竹島問題の歴史

13.11.09

"Daedong Yeojido" at Univ. of Wisconsin - Milwaukee



On November 20, 2009, the Daedong Yeojido (大東輿地圖), along with other archival Korean maps and photographs, will be on display at the University of Wisconsin - Milwaukee as part of a "Korea Day Conference." The 1861 Korean map was purchased by the university in 1895 from the father of American diplomat George C. Foulk (1856 ~ 1893), who traveled around Korea in 1884 taking photographs and keeping a detailed journal. To learn more about the Korea Day Conference at the University of Wisconsin - Milwaukee and the 1861 Korean map, click HERE, HERE, and HERE.

According to THIS KOREAN ARTICLE, the University of Wisconsin - Milwaukee, the University of California - Berkeley, and Harvard University are the only universities in the United States that have complete copies of the Daedong Yeojido. The article says there are twenty-five complete copies of the map in Korea.

To see the first two horizontal sections of the huge map, click HERE.

49 comments:

  1. Hey guys,


    I just saw this article on the Chosun Ilbo:

    http://english.chosun.com/site/data/html_dir/2009/11/16/2009111600438.html

    Have you debunked this document yet?

    ReplyDelete


  2. I think we did it before, at least similar case. We can't say for sure since the image doesn't include whole information. (Could anybody show us the whole page?) However, it seems just an another stupid case of Korea's misinterpretation of territorial issue and administrative issue, since we can read Ogasawara islands and Iwo-to, and even Okinawas, all of which were peacefully returned from America after SF peace treaty. On the other hand, Takeshima is still occupied by Korean illegally.

    On January 1946, SCAPIN 677 was issued and those parts and islands were excluded from Japanese Administration. (note; not territory) That's why Japanese government had to exclude those places where the effect of the law doesn't cover. Stating "3. Takeshima" independently apart from "1. Joseon, Taiwan, Manchuria and Pacific Region" apparently strongly suggest that Japanese government considered Takeshima is the Japanese territory.

    Korean had lost all the basis for their territorial claim in 1950s, such as SCAPIN 677, Sambongdo, Usando, Ahn Young-bok, Sejong Sillok Geography text, etc... then now they must find the evidence that Japanese government had relinquished its sovereignty after the WWII. That is the only way for them to be left. I understand that, but this is extremely silly.



    The 6th item from the SCAPIN 677 cleary defines that.

    "6. Nothing in this directive shall be construed as an indication
    of Allied policy relating to the ultimate determination of the minor islands
    referred to in Article 8 of the Potsdam Declaration."

    ReplyDelete
  3. For your reference, read here.

    The 17th column “Seeking Truth Based Solely on Facts(実事求是)” by Prof. Shimojo Masao


    ”The Ordinance of Prime Minister and Cabinet Office, No.24 and the Ordinance of the Ministry of Finance, No.4 in 1951.”

    Chosun Ilbo of South Korea made a front page report "Discovery of the Japanese Ordinance Excludes Dokdo from Territory" on January 3 at the beginning of the New Year. They are "the Ordinance of Prime Minister and Cabinet office, No.24"and "Ordinance of the Ministry of Finance, No.4" in 1951, and the name of Takeshima is seen along with Ogasawara Islands and the Iwo-to islands, etc. as islands excluded from Japan.
    However, these two laws do not offer any evidences that Japanese Government excluded Takeshima from a "Japanese territory". As Yomiuri Shimbun January 7 may tell, "The laws in concern only for the range where the administrative power of Japanese Government under the occupation during that time reaches to be shown, and is not showing of the range of Japanese territory" (Northeast Asia Division) as an opinion of the Ministry of Foreign Affairs, Japanese government under the occupation of the Allied Powers army at that time in 1951 only followed the clause 3 of SCAPIN677 of General Headquarters/ Supreme Commander for the Allied Powers, which included Takeshima in "Region excluded from the range in Japan" on the administration. It was unrelated to the range in the territory as the instruction was described clearly in clause 6, "Nothing in this directive shall be construed as an indication of Allied policy relating to the ultimate determination of the minor islands referred to in Article 8 of the Potsdam Declaration."

    ReplyDelete
  4. Chosun Ilbo stretch the meaning of parts in The Ordinance of Prime Minister and Cabinet office, No.24 and the Ordinance of the Ministry of Finance, No.4, and it reported that "Japanese Ordinance Excludes Dokdo from Territory". Korea's emeritus professor 金燦奎 of 慶熙 University even made a statement which has illogical leap. He claimed "Japan recovered sovereignty by the San Francisco Peace Treaty which came into effect on April 28, 1952. TheOrdinance of Prime Minister and Cabinet office, No.24 was finally revised on July 8, 1961 and the Ordinance of the Ministry of Finance, No .4 was on June 26 , 1968. Those two laws were revised finally way after the Japanese recovery of the sovereignty. Unlike SCAPIN 677 above, Japanese government independently decided those revision without the influence of military administration. The excavation of these laws exactly make our standpoint advantageous in the Dokdo issue." ("Segye Times" Internet dated January 6 version)

    However, Mr. Kim's logic turned out to be the theory which urges Korean interpretation of SCAPIN677 actually to be corrected. Korean claim SCAPIN677 Takeshima from Japanese territory. As Prof. Kim pointed out, laws in concern originally defined the islands excluded to be (1) the Kurile (Chishima) Islands, the Habomai Island Group (including Suisho, Yuri, Aki-yuri, Shibotsu and Taraku Islands) and Shikotan island. (2)Ogasawara(Bonin) and Iwo Island Groups (3)Utsuryo (Ullung) island, Take island and Quelpart (Cheju) Island, but theordinance of Ministry of Finance no.4 which was revised on June 26, 1968 dropped "Ogasawara and Iwo Island Groups".

    It is because the day June 26, 1968 when the ordinance of Ministry of Finance no.4 was revised, is the exact day when Ogasawara Islands and the Iwo islands where the United States had been exercising the administrative right were restored to Japan. This is the concrete evidence that those islands which were excluded from Japanese sphere "on administrative purpose"by SCAPIN677 were not actually "excluded" from the territory of Japan. In fact, the area which were also defined as "excluded from Japanese sphere ", such as the Ryukyu (Nansei) Islands south of 30° North Latitude (including Kuchinoshima island), the Izu, Nanpo, Bonin (Ogasawara) and Volcano (Nazan or Iwo) Island Groups, and all other outlying Pacific Islands [including the Daito (Ohigashi or Oagari) Island Group, and Valece Vela (Okino-tori), Marcus (Minami-tori) and Sangos (Nakano-tori) Islands], were returned to Japanese administration later with some exception. Then, naturally, the remaining territorial issue becomes Northern Territories issue, which currently in dispute between Russia, the Kurile Islands, and Takeshima.

    This time, Korea's raising issue of Takeshima in two old Japanese laws actually gave us an good opportunity to confirm the fact that Takeshima in clause 3 of SCAPIN677 didn't exclude Takeshima from Japanese territory at all. Here, one of the grounds that South Korea insists on sovereignty of Takeshima disappeared once again.

    ReplyDelete
  5. That Chosun Ilbo article is much important,because it shows that Chosun Illbo is ignorant about the logic of law.



    2009.11.17

    ReplyDelete
  6. Kaneganeseさま

    今年の正月はじめ、朝鮮日報の特ダネとして、この「総理府令」「大蔵省令」発見の記事が大きく載りました。

    http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2009/01/02/2009010201336.html

    紙面は、確か1月の2日か3日だったと思います。

    この発見に、2人の人物が重要な役割を果たしたとする関連記事が4日にあります。
    そのうちの一人が柳美林氏です。

    http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2009/01/04/2009010400913.html

    いずれも、書いているのは、「ユ・ソクチェ記者 유석재 기자karma@chosun.com」。

    今回の「隠岐新報」の記事を書いたのと同じ記者です。
    http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2009/11/06/2009110601079.html

    cf
    http://dokdo-or-takeshima.blogspot.com/2009/11/1905-march-japan-officially.html

    きのう、ようやく出た朝鮮日報の日本語版によると、漢字名は、「兪碩在(ユ・ソクチェ)記者」のようです。(このリンクはいずれ切れてアーカイブ化されると思います)

    独島:日本領でないことを裏付ける資料続々(上)
    http://www.chosunonline.com/news/20091116000037
    独島:日本領でないことを裏付ける資料続々(下)
    http://www.chosunonline.com/news/20091116000038


    この兪碩在(ユ・ソクチェ)記者は、柳美林氏が朴世堂の「欝陵島」を発見したと「海洋水産動向1250号」に論文を出した時も記事を書いています。
    http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2007/12/04/2007120400027.html

    柳美林博士と兪碩在記者は、「記事ネタの提供者」と「研究者の業績のマスコミへの発表者」、の関係にあるようです。

    兪碩在記者について、「この記者の書いたほかの記事」を読むと、立派な文化記者のようなのですが、独島問題になると盲目になるようです。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    今回「発見」の1946年大蔵省告示についての日本語版記事です。

    独島:日本領でないことを示す46年大蔵省告示
    http://www.chosunonline.com/news/20091116000039

    SCAPIN677についてのKaneganeseさんの上記コメントは、まさにその通りだと思います。

    特に今回の文献について
    Stating "3. Takeshima" independently apart from "1. Joseon, Taiwan, Manchuria and Pacific Region" apparently strongly suggest that Japanese government considered Takeshima is the Japanese territory.
    はとても重要な指摘だと思います。

    「竹島」は「朝鮮」ではないことを、日本政府は1946年段階で主張しているわけで、これは逆に、すごく貴重な文献ではないかと思います。

    また「敵失」で日本の得点?

    「大蔵省告示第654号」の全文が見たいものです。

    ReplyDelete
  7. matsuさん

    ”独島問題になると盲目になるようです。”

    "モンスター"というよりこうなるともうウイルスの類でしょうかねぇ…脳に巣食う寄生虫とか。あるいはマトリックスのような薬物か。

    ”これは逆に、すごく貴重な文献ではないかと思います。”

    もっと韓国側が沢山発掘してくださるといいですね。全部表示してくれないと、自分で捜さないといけないのが難点ですが。

    ReplyDelete
  8. GTOMRさんの「1902 0624日付 皇城新聞、オットセイの生息情報」と「1902 0429 釜山の海関士彌須氏の鬱陵島報告」のコメントがどこにいったか分からなくなりました。もう一度こちらにもリンクを貼っておいてください。

    ReplyDelete
  9. Kaneganese様

    皆様;
    宜しければ、
    1902-04-29 釜山の海関士彌須氏の鬱陵島報告
    について、写経お願いいたします。

    また、

    1902.06.24日付 皇城新聞、オットセイの生息情報
    について、写経お願いいたします。
    特に、鬱陵島及??最多
    ??の部分がなんであるか教えてください。

    Anyone please type the Two Hwason simun in the above links
    Thank you.

    こちらになります。よろしくお願いいたします。

    あと、以前の疑問ですが、この龍岩谷がどのあたりにあるのか、
    ご存知の方居りましたら教えてください。

    ReplyDelete
  10. This comment has been removed by the author.

    ReplyDelete
  11. 1902-04-29 釜山の海関士彌須氏の鬱陵島報告

    昨日の深夜は開けたのですが、今朝は何故か開けません。解像度が良くないのであまり読み取れないのですが。取り敢えず分かったところだけ。(○ : 不明漢字,●: 不明ハングル)

    一段目 
    別報
     左●檗譯(?)●●●釜山海関洋員士彌須氏●鬱陵島視察報告書●●其曰子●●●経年●者●●実●観●●関係○○●●玆●○○●●●
    ◎公武五年八月本派員●與本海関○●○遣○○檜官荒●監理○○○了○○●●於釜山起程●●翌日上午七時●到鬱陵島●嶋中日本人口●○為五百五十人而○造船伐木者及び幾○舗戸●●日人等●以此嶋●認為永遠居住●●○于今七八年土着者●●毎歳自三月至六月●乗其浪息風静●●日人男女三四百名●自日本●●●地方●●来泊鬱島●●或○○或斫木●●或日人所貯材木豆黍薯蕷等物●○○○去者●絡繹云●●日本女子現居島中者●○三十二名而凡日人○○●斫伐槻木●●出資日本●●○○米壚禁酒食品●其他花木●●韓人島中●●與韓民交換雑穀●●○○○○○○製●●居島日人●有○○●●一●●●●●者●為○○●●一●●●●者●為す○頭●●二●●二○●割文繭●菰土○自○○森林●●●七月十五日●●告示韓○者●○自今●●若○日本人許可●母○○目伐木●●母得輸出一木●●若有現○○○○罰●●●●●○○○○○○○捕らえる○○者●○○●●該島●民●○禁制○力●●本派日人島時●○有一案行●○者●●○本年七月頃○

    ReplyDelete
  12. Kaneganese様
    有難うございます

    この彌須氏についてご存知の方教えてください。

    また、二段目以降の分は、かなり手抜きですが一応打ちました。

    一韓人所有新伐板木?枝日人>出
    ??見懲罰>三萬五千文>>>>又一
    韓人?於其所居地内>伐倒一木>
    ??為人告>>>亦懲罰>三萬文
    ??皆係的實?件??島中日人>
    伐伐材木>>都無認状>>且材穀
    各種輸出入>>亦無税金>>>季
    周?監管>島>己経六年>>
    島監?因材木還推>>>>発往>>
    時>島人?祥日>乗島監不在>>
    詐称>理>>勅討>>於輪出入物
    品云>>>只米>酒若千><路而己

    ?嶋民居韓民?各至三千口??
    農民之為活??米布>酒等??皆以
    土産豆麦薯?交易於日人??或
    出口消賃於?港>>>>嶋東小湾
    岸上?居生日人之板屋??略五一戸
    ?方新>者>亦多>>沿岸?亦有
    日人四五村落??本嶋>因?撃?
    ?XX能詳?其戸数??嶋人中有
    ?敬重>村?田十能者三人?最奸
    猪????飲民?在??又揚言各
    村?釜山監理?子玄尚儘???要
    職??云自政府里派遣??姜永佑
    ??一鹿島中現???能免??

    ??皆自釜港日領館??領有官許
    者成?又有乾鰒参?黄豆三百石
    及雀?等吻?皆将輸出者成?環嶋
    海水??深??如?合港湾者?絶
    無??海岸則四面開潤??但有三
    処小湾??輸船?可得停泊X?嶋
    中処処??有韓人田土??全嶋
    ?森林?尚目望之鬱葱X????

    西暦一千九百一年八月二十日
     海関派員氏彌須

    ReplyDelete
  13. 二段目(解読出来なかったところが多かったです。)

    韓人所有新斫板木●被●人致出●●見懲罰●三萬五千文●●又一韓人●於其の○居地内●斫倒一木●●●為人告●●●亦懲罰金参萬亦●●皆係的実●件●●島中日人●斫伐材木斫斫都無認状斫斫且材穀各種輸出入●●亦無税金●●裵季周裵季周監管●島●巳○六年而○○○島監●因材木還推●●●○往○○時●島人呉詳日●乗島監不在●●詐称●理●●勒討○○於輸出入物品云●●只是米塩○若干○賂○巳●島居韓民●畧至三千口●●佃戸農氓之為活○●米布○酒等●皆以土産豆黍薯蕷●交易於日人●●或出口消す○於○湊●●●●島東小湾岸上●居生日人之舞う○●略五一戸●方新○○●亦多○●沿岸●亦有日民四五村落●●亦●●因○○●●●米能○○其戸数●○嶋人中有金敬思い○○○田士能者三人●○奸○○○●●○民○材●●亦揚○各村○釜山監理○子玄尚健●○○要○○●云自政府●○○建○○○佑●●一○島中○○●○○○○●●○不○島監●●姿観○●所○○○●●萬○●当自民間損○○○●●○○●或被其○○●●○行く○○○云●●本員到尚●●有○○○十六隻●碇泊○○●●○○○○○○○載木材●●準備○○○○○○○○●髯有●百介堅微○○○○○●●最或十尺二十尺所○○○○○○○●●●漁量七隻●○○○○○三隻

    ReplyDelete
  14. ↑ 重なりましたね。あとでチェックします。

    ReplyDelete
  15. 1903.0720 皇城新聞 鬱島形便

    鬱島形便
    鬱島群守沈與 氏
    赴>>後>>内>>>>>大>人
    民>>>郡形健>略>>>>>
    報告>>>>>>疆彼>>>、>>
    墾為農>>排結>>定>>>>
    耕>不可>>>>?民>決定>
    毎一戸?牟五斗三升大麦斗??
    春秋?分>取る>>排定>>>
    >合>宣>>>>経費>>>>
    大税厨>>>>>>>>>>>>
    >十>>>>分>>>>>>>>
    >>五百戸>>>道洞>>>>>
    人民>往>>>>泊>>>>>>
    >一>>>>>今日>>至>>>
    三百之多>>彼>>>>>>>

    こっちも全然読めません。

    ReplyDelete
  16. 1902 0624日付 皇城新聞、オットセイの生息情報

    韓海膃肭臍(オットセイ) 朝鮮新報○○○○咸鏡道沿岸●膃肭臍●遊泳●●●見●●昨年●報効教会●報効丸?盛岡市盛漁社●天○丸●○●試?●結果●●猟場●区域●咸鏡道?岸一帯●●○●江原道鬱陵島○?●及●●最多●所●○津港●距●七十海里●其次●新浦港●距●三十五海里●元来膃肭臍膃肭臍●華氏四十四度●温度●有海中●遊泳?●●則

    ちょっと途中ですが外出するので一旦投稿します。夜帰宅してからつづきをやります。

    ReplyDelete
  17. Kaneganese. the Potsdam Declaration and the Japan Peace Treaty (which Japan was signatory to) excluded Dokdo Takeshima from Japan's territory. This was reiterated by Dulles, who helped draft and also signed the Japan Peace Treaty.

    Dulles stated:

    “…What is the territory of Japanese sovereignty? Chapter II deals with that. Japan formally ratifies the territorial provisions of the Potsdam Surrender Terms, provisions which, so far as Japan is concerned, were actually carried into effect 6 years ago.”…The Potsdam Surrender Terms constitute the only definition of peace terms to which, and by which, Japan and the Allied Powers as a whole are bound. There have been some private understandings between some Allied Governments; but by these Japan was not bound, nor were other Allies bound. Therefore, the treaty embodies article 8 of the Surrender Terms which provided that Japanese sovereignty should be limited to Honshu, Hokkaido, Kyushu, Shikoku and some minor islands. The renunciations contained in article 2 of chapter II strictly and scrupulously conform to that surrender term...."

    About territories that were not mentioned or resolved by the Japan Peace Treaty, Dulles made it clear other methods outside of the treaty could be used to solve the Dokdo Takeshima issue.

    Dulles stated:

    Some Allied Powers suggested that article 2 should not merely delimit Japanese sovereignty according to Potsdam, but specify precisely the ultimate disposition of each of the ex-Japanese territories. This, admittedly, would have been neater. But it would have raised questions as to which there are now no agreed answers. We had either to give Japan peace on the Potsdam Surrender Terms or deny peace to Japan while the Allies quarrel about what shall be done with what Japan is prepared, and required, to give up. Clearly, the wise course was to proceed now, so far as Japan is concerned, leaving the future to resolve doubts by invoking international solvents other than this treaty..."

    Kaneganese Your comparison about Marcus Island and the Ogasarawas means nothing. The fate of these islands was clarified in Article 3 of the Japan Peace Treaty. Unlike Dokdo, Japan retained residual sovereignty over the aforementioned islands.

    The Japan Peace Treaty's Article 3 states:

    Japan will concur in any proposal of the United States to the United Nations to place under its trusteeship system, with the United States as the sole administering authority, Nansei Shoto south of 29deg. north latitude (including the Ryukyu Islands and the Daito Islands), Nanpo Shoto south of Sofu Gan (including the Bonin Islands, Rosario Island and the Volcano Islands) and Parece Vela and Marcus Island. Pending the making of such a proposal and affirmative action thereon, the United States will have the right to exercise all and any powers of administration, legislation and jurisdiction over the territory and inhabitants of these islands, including their territorial waters.

    Finally American Military Maps of Japan and Korea speak the truth. Japan did not retain sovereignty over Dokdo Takeshima after the Japan Peace Treaty in the eyes of America.

    Please check these maps. The U.S. did not support Japan’s title to Dokdo at all.

    http://dokdo-takeshima.com/US-Army-COE-1953-1.jpg
    http://dokdo-takeshima.com/US-Army-COE-tottori-1953-1.jpg
    http://dokdo-takeshima.com/US-Army-COE-matsue-1953-1.jpg
    http://dokdo-takeshima.com/US-Army-COE-ulleungdo-1953-1.jpg

    As shown, regarding Dokdo Takeshima, the U.S. Gov't took a neutral stance. The problem is, Japan was signatory and bound to her terms of surrender because the Japan Peace Treaty was based on Potsdam as stated by Dulles himself. Japan could not regain sovereignty over Dokdo Takeshima without explicit instructions from Allied Command.

    The Republic of Korea was within her rights to incorporate Dokdo into her territory and Japan is powerless to dispute this.

    ReplyDelete
  18. 1902 0624日付 皇城新聞、オットセイの生息情報

    韓海膃肭臍(オットセイ) 朝鮮新報○○○○咸鏡道沿岸●膃肭臍●遊泳●●●見●●昨年●報効教会●報効丸?盛岡市盛漁社●天○丸●○●試?●結果●●猟場●区域●咸鏡道?岸一帯●●○●江原道鬱陵島○?●及●●最多●所●○津港●距●七十海里●其次●新浦港●距●三十五海里●元来膃肭臍●華氏四十四度●温度●有海中●遊泳??●●則咸鏡道沿岸●猟期●三月●●五月○●三個月間●●○○●●種類●咸鏡道沿岸咸鏡道沿岸遊泳咸鏡道沿岸咸鏡道沿岸物咸鏡道沿岸日本北海道近海●膃肭臍●比●●○体躯介○大●者●多●●●●年●出猟●日本船●総数十六隻●●美船●三隻●●本年●天○丸●焼津港近海●●四月二十日頃●●五月十九日○●百九頭●捕獲●●●●本年●海上風波●荒●●凡三十日間●実際漁業●日●数日●不過●●百九頭中七十余頭●●●二日間●捕獲●●●●日本漁船●本年●捕獲●総数○○●●
    風波●妨○●●●●●●●一隻●平均百三十頭●●●総計二千二三百頭●達●●●●毎常○○●●●●○○●●平均価格●七十八弗(一弗二元)内●●●●○○○●大略十八万四千弗内外●●●

    ReplyDelete
  19. 鬱島形便  鬱島郡守沈興澤氏が
    赴任した後に○内に躳行して大○人
    民と鬱郡形便を略挙して○○へ
    報し○○○疆彼○○○○○○起
    墾為農○○排結が定○○○○
    耕に不可○○○○○民○決定し
    毎一戸に牟五斗三升大五斗三升ずつ
    春秋に分○収○し排定○○○○○
    尤合便宜であり○○経費○○○○
    大税中○○○○○○○○○○○○
    十○○○○分○○○○○○○○
    が○五百戸で○○道洞は○○○○○
    人民○往と船貨○泊○○○○○○○
    ○ 一○○○○○今日○○至○○○
    三戸之○し彼○○○○○○○
    ○○○○○○○○○○○○○○
    ○○○○○○○○○○○○○○
    下○○○○○○



     

     2009.11.19

    ReplyDelete
  20. 韓海膃肭臍(オットセイ) 朝鮮新報によれば、
    咸鏡道沿岸に膃肭臍が遊泳するを
    見るのは昨年に報効○○の報効丸と
    盛岡市盛漁社の天祐丸○○○試○
    した結果○○猟場の区域は咸鏡道沿
    岸一帯から南は江原道鬱陵島附近
    に及び最多の所は臨津港を距たる
    七十海里で其次は新浦港を距たる三
    十五海里○○元来膃肭臍は華氏四十
    四度の温度を有する海中に遊泳するも
    ので則ち咸鏡道沿岸の猟期は三月か
    ら五月まで三個月間○○○○○
    常に韃靼海峡へ○○○○○進し
    種類は咸鏡道沿岸に遊泳する○○
    日本北海道近海の膃肭臍に比べて
    体躯がやや大なる者多○○○○年に
    出猟した日本船は総数十六隻でア
    メリカ船は三隻○○本年○天祐丸○○津
    港近海にて四月二十日頃から五月
    十九日まで百九頭を捕獲したが
    本年は海上風波が荒く凡そ三十日
    間に実際漁業した日は数日に過ぎ
    ず百九頭中七十余頭○○○二日間
    に捕獲したという。日本漁船○本年に
    捕獲した○数は○○○○風波に妨碍
    されたものの一隻の平均百三十
    頭となり総計二千二、三百頭に達した
    が●●●●毎常塩漬けした後に英京ロンドンへ
    輸送し同地にて販売するが一頭
    の平均価格●七十八弗(一弗二
    元)内外で○○○○○格○大略十八万
    四千弗内外という。



    2009.11.20

    ReplyDelete
  21. chaamiey様 Kaneganese様

    有難うございました。
    該当記事の中に、りゃんこ関係の記述が無い事がはっきりしました。

    ReplyDelete
  22. 1903.0720 皇城新聞 鬱島形便

    が気になりますね。鬱陵島の調査はよくやっていたようですが、1906年にもやっていることを考えると、定期的だったのでしょうか。島司が派遣された時に行うものだったのでしょうか。新聞報道で色々分かりますが、当時の大韓帝国政府の資料を丁寧に当たる必要がありますね。

    ReplyDelete
  23. 鬱島沿革始末がありましたので載っけておきます。
    1903.12.10.皇城新聞 論說鬱島沿革始末http://www.mediagaon.or.kr/jsp/search/SearchGoNewsCondition.jsp?id=HSS19031210_ITEM_014
    論說
    鬱島沿革始末
    ◎鬱島者난 我蔚珍東海中小島也니 新羅時에 始發現者也라 三國史에 云 新羅智證麻立干十三年에 于山國이 歸服하야 歲以土宜도 爲貢이라 하고 又云 于山國은 在溟州正東海島니 或 名鬱陵島라 하고 又云 何瑟羅州(今江陵)軍主異斯夫ㅣ 謀並于山國 謂其國人이 愚悍하야 可以計服이라 하고 乃多造木獅子하야 分載戰船하고 抵其島誑之曰 汝若不服이면 放此獸踏殺之라 한 其人이 懼乃降이라 하니 此ㅣ 鬱島歸服之始也라 高麗史太祖十三年에 島人白吉土豆ㅣ 獻方物이라 하고 毅宗時에 遣金柔立하야 往視島中한 回奏言島中에 有大山村落基址하며 或 有石佛 石塔 鍾鐵 等하고 多生柴胡 石楠 藁本草라 하더니 其後崔忠獻이 議以東郡民으로 實之라가 因風濤하야 復還本居라 하니 然則 該島之空無居人은 已自毅宗時 故로 欲移民實之而不果者也라 又按麗史에 云女眞人이 常乘船寇鈔芋陵諸島라 하니 芋陵者난 卽鬱陵而意者當時北界女眞이 每寇掠該島 故로 因而曠廢者也라 麗季에 倭入漁採者ㅣ 每歲到鬱陵島라 하고 其後에 未有聞焉이러니 國朝太宗時에 聞流民이 逃其島하고 命三陟人 金麟雨하야 刷出하고 空其地러니 至世宗二十年에 遣萬戶 南顥하야 率數百人하고 往搜逋民 盡俘 金丸 等 七十人而還하고 成宗二年에 遣朴元宗하야 覔三峰嶋하다가 因風波하야 只取大竹 大鰒而還하고 自是以後난 每三年에 一送人審視호 官給斧 十五하야 伐其竹及木하고 又采土物納于朝하야 以爲信하니 三陟營將과 越松萬戶가 每遞入焉이라 寶鑑에 云肅宗二十八年五月에 三陟營將 李浚明과 譯官 崔再弘이 還自鬱陵嶋야 獻其圖形及紫檀香, 靑竹, 石間朱, 魚皮 等物니 盖鬱陵嶋에 間二年 使邊將으로 輪回搜討가 已有定式而今年은 三陟이 當差 故로 浚明이 乘船于蔚珍竹邊鎭야 兩晝夜而還歸라 고 又英祖十一年에 江原監司 趙最壽가 啓言鬱陵嶋에 每三年一搜討而今年은 歉荒니 請停其搜討라 야 上이 以問筵臣신 對曰 往在丁丑에 倭人이 來請此嶋 故로 朝家ㅣ 特送張漢相야 圖形以來니 盖地廣土沃에 有人居舊址고 其西에 又有于山嶋야 亦甚廣濶 故로 朝家遂定三年一搜之法하야 至今遵行이라 한 上이 遂命搜討하시니라 盖自廟朝世宗朝以來로 空其地하고 久無居民이러나 自近三四十年來로 因連年飢饉하야 各道男女流伊入居者ㅣ 漸繁하야 其設監 設郡之事 已記於前後本報之中 故로 煩不疊錄하노라
    輿地勝覽에 云鬱陵島一名은 武陵이오 又云 羽陵이니 在鬱珍正東海中하야 地方百里오 土地饒沃하야 竹大如杠하며 鼠大如猫하며 桃核大如升하고 島有三峰이 撑空이니 風日晴朗則 峰頭樹木과 山根沙渚를 歷歷可見이니 二日에 可到라 하고 文獻備考에 云 鬱陵島에 産藤艸 香木하며 蘆竹이 多合抱者하야 蘆實 桃核가 大可爲盃升이라 하고 又云 鬱陵島海中에 有獸하니 牛形赤眸無角이오 羣臥海岸이라가 見人獨行이면 害之하고 遇人多하면 赴入水하니 名曰 可之라 하니 冷齋 柳◈恭詩所謂 惟見可之登岸臥하고 更無獅子撲人來之句가 是也라 又安順庵 鼎福地理考濊考에 曰 周書에 云濊人前兒난 若獼猴立行하고 聲如小兒라 하니 今鬱陵嶋에 有嘉支魚하니 無鱗하고 穴居巖磧며 有尾四足而後足이 短야 陸不善走고 水行如飛며 聲如嬰兒고 脂可燃燈니 或 是歟아 니라

    ReplyDelete
  24. 1903.0720 皇城新聞 鬱島形便ですが、これもありましたので写しておきます。
    http://www.mediagaon.or.kr/jsp/search/SearchGoNewsCondition.jsp?id=HSS19030720_ITEM_018

    ⊙鬱島形便
    鬱島郡守 沈興澤氏가 赴任한 後에 境內에 躳行하야 大會人民하고 設郡形便을 略擧하야 內部에 報하얏난 此彊彼處를 勿論하고 起墾爲農인 則 排結이 難定이나 國土起耕에 不可無稅키로 從民願決定하고 每一戶에 牟 五斗三升 太 五斗三升式 春秋에 分等收捧하야 排定年俸이 允合便宜이고 諸般經費난 採藿稅出太稅中으로 隨捧補用이고 郡內坊曲은 十五洞인데 分爲東西北面而實戶가 五百戶오 其中 道洞은 郡中要路오 人民來往과 船隻駐泊에 最爲方便하야 一郡會所오 現今 日商이 至爲六十三戶之多하고 彼警務補가 駐在道洞浦하야 逐日交涉인 則 郡廳을 占定此地하스니 官舍建築費 限二千元劃下하라 하얏더라

    ReplyDelete
  25. 1903.12.10.皇城新聞 論說鬱島沿革始末

    これ、面白すぎますね。一瞬韓国政府への反論かと思ったくらい見事に論駁(?)していますね。

    ReplyDelete
  26. 1905.09.27.皇城新聞 鬱陵島 寄稿 翠心生https://search.i815.or.kr/ImageViewer/ImageViewer.jsp?tid=ns&id=HS1905092703

    鬱陵島嘔心生
    ●鬱陵島一幅은 堂堂大韓國版圖內之舊山川이라 昭然有可證於數千年歷史上者니 一白一黑이 豈局外爛柯者와 所可窺哉리오 槪言其沿革인 漢班固 博物志에 有曰 渤海之東朝鮮海中에 有一島國하니 其名曰 于山이라 多禽獸之怪者라 하니 是島之在朝鮮海中이 昭然有可證이오
    三國史에 曰 新羅智證麻王十三年에 使異斯夫로 爲阿瑟那軍主謀하야 伐于山國 降之하야 歲以土宜로 爲貢으라 하니 是島之歸服이 昭然有可證이오
    三韓綱目에 曰 于山國은 在溟州[江陵]正東海島니 或 名鬱陵島라 島民이 附庸於溟州하야 歲獻土物이라 하니 是島之入貢이 昭然有可證이오
    輿地勝覽에 曰 鬱陵島 一曰 武陵이오 又云 羽陵이라 在朝鮮蔚珍縣正東海中이니 地方百里오 土地饒沃이라 니 是島之隷屬於朝鮮海面이 昭然有可證이오
    本朝野史에 曰 世宗二十六年에 遣萬戶 南顥하야 擦捕俘虜 金丸 等 七十餘人而還하야 慮其爲亂而遂空其地하니 是島之入于朝鮮版圖가 昭然有可證이오
    文獻備考에 曰 鬱陵島 産藁本, 柴胡, 石楠藤, 諸藥草及諸香木하며 蘆竹이 多合抱者하고 芦實 桃核가 大可爲杯升하니 本朝에 刷出逃民하고 空其地야 每三年에 一送審視官니 月松萬戶三陟營將이 遞入焉일 官給斧子 十五하야 伐其竹若木하며 幷采土物야 納于朝以爲信이라 하니 是島之五百年保管이 昭然有可證이오
    二十一都懷古詩集에 曰 于山國은 卽新羅之歸服者라 며 盡述其事而註之하니 正廟朝柳得恭惠風이 有于山詩曰「春風五兩邏帆迴 海上桃花寂寞開 唯見可之登岸臥 更無獅子撲人來」註曰 鬱陵島海中有獸形赤眸無角臥海岸見人獨行害之라 며 又曰 異斯夫伐之不服乃造木爲獅子載船告之曰 汝若不服放此獸蹈殺之其人恐懼而降이라 니 是島之入於二十一故都之事蹟이 昭然有可證이오 當宁二十年癸未에 裴季周 崔秉麟 等이 率同志者 十六家고 入于此島야 開拓山林하며 起墾土地하야 居人이 日增하니 聞于政府라 政府ㅣ 以裴季周로 爲島監고 崔秉麟으로 爲視察하야 鎭撫勞來하니 此島之爲朝鮮人開拓이 昭然有可證이오
    光武六年에 皇上陛下勅命內部사 以鬱陵島로 爲鬱陵郡하라 하시고 裴季周로 陞郡守러니 今沈興澤이 現任之郡守也니 是島之爲郡縣이 昭然有可證이라 [未完]

    1905.09.28.皇城新聞 鬱陵島 寄稿 翠心生https://search.i815.or.kr/ImageViewer/ImageViewer.jsp?tid=ns&id=HS1905092803
    1905.09.27の続編

    鬱陵島嘔心生 [續]
    一片孤島가 縹紗在海中이나 六鰲가 不可負矣오 一鳥가 不可翳矣어 昭然有可證者ㅣ 非但 班班可攷於數千年歷史上이라 炯然在目 於一世之人者를 不意今者所謂 大東報記事에 有曰 日本海中에 豐饒로 有名 鬱陵島 自日本人開拓以後로 日人戶口가 每月增加라 하니 豈有如此可驚可愕可痛可怪之發于言紀于事者乎아 如此千不當萬不近之說로 肆然揭載於新聞紙上하야 沒頭撤尾하고 若八風鬼露臉하야 歸之於日本之原有地然하니 以一隻之手로 其可以掩得天下之目哉리오마
    聞此報者ㅣ 孰不髮竪膽掉哉아 但 處於政府之上者ㅣ 視若不見고 閣之尋常하야 已經數日에 一無質問之端하며 又無正誤之擧하니 顧此無責任之政府 全幅金甌를 付之壑舟라도 猶所甘心이니 不足責備어니와
    至若有國民思想者 不可結舌而緘口者라 據此一縷之萌而安知他日에 作成重大之一大問題乎리오
    日本은 以善隣之高義로 韓國之領土保全을 不啻若歃血共盟이라 旣爲聲明於萬國者니 豈可以尺寸之土로 遽歸於己有也리오 噫彼一種齷齪之新聞記者가 縱發妄言於造次之間이라도 若將有害於善隣之高義면 必有取消之處分이오 記者ㅣ 若有一時之誤筆이라도 必飜然是正하야 以謝友國之人民矣리니 第待數日之自悟自覺이어니와
    鯫生이 腔血所激에 不可泯墨하야 警其大東記者之誤노니 若或 未正其誤하고 一向固執其迷면 爲韓國人者 盟天誓地하고 更不購讀大東新報矣리니 一言斷案야 爲我韓同胞一告之하며 又告我靑年會同志者노라 [完]

    ReplyDelete
  27. Thanks for the great links, GTOMR. The site's copies of the 皇城新聞 are much clearer.

    ReplyDelete
  28. GTOMRさん

    またまた、すごいですね。

    1903.720皇城新聞 鬱島形便

    郡內坊曲은 十五洞인데 分爲東西北面
    と、このとき、「東・西・北」面と3面制をとっていることが確認できます。

    これは、まあそれとして、
    1905.09.27.皇城新聞 鬱陵島 寄稿 翠心生または嘔心生
    ですが、これまたすごい。

    この「寄稿者」は、「大東新聞」の記事を見て
    鬱陵島は 日本人開拓より以後に 日人の戶口が每月增加しているというが、
    可驚可愕可痛可怪ではないか、と言ったあとに、
    このままでは「歸之於日本之原有地」、日本にとられるぞ、と言って怒っている。

    さらに、
    日本は、「以善隣之高義」と言い 「韓國之領土保全」と言っているのに、
    「尺寸之土」をもって、「遽歸於己有也」 自分のものにしようとしている。
    これでいいのか!と言って怒っています。


    ところが、
    この9月27日という日付は、もう竹島の領土編入後ですが、
    ここで「怒り」の対象になっているのは、あくまでも「鬱陵島」なのであって、
    ここには「獨島」も「石島」も「りゃんこ島」も出てこない。

    すなわち、この1905年9月27日の時点において、「獨島を日本にとられた」という認識は、全く無かったことが証明できる史料ではないかと思います。

    ホントに、すごい。

    ReplyDelete
  29. やや、言葉が足らなかったですが、
    このときは、もう日本海海戦のあとで、「秘密」はとけていたと思います。
    「竹島」=リアンコールロックスの編入はあっても、それは「鬱陵島」とは関係がない、という認識だと思います。

    ReplyDelete
  30. もうひとつ、

    光武六年에 皇上陛下勅命內部□사 以鬱陵島로 爲鬱陵郡하라 하시고

    光武6年は、1902年です。
    郡に昇格したのは1900年ですが、その年を、この人は知らないようです。

    ReplyDelete
  31. matsuさん
    "このときは、もう日本海海戦のあとで、「秘密」はとけていたと思います。"

    1905年(明治38)6月5日付の『東京朝日新聞』に掲載されていたのですから「秘密」なわけないでてすよ。抗議しようと思えば、ここで抗議できますね。でも実際は……。

    それでも韓国側の論者は「日本がこっそり編入したから気がつかなかった」などと言い張るのでしょうね。

    2009.11.21

    ReplyDelete
  32. どなたか

    獨立新聞
    大韓毎日新報
    (要は皇城新聞以外)
    まとめてよめるWebsiteまたはListあったら教えてください。

    ReplyDelete
  33. 1903.7.20 皇城新聞「鬱島形便」


    ⊙鬱島形便(仮訳)
      鬱島郡守沈興澤氏が赴任した後に管内へ自ら赴き大會人民と設郡形便を略擧して內部へ報告したところでは、此彊彼處は勿論、起墾して農をなすため等級が定め難いが、国土を起耕するに無稅は不可のため從民願決定し、各戸ごとに麦五斗三升太五斗三升ずつ春秋に分等收捧し排定年俸することがもっとも便宜に合い、諸般の経費は採藿稅出太稅中から隨時用立てる。郡內村落は15洞に分けて東西北面となす。戸数は500戸で、そのうち道洞は郡中の要路で、人民の往来と船隻駐泊に最も便利で郡の取引所となっており、現在日本商人は63戸の多きを数え、日本の警務補が道洞浦に駐在し日常の交涉にあたっている。郡庁をこの地に置くこととし、官舍建築費二千ウォンを求めたという。




     ↑ かなり推測まじりの翻訳で、あやしいところが多々ありますが、大体こんな感じかなあ・・・・。



    2009.11.21

    ReplyDelete
  34. 『大東新報』は菊池謙譲が創刊した新聞のようです。

    以下引用 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    http://www.perikansha.co.jp/html/0826-8.html
    大院君伝―菊地謙譲(国民新聞特派員、「漢城新報」「大東新報」創刊)著、明治43年刊。大院君を朝鮮外交史、近世史の中心として編述し併せて王妃、国王の性格及びその行動等をも詳細に記述。『近代朝鮮史』と並ぶ著者の代表作。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(引用終わり)

    「菊池謙譲」(きくち けんじょう)(1870~1953)と出ています。国会図書館の著者名としては、菊地でなく菊池。閔妃殺害に関わった人物として有名ですが、昭和28年まで生きていたんですね。

    再び引用
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    http://ir.u-gakugei.ac.jp/bitstream/2309/65551/2/18804314-58-07.pdf

    95p~96p
    日露戦争直後の1904年4月18日に発行人村崎重太郎、編集人衛藤俊彦の名で『大東新報』が創刊された。しかし、実際所有主は菊池謙譲であった。菊池謙譲は、『国民新聞』の記者として日清戦争が起きた時、取材のため朝鮮にきて王妃殺害事件に加担した事で日本に追放された。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(引用終わり)


    この「大東新報」は、ソウルで出ていたのでしょうか。
    日本語新聞だったのでしょうか。
    国漢文新聞(漢字ハングルまじり新聞)だったのでしょうか。
    少なくとも、「寄稿者」は、この新聞を読めたようです。

    この「大東新報」には、ほかにも当時の鬱陵島に関する記事があるのではないか、とも思われます。はたして、現物は残っているんでしょうか?

    日本語で記事が書いてあるとすると、
    ひょっとしたら「竹島編入」の記事もあったりして・・・。


    さらに前掲サイトの論文から引用
    ・・・・・・・・・・・・・・・・
    96p
    伊藤博文は、1906年9月1日、『漢城新報』と『大東新報』を統合して統監府の機関紙で日本語版の『京城日報』を創刊し、本格的な植民地の統治機関紙つぃての役割を行った。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    すなわち『大東新報』は、1904年4月18日から1906年9月1日までしか存在しないのですね。

    参考
    95p
    『漢城新報』はタブロイド2倍版で、1~2面は朝鮮語、3~4面は日本語を使って隔日発行となった。

    ReplyDelete
  35. 大韓帝国時代のソウルで日本人居留民向けの新聞として『京城新報』が発行されていたとのこと。これに竹島編入の記事が第二次日韓協約以前に掲載されていたなら、「秘密裏に編入したから無効」とする韓国側の主張に反証を提示できるのですが……。

    新聞ということでは、『大韓毎日申報』ですけれども、朝鮮人による発行かと思ったら違うんですね。イギリス人のベッセルという男なんだそうです。彼を中心として朝鮮の反日勢力とが結びついて言論活動を展開したもののようです。このベッセルという男「ハーグ密使事件」にも関与していたそうで、使者の一人の死を自決によるものと捏造報道したとされているとか。1906年春、日本の竹島編入を批判する記事を掲載していますが、その記事は事実を書いたというよりもプロパガンダであったと見た方がよいのかもしれません。

    ReplyDelete
  36. 翻訳1件アップ

    米演習機投弾? 独島事件現在調査中
    東亜日報 1948.6.15



    米演習機投弾?
    独島事件現在調査中
    東亜日報 1948.6.15

    (東京14日発UP朝鮮)
      13日は日曜日であったため、米国極東航空隊から朝鮮東海岸遠方の日本海中における朝鮮漁船爆撃に対する責任を決定するには支障があった。
      朝鮮警察側が9機のアメリカ四発飛行機が11隻の朝鮮漁船を爆撃し14名の死者を出したと判断している地域では、去る8日に米航空部隊が高空において爆撃演習を行ったことがあるという。
      爆撃機乗務員が演習中に撮影した写真が東京に到着し、最高航空当局は、朝鮮人漁夫たちを故意に攻撃したのか否か判断するためにこれらを分析することになった。しかし、当局では、アメリカ演習部隊が日本のどの基地から出動したのかは明らかにしていない。  この事件についての判断は14日に下されるものと見られる。

    (翻訳ここまで)






    「日本海中」(일본해중)と書いてある・・・・
    「日本海中」(일본해중)と書いてある・・・・
    「日本海中」(일본해중)と書いてある・・・・
    「日本海中」(일본해중)と書いてある・・・・




    2009.11.22

    ReplyDelete
  37. 「北面」や「南面」をめぐって議論していたのは、この4月ごろだったように思います。

    http://dokdo-or-takeshima.blogspot.com/2009/04/1934-jan-30-maeil-sinbo-article-on.html

    http://dokdo-or-takeshima.blogspot.com/2009/04/18th-column-seeking-truth-based-solely.html

    ところで、いわゆる「3面」は、「北面」「西面」「南面」だったと思いますが、ここに出てくる「東面」というのは初めてですね。のちの「鬱陵邑」につながる「南面」を、「東面」とよんだことがあるのか、それとも皇城新聞のこの記事が、単なる誤植なんでしょうか。

    ところで当時GTOMRさんのコメントで紹介された資料によれば、
    1903年8月10日の皇城新聞の資料では15洞になっているようです。
    鬱陵島の戸数500戸はかわらず、日本人の63戸もかわらず、ですね。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    1903.08.10.皇城新聞, 雜報 鬱島報告
    鬱島郡守 沈興澤氏가 內部에 報告하되 該島居民이 各處에 居하야 十五洞이오 戶數난 五百戶이고 所産之物은 麥太甘藿이라. 其○○組織하난 節次난 人民의 方便을 隨하야 磨鍊하려니와 在鄕 各浦에 在한 日人이 六十三戶인  日日伐木이 無限故로 郡守가 來駐하난 日檢을 請하야 談辦하기를 外國人이 內地에 入하야 材木을 伐去이 當初不法일더러 今己設部하얏슨 則 鬱島郡守의 管轄하난바 已往事난 勿論하고 玆今以後로난 不可伐木이오 ○○도亦嚴禁하라한즉 日巡査言內에 此島內에 伐木이 已過數十年이오 又貴政府와 日公使가 交涉하야 ○○○○가 無한즉 巡査난 不能禁斷이라하니 日公使에게 照會하야 妥商하라하얏더라.
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    1903年の段階で「鬱島郡守 沈興澤氏」は、日本の警察といろいろやり取りしているようです。(日本の警察署は、もう道洞にありました。)

    当時、鬱陵島民や日本人とのさまざまな軋轢や問題処理に当たって、大韓帝国の「鬱島郡役所」と、日本側の「鬱陵島駐在警察」のあいだでは、日頃から相当な「おつきあい」があったのだろうとおもいます。鬱陵島に派遣されていた日本人警察官は、当然、ある程度、韓語が出来たと思います。

    くだって、1905年2月段階(すなわち竹島の編入段階)では、鬱島郡の郡役所はすでに台霞から道洞に移ってきていて、沈興澤氏も道洞にいたわけですが、
    道洞にある日本の鬱陵島駐在警察には、当然、「竹島の編入」の情報は入ってきていたはずです。

    おそらく毎日のように顔をつきあわせて挨拶もしていたであろう両国政府の地元の出先機関同士のこうした関係の中で、「竹島の日本領土編入」という情報は、果たして沈興澤氏に対して「秘密」であったのかどうか?

    私は、かなり早い段階から、沈興澤は、竹島の日本領土編入を知っていたのではないかと思います。その情報源は、あるいは鬱陵島在住の韓国人だったのかもしれませんが。

    知っていて、なぜ1906年に島根県一行が来るまで報告を上げていないのか?

    それは、竹島(当時は、韓人にとって、もう独島でした)が、勅令41号にいう石島=韓国領土だ、とは思っていなかったから、ではないでしょうか?

    ではなぜ、島根県一行が来たときには、報告を上げたのか?

    行政の正式な責任者が、警察や、税務署や、議員や医者まで同行して、「鬱陵島」のあれこれを調査していったことに、「鬱陵島を取られる」という危機感が一挙に増して、これは報告を上げないとまずい、という判断を沈興澤がしたからではないでしょうか?

    このあたりの事情は、下條正男教授が、すでに
    『大東新報』の記事「鬱島の盛況」の紹介も含めて、
    『「竹島」その歴史と領土問題』(107p)(2005年3月19日発行、竹島・北方領土返還要求運動島根県会議)で指摘していました。

    ここで下條教授は、1905年9月22日と24日付の『大韓毎日申報』を紹介していますが、一次資料のそのままの表示はありません。

    ReplyDelete
  38. 1900.08.韓海漁業視察復命書 〔佐賀〕:佐賀県内務部,明33.8 復命者:原英一郎
    朝鮮遠海漁場図 竹島(Argonaut)+松島蔚陵島
    http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40063847&VOL_NUM=00000&KOMA=5&ITYPE=0 

    ReplyDelete
  39. 翻訳1件アップ

    一大水産場化した「独島」
    既に「ワカメ」、「貝」など億台漁獲
    東亜日報 1952.7.10



    一大水産場化した「独島」
    既に「ワカメ」、「貝」など億台漁獲
    東亜日報 1952.7.10 (翻訳未完)

      最近、鬱陵島から○○警備員が政府に送って来た報告によれば、ワカメ、貝などが無尽蔵にあり、○○○○既に一億ウォン以上の○○に達する漁獲を○○しており、今後三ヶ月間は○○○○が中心となる見込みで、一般の期待は○○○○。なお、先般の爆撃事件後、○○○慰霊碑と我が領土であることを示す南面道洞という標柱もそのまま立っている。

    (翻訳ここまで)




      この時点で、韓国から見て、法的領有権はないにしても、現実問題として竹島/独島は手離したくない豊かな漁場となっていたということですね。そういうことになった理由は、やはりマッカーサーラインなのでしょう。







    2009.11.22

    ReplyDelete
  40. 翻訳1件アップ

    所屬不明の 飛機 漁船を 爆擊掃射 死傷二十餘 十一隻沈沒
    東亜日報 1948.6.12



    所属不明の飛行機 漁船を爆撃掃射
    死傷20余、11隻沈没
    東亜日報 1948.6.12 (翻訳未完)

    (鬱陵島から朝通)
      東海の孤島独島にて漁船が○○○20余名が死傷する事件が発生した。去る8日、鬱陵島から39マイル離れた無人島である独島には、○○○○漁船15隻が本土と鬱陵島から集まって作業中○○○○上空に現れた飛行機から爆弾と機関銃の掃射を受け、11隻が沈没、9名死亡、5名行方不明、重傷2名、軽傷8名という多大の犠牲を出した。この急報に接した島○と警察署では、9日夜に救助○を送り彼らの救助に努力中だ。




    2009.11.22

    ReplyDelete
  41. Yahooの竹島トピ見ていましたら、
    どうやら、以下の資料に関しては田中邦貴氏が持っているっぽいですね。
    『皇城新聞』1900年9月23日 リンクなし。しかし一次資料は既存の内容。
    『皇城新聞』1906年5月9日 済
    『皇城新聞』1906年7月13日 済
    『大東新報』 1905年9月 リンクなし
    『大韓毎日申報』 1905年9月22日 リンクなし

    復刻版「京城日報・京城新報」もあるそうです。
    大韓毎日申報の復刻版は明学の横浜校舎にあるそうです。

    余談ですが、韓国新聞全史という本があるそうです。

    ReplyDelete
  42. 大韓毎日申報
    1905.09.22 鬱島問題
    1905.09.24 申論鬱島問題

      ざっと見てみましたが、鬱陵島が日本に盗られるのではないかという強い危機感を表明していますね。竹島/独島のことは出てこないけれども、この強い危機感は竹島の日本領土編入が明らかになったときも変わらなかったろうと思われます。


      1905.09.22鬱島問題の冒頭部分の翻訳です。


     昨日、大東の記事で、鬱島の盛況という題で、日本海中の豊饒の地として有名な鬱陵島は日本人の開拓以後に諸般の状況が開発され人口も毎月増加しているとあったが、自分はこれを読んで韓国の国土のために嘆かずにいられない。・・・・・・・・





    2009.11.23

    ReplyDelete
  43. GTOMRさん

    またまたすごいですね。
    これで、『大韓毎日申報』は、すべて閲覧可能ということでしょうか。すばらしい。

    ごちそうが次々に出てきて、やや消化不良気味ですが、
    史料がたくさん出てくるのは本当に素晴らしいと思います。

    大韓毎日申報
    1905.09.22 鬱島問題
    1905.09.24 申論鬱島問題

    ご提示の
    http://www.dlibrary.go.kr/JavaClient/Servlet/SearchServlet?command=brief&kwStr=%E9%AC%B1%E5%B3%B6%E5%95%8F%E9%A1%8C&v_db_str=&v_cmp_str=&dbNoArr=7&v_sort1=1&v_sort_type=0&v_close=&startNo=1&pageNum=5&mode=0&ViewMode=1

    をクリックし、さらに資料名をクリックして詳細情報を出したあと、4つならんでいる白いワクの左から二番目「원문보기=原文を見る」をクリックすると史料が出てきます。


    いくつか、基本的なところから押えると、

    9月22日付記事の冒頭部分から、
    問題の大東新報「鬱島の盛況」記事が、昨日、すなわち9月21日付であったと特定できます。

    また、10行目~11行目
    鬱陵島は、古(いにしえ)の所謂于山国で、新羅以来の韓国の版図、
    と、この時から、独島を言う時と似たような表現をしています。

    17行目
    今、日本人は、この島は日本海中にあり日本人が開拓したものとしているが、これは、この島を日本の原有地と掲載したものであり、韓人として看過できない・・、

    同様の表現は、9月24日付け2段目12行目
    大東新報の記者は、鬱島は日本海中にあり日本人が開拓したとしているが、これは、この島を日本の固有の物件と声明したものであって・・、

    これが抗議のポイントのようです。

    さらに、9月22日付けに戻って(よく解読できない部分もあるのですが、)
    1段目の最後のほうから2段目の最初にかけて、鬱陵島の住民が他人の土地について「仮券」を出して土地所有権を日本人に与えている、というようなことが書いてあるのではないかと思われます。


    やっぱりというか、「石島」も「獨島」も「りゃんこ島」もありません。


    記事の順番としては、
    1905年9月21日 大東新報 「鬱島の盛況」
         9月22日 大韓毎日申報 「鬱島問題」
         9月24日 大韓毎日申報 「申報鬱島問題」
         9月27日 皇城新聞 鬱陵島 嘔心生
         9月28日 皇城新聞 鬱陵島(続) 嘔心生

    ということになります。

    最後の皇城新聞が、いちばん資料的にまとまっているわけですが、ここに、

    三國史에曰 新羅智證麻王十三年에 使異斯夫로 爲阿瑟那軍主謀하야 伐于山國 降之
    輿地勝覽에曰 鬱陵島□ 一曰 武陵이오 又云 羽陵
    文獻備考에曰 鬱陵島□ 産藁本, 柴胡, 石楠藤, 諸藥草及諸香木하며 蘆竹이 多合抱者하고 芦實 桃核가 大可爲杯升하니 本朝에 刷出逃民하고 空其地□야 每三年에 一送審視官□니 月松萬戶三陟營將이 遞入焉일□ 官給斧子 十五하야 伐其竹若木하며 幷采土物

    と、次々に並べているのは、「鬱陵島が韓国の版図たる来歴」を述べたものですが、これが戦後になって、「鬱陵島と独島の来歴」を述べる時に、そのまま使われているのだと思います。
    ちょうど、安龍福が「鬱陵島を守った英雄」から「鬱陵島と独島を守った英雄」にすりかわっていったように。

    ReplyDelete
  44. 東亜日報の黄相基氏の
    1957.02.18.獨島領有權 [1]
    1957.03.01.獨島領有權 [2]
    1957.03.02.獨島領有權 [3]
    1957.03.03.獨島領有權 [4]
    1957.03.04.獨島領有權 [5]
    1957.03.05.獨島領有權 [6]
    を一通り読んでみました。

      6回連載だけあっていろんな角度から竹島/独島の領有権を論じてありますが、「于山島=独島」説はあるものの、「勅令41号」、「石島」は全く出ていません。

      翻訳には少々時間がかかりそうです。



    2009.11.23

    ReplyDelete
  45. matsu様、
    >これで、『大韓毎日申報』は、すべて閲覧可能ということでしょうか。すばらしい。


    全部なのかまだ確認が取れていません。

    総てなのかわかりませんが、一応48046件出てきます。
    該当のページで、大韓毎日新報を見れるようにしておきました。Websiteではそれしか見れないです。

    一応我々は全部確認する必要があると思います。

    ReplyDelete
  46. This comment has been removed by the author.

    ReplyDelete
  47. 最後尾(9609)からみていくと、比較的1904年など古いものが出てくるので、そのあたりを見ていく必要があります。

    12:28 AMにつくったリンクから、さらに울도で検索をかけると、最後尾のほうに1900年前後の帝国新聞など聞いたことのない資料があるのでお願いします。
    ハングルなので読めません。

    ReplyDelete