されたもので、そこでは日本と韓国の間に境界線が引かれ、韓国側に竹島と松島が描かれている。そこで嶺南大学校の独島研究所は、地図には「日本側で称する竹島(欝陵島)と松島(独島)を朝鮮界に属すと表記している」とし、独島研究所の金和経所長も「日本側は自ら国境線を分け、独島を韓国領土と認定した証拠がある状況で、独島の領有権の主張は中止せねばならない」とするのである。しかし「日露清韓明細新図」に描かれた竹島と松島は、その経度から見ても幻の島、アルゴノート島を意味する竹島と、欝陵島に該当する松島とすべきである。(下略)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    Gerry, you can read this stupid article in Korean here.

    http://www.dokdo-takeshima.com/korea/?p=3194

    ReplyDelete
  10. GTOMR,

    If you are talking about the Yonahp news article, in which 嶺南大学 Dokdo center claimed the map so-called 「日露清韓明細新地図」(!?) was made by official surveying authority, they are totally ignorant about maps and Japanese history of Navy/Army. There had never existed such a organization as 「日本帝国陸海軍測量部」in Japanese history. It should be 「陸地測量部」.

    First of all, the title of the map is wrong. Moreover, two islands on the map are Argonaut and Ulleungdo. There is no Liancourt Rocks on the map. Official maps made by Japanese government labeled Ulleungdo as "Matsushima" since warship Amagi surveyed and concluded as such in 1880. Even Korean government described Ulleungdo as "Japan's Matsushima" in the official diplomatic document between Russia in 1894. The powers, America, British, France, Germany and Russia, all labeled Ulleungdo as "Matsushima" as well around 1900.

    The map's has no accuracy when it comes to the figures of the lands. And there are no Marcus Island, Volcano-islands nor Rasa-Islands either. No wonder Liancourt Rocks are not mapped on this.

    The map was apparently made by private company. The mapmaker must have used the fake name trying to appear himself to be some kind of official authorities in order to sell the maps.

    ReplyDelete
  11. Kaneganese,

    Do you have a link to the 1894 document in which Korea described Ulleungdo as "Japan's Matsushima"? I have not heard of that document before.

    Thanks for the link, Matsu.

    ReplyDelete
  12. Gerry,

    I'm going to send them by e-mail.

    ReplyDelete
  13. Woops, sorry for typo.

    correction

    "Even Korean government described Ulleungdo as "Japan's Matsushima" in the official diplomatic document between Russia in 1894."



    "Even Korean government described Ulleungdo as "Japan's Matsushima" in the official diplomatic document between Russia in 1898."

    Thanks Gerry.

    ReplyDelete
  14. Kaneganese, the map in question was used by Japanese military before the Russo Japanese War. So what if it was printed by a private map maker? The quality was obviously considered good enough for issue. It gives me great pleasure to watch you squirm and give lame excuses to try to discredit it.

    Stupid article rants Matsu, It’s funny how you hurl childish insults whenever you are dumbfounded!!

    The location of the islands shows Seibold’s positioning however many charts of this era showed this incorrect location. Even so, the identity of 竹島 on Japanese maps can often be verified as Ulleungdo. Thus Matsushima (松島) is none other than Dokdo. If not, where is Dokdo? By your bizarre interpretation the Japanese mapmakers simply omitted the island. That is rubbish. The islands were simply mapped more Westerly.

    Even if you want to play your childish island shell game there is no doubt Liancourt Rocks would have been excluded from Japanese territory on that military chart.

    http://www.dokdo-takeshima.com/a-1903-japanese-war-map-shows-dokdo-takeshima-as-korean.html

    Kaneganese now you are trying to sell us this garbage notion that Korea thought Ulleungdo was Japanese? Good luck with that pal, knock yourself out!!

    Gerry the Oki Island announcement of Japan’s annexation is a stake in the heart of Japan’s historical claim to Dokdo prior to 1905.

    First it clearly stated the islets were not part of Japan before 1905. Oki Islanders were resentful they had not seized the islets before (much the same as Ulleungdo)

    Second it describes the annexation of Dokdo as an “expansion” of Japan’s territory by using the characters “膨張” In other words, Japan was grabbing more territory, not affirming ownership over islands already considered as Japanese. I think Oki Islanders felt wrongfully entitled to Ulleungdo and Dokdo. This could be because Oki was historically a place where outcasts were banished to.

    http://www.dokdo-takeshima.com/dokdo-takeshima-not-historically-japanese-territory.html

    BTW, Gerry above you quoted “The most important thing is…” Sorry but, you don’t dictate to anyone what is “most important” in this dispute.

    http://www.dokdo-takeshima.com/japan/

    ReplyDelete
  15. "「日本帝国陸海軍測量部」という名称の機関が存在していたのでしょうか?(自分は聞いたことがないのですが)"

    "地図の左上には、「帝国陸海軍測量部」ではなくて、「帝国陸海測量部」編纂、と書いてあります。さすがに「軍」とはうたえなかったのでしょうね。
    あやしい地図会社です。"


    GTOMRさんが提起され、matsuさんがコメントされているように、「日本帝国陸海軍測量部」も「帝国陸海測量部」も存在しません。つまりこの地図は公的なものでなく領有権を争う議論の材料にならないものです。

    ついでながらもう一点この地図の不可解な点を指摘しておきますと、この時代領海3カイリは認められていましたが、この地図に記されている境界はそれとはほど遠いものですね。マッカーサーラインそっくりだ。この地図がつくられたのは1903年じゃなくて2003年じゃないのかね。つくられたのも日本じゃなくて……。(以下省略)


    2010.10.5

    ReplyDelete
  16. Steve Barber (dodko-takeshima.com):

    How can you acknowledge Seibold’s positioning error on the map and, at the same time, claim that the "Matsuhima" on the map was "Dokdo" (Liancourt Rocks)?

    As you know, Seibold's error showed the non-existent island of Argonaut labeled as "Takeshima" (竹島) and the real Ulleungdo labeled as "Matsushima" (松島). The two islands on the map was Argonaut and Ulleungdo. Liancourt Rocks (Dokdo) was not on the map. You cannot simply claim the Matsushima was Liancourt Rocks because other Japanese maps showed Matsushima to be Liancourt Rocks. Some maps showed Seibold's error and some did not.

    Also, it is just silly for you to suggest that it would be strange for the map not to show Liancourt Rocks since different maps show different details. Afterall, Liancourt Rocks were just a small clump of barren rocks. Other Japanese islands were not shown on the map, as well.

    Also, you wrote earlier the following:

    Combined these records show first Oki Islanders did not consider Liancourt Rocks Japanese territory prior to 1905 and that other Japanese thought the islands belonged to Korea.

    You claim that the Japanese on Oki Island did not consider Liancourt Rocks to be Japanese territory, yet the 1905 article you used to make such a claim clearly said that the Japanese on Oki considered the islets to be "de-facto Japanese territory from a long time ago," before it was officially incorporated. Here is the article you have translated on your site:

    The 16th Issue, Oki News Report, March 15, 1905
    Editorial
    Expansion of the Oki Province’s Territory


    “…The islet which is located 85 sea miles to the northwest of Oki is named as Takeshima and made under the jurisdiction of the governor of Oki islands as a new territory. I cannot help congratulating by reflecting Venus onto the glass and drinking it up all at once. To begin with, two sister islets which consist Takeshima are surrounded by the numerous tiny islets sporadically. and when it comes to the area, it is yet known precisely, though it is said that it’s not impossible to pitch a tent to tide over and live. Therefore, there are almost no profitable land products, but as for marine products, it is said that there are brilliant profit such as marine animals etc.. Originally, not a small number of the islanders of our Oki sailed to the islets for a long time, thus it has been de-facto territory of Oki from a long time ago. It had been lamentable that it was not recognized officially as Oki’s territory notwithstanding the fact. Now, on receiving the order of the official authorization, our islanders cannot help expecting very much. However, the islets is narrow from the start, so it is required not to compete for a short-term profit ignoring the infinite profit, since the excessive products harvesting doesn’t bring any everlasting profits. The authority person/ person in concerns should note this respect. Anyhow, it is one large blessedness that a new territory joined the cadastre of Oki, no matter to which town and village the islets belong. I cannot help feeling pleasant and am going to congratulate the expansion of Oki’s territory by making remarks on this situation. (Weak Fish)…”
    LINK

    Therefore your claim that the Japanese on Oki did not consider Liancourt Rocks to be Japanese territory is untrue.

    ReplyDelete
  17. matsu様 makoto様

    お、ありがとうございます。
    『帝国陸海測量部』は、日本人の私から見ても、確かに、帝國陸海”軍”測量部と誤解してしまうくらいです(笑)。

    英語で考えてみると、Imperial Land-Sea Survey departmentであり、Imperial Navy-Army survey departmentではないわけで、なんだか、Adidas-Adiosとかプーマとピューマ,PockeyとPeperoといった、パチモン表記のロジックに似ています。

    陸地測量部や海軍水路部等の経緯をいくら調べても、"帝國陸海測量部編纂” なんて存在が確認できない、そんな存在が確認できない機関でもって、「日本政府」だの主張しているスティーブ馬鹿の主張を恥知らずの証拠として魚拓で保存しておきました。(まあこいつは、右島を石島とか主張して騙そうとした悪質な歪曲の件が多数あるのでもう誰からも信用されないとは思いますが、)

    歪曲主張魚拓日本語1
    歪曲主張魚拓日本語


    おまけにこの地図、一番左の発行元をわざと隠しているように見えますね。http://www.dokdo-takeshima.com/wordpress/wp-content/images/rus-jap-warmap.jpg
    隠しておかないと、韓国人が主張する、この地図が「政府発行」である大嘘がばれるからでしょう。

    そもそも、この地図、『陸海測量部』編纂(まあ、そのような日本政府機関は存在しないのだが)と言っておきながら、隠岐の形はおかしいやら、日本と朝鮮との相対的な位置すらおかしいわけで、全然測量する人間が作る内容としては相当お粗末で…1880年代の官製の地図に劣る内容なんです



    http://www.gokorea.jp/trans_bulletin/forum_list_view.html?uid=17598&fid=17598&thread=1000000&idx=3&page=1&sort=&skeyword=&tb=transCulture1&order=fid

    ReplyDelete
  18. Gerry Seibold’s mapping error didn’t result in Japan eliminating Dokdo from their maps. By and large it caused positional errors of Ulleungdo and Dokdo. If not, please tell us where Dokdo is on Japanese maps of the East Sea. Are you telling me Japan forgot about Dokdo after mapping the islets for over 100 years before?

    Gerry do you know the meaning of “de facto”? It means existing or being such in actual fact though not by legal establishment. The Oki Island article is an editorial by a local resident from a backwater region NOT from a government official.

    Some Oki Islanders may have considered Dokdo (and even Ulleungdo) as theirs, but by their own admission it was not part of Japan. Oki Island was a distant land from Japan’s mainland whose people consistently violated the decree of their own government to stay off of both Ulleungdo and Dokdo.

    Read again, Dokdo’s annexation is described as “an expansion” of Japanese territory.

    The view of a these few locals is contrary to Japan’s highest authority, the Shogunate who stated numerous times Japan did not own Dokdo but rather the islets were part of Chosun (Korea) As I’ve stated Oki Island was historically a remote place for exiles, it’s not surprising they ignored orders from the Shogunate.

    http://www.dokdo-takeshima.com/japan/?p=350

    Japan consistently excluded Dokdo from her territory on both regional and national maps.

    http://www.dokdo-takeshima.com/japan/?p=600
    http://www.dokdo-takeshima.com/japan/?p=375

    On top of that, many Japanese maps show Dokdo as Korean territory.

    http://www.dokdo-takeshima.com/japan/?p=387

    From these facts we know Dokdo was NOT an inherent part of Japan as their MOFA states. We can see the Japanese thought the island was Korean before the expansionist policies of the Meiji Era.

    It’s funny how the Japanese on this forum conveniently can’t type English when confronted with the facts.

    ReplyDelete
  19. Mr. Steven J. Barber (dokto-takeshima. com),

    http://www.dokdo-takeshima.com/gallery


    The fact is the fact spoken in what language.
    I am not a native speaker of English, so I am afraid my English might be so funny like your post in Japanese.

    I wrote “stupid” because the 1903 map never appears to be an official one made by Japanese Government.

    I remember Professor Kim Hwa-Kyung 金和経, the president of the Dokto Institute, majored in Japanese Literature, so I can’t believe he thought the map was made by Japanese Authority.

    And, Steve, you may have learned so many maps about Ulleungdo and Dokto in this age, so I think you will understand just at one glance, this 松島 is Ulleungdo, and 竹島 is Argonaut.

    Latitudes and Longitudes are written in the map.

    ReplyDelete
  20. Steve Barber (dokdo-takeshima.com),

    No, I am telling you that the Matsushima (松島) on the 1903 map in question was Ulleungdo, not Liancourt Rocks (Dokdo). The Japanese determined in 1880 (HERE) that Ulleungdo was being called "Matsushima" by many Japanese and, therefore, started referring to Ulleungdo as Matsushima. You can see from the shape of Matsushima on this 1894 Japanese map that it was, in fact, Ulleungdo.

    After confirming in 1880 that Ulleungdo was also being referred to as "Matsushima," the Japanese started referring to Liancourt Rocks, which had previously been called Matsushima, as "Liancourt Rocks," which was the Western name for the islets. You can see the name on this 1905 Japanese map.

    Liancourt Rocks did not appear on many Japanese maps because of their insignificance, not because the Japanese considered them Korean, which is what you are trying to imply.

    "De facto" means "actual, even though not official." Therefore, the Japanese on Oki considered Liancourt Rocks to be Japanese territory before 1905, even though they were not officially incorporated, which means they were not put under the administration of any particular local government.

    Liancourt Rocks was officially incorporated as Japanese territory in 1905, but was considered unincorporated Japanese territory before 1905. Again see HERE.

    Japan excluded Ulleungdo, not Liancourt Rocks from Japanese territory.

    The Japanese on this forum do not respond to you, Steve, because they know you are just a goofball looking for attention, not truth. They have shot down your arguments numerous times in the past, yet you continue making the same old arguments. They have learned not to waste their time on you.

    ReplyDelete
  21. Gerry and Matsu.

    Argonaut Island is Ulleungdo on many Japanese maps.

    You can see Takeshima (竹島) as Ulleungdo (鬱陵島) on this map.
    http://www.dokdo-takeshima.com/wordpress/wp-content/images/smokan-1895.jpg

    And also on this map.
    http://www.dokdo-takeshima.com/wordpress/wp-content/images/seibold-study2.jpg

    And on this map.
    http://www.dokdo-takeshima.com/wordpress/wp-content/images/seibold-study8.jpg

    This map has Saito Hosen’s report on Oki quote also confirming Takeshima as Ulleungdo.
    http://www.dokdo-takeshima.com/wordpress/wp-content/images/seibold-study3.jpg

    Japanese mapmakers who referenced Japanese charts had no idea of Ulleungdo’s and Dokdo real locations or shapes and simply traced other maps. In fact historical maps made by Japan do not show Dokdo’s double island form unless they were drawn from Oya/Murakawa charts or from foreign charts.

    Gerry I’m glad to referenced the map above because it shows something interesting.

    http://dokdo-or-takeshima.blogspot.com/2009/02/1894-japanese-map-of-korea.html

    Although the shape of Matsushima coincided with Ulleungdo you can see two geographical features on Takeshima (Ulleungdo) that tells us otherwise. First can be seen the characters 中峰 which is Seongin Mountain on Ulleungdo Island. Also is 猪田川 which is a derivative of Jeojeon Po a feature found on Chosun maps of Ulleungdo.

    So what you have here is a map that appears to be a mosaic of many charts. The shape of Ulleungdo appears to have originated from western maps as well but the names indicate Takeshima is Ulleungdo. In other words, using the location and form to ID these islands is the wrong method to make determinations.

    So you see, the Takeshima lobbyist excuse that they eliminated Dokdo from their maps and double-mapped Ulleungdo is rubbish. The Japanese mapmakers continued to use Takeshima for Ulleungdo and Matsushima for Dokdo as well as Liancourt Rocks. From this we can conclude charts that show Takeshima and Matsushima as Chosun are strong evidence that support Korea’s claim to Dokdo.

    Gerry and Matsu, Japanese maps should be studied on a case by case basis instead of making generalizations based on political agenda.

    Gerry, as I’ve said, the Oki Island report was a personal editorial in a local rag by the backwater reporter. His statement that Liancourt Rocks was a “defacto” island of Oki was contrary to the Shogunate’s repeated historical position that Dokdo was not part of Japan but rather Chosun territory.

    I’m not “implying” Dokdo was part of Korea. I’m simply stating the facts with docs and maps to back it up.

    BTW Liancourt Rocks was not “official incorporated” The island was annexed sub rosa without any public external announcement during the Russo Japanese War while Japan was fighting to colonize the entire Korean peninsula.

    http://www.dokdo-takeshima.com/japan/?p=359

    ReplyDelete
  22. Steve, please help yourself to study the history of the maps in the late 1880s and the early 1900s, so that you can understand these 竹島 are Argonote and 松島 are Dagelet, both are Ulleungdo.

    Longitudes and Latitudes will help you so much.

    And when you argue something about maps, you should show the identification of the map.

    When it was made, who made it, etc., which will be found somewhere in the map itself.


    Gerry, I agree with you, and will stop wasting my time.

    ReplyDelete
  23. 「日露清韓明細新図」には1904年版があるそうで、島根県内の個人が所蔵しているといいます。(http://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/web-takeshima/takeshima01/kenkyukaijoukyou.data/3-06.pdf の5ページ)

    ということで、捏造ではないようです。が、それにしても妙な地図です。領海3カイリとされていた時代の地図なのにかなり沖合に線引きして囲うようにして境界であるとしています。この「境界線」には意味がないように思います。前にも指摘しましたように、この地図は領有権を争う議論の材料にならないものです。ただ、予備知識のない人たちを幻惑するには好都合な材料ですね。

    なお『実事求是』の第26回(English)で下條さんが反駁を加えていますね。シーボルトの日本図の影響を受けていて、竹島が幻の島に、松島が鬱陵島の位置に描かれていると分析しています。


    こんな史料価値のないものを持ち出してこなければならないほど「獨島は韓国領」との主張には根拠がないということでありましょう。そんな与太話の類は放っておけばよいと思いますが、しかし無視することもできないのですね。恥ずかしげもなく嘘を言いふらす人がいますので。


    2010.10.8

    ReplyDelete
  24. 「竹島周辺で銃撃戦の可能性あった」 安倍氏が明かす、平成18年の韓国海洋調査事件

    2010年10月9日付け産経新聞が報道。


    2010.10.9

    ReplyDelete
  25. 軍国主義国家韓国の話でもう一つ注目される件が、

    2006年4月21日付のワシントンポスト
    盧武鉉政権が、海上保安庁の竹島周辺海域海洋調査を阻止するため、日本政府への具体的な圧力として、『島根県内の防衛庁施設』に対する軍事攻撃を検討していたと報道した。
    という話があるのですが、どなたかこの原本をお持ちでないでしょうか?

    ReplyDelete
  26. 生憎その記事は持っていませんが、The Washington Postは東京都立中央図書館が収集していますね。4年分収蔵しているとのことですから、当該記事を見つけられるかもしれません。

    2010.10.9

    ReplyDelete
  27. GTOMRさん
    Makotoさん

    いろいろ情報をありがとうございます。連休明けに時間を見つけて記事を探してきます。

    ReplyDelete
  28. According to this Japanese edition of Choson Ilbo article, institute for the translation of Korean Classics(韓国古典翻訳院) is going to review the modern Korean translation of the Annals of Joseon Dynasty(『国訳朝鮮王朝実録』, 1993), since there are too many mistakes. 5.2%(!?) of the sample are serious mistakes such as mistranslation, and 17.6% are simple mistakes.

    韓国語訳『朝鮮王朝実録』、来年から翻訳見直しへ(上)

    ReplyDelete
  29. This comment has been removed by the author.

    ReplyDelete
  30.  日本が学習指導要領解説書に独島を自国領土と表記すると明らかにして論難がおこっています。ところで、独島を朝鮮の地と表示した1920年代の日本の教科書が出て、独島が日本の地ではないことを自ら証明しています。カン・ジンウォン記者の報道です。


    [レポート]

     1928年に初めて出版された日本小学校の歴史附図です。露日戦争の当時、ロシアと日本の海上の戦闘状況を説明するページを見れば、日本の地は皆赤色に表示されているが独島と鬱陵島は紫色で描かれています。韓半島と共に朝鮮の地であることをはっきりと表記したのです。

    [インタビュー:ホ・ジョンファ 国立慶尚大学名誉教授]

    「これは、明らかに日本政府も鬱陵島と独島は朝鮮の地と言うことを認めて当たり前に色を塗ったんです。」


     東京で発行されたこの本は、東京帝国大学の歴史専攻教授が監修をしました。国定教科書を配給する会社が出版したという事実もはっきりと書かれています。小学校 5年生から高等学校 2年生に教える教材です。


    [インタビュー:ホ・ジョンファ 国立慶尚大学名誉教授]

    「これを出版した会社は東京学習社で、監修した人は、日本東京帝国大学の歴史専攻教授が責任監修をして・・・・・・・」


     本を見つけたホ教授は、この本が当時一般に広く流通したので、家庭でも簡単に入手できると言います。

     学習指導要領解説書に独島を自国の領土と表記するとして再びもたげた日本の妄霊! 自分たちが発行して教えて来たこの教科書は、このような主張がどれほど荒唐無稽なのかを自ら証明しています。

    YTN カン・ジンウォンでした。

    http://serviceapi.nmv.naver.com/flash/NFPlayer.swf?vid=F4A45DDC473D34E739032A8AA11D2F3A1C10&outKey=V12102d8d2b9b6fedaff5909de1f3d56a1de76b8bc1564c08c74a909de1f3d56a1de7


    2010.10.10

    ReplyDelete
  31. This comment has been removed by the author.

    ReplyDelete
  32. This comment has been removed by the author.

    ReplyDelete
  33. この茶阿弥様ご紹介の動画にある地図は、以前のGerryのこちらの投稿と同じようにも思えますが・・・・
    小学校国史絵図は1939年のものだったようですが、今回は1928年のものが出てきたという話なのでしょうか?
    ただ、教科書の画像と紹介している教授が同じ人のようにも思えます。
    茶阿弥様ご紹介の動画ですと、鬱陵島と竹島はそれほど着色が濃いものではないようで、
    どうも韓国側が着色したのかとGerryが指摘していたと思います。

    総督府時代の地理関係の教科書の付図を見てみると、基本的に朝鮮図は鬱陵島=松島までで、
    一部竹島が記載されているものがありますが、きちんと島根県である旨の説明があります。

    あと、総督府時代の官製の朝鮮図も、鬱陵島松島までのようです。

    ReplyDelete
  34. GTOMRさん、

     実はこのYTNニュースは、日付が分からなかったのですが、引用元のNAVERの日付が2010.09.20となっていたので、最近のニュースかと思ってアップしました。しかし、どうもゲリーさんが2008/06/20に投稿したものと同じ件のニュースのようですね。紹介している学者さんは同じ人です。

      問題の地図は日本海海戦の時点での日本と韓国を表示しているので、もし竹島が韓国と同じ色で塗られているのならば、間違いだとしても、韓国人は元気が出るところですね。正確に何色で塗られているのか調べはついているのでしょうか。






     

    ReplyDelete
  35. 明らかに、「同じ本」ですね。

    2008年にMBCニュースによって「発見」されたものと、今回2010年になって、YTNニュースが「発見」したのは、同じ本である『尋常小学歴史絵図』です。

    しかも、紹介しているのも、同じ「慶尚大学のホ・ジョンファ名誉教授」です。
    この教授は、2年前と同じネタで、同じ内容をしゃべっています。

    『尋常小学歴史絵図』は2008年のGerryの投稿にあるMBCの画像から、
    昭和3年(1928年)が初版で
    昭和14年(1939年)が修正12版であることがわかります。

    2008年のニュースでは1939年の本として、
    2010年のニュースでは1928年の本として、紹介されています。

    紹介されているのも同じ図のようです。
    ただし、今回はGerryの指摘した「色塗り」のごまかしは無いようです。

    ちなみに、2008年のGerryの投稿日は6月20日ですが、画面の左上に「21(水)」という字幕が入っており、1ヶ月ほど前の5月21日(水曜)の朝7時のニュース(時間が入っている)ではないかと思います。

    また、2010年のYTNニュースでは
    「小学校 5年生から高等学校 2年生に教える教材です。」とありますが、2008年の画像により、「尋常」と「高等」すなわち、「尋常小学校5年生」から「高等小学校2年生」までの教材であることがわかります。

    ところで、この「絵図」は「国定教科書」なのでしょうか?

    ReplyDelete
  36. 一生懸命自分のコメントを書いていて、うえのChaamieyさんのコメントを読まずに投稿してしまいましたが、おっしゃるようにこのYTNニュースは2010年ではなく、2008年のものかもしれませんね。

    両方のニュースで教授の服装が違いますが、
    本にはさんである黄色の付せんが、同じもののようにも見えます。

    YTNのコメントに、「学習指導要領解説書に独島を自国の領土と表記するとして」
    とありますから、この時のものである可能性が高いでしょう。

    ReplyDelete
  37. 訂正

    『尋常小学歴史絵図』→『尋常小学国史絵図』

    ReplyDelete
  38. 竹島問題への意見(2008年7月分の回答)によれば『尋常小学国史絵図』は教科書というよりも民間の編纂による副読本のようですね。日本政府の認識云々の材料足りえないものです。

    毎度のことながら韓国側研究者は史料の吟味をすっ飛ばし、自分たちの都合の良い部分だけを取り上げて「新証拠発見!」とやる。いつまでこのような愚かなことを続けるんでしょうね。困ったことに韓国マスコミが尻馬に乗って取り上げますので、韓国国民は学校教育でのマインドコントロールをさらに強めてしまうのですね。いやまてよ、マインドコントロールが解けないようにこういう記事を時々流すのかな。

    それはさておき、朝鮮は竹島(韓国名:獨島)を統治したことなどなく、存在そのものを知らなかったと疑われるのが現状だというのに、領有を主張し続けるから無理をしなければならないんですよ。おまけに「独島は日本の韓半島侵奪の過程において一番最初に併呑された韓国の領土であり、完全な主権回復の象徴だ」などと言い出しています。歴史を歪曲した偏向教育が続けられた結果、韓国のアイデンティティーに組み込まれてしまっていますので、国際法だけでは対応できないと思います。だからと言って、不法から権利を生むようなことは絶対に許してはなりません。

    2010.10.11

    ReplyDelete
  39. 皆さん、どうも。既にこの件についての見解はまとめられていたんですね。お騒がせしました。




    2010.10.11

    ReplyDelete
  40. ホ・ジョンファ名誉教授は、今年になっても、同様の活動をしているようです。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    [ファイナンシャルニュース] 2010年04月14日(水)午前11:28
    [単独] 日本の古地図でも“独島は朝鮮の土地”認定  ホ・ジョンファ名誉教授

    http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=20&fid=515&articleid=2010041411281757336

    独島と鬱陵島を明確に朝鮮の土地と表示した日本の過去の地図が公開された。
    独島愛市民文化フォーラムのホ・ジョンファ代表(国立慶尚大食品工学名誉教授)は14日、1894年に製作された‘日本朝鮮支那三国地図’を公開して“独島が大韓民国の領土であることは、日本が製作して使った地図で見る時に歴史的に明らかだが、日本の総理までが立ち上がって独島が日本の土地だと主張するのは妄言”と指摘した。
    ホ代表は“朝鮮、日本、中国三ヶ国を描いたこの地図には、対馬など日本本土はピンク色で、独島と鬱陵島は朝鮮と同じように淡い緑色でそれぞれ表示されている”とした上で“これは、当時日本人たちが独島と鬱陵島を朝鮮の土地と認識していたことだ”と強調した。
    カラーになったこの地図は1894年10月15日、大阪平民社が発行したもので、横64㎝、縦46㎝の大きさで、日本人によって製作され日本人が使った地図という点で注目される。
    特に日本は、その間独島を‘竹島’と表記し、竹島が独島であると主張してきたが、この地図では、独島は‘松島’、鬱陵島が‘竹島’と表記されていて目を引く。
    それだけでなく、国の境界線を現わす国界の場合、対馬の上に描かれた国界を延長すれば独島が日本領土に含まれるのではなく朝鮮領土に属しており、国界は正確に独島と隠岐島を過ぎているとホ代表は説明した。
    ホ代表は“日本人たちは暇さえあれば独島を自分たちの領土と主張するが、日本人たちが製作して日本人が使った地図が独島を明確に朝鮮の領土に属するということを証明している”とした上で“日本国民の70%以上が、独島は韓国領土であることを認識する時まで市民運動の次元で知らせていくだろう”と話した。

    noja@fnnews.comノ・ジョンヨン記者
    ・・・・・・・・・・・・・・・・
    自動翻訳に手を入れただけなので、日本語としておかしいですが、意味は通じると思います。地図は原サイトで御覧ください。

    独島愛市民文化フォーラムの代表であるホ・ジョンファ氏は、国立慶尚大の食品工学の名誉教授なんですね。

    同じ趣旨の、間違った情報を広めている、という意味で、韓国民に対して非常に罪深い教授だと思います。

    国立慶尚大については、
    국립 경상대(진주, 옛 진주농과대학)
    国立慶尚大(晋州、旧 晋州農科大学)
    http://www.ohmynews.com/NWS_Web/View/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0001267599
    とありますから、「食品工学」もあると思います。

    ReplyDelete
  41. ホ・ジョンファ教授の『尋常小学国史絵図』についての発表は、2008年5月20日に晋州市庁ブリーフィングルームで行われたようです。YTNの映像と同じ服装のようです。

    これも自動翻訳の補綴です。画像は原サイトをごらんください。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    "日本の過去の歴史付図、独島を朝鮮の土地と認定"
    2008/05/21 08:20
    ホ・ジョンファ慶尚大名誉教授『尋常小学国史絵図』公開

    http://blog.idomin.com/159

    日本の文部科学省が、来る2012年から中学校の社会教科書に「独島は日本の領土」と明記することに方針をたてながら、また再び論議になる中で、慶尚大のホ・ジョンファ(66)名誉教授が独島と鬱陵島を朝鮮の領土と表示した日本の過去の歴史付図を公開して目を引いた。
    20日、ホ名誉教授は、日本の東京学習社で1939年発行した歴史付図の尋常小学国史絵図下巻を晋州市庁ブリーフィングルームで公開した。ホ教授が公開したこの冊子には、日本と朝鮮の領土を表示し、独島を朝鮮領土と表示している。
    この冊子の40ページには、露日戦争当時の日本全域を表示し、日本領土は赤い色で、朝鮮領土は灰青色で各々表示したが、独島は竹島と、鬱陵島は鬱陵島とともに松島と書かれ、色は青灰色になっている。
    また同じページの下段部に日本海海戦図(日本がロシア軍艦を破った場面を図で要約)を描き、やはり独島と鬱陵島を赤色ではなく灰青色で表示して、独島が朝鮮の土地であることを自ら認めた。
    カラーのこの冊子は、小学校5学年から高等学校2学年までが習う歴史付図で、全部で80ページで構成され、1927年に初めて発刊され、ホ教授が所蔵している冊子は12刷版だ。 この教科書は、日本本土はもちろん、朝鮮、満州の学生たちが習ったもので、東京帝国大教授が監修したとホ教授は主張した。
    ホ教授は"この冊子は、日本政府が自ら独島が朝鮮領土であることを証明するだけでなく10年以上学生たちに教えたのであるから、これ以上日本の領土という主張をしてはいけない"とした上で、"この冊子は日本のかなりの人々はすでに知っており、日本国内にもこの冊子がとてもたくさん残っているだろう"と述べた。

    慶南道民日報 キム・ジョンヒョン記者

    ReplyDelete
  42. ホ・ジョンファ名誉教授は、こんな活動もしているようです。今年の8月15日の記事です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    日本開催の原爆禁止世界大会で演説したホ・ジョンファ教授
    [2010.08.15 17:46]
    http://missionlife.kukinews.com/article/view.asp?gCode=mis&arcid=0004016950&code=23111111

    “原爆被害韓国人補償国際機構設立切実”

    去る3~9日、1945年に原子爆弾が投下された日本の広島と長崎では‘2010原子および水素爆弾禁止世界大会’が開かれた。
    全世界の核関連関係者500人余りと平和主義者数千名が参加した今回の大会では、核問題に関した多様なシンポジウムと、反核集会、セミナーが開かれた。韓国原爆被害者協会副会長のホ・ジョンファ(68・慶尚大名誉教授)博士は、今回の大会の演説者として招請された。ホ博士は“日本は韓国の原爆被害者に対して、日本の被害者と同等の水準で補償し、被爆者認証手続きと治療、福祉などを公正に実施する国際機構の設立が必要だ”と提案した。
    “思ったより大会がとても大きくて節度あるように進行されました。広島と長崎で各々二回ずつの大きい行事が開かれたが、私は広島で6日に開かれた国際会議代表者の集いで発表しました。私は、被爆者として被った事実を紹介し、とても説得力があったという評価を受けました。”
    1945年当時、広島にいたホ博士は、被爆後、家族皆が負傷を負い、中学校1学年だった長兄は命まで失った。しかし、日本政府は、兄の死を立証するどんな資料や証明書も提供せず、数回日本を訪問してその痕跡を探した。
    “結局、2000年に原爆死亡者名簿で兄の名前を探し出しました。 私が兄の名前が書かれた名簿を持って涙を流す写真と記事が日本の毎日新聞にも出ました。以後、韓国原爆被害者協会の理事として活動し、この地にもう二度とこういう悲劇の歴史が起きてはいけないという平和主義者になりました。”
    ホ博士は今回の演説で、日本の真心に充ちた謝罪を要求すると同時に、責任ある補償と共に、核のない世界平和の実現のために韓国と日本が共に努力することを力説した。 また、韓国の非武装地帯(DMZ)に世界平和医療センターを作ろうと提案した。
    “パン・ギムン国連事務総長も参加して演説するなど、世界の言論が大きな関心を持ったのに反し、韓国は今回の行事に大きな関心を持たず残念でした。 これからも、ずっと日本を訪問し、韓国の被爆者の権益のために努力するでしょう。”
    韓国創造科学会理事として活動し、ソウルのトンアン教会に通うホ博士は、こうした社会活動をしながら、これを国内外の布教と接続させることができる方法も研究中だ。

    キム・ムジョン先任記者kmj@kmib.co.kr

    ReplyDelete
  43. 例の日露清韓地図ですが、
    例の韓国のプロパガンダサイトの画像
    http://www.dokdo-takeshima.com/wordpress/wp-content/images/rus-jap-warmap.jpg
    地図の左端を見てみると、栗本長質と、住所、そして最左端に栗本と同じ住所が書いてあります。なぜか、発行元のところが都合よく途切れています。
    http://www.dokdo-takeshima.com/japan/?p=3194
    該当のプロパガンダが書いてあるページには、見事にこの左端の発行元の名前の記載が都合よく省かれています。


    栗本長質でNDLで検索をかけると、
    1. 改正徴兵令 / 栗本長質編,一二三館, 明37.10
    2. 在郷軍人の心得 / 栗本長質編,一二三館, 明38.11
    が出てきます。

    で、http://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/web-takeshima/takeshima01/kenkyukaijoukyou.data/3-06.pdf
    のPDFを大きく拡大してみてみると、見事に、この一二三館との記載があります。

    つまり、最初から発行元を隠ぺいしてまるで、日本の公的機関があたかも出版したようなミスリードを行うためにプロパガンダを組んでいたともいえると思います。

    ReplyDelete
  44. chaamieyさんへ

    こうして時々復習させていただけると錆びついていた頭に喝を入れられますゆえ、お気になさらぬよう。

    2010.10.13

    ReplyDelete
  45. 中井養三郎は竹島を朝鮮領と思いこんでいました。では、彼は竹島を鬱陵島の付属島嶼と認識していたのでしょうか?

    2010.10.13

    ReplyDelete
  46. "前原外務大臣は「絶対に崩してはいけないのは、尖閣諸島は日本の固有の領土であり、これからもずっと日本が実効支配を続けることだ。国際司法裁判所に委ねたらどうかという意見もあるが、われわれの固有の領土について、第三者に判断させることはない」と述べました。"(NHKニュース/2010.10.9)

    これは問題発言ですね。「国際司法裁判所に委ねたらどうかという意見もあるが、われわれの固有の領土について、第三者に判断させることはない」とは、韓国政府が竹島に対して言っていることと同じじゃないですか。これでは韓国に対して国際司法裁判所に付託するよう提案しているのを撤回したも同然です。


    日中韓で東アジア地域での紛争処理は国際司法裁判所に委ねる旨の裁判条約の締結を目指すべきです。日本は1958年9月15日に「国際司法裁判所規程第三十六条2の規定に基く国際司法裁判所の強制管轄を承認する日本国の宣言」を発していますので、国際司法裁判所に他の国々が提訴すると自動的に応訴することになります。一方、中韓両国は国際司法裁判所の強制管轄権を認めていないので、日本が提訴しようとしても拒否できるのです。それがために竹島問題が膠着状態に陥っているのは皆様ご案内の通りです。

    「東シナ海に領土問題はない」といくら日本が言おうと、中国は尖閣諸島を自国領とするための算段を進めています。どのような手段であれ、それを達成するまで中国は手を緩めることはないでしょう。尖閣諸島は日本の領土であると中国が認め、自らの領有主張を取り下げない限り、この問題は解決しません。

    裁判条約締結を提案したとしても中韓両国は乗ってこないでしょう。しかし牽制するには十分です。「相手の嫌がることはしない」と口にした御方もおられましたが、相手次第ですよ。えげつないことしてくる相手にはそれなりの報いを与えるべきでありましょう。

    2010.10.13

    ReplyDelete
  47. "最初から発行元を隠ぺいしてまるで、日本の公的機関があたかも出版したようなミスリードを行うためにプロパガンダを組んでいたともいえると思います。"

    本当に性懲りもなくやってくれますよね。「あんなもん放っておけ」と言いたくなりますが、客観的事実をもって違っているところは違うと指摘し続ける必要があると思います。無視したつもりが黙認と取られたらかないませんので。

    2010.10.14

    ReplyDelete
  48. 『尋常小学国史絵図』の復刻版が『戦争と平和の実物資料』として1991年に桐書房から出ています。閲覧してきましたが、「尋常小学国史に準拠」と記されていますので副読本だということはすぐわかるはずです。しかも民間の編纂したものであることは明白です。そして件の図版ですが、「鬱陵島(松島)」「リアンコオルト島(竹島)」と記され、共に灰青色に着色されています。これはミスですね。1葉だけならケアレスミスと言えるのですが、日本列島と朝鮮半島が含まれている地図と、鬱陵島付近を拡大した地図の両方が灰青色に着色されていますので単純なミスというよりは、原稿段階で誤り、それが修正されなかったのだろうと推測します。

    いずれにしましても「この冊子は、日本政府が自ら独島が朝鮮領土であることを証明するだけでなく10年以上学生たちに教えたのであるから、これ以上日本の領土という主張をしてはいけない」とホ・ジョンファ教授は主張しているようですが、民間が発行した資料で「日本政府が自ら獨島が朝鮮領土あると証明した」と主張するのはいかがなものでしょう。事実を捻じ曲げていますね。

    それとホ・ジョンファ教授に限らず韓国の研究者一般に言えることなのですが、領域主権の存否を判断するのに法律の付属図でもない限り地図の証拠能力は無に等しいのです。これは多くの国際裁判の先例がありますので、覚えておいてもらいたいものです。つまり、日本側の資料を使って揚げ足取りのような研究をいくらやっても意味ないのです。意味のある研究をするなら、たとえば日本よりも早く朝鮮が継続的かつ平穏に国家権能の表示を伴った占有を行っていた事実を示すとかしなければならないのです。

    2010.10.14

    ReplyDelete
  49. This comment has been removed by the author.

    ReplyDelete
  50. 『週刊ポスト』(小学館)が10月29日号で5ページに渡って竹島を取り上げています。一読したところ、細かな間違いはあるものの概ねポイントを押さえたものになっています。ただし一点大きな間違いがあります。大見出しで「竹島はなぜ韓国に実効支配されてしまったのか」としているのです。竹島の現状は韓国による不法占拠とみるべきでしょう。なぜなら韓国は竹島について何ら権原(竹島領有の法的根拠)を獲得していないからです。

    1952年1月28日付の口上書で、日本政府は李承晩ラインを認めない旨通告しています。その中で竹島が日本固有の領土であるとの立場を明らかにして、韓国の領有主張に抗議しています。つまりこの日が竹島をめぐる領土紛争の決定的期日になるとみてよいでしょう。(韓国が李承晩ラインの設定を宣言した1952年1月18日を決定的期日とみる説や、サンフランシスコ講和条約が調印された1951年9月8日を決定的期日とする説もあります。)この決定的期日以降とられた領有を主張するためにとられた措置は領域主権獲得の判断材料とはされません。灯台を建立しようが、岸壁を建設しようが、ヘリポートを設置しようが、はたまた移住民を受け入れようが、それらは韓国が統治している証拠とは看做されないのです。一見韓国の支配下にあるかに見えますが、韓国は何ら権原を獲得できていません。法的権利が獲得できていないのに、どうして「実効支配している」などと言えるのでしょうか。現状では韓国は竹島を占拠しているに過ぎません。

    2010.10.20

    ReplyDelete
  51. Chaamieyさん、翻訳ありがとうございます。

    ホサカ氏の主張がどのようなものなのか知りたかったので助かりました。大いに参考になります。コメントはChaamieyさんのブログの方へさせていただきますね。

    それにしてもホサカ氏は勝手な解釈をしていますね。困ったお方だ。

    2010.10.20

    ReplyDelete
  52.  Makotoさん、どうも。ところで、Makotoさんの2010.10.13のコメントについてです。
     前原外務大臣の「国際司法裁判所に委ねたらどうかという意見もあるが、われわれの固有の領土について、第三者に判断させることはない。」は問題だとの御意見ですが、これは「国際司法裁判所に日本側から持ち込むことはしない」という意味ではないかと思うのです。そうであるならば、竹島領有権紛争と尖閣諸島付近のゴタゴタとでは日本が置かれている立場が異なるから、対応が異なっても何ら問題は無いと思います。


    2010.10.26

    ReplyDelete
  53. 韓国で10月25日は「独島の日」と宣布式、「若者に正しい歴史認識を」

    サーチナ2010/10/25

     韓国の教員団体・韓国教員団体総連合会(教総)が中心となり、25日、ソウル市内の黒石(フクソク)小学校講堂で全国の市民団体らと共同で、日韓両国が領有権を主張している竹島(韓国名・独島)について、10月25日を「独島の日」に指定する宣布式を行った。
     韓国メディアは、教総をはじめとする国内の代表的な市民団体などが、毎年10月25日を「独島の日」として定めることに、世論をはじめとして、インターネット上などで多くの賛同の声が高まっていると報じている。
     韓国では、1900年10月25日に高宗皇帝が勅令第41号を制定し、独島と鬱陵島を鬱陵郡が管轄するように公布。今年の10月25日は、独島の領有権を国際法的に確立した重要な日から110年目に当たると伝えている。
     これらの団体が「独島の日」を宣布したのは、韓国政府の抗議にもかかわらず、島根県が「竹島の日」を制定し、防衛白書や外交青書等を通じて独島領有権と表記、また日本政府が、中学校社会科教科書に独島は日本領土だと明記し、小学校社会科教科書にも独島領有権を主張するなど、一連の日本側の行動に反発する趣旨で施行したものだとみられている。
     これまで独島の日を制定しようとする動きは、民間団体が2000年に初めて提案し、鬱陵郡は実際に2008年の条例で「独島の日」を制定したことがあるが、全国的な記念日には発展しなかった。独島が韓国の大切な領土であることを国内外に明確に知らせ、学生たちに正しい歴史認識と愛国を呼び覚ますための目的であると指摘している。
     市民団体の「独島の日」宣言というニュースに、韓国内のインターネットユーザーたちも「10月25日は独島の日!すべての韓国人は覚えておこう」「参加団体がもっと多くなり、国の記念日に制定するようにしなければならない」「独島、おめでとう!」 など、賛同の声が多数上がっていると紹介されている。



    2010.10.28

    ReplyDelete
  54. chaamieyさん

    ありがとうございます。でも、それをいうなら、「石島の日」でしょうにねぇ…

    隠岐で10/23に、「竹島領有権確立運動隠岐の島町集会」がありました。私も参加してきましたので、後程レポートを掲載したいと思います。

    ReplyDelete
  55. This comment has been removed by the author.

    ReplyDelete
  56. chaamieyさん、コメントありがとうございます。

    「日本が置かれている立場が異なるから、対応が異なっても何ら問題は無い」ということも言えますが、「国際司法裁判所に日本側から持ち込むことはしない」という意味ならそう言えばよいのです。「われわれの固有の領土について、第三者に判断させることはない。」などという言動はどこぞの泥棒国家の大統領の主張と同じになってしまうのではないでしょうか。

    二重基準じゃないかなどと突っ込まれるようなことはすべきでないし、国際司法裁判所を否定するような発言もすべきではなかったと思います。領土紛争を解決する手段として武力行使が否定されている以上、外交交渉によるか、それが不調であるなら司法的な解決を目指すしかないのではないでしょうか。

    2010.10.29

    ReplyDelete
  57. makotoさん、

     大臣の言い回しには誤解されそうな部分はありますが、前置きとして、「国際司法裁判所に委ねたらどうかという意見もあるが」とあるので、多分、日本側から、という意味かと・・・・・・・。



    2010.10.30

    ReplyDelete