竹島問題の歴史

18.1.14

Original text of the chinese documents about Takeshima

original text
Gerry posted an article about this news.

Mr. Matsu got the Korean researcher’s (Yoo Mi-rim) book and original texts of Chinese documents became identified. It also turned out that there ware fatal mistakes in Yoo Mi-rim’s interpretation of Chinese records. She didn’t verify a possibility that “竹島” described in those documents are Jukdo. She neglected important descriptions about geographic and local administration during annexation in Chinese records.
We must verify original records of Korean publications, because Korean scholar often uses gimmicks like this.

I Original text

1.MAP about SCAPIN

This map was made according to SCAPIN677.

附記
1.本圖根據盟軍總部一九四六年一月二十九日曁三月二十二日致(This map based on the SCAPINs from Jan 29, 1946 till Mar 22, 11946) 日本政府而製
2.本図 係供日本領土疆界四周範圍之參考(This map was supplied for the consultation of the Japanese border) 至於劃界内之小島位置與數目 須以精確之詳細圖爲準

China recognized SCAPIN and this map as the  consultation.

『舊日本領土』

Original text of 『日本領土處理辨法草案』 is as follows.
盟軍摠部於1946年1月29日會領發指令 詳細規定 以爲占領期間 日本之行政區域 盟摠指令 對和約自無任何拘束力 惟此爲最重要之参考文献 
"SCAP/GHQ ordered the Japanese administration area during  occupation at Jan 29, 1946. Though SCAPIN didn't have the vigor against peace treaty, it is the most important background material."
China recognized SCAPIN was not concerned with the peace treaty and the most important background material.

3.『日本領土處理辨法硏究 」

Original text of 『日本領土處理辨法草案』 is as follows.

元屬韓國 就法理道義言 我均應主張以之屬韓國 在韓國托治其間 此三島應由美國或中國托治 或者鬱陵 竹島由美托管 濟州由我托管
"It is originally belong to Korea. In legal and moral principles, we have to of course say that they belong to Korea. During the trusteeship, these three islands should be governed by the United States or China, During the trusteeship, the three islands should be governed by the United States or China and otherwise United States should have jurisdiction over Ulleongdo and 竹島 and China should have jurisdiction over Jeju Island."
China recognized that ”竹島” should return to Korea according to SCAPIN. It seems that China didn't research the history about Ulleongdo and "竹島" at this time, because there is no specific description about the history.

4.『日本領土處理辨法草案』 

Original text of 『日本領土處理辨法草案』 is as follows.
鬱陵島 原屬新羅 慶長之役時 爲日軍所占據 德川幕府時 復歸還韓國 日本併合朝鮮後 仍屬朝鮮慶尙北道管轄、其本島 爲7255(原文ママ)平方公里 竹島卽爲屬島 人口據1928年調査 爲10466人 日本人 僅佔600名 則鬱陵島竹島 不應劃歸日本
"Ulleongdo originally belonged to Shilla. Japanese troops occupied during the Japanese Invasion of Korea in 1596 and it was went back to Korea in the period of Tokugawa Bakufu. Since Japan annexed Korea, it remained under the jurisdiction of North Gyeongsang Province of Korea. The area of the main island is about 7,225 square meter and 竹島 is the attached island. According to the survey of 1928, the population is 10,466 and only 600 among these are Japanese. Then, Ulleongdo and 竹島 should not be returned to Japan."
Governor-General of Korea, 1918
This is first record which describes about the specific history. China researched the old history of the Ulleongdo. She made judgement according to old history of the Ulleongdo and administration area during the annexation.
Ulleongdo which was consisted of the main island and an attached island “竹島” was under the jurisdiction of North Gyeongsang Province during the annexation.
This map was made by the Governor-General of Korea at 1918. This map proves that “竹島” which was under the jurisdiction of North Gyeongsang Province is not Liancourt Rocks but Jukdo. Liancourt Rocks had been exercised jurisdiction by Shimane prefecture of Japan during the annexation. Then "竹島" of this record is Jukdo.

5. 『韓國疆域問題意見』

Original text of 『韓國疆域問題意見』 is as follows.
鬱陵島 卽古于山國 又名羽陵島 武陵島 鬱陵島位於日本海中 北緯37度27分至34分 東經130度47分至56分 面積73平方公里、海岸線延長45公里、離韓國江原道 竹辺66海里 釜山173海里 日本鳥取縣境港172海里 人口17664名 日本人僅642名(1943年)、農産有馬鈴薯玉蜀黍大豆麥等 爲島民常食 海産亦相當豊富 每年漁獲價額 在30萬日圓以上 該島所屬問題 在昔日韓兩國 一再攘奪 自1884年以後韓人移住該島者 浸假增加 勢力日大 爭論始平 初屬江原道 1907年(韓 隆熙 元年)編入慶尙南道 日韓合併後 1914年(大正3年)改屬慶尙北道 翌年頒布島制 設島司面長等官 以治理之 在日人統治時 尙不敢劃歸日本 公認該島爲韓國領土 毫無疑義 竹島在該島之東北部("竹島" is located at the northeast of Ulleungdo) 面積不大 爲鬱陵島之屬島
See above map. "竹島" which is located at the northeast of Ulleungdo is Jukdo(Chuk-to). Liancourt Rocks is located at the southeast of Ulleungdo. Then "竹島" of this record is Jukdo.

 

II Conclusion

  • First, China made judgement "竹島(Liancourt Rocks)" should be returned to Korea according to SCAPIN, though they knew that SCAPIN has no effect against peace treaty.
  • Next, China researched the historical materials and administration area during the annexation. And they made judgement that "竹島(Jukdo)" should be retuned to Korea.
It has possibility that China mixed up Liancourt Rocks and Jukdo. However Liancourt Rocks will become Japanese territory and Jukdo become Korean according to her latest criteria which are local administration during annexation and attached island. This Chinese criteria that border should according to the local administration during the annexation isn't strange.  A similar criteria often apply to the decision making about the border of colony at the ICJ.
 

III Korean gimmicks



1.PATCHWORK of the records

Korean ignore unfavorable descriptions for their claim and patch up various records. Then they make their story what they want.
In this case, they emphasize records which are according to SCAPIN, because "竹島" of SCAPIN is Liancourt Rocks. Next, they decide prematurely that "竹島" of all Chinese records is Liancourt Rocks, though descriptions of some records prove out that "竹島" is Jukdo.
"日本領土處理辨法硏究" was described according to SCAPIN. But this doesn't prove that “日本領土處理辨法草案”and "日本領土處理辨法草案" ware same. We often change an opinion in the process of examination according to the new information and situation. Korean can't understand this common sense. They pick up only the record which has the favorable description and they disguise like it is final decision. After that Korean apply this decision to other records looks like patchwork. Korean uses same gimmick in follow cases.


Korean old Maps about the Usando
Korean ignore the geographic information of maps. They concluded this Usando is Liancourt Rocks from the name of “Usando”. They say that Usando is Liancourt Rocks because it was proved by another record, though the geographic information of this map correspond to Jukdo.
Japanese Maps about the Matsushima at 19th
Korean ignore the geographic information of maps. They concluded this 松島 is Liancourt Rocks from the name of “松島”. They say that 松島 is Liancourt Rocks because it was proved by another record, though the geographic information of this map correspond to Ulleungdo.
Peace treaty under the process of examination after the WW2
Korean ignore latest drafter’s decision. And they say that early drafter's opinion which was changed is valuable.
 
 (under construction)

Related articles

146 comments:

  1. 参考資料37は、SCAPIN677を根拠にしている韓国にとって致命的だと思うんですけどね。

    ReplyDelete
  2. This comment has been removed by the author.

    ReplyDelete
  3. Opp さん

    投稿、ありがとうございます。

    小嶋日向守さん

    修正ありがとうございます。これで安心できました。


    地図については
    http://www.kalim.org/xe/70046
    にのっている記事に地図があります。

    もと記事は
    http://premium.chosun.com/site/data/html_dir/2013/12/02/2013120200144.html
    と思われます。(ログインしないと入れない)

    この地図の写真についている
    중국 국민당 정부의 1947년 외교문서 ‘대일화약 초안’에 실린 ‘일본 영토 강계도’(부분). 울릉도와 독도(竹島로 표기)가 일본이 아닌 한국 영토임을 분명히 했다. /유미림 박사 제공
    中国国民党政府の1947年外交文書「対日和約草案」にのせられた「日本領土疆界図」(部分)。鬱陵島と独島(竹島と表記)が日本でない韓国領土であることを明確に表わしている。/柳美林博士提供

    という説明は、上記のとおり、
    本圖根據盟軍總部一九四六年一月二十九日曁三月二十二日致日本政府而製
    とあり、SCAPIN677からSCAPIN841までの考え方によるもので、SCAPIN677に明記されているように、日本の領土を確定したものではありません。

    よってこの説明文は誤りです。
    「韓国領土であることを明確に表わしている」とは、よくも言ったものです。大嘘です。

    ただ、「対日和約草案」にのせられた「日本領土疆界図」(部分)とあり、「領土の疆界」と中国側に解釈される余地はあったのかも知れません。
    その意味で、また韓国でも「解放とともに独島はまた我が懐に抱かれた。」という誤解(まさしく「誤解」です)が生まれたのかもしれません。

    柳美林が調べた文書(注36)
    『有関日本疆域問題的資料』『旧日本領土』『日本領土処理弁法研究』『機密 日本領土処理弁法研究』『機密 日本領土処理弁法草案』『韓国疆域問題意見―駐日代表団』『対日和約国各方意見輯要』『対日和約草案』『有関対日和約資料』
    は、これで全部のようですが、このなかの『対日和約草案』に含まれていた地図のようです。
    上記のそれぞれの文書の関係が、よくわかりません。


    小嶋さん
    「卅六年八月」は、「中華民国36年8月」で、1947年8月だと思います。

    ReplyDelete
  4. matsuさん
    ご指摘有り難うございます。確かにそうでした。見なかったことにして下さい。(苦笑)

    ReplyDelete
  5. I feel the Chinese documents Researcher Yoo found must be definitely weakening Japanese claim over Dokdo/Takeshima as I watch the attempts to interpret 竹島 in the said China document as Jukdo, not as DokdoTakeshima. This attempt should be on the list of the Japanese nonsense claims regarding Dokdo/Takeshima which includes denying Dajokan Order stating Japan had nothing to do with Dokdo/Takeshima in 1877.


    Imperial Japan wanted to have Korean Dokdo in 1905. SCAPINs separated Japan from Dokdo/Takeshima. And early U.S. drafts of SF treaty stated Dokdo/Takeshima was Korean land. In the same context, China wanted to govern Dokdo/Takeshima, not Jukdo at the time of negotiations of SF Treaty. It's very nonsense to interpret China wanted to govern Jukdo, not Dokdo. I'm sure most readers of this post are smart enough to know this.


    The following link shows how Jukdo looks like and how Jukdo is close to Ulleongdo. Again, it's nonsense to insist China wanted to govern this small island which is just 2.2 km off Ulleongdo.

    Link


    In the map by the Chinese shown in the post above, there’s Dokdo/Takeshima and no Jukdo. Nevertheless, there are attempts to mislead 竹島 in the said China document is Junkdo, not Dokdo/Takeshima. It’s like to try to mislead ‘another island’ in Dajokan Order is not Dokdo/Takeshima in spite of the attached map proving ‘another island' is Dokdo.

    ReplyDelete
  6. The map is SCAPIN's map.(本圖根據盟軍總部一九四六年一月二十九日曁三月二十二日致日本政府而製)
    China knew the meaning of SCAPIN correctly.
    『舊日本領土』
    盟軍摠部於1946年1月29日會領發指令 詳細規定 以爲占領期間 日本之行政區域 盟摠指令 對和約自無任何拘束力 惟此爲最重要之参考文献
    China had knew that SCAPIN was not the territorial decision and territory would decide by the peace treaty.

    『日本領土處理辨法草案』and 『韓國疆域問題意見』are never describe about SCAPIN and SCAPIN'S map. The ground about the Chinese decision is the local administration during annexation. These materials say so.

    ReplyDelete
  7. Korean often forgets the description of the historical material itself.

    『日本領土處理辨法草案』and 『韓國疆域問題意見』describe their ground specifically (local administration during annexation). And they describe that Takeshima is northeast of Ulleungdo clearly. They ignore these specific descriptions themselves which are inconvenience for Korea, and they make a presumption by other materials. They don’t care about the inconsistency with materials at all.

    ReplyDelete
  8. opp,

    I didn’t say SCAPIN was the final decision on territory. What I said was 竹島 in the Chinese documents is Dokdo/Takeshima that the Imperial Japan stole, SCAP(Supreme Command of Allied Powers) separated Japan from and the early U.S. drafts of SF Treaty directed as an Korean land. Jukdo is not


    Even though it was not the final territorial decision, SCAPIN 677 was definitely related to territory. Governmental separation from Dokdo, direction to cease exercising or attempting to exercise governmental or administrative authority over Dokdo and definition of Japan excluding Dokdo are definitely related to the territory. As you said, the final determination was supposed to be made in SF Treaty, but there was no final determination on the ownership of Dokdo in SF Treaty.


    How about the early U,S. drafts returning Dokdo/Takeshima to Korea? You must agree the early US drafts of SF Treaty returning Dokdo/Takeshima to Korea which was issued one year after SCAPIN 677 was related to territorial decision. You ignore this important fact that the early U,S. drafts which are inconvenient for Japan.


    As to the description that Takeshima is northeast of Ulleungdo, you just make a presumption by this one minor mistake ignoring the other important descriptions. In 1905, Japanese Cabinet decision to incorporate Korean Dokdo described Dokdo as located at 37º 9' 30" N and, 131º 55' E. What do you think of this inaccurate description? Can you say the island Japan was about to incorporate was not Dokdo due to that inaccurate description?


    ReplyDelete
  9. Sloww,

    What do you want to say? Your commnet is nothing to do with 『日本領土處理辨法草案』and 『韓國疆域問題意見』


    KOREAN INTERPRETATION
    ・Takeshima which described at 『日本領土處理辨法草案』 and『韓國疆域問題意見』is Liancourt Rocks, because Takeshima which describes at the map of SCAPIN is Liancourt Rocks
    ・We must neglect geographic and other important descriptions of 『日本領土處理辨法草案』 and『韓國疆域問題意見』, because these contradict Korean presumption.

    JAPANESE INTERPRETATION
    ・Takeshima which described at 『日本領土處理辨法草案』and『韓國疆域問題意見』is Jukdo, because geographic and other important descriptions of 『日本領土處理辨法草案』 and『韓國疆域問題意見』 correspond to Jukdo.
    ・The map show the SCAPIN area, because description of the map say so.


    People except Korean give more priority to the direct descriptions of the historical materials themselves than the presumption which made by other material.

    ReplyDelete
  10. Sloww:As you said, the final determination was supposed to be made in SF Treaty, but there was no final determination on the ownership of Dokdo in SF Treaty.


    ???
    The Japanese sovereignty of Takeshima didn't transfer to other country by the SF treaty. Then Japan keep her sovereignty.
    The title by conquest became unlawful after ww1. Any country can't get the sovereignty without agreement of the sovereign.


    [example]
    Treaty of Nanking, 1842
    It being obviously necessary and desirable that British subjects should have some port whereat they may [maintain] and refit their ships when required, and keep stores for that purpose, His Majesty the Emperor of China cedes to Her Majesty the Queen of Great Britain, &c., the Island of Hong-Kong, to be possessed in perpetuity by Her Britannic Majesty, her heirs and successors, and to be governed by such laws and regulations as Her Majesty the Queen of Great Britain, &c., shall see fit to direct.


    Hong-Kong ceded to Britain by this treaty. But the treaty didn't mention about the sovereignty of Hainan island at all. According to Korean logic, the sovereignty of the Hainan island became uncertain.
    People except Korean never think so.
    More over Japan recover her full sovereignty by the article 1(b) of the SF treaty except renunciation territory of article2.

    ReplyDelete
  11. 上記記事で、

    중국 국민당 정부의 1947년 외교문서 ‘대일화약 초안’에 실린 ‘일본 영토 강계도’(부분).
    中国国民党政府の1947年外交文書「対日和約草案」にのせられた「日本領土疆界図」(部分)。
    http://premium.chosun.com/site/data/html_dir/2013/12/02/2013120200144.html

    とありますが、これは果たして「外交文書」であったのか?
    むしろ「内部資料」というべき性質の文書群ではないでしょうか?



    また、朝鮮日報の記事に

    http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2013/12/01/2013120100777.html
    http://dokdo-or-takeshima.blogspot.jp/2013/11/disposition-of-korean-scholar.html
    (2013年12月4日コメントで紹介しました)

    중국은 연합국 총사령부가 낸 지령이자 ‘일본으로부터 일정 주변 지역의 통치및 행정상의 분리’를 규정한 ‘SCAPIN-677’에 근거해 작성한 이들 문서에서 자신들이 구상한 한국 영토 처리 방침을 연합국에 제시했다.
    中国は、連合国総司令部が出した指令であり「日本から一定周辺地域の統治および行政上の分離」を規定した「SCAPIN-677」に基づいて作成したこれらの文書で、自分たちが構想した韓国領土処理方針を連合国に提示した。

    とあり、「中国は、~自分たちが構想した韓国領土処理方針を連合国に提示した。」と報道されています。
    しかし、はたして、中国は本当に「連合国に提示した」のか?

    中華民国の当時の外交上の正式文書は、それなりにアメリカに残っているのでしょうが、それとの対比をしないと「提示した」かどうかはわかりません。

    柳美林の紹介している資料群は、南京の文書館に遺されていたものですが、それぞれの資料の性格について、柳美林はまったく分析を明らかにしていません。

    ばらばらに残されていた資料からは、当時の中国の「情報集めの過程」をある程度たどることは出来ても、国家意思として、どのような考え方をもっていたのかはわからないと思います。

    柳美林が解釈で「嘘」をつき、さらに報道が、確認もせずに「嘘」を重ねる。
    こういうものを読まされる韓国民がかわいそうです。

    ReplyDelete
  12. この地図にあらわれている「竹島」は、
    本圖根據盟軍總部一九四六年一月二十九日曁三月二十二日致日本政府而製
    とあるので、Liancourt Rocks=竹島=独島であるのは確実です。

    ところが、
    竹島卽爲屬島39)『日本領土處理辨法草案』
    竹島在該島之東北部 面積不大 爲鬱陵島之屬島72) 『韓國疆域問題意見』
    に出てくる「竹島」は、文脈上、明らかに「竹嶼」です。

    39)『日本領土處理辨法草案』
    日本併合朝鮮後 仍屬朝鮮慶尙北道管轄、其本島 爲7255平方公里 竹島卽爲屬島 
    と「本島」と「属島」が対応して出てきます。
    島根県の竹島は、慶尙北道に属したことはありません。

    72) 『韓國疆域問題意見』
    鬱陵島 卽古于山國 又名羽陵島 武陵島 鬱陵島位於日本海中 北緯37度27分至34分 東經130度47分至56分
    初屬江原道 1907年(韓 隆熙 元年)編入慶尙南道 日韓合併後 1914年(大正3年)改屬慶尙北道 翌年頒布島制 設島司面長等官 以治理之 在日人統治時 尙不敢劃歸日本 公認該島爲韓國領土 毫無疑義 竹島在該島之東北部 面積不大 爲鬱陵島之屬島



    ふたつの、同じ表記をされる「竹島」が、はたしてLiancourt Rocksなのか、「竹嶼」なのか。
    どちらも「竹島」と表記されていますが、どちらを指すのか。資料をちゃんと読めるのか、という能力にかかっているのでしょう。


    同じ「Washington」という地名であっても、首都Washington, D.Cと、ワシントン州state of Washingtonは別の地名です。文脈によってしっかりと峻別して読み取らなければいけないのと同じです。

    ReplyDelete
  13. opp said:

    Takeshima which described at 『日本領土處理辨法草案』and『韓國疆域問題意見』is Jukdo, because geographic and other important descriptions of 『日本領土處理辨法草案』 and『韓國疆域問題意見』 correspond to Jukdo.


    Please show the evidence how Takeshima in the Chinese documents correspond to Jukdo, not Dokdo? Let’s see how they, in any, are more important than the fact China wanted to govern 竹島.

    ReplyDelete
  14. opp said :

    The Japanese sovereignty of Takeshima didn't transfer to other country by the SF treaty. Then Japan keep her sovereignty.

    It's an unarguable fact Japanese sovereignty of Takeshima was deprived after Japanese surrender of WW2.

    ReplyDelete
  15. Sloww:Please show the evidence how Takeshima in the Chinese documents correspond to Jukdo, not Dokdo?

    ?? I already showed the original text of the Chinese document at this article. Can’t you read? It seems that your knowledge of the Chinese character is too poor to discus.

    Geogarafic information
    『韓國疆域問題意見』
    竹島在該島之東北部
    Jukdo is at the northeast of the Ulleungdo. Liancourt Rocks is at the southeast of Ulleungdo.

    Information of the local Administration
    『日本領土處理辨法草案』
    日本併合朝鮮後 仍屬朝鮮慶尙北道管轄、其本島 爲7255平方公里 竹島卽爲屬島人口據1928年調査 爲10466人 日本人 僅佔600名 則鬱陵島竹島 不應劃歸日本
    『韓國疆域問題意見』
    日韓合併後 1914年(大正3年)改屬慶尙北道 翌年頒布島制 設島司面長等官 以治理之 在日人統治時 尙不敢劃歸日本 公認該島爲韓國領土 毫無疑義 竹島在該島之東北部 面積不大 爲鬱陵島之屬島
    Ulleungdo and Jukdo administered by the North yeongsang Province. But Liancourt Rocks administered by the Shimane prefecture during annexion. Governor-General of Korea didn’t reserch Liancourt Rocks at 1914 and 1928. Japan didn’t give Riancourt Rocks to Governor-General of Korea and didn’t admit as Korean territory (Governor-General of Korea’s territory).

    ReplyDelete
  16. Mastuさん
    >しかし、はたして、中国は本当に「連合国に提示した」のか?

    してないでしょうね。そもそも「連合国」なんて国家はないわけで、実際に提示したことが史料に書かれているなら配布した国名を柳は出すでしょうね。

    >柳美林の紹介している資料群は、南京の文書館に遺されていたものですが、それぞれの資料の性格について、柳美林はまったく分析を明らかにしていません。

    柳は、作成者や作成日時も明らかにしてないのでしょうか?

    ReplyDelete
  17. opp said:

    It seems that your knowledge of the Chinese character is too poor to discus.


    It’s such a rude comment. As far as I know, the general Japanese are polite, but definitely you are not.

    Anyway, this is English blog. You didn't translate the Chinese texts into English as the way they are. Instead, you drew your own conclusion. It's not a proper attitude to discuss

    I knew 竹島在該島之東北部 which is nothing new. I already mentioned about this. Jukdo is not at the northeast of the Ulleungdo. This can’t be the evidence showing
    竹島 is Jukdo, not Dokdo/Takeshima.

    As to the Chinese text “鬱陵島 原屬新羅 慶長之役時 爲日軍所占據 德川幕府時 復歸還韓國 日本併合朝鮮後 仍屬朝鮮慶尙北道管轄、其本島 爲7255平方公里 竹島卽爲屬島 人口據1928年調査 爲10466人 日本人 僅佔600名 則鬱陵島竹島 不應劃歸日本 ”, you should exactly translate it into English if you can without adding your own interpretation.

    I'll talk about your conclusion after you show the exact translation of the above Chinese texts.

    ReplyDelete
  18. SLOWW:Jukdo is not at the northeast of the Ulleungdo. This can't be the evidence showing 竹島 is Jukdo, not Dokdo/Takeshima.

    Only Korean think so. If Jukdo didn’t exist at the northeast of the Ullengdo, it is more difficult to recognized that Liancourt Rocks exist at the northeast of the Ullengdo. If you want to know the truth, you show a map which describes Ullenungdo, Jukdo and Liancourt Roks to anyone who doesn’t know the Takeshima issue. And you say that “please teach me the name of the island which exist at the northeast of the Ulleungdo”.

    SLOWW:you should exactly translate it into English if you can without adding your own interpretation.

    I have already presented the original text and the point of the information which correspond to Jukdo. If you want to counter, you should point out with the specific text of these records which prove that Takeshima of these records correspond to Liancourt rocks. The counter against my claim is not my role.

    SLOWW:I'll talk about your conclusion after you show the exact translation of the above Chinese texts.

    I had doubts about your ability of the Chinese character. Then I showed reasons which prove the Takeshima is Jukdo. Now, I'm sure that you can't read the original.

    ReplyDelete
  19. This comment has been removed by the author.

    ReplyDelete
  20. OPPさん

    >>しかし、はたして、中国は本当に「連合国に提示した」のか?
    >してないでしょうね。そもそも「連合国」なんて国家はないわけで、実際に提示したことが史料に書かれているなら配布した国名を柳は出すでしょうね。

    この「連合国」は、韓国の文献を読んでいるとよく出てくる気がします。
    第二次大戦の戦勝国、みたいな感じ?
    日本の「連合軍総司令部」みたいなノリ? 
    でも「南朝鮮の米軍軍政当局」のイメージではないみたいです。
    直接的には、朝鮮戦争に助けに来てくれた国連=連合国のイメージでしょうか。

    実際にはアメリカなんだと思いますが。

    考えてみれば、中華民国だって「連合国」ですよね。

    終戦直後の「中華民国」がどうなっていたか。あまり私たち日本人の関心はないような気がしますが、
    戦後の日本の領土処理を巡って、それなりのステークホルダーではあったのでしょうね。
    満州と台湾は、いったん「中華民国」にゆだねられたのでしょうが・・・・。
    「中華民国」がなぜ台湾に逃げたのか。今の時点から見ると当然の成り行きのようにも思えるし、また不思議のような気もします。実は日本の統治と関係しているのでしょうか。


    >実際に提示したことが史料に書かれているなら配布した国名を柳は出すでしょうね。
    この「提示」は、新聞記者の勝手な用語だと思います。

    平和条約の作成は、アメリカの主導ではあったのでしょうが、1947年当時に中国やソ連という変数がどう影響していたのか、いなかったのか。
    ソ連は鬱陵島や竹島に関心を示さなかったのでしょうか?

    アメリカは1947年には条文を作り始めているわけですよね。
    最後には、米英のすりあわせだけで、条約文になっちゃうわけですが。


    >>柳美林の紹介している資料群は、南京の文書館に遺されていたものですが、それぞれの資料の性格について、柳美林はまったく分析を明らかにしていません。
    >柳は、作成者や作成日時も明らかにしてないのでしょうか?

    作成者の名前を書いているものもあります。ただ性格の分析まではしていないようです。
    日時は、各文献ごとには無いように思います。
    それらを確認できることが、そもそも原史料に書いてなかったのか、とも思います。

    何より、手書きの筆写ですから、時間の余裕がなかったでしょうし、再び行ったら入館を拒否された、というのですから、十分な調査は出来ていないのだと思います。


    小嶋さん
    状況、了解しました。

    >鬱陵島の面積は、本来なら、7255平方公里ではなく72.55㎢の筈です。
    >しかし画像拡大してみても、小数点が抜けているようです。

    柳美林の翻刻が間違えている可能性は常にあると思います。(「造作」している可能性も、ミスプリの可能性も、ですが)
    だからこそ、筆写した影印を載せろ、と思うわけです。
    中国の原史料が間違っているのかもしれないですし。

    ReplyDelete
  21. 柳美林のこの本の「序文」と「目次」と「著者経歴」がなぜかネットに載っています。
    序文の部分だけを機械で読み取るのか、ひたすら打ち込む人がいるのか、いずれにしても、無料で読めて、自動翻訳がかけられるのはありがたいことではあります。出版社のHPかな?

    柳美林 序文
    http://www.jisik.co.kr/book/view.asp?num=24766

    最初から2番目のパラグラフの最後に
    중국 당안관 문서는 이번에 처음 발표하는 글인데, 현대송 박사의 제보로 중국 남경 당안관 자료를 조사하여 쓴 것으로 전문이 입수되기를 기다리다 이제야 발표하게 되었다.
    中国档案館の文書は、今回初めて発表する文章であるが、현대송(玄大松)博士の情報提供で中国南京の档案館資料を調査して書いたもので、全文が手に入るのを待ってようやく発表することとなった。

    とあり、『領土ナショナリズムの誕生』の著者の玄大松(ヒョン・デソン)氏が協力したことが分かります。柳美林氏と玄大松氏の接点は日本の東大のようです。(序文の後半にあります)

    전문이 입수되기를 기다리다 이제야
    全文が手に入るのを待ってようやく

    とあるのは、「2007年」の調査時には入手できなかった全文が、この本の出版を前に手に入ったことを意味するのでしょうか。
    どういう経緯なのかわかりませんが、誰かが新たに入手してきたのかもしれません。

    ReplyDelete
  22. opp,


    "Only Korean think so."

    That’s not what I think. It’s a fact. Generally, the location of Jukdo is described to be at the east of Ulleongdo, not the northeast of Ulleongdo. I have never seen Jukdo is described to be at northeast of Ulleongdo in this blog. Have you? Actually, whether Dokdo/Takeshima is at the east or at the northeast of Ulleongdo, it doesn’t matter here. It’s just a mistake. The point here is it’s not persuasive to conclude 竹島 in the Chinese documents is not Dokdo/Takeshima just because it’s described to be at the northeast of Ulleongdo ignoring the other important facts. Again, Jukdo is not the island issued after WW2 and Jukdo can’t be the island China wanted to govern. Dokdo/Takeshima is the island depicted in the Chinese map you posted and China wanted to govern.



    "If you want to know the truth, you show a map which describes Ullenungdo, Jukdo and Liancourt Roks to anyone who doesn’t know the Takeshima issue. And you say that “please teach me the name of the island which exist at the northeast of the Ulleungdo"."

    It’s a silly example. The Chinese who wrote those documents were not who don’t know Takeshima. Look at that Chinese map you posted. They knew where it was located. Have you seen maps, either Koreans or Japanese, which depicted the island 2.2 km off Ulleongdo with the Chinese characters “竹島”? The Japanese didn’t use the Chinese characters “竹島” to mark Korean Jukdo. “竹島” in the Japanese maps are Dokdo/Takeshima, absolutely not Jukdo.



    "I have already presented the original text and the point of the information which correspond to Jukdo. If you want to counter, you should point out with the specific text of these records which prove that Takeshima of these records correspond to Liancourt rocks. The counter against my claim is not my role."

    I think what I asked is not unreasonable. If you can’t provide English translation in this English blog while drawing your own conclusion in English from the Chinese text. it makes your claim weak. The text in question has no significance in proving 竹島 in the Chinese documents is Jukdo, not Dokdo/Takeshima. Rather, it backs up the fact Dokdo/Takeshima was viewed as an attached island to Ulleongdo.



    "I had doubts about your ability of the Chinese character. Then I showed reasons which prove the Takeshima is Jukdo. Now, I'm sure that you can't read the original."

    I have doubts you can fully translate it into English. I roughly understand what the text means and surly know there’s no phrase showing 竹島 is Jukdo, not Dokdo/Takeshima. What I want was to compare your translation if you can do it and your own conclusion. There’s no any clue supporting your conclusion the border of the local administration during annexation was used to as a criteria of judgement and 竹島 is Jukdo. The text is about Ulleongdo. There’s a description that Ulleongdo became to belong to North Gyeongsang Province in 1904 after Japanese annexation, and this is just one of the descriptions about Dokdo/Takeshima. You say 竹島 is Jukdo because Ulleongdo was not administered by Shimane Prefecture after Japanese annexation. Then, how about before Japanese annexation? Before Japanese annexation, as Uldo Governor Shim said, Dokdo was definitely being administered by Ulleongdo of Gwangwon Province(江原道). The island Dokdo administered by Ulleongdo before Japanese annexation was still Dokdo after Japanese annexation.

    ReplyDelete
  23. SLOWW:Generally, the location of Jukdo is described to be at the east of Ulleongdo, not the northeast of Ulleongdo.

    [Korean record at 1807]
    Korean officer who researched Ulleungdo at 1807 reported that there was Usando at the north (of Ulleungdo) and the circumference was 0.8-1.2km(北有于山島周回為二三里許).

    [Japanese record at 1894 ]
    http://www.geocities.jp/tanaka_kunitaka/takeshima/hydrograph1894/1894-7.jpg
    There is Jukdo at the northeast side of Ulleungdo(鬱陵島ノ北東側ニ於テ竹嶼ヲ)

    These records prove that your delusion is wrong.

    ReplyDelete
  24. SLOWW: The Japanese didn’t use the Chinese characters “竹島” to mark Korean Jukdo. “竹島” in the Japanese maps are Dokdo/Takeshima, absolutely not Jukdo.

    1.Map by Governor-General of Korea at 1917
    http://www.geocities.jp/tanaka_kunitaka47/ullungdo-1917/03.jpg
    The Chinese character of Jukdo is “竹島”

    2. Map by Governor-General of Korea at 1918
    http://www.geocities.jp/tanaka_kunitaka47/ullungdo-1918/03.jpg
    The Chinese character of Jukdo is “竹島”

    3.Japanese coast pilot by Governor-General of Korea at 1920
    http://www.geocities.jp/tanaka_kunitaka/takeshima/hydrograph1920/09.jpg
    The Chinese character of Jukdo is “竹島(竹嶼)”

    These records prove that your delusion is wrong. Your research is very poor.

    ReplyDelete
  25. 小嶋日向守さん、matsuさん

    お疲れ様です。面積については原文ママとしておきます。(本当は原文ではないんでしょうけど)
    あと、地図の付記2.を教えて頂けないでしょうか。(私には読解不能です)

    ReplyDelete
  26. SLOWW: Look at that Chinese map you posted. They knew where it was located.

    Then do you think that Takeshima(Liancourt Rocks) of the Chinese SCAPIN map located at the northeast of Ulleungdo? Did Korean, Japanese and Korea describe so? Please prove that by the historical records.

    SLOWW:If you can't provide English translation in this English blog while drawing your own conclusion in English from the Chinese text. it makes your claim weak. I have doubts you can fully translate it into English.

    If you want to know the rendering, you should not boss but supplicate. I am not your interpretation and teacher. I don’t want to waste of time for your poor performance.

    ReplyDelete
  27. This comment has been removed by the author.

    ReplyDelete
  28. oppさん
    ありがとうございました。私も読めないんです。

    二、本圖係供日本領土疆界四週範圍之參考至●劃界内之小島位置與數目●精確之詳細圖爲準

    ●以外は、問題ないと思います。
    「四週範圍」は「四周範圍」の誤記だと思います。「四遍範圍」ではないと思います。

    「至抱劃界」のように見えますが自信がありません。「授」ではないようです。
    また「數目須」と「精確」の間に、消した「以」のような文字があるようにも思えます。
    その上の字は、「須」だと思うのですが「次」かも知れません。
    崩し字は、別の字と同形になってしまうことがあるので意味的に通じる中国語の表現としてどうなんでしょうか。
    暫定的に、これでどうでしょう。

    二、本圖係供日本領土疆界四周範圍之參考至抱劃界内之小島位置與數目須以精確之詳細圖爲準

    ReplyDelete
  29. opp,

    "SLOWW:Generally, the location of Jukdo is described to be at the east of Ulleongdo, not the northeast of Ulleongdo."

    I said "generally". You found only 2 documents. It means you can't say I have a delusion due to those two descriptions. I clearly said it really doesn’t matter whether 竹島(Dokdo/Takeshima) in the Chinese documents is at the east or northeast of Ulleongdo. Again, what matters is Jukdo is not the island issued after WW2 and Jukdo can’t be the island China wanted to govern.



    "SLOWW: The Japanese didn’t use the Chinese characters “竹島” to mark Korean Jukdo. “竹島” in the Japanese maps are Dokdo/Takeshima, absolutely not Jukdo."


    You showed the map of Ulleongdo depicting Jukdo with the Chinese characters 竹島, but 竹島 in the map you showed is not the Chinese characters the Japanese used to refer to Jukdo. The Japanese didn’t call 竹島 Jukdo. The mapmaker of that map just put the Chinese characters(竹島) of Korean name Jukdo. Anyway, it's not likely the Chinese referred to this map of Ulleongdo and thought they wanted to govern this 竹島. The Japanese map in the link below is likely the Chinese referred to. It clearly shows 竹島 is Dokdo/Takeshima. This map doesn’t even depict Jukdo. This map may prove you have a delusion regarding Jukdo.
    A Japanese Map by Imperial Japan's Army Land Survey Department (陸地測量部)


    "Then do you think that Takeshima(Liancourt Rocks) of the Chinese SCAPIN map located at the northeast of Ulleungdo?"

    Your question means you agree 竹島 in the Chinese map is Dokdo/Takeshima. In other words, it proves the description "竹島" is at the northeast of Ulleongdo is just a mistake. As you agree, there’s no mistake in that map.


    "If you want to know the rendering, you should not boss but supplicate. I am not your interpretation and teacher. I don’t want to waste of time for your poor performance."

    Did I sound like I bossed you? If so, I’m sorry. I had no such intention at all. What I wanted was to compare your translation and your own conclusion for the appropriate discussion, not order you to translate for me. Maybe, some English speaking readers like to know what the Chinese text says. I don’t need your translation any more. I figured out what’s going on now. Anyway, thank you.

    ReplyDelete
  30. 小嶋さん

    342pに柳美林の翻刻があり、韓国語訳があります。

    論文全部のコピーをとってoppさんにメールしたのですが、26.6MBと重すぎて送れないため、さらに7つに分割して再送しましたが、いくつかは依然として重すぎて届かないものがあるようです。「圧縮」すれば送れるのかもしれません。方法を教えてください。


    注78
    本図 係供日本領土疆界四箇範圍之參考 至於劃界内之小島位置與數目次 以正確之詳細圖 爲準


    柳美林の翻訳
    この地図は、日本領土疆界の4つの範囲を確定するのに参考として活用することができるが、疆界内の小さな島の位置と個数は、正確な詳細地図を基準とする。

    柳美林の翻刻では、小嶋さんの読みがそれぞれ、
    周→箇 抱→於 須→次となっています。
    また翻刻で「正確」となっていますが、小嶋さんの読みのように「精確」が正しいでしょう。「図」は、最初は「図」とし、2番目は「圖」にしています。
    「周」は私にも「箇」ではなく、「週」に見えます。

    この翻刻の後に、『對日和約草案』と、出典が示してあります。

    ReplyDelete
  31. 「次」は小嶋さんの「須」が正しいでしょうね。
    切り方も、「至於劃界内之小島位置與數目次 以正確之詳細圖 爲準」ではなくて「至於劃界内之小島位置與數目 須以精確之詳細圖爲準」でしょうね。
    「すべからく、べし」でしょう。
    翻譯はあっているのだから不思議です。

    柳美林の翻刻が必ずしも正しくないことを示す例です。原文が見たいなあ。

    ReplyDelete
  32. SLOWW:I said "generally". You found only 2 documents.
    it is enough.

    1.The word ”竹島” used for Jukdo or Liancourd Rocks.
    2.Jukdo can be described to be at the northeast of Ulleongdo. (this is proven by 2documents)
    3.Liancourt Rocks can't be described to be at the northeast of Ulleongdo.

    Then “竹島” which located at the northeast of Ulleungdo is only Jukdo. Did you study the elimination method? If you forget, you should go to the junior high school.

    SLOWW: The Japanese didn’t call 竹島 Jukdo. The mapmaker of that map just put the Chinese characters(竹島) of Korean name Jukdo.

    What do you want to say? 『日本領土處理辨法草案』and 『韓國疆域問題意見』doesn't show the
    nominal designation of “竹島”. Japan used “竹島” for Jukdo too. Then the word “竹島” of 『日本領土處理辨法草案』and 『韓國疆域問題意見』can’t conclude as the Liancourt Rocks. Your first comment is follows.

    SLOWW: The Japanese didn’t use the Chinese characters “竹島” to mark Korean Jukdo. “竹島” in the Japanese maps are Dokdo/Takeshima, absolutely not Jukdo.

    You colluded that the word “竹島” showed only Liancourt Rocks. Your absolute fact is illusion. My ground is not the word “竹島”, though your ground is so.

    SLOWW: The Japanese map in the link below is likely the Chinese referred to

    Please show the evidence that China referred this map.

    SLOWW: It clearly shows 竹島 is Dokdo/Takeshima. This map doesn’t even depict Jukdo.

    So? I didn’t say that “竹島” of 『日本領土處理辨法草案』 is judo by the Chinese characters. My ground is geographical information (northeast of Ulleungdo) and local administration during annexation which described at 『日本領土處理辨法草案』.

    ReplyDelete
  33. 新聞記事の「自分たちが構想した韓国領土処理方針を連合国に提示した。」はやっぱり嘘だと思います。

    SCAPIN677を勉強して、内容をつかみとろうとしている段階のメモではないでしょうか。

    しかも「韓国領土処理方針」などではなく「日本領土処理方針」でしょう。

    ReplyDelete
  34. 小嶋日向守さんMatsuさんありがとうございます。

    とりあえず「本図 係供日本領土疆界四周範圍之參考 至於劃界内之小島位置與數目 須以精確之詳細圖爲準」でアップしておきます。


    すみません。メールに気が付きませんでした。明日整理します。

    ReplyDelete
  35. Summary of Sloww’s funny comments

    1.”竹島” which described at 『日本領土處理辨法草案』 and『韓國疆域問題意見』is Liancourt Rocks, because Takeshima which describes at the map of SCAPIN is Liancourt Rocks.
    [Problematic points of his essay]
    ・SCAPIN’s map wasn’t a attached map of 『日本領土處理辨法草案』 and『韓國疆域問題意見』.
    ・He neglects descriptions of the 『日本領土處理辨法草案』 and『韓國疆域問題意見』 which describe the geographical and historical information during annexation.


    2.『日本領土處理辨法草案』 describes that the location of “竹島” is at the northeast of Ulleungdo. This “竹島” is Liancourt Rocks because the location of Jukdo can’t be described to be at the northeast of Ulleungdo.
    [Problematic points of his essay]
    ・Korean and Japanese records prove that Jukdo can be described to be at the northeast of Ulleungdo. But there is no record which proves that Liancourt Rocks can be described to be at the northeast of Ulleungdo. Then this “竹島” is Jukdo according to the elimination method.
    ・This Sloww’s location logic isn’t sufficient condition which prove that these “竹島” is Liancourt Rocks but a necessary condition. His logic neglects that “竹島” of these records isn’t Liancourt Rocks. It is impossible that the location of the Liancourt Rocks describes to be at the northeast of Ulleungdo.


    3. ”竹島” which described at 『日本領土處理辨法草案』 and『韓國疆域問題意見』is Liancourt Rocks, because Japan never used the Chinese character 竹島 for Jukdo.
    [Problematic points of his essay]
    ・Japan used Chinese character “竹島” for Jukdo. We can find Japanese evidences which use the word ”竹島” for Jukdo very easy.


    4. ”竹島” which described at 『日本領土處理辨法草案』 and『韓國疆域問題意見』is Liancourt Rocks, because Japanese didn't call 竹島 Jukdo.
    [Problematic points of this Korean essay]
    ・『日本領土處理辨法草案』 and『韓國疆域問題意見』didn’t describe the pronunciation of “竹島”. He will look at an illusion.


    [Conclusion]
    He doesn’t have the ability of the logical thinking. He doesn’t know the elimination method, sufficient condition and necessary condition. And he will be hallucinating. I am worry about his disease condition.

    ReplyDelete
  36. ADDITION

    5. ”竹島” which described at 『日本領土處理辨法草案』 and『韓國疆域問題意見』is Liancourt Rocks, because a Japanese map shows 竹島 is Dokdo/Takeshima and doesn’t depict Jukdo..
    [Problematic points of his essay]
    ・The map prove that the word“竹島”used for Liancourt Rocks. But it doesn’t prove that the word“竹島”didn’t use for Jukdo. Then this map isn’t sufficient condition which prove that “竹島” at Chinese records is Liancourt Rocks but a necessary condition.
    ・Evenif the map used the word “竹嶼” for Jukdo, the map can’t become an evidence which prove that these “竹島” is Liancourt Rocks according to the asymmetry of verification and falsification. The falsification comes into effect by evidences which prove Japan use the word “竹島” for Jukdo.

    ReplyDelete
  37. もうひとつ報道記事を挙げておきます。
    12月1日の「聯合ニュース」ですが、朝鮮日報と似た内容です。
    まあ、通信社なので、朝鮮日報側がこの記事を利用しているともいえるのですが。
    聯合はテレビも持っているので映像もあります。

    http://www.yonhapnews.co.kr/culture/2013/12/01/0914010000AKR20131201000800005.HTML
    2013/12/01 08:17 송고
    "독도는 한반도 영토" 中 외교문서 최초 발견
    (서울=연합뉴스) 신창용 기자 = "죽도(竹島•독도)는 울릉도의 동북부에 있는데 면적은 크지 않으나 울릉도의 속도가 된다."
    "울릉도와 독도, 제주도는 원래 한국에 속한 땅이다. 법리와 도의로 말하자면, 우리는 당연히 이들 영토가 한국에 속한다고 주장해야 한다. 한국을 신탁통치하는 기간에 이 세 섬은 미국이나 중국에 의해 탁치되어야 한다. 아니면 울릉도와 죽도(竹島)는 미국이, 제주도는 우리 중국이 맡아 관할해야 한다."
    한국해양수산개발원 독도연구센터에서 부연구위원을 역임하고 현재 한아문화연구소(韓亞文化硏究所) 대표인 유미림 박사가 중국 외교부 사료관인 당안관(국가기록보관소)에서 찾아낸 다수 외교문서에서 발췌한 내용이다.
    1947년 10월 이전에 작성된 것으로 추정되는 이들 문서는 중국이 독도를 울릉도의 부속도서로, 한반도 영토 범위에 속한다고 생각했음을 보여주고 있다.
    중국이 이들 문서를 작성한 시기는 해방 이후 한국의 신탁통치방안이 논의되던 때다. 중국은 연합국 총사령부가 낸 지령이자 '일본으로부터 일정 주변 지역의 통치 및 행정상의 분리'를 규정한 'SCAPIN-677'에 근거해 작성한 이들 문서에서 자신들이 구상한 한국 영토 처리 방침을 연합국에 제시했다.
    유 박사는 "중국은 울릉도의 역사적 내력, 인구 분포를 보더라도 한국 영토이며 독도는 울릉도의 속도라고 보았다"면서 "하지만 울릉도•독도 귀속에 대한 중국의 태도와 제주도 귀속에 대한 중국의 태도는 같지 않았다. 이는 중국이 제주도를 지정학적 차원에서 중시했음을 의미한다"고 전했다.
    아울러 이들 외교문서에는 중국이 대마도까지 조선의 영토로 귀속되길 바랐다는 내용이 들어 있다고 유 박사는 덧붙였다.
    이들 외교문서는 유 박사가 중국에서 최초로 입수한 것이다. 비록 중국 정부가 이를 촬영 또는 복사해 외부로 가져가는 것을 금지해 필사한 것이라는 한계는 있으나 당시 중국의 한국 영토에 대한 인식을 엿볼 수 있다는 점에서 의미 있는 자료로 평가된다.
    유 박사는 이처럼 독도에 관한 적지 않은 새로운 사료를 발굴하고 그동안 발표했던 논문들까지 묶어 '우리 사료 속의 독도와 울릉도'(지식산업사 펴냄)라는 한 권의 책에 담았다.
    우리나라에서 발굴된 '울릉도 사적', 박세당의 '울릉도', '책문(策文)', 대한제국의 '울도군 절목(節目)' 등도 이 책에 포함돼 있다. 이 사료들은 새로 발굴됐거나 알려졌어도 제대로 번역되지 않은 자료들이다.
    그는 독도가 우리 땅임을 부르짖는 것도 중요하지만 새로운 사료를 끊임없이 발굴해 그것을 연구하는 것도 그에 못지않게 중요하다고 역설한다.
    독도가 우리 땅임을 재확인시키는 이 책은 정부의 독도 문제 대처에 유용한 길잡이가 될 것으로 보인다.
    changyong@yna.co.kr
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    (翻訳)
    「独島は韓半島領土」中国外交文書 初めて発見
    2013/12/01 08:17 送稿
    (ソウル=聯合ニュース)シン・チャンヨン記者=

    「竹島(独島)は鬱陵島の東北部にあり、面積は大きくなく鬱陵島の属島である。」

    「鬱陵島と独島、済州島は本来韓国に属した土地だ。 法理と道義で言ってみれば、私たちは当然これら領土が韓国に属すると主張しなければならない。韓国を信託統治する期間に、この三つの島は米国や中国によって信託統治ならなければならない。あるいは鬱陵島と竹島は米国が、済州島は私たち中国が引き受けて管轄しなければならない。」

    韓国海洋水産開発院独島研究センターで副研究委員を歴任し、現在韓亜文化研究所代表である柳美林博士が、中国外交部の資料館である档案館(国家記録保管所)で捜し出した多数の外交文書から抜粋した内容だ。

    1947年10月以前に作成されたと推定されるこれらの文書は、中国が独島を鬱陵島の附属島嶼で、韓半島の領土範囲に属すると考えたことを見せている。

    中国がこれらの文書を作成した時期は、解放以後韓国の信託統治方案が議論された時だ。 中国は、連合国総司令部が出した指令である「日本から一定周辺地域の統治および行政上の分離」を規定した「SCAPIN-677」に基づいて作成したこれらの文書で、自分たちが構想した韓国領土処理方針を連合国に提示した。

    柳美林博士は「中国は、鬱陵島の歴史的いきさつ、人口分布を見ても韓国領土であり、独島は鬱陵島の属島だと見た」としながら「だが、鬱陵島・独島帰属に対する中国の態度と済州島帰属に対する中国の態度は同じでなかった。これは中国が済州島を地政学的次元で重視したことを意味する」と述べた。

    あわせて、これらの外交文書には、中国が対馬まで朝鮮の領土に帰属するように願ったという内容が入っていると柳美林博士は付け加えた。

    これらの外交文書は柳美林博士が中国で最初に入手したものだ。中国政府がこれを撮影またはコピーして外部で持っていくのを禁止して筆写したという限界はあるが、当時の中国の韓国領土に対する認識をのぞくことができるという点で意味ある資料と評価される。

    柳美林博士はこのように独島に関する少なくない新しい史料を発掘し、これまで発表した論文もまとめて『私たちの史料の中の独島と鬱陵島』(知識産業社編集)という一冊の本に入れた。

    我が国で発掘された『鬱陵島事跡』、朴世堂の『鬱陵島』、『策文』、大韓帝国の『鬱島郡節目』などもこの本に含まれている。これらの史料は新しく発掘されたり発見されたりしても、まともに翻訳されてこなかった資料だ。

    彼女は、独島が私たちの土地であることを叫ぶのも重要だが、新しい史料を絶えず発掘してそれを研究するのもそれに劣らず重要だと力説する。

    独島が私たちの土地であることを再確認させるこの本は、政府の独島問題の対処に有用な道案内になるものと見られる。

    changyong@yna.co.kr
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    この記事では、
    「竹島(独島)は鬱陵島の属島である」
    「多数の外交文書から抜粋した内容」
    「中国は、~自分たちが構想した韓国領土処理方針を連合国に提示した」
    「これらの外交文書には、中国が対馬まで朝鮮の領土に帰属するように願ったという内容が入っている」
    としているが、すべて、あやしい。

    そもそも「外交文書」かどうか不明。
    相手国に渡してこそ「外交文書」である。
    たとえばサンフランシスコ平和条約「草案」というかたちで、アメリカが作っていた何回かの内部文書も「外交文書」と呼ぶのだろうか。
    また、これらの文書群が、「連合国に提示された」中華民国の構想かどうかはわからない。
    そして、内容の歪曲。


    「中国も、独島を鬱陵島の属島と考えており、それを外交文書で連合国に伝えていた」というまったく虚偽のストーリー。

    自らの願望(妄想)にあてはめて資料をむりやり解釈し、マスコミもまったく思考せずにそれをそのままのせている。

    マスコミ各社が一斉に同じ報道をするので、「事実」として国民の間に刷り込まれていく。

    ReplyDelete
  38. 逆の発想をすれば、中華民国はこの研究成果をもって、日本領土の処理について、アメリカに何らかの要求をした「外交文書」を提出していたかもしれない。
    そして、それはアメリカの文書館にあって、閲覧可能かもしれません。

    尖閣についての当時の中国の認識を知る手掛かりになるかもしれませんね。

    ReplyDelete
  39. Mr. opp

    You are overacting and desperately trying to cover up the significance of the Chinese documents showing China viewed Dokdo was an attached island to Ulleongdo and definitely Korean land by unnecessarily and overly emphasizing on the inaccurate description of 竹島(Dokdo/Takeshima) location. Jukdo sharing the same Chinese character 竹島 as Takeshima has nothing to do with the Chinese documents Researcher Yoo found.


    To find out what 竹島 in the Chinese indicates, it’s imperative to know the background of those documents. Those documents were written after Japanese surrender of WW2(1945) and before SF Treaty(1951) when the Allied Powers were negotiating the disposition of former Japanese territories according to Postdam Declaration which carried out Cairo Declaration stating Japan "Japan will also be expelled from all other territories which she has taken by violence and greed".


    IN 1946, the Supreme Court of th Allied Powers(SCAP) issued SCAPIN 677 which defined Japan excluding Utsuryo Island(Ulleongdo), Liancourt Rocks (Dokdo/Takeshima) and Quelpart Island(Jeju Island) and SAPIN 1033 to prohibite Japanese nationals from approaching within 12 miles of Dokdo. In 194, U.S. made a first draft of SF Treaty stipulating the return of Jeju Island, Ulleongdo and , Liancourt Rocks (Dokdo/Takeshima) to Korea. For the next two and a half years, 4 more U.S. drafts were prepared and all of them stipulated Japan should return those 3 islands to Korea.

    Even Japan argued about the sovereignty over Ulleongdo and Dokdo in the pamphlet"Minor Islands in the Sea of Japan." Japanese government issued in 1947. In this document, Japan claimed not only Dokdo but also unarguable Korean island Ulleongdo.


    According to Reserch Yoo, at this point of time, China as one of the Allied Powers was also preparing for the disposition of Imperial Japan’s overseas territories acquired from 1895 to 1945 based on the SCAPIN 677.(China was excluded in SF Treaty later.)

    TThe Chinese document 「日本領土處理辨法草案」 says as follows:

    Ulleongdo originally belonged to Shilla (Kingdom). It was occupied by Japanese Army during the Japanese Invasion of Korea in 1592 and Korea took it back during the period of Tokugawa Bakufu. Since Japan annexed Korea, it remained under the jurisdiction of North Gyeongsang Province of Korea. The area of Ulleongdo is about 7,225 square metre and 竹島 belongs to it(Ulleongdo). According to the survey of 1928, the population is 10,466 and only 600 among these are Japanese. Then, Ulleongdo and 竹島 should not be returned to Japan.
    (鬱陵島 原屬新羅 慶長之役時 爲日軍所占據 德川幕府時 復歸還韓國 日本併合朝鮮後 仍屬朝鮮慶尙北道管轄、其本島 爲7255平方公里 竹島卽爲屬島 人口據1928年調査 爲10466人 日本人 僅佔600名 則鬱陵島竹島 不應劃歸日本)

    「日本領土處理辨法硏究 」 says as follows:

    Those islands (Ulleung Island, Dokdo, and Jeju Island) originally belong to Korea. In legal and moral principles, we have to of course say that they belong to Korea. During the trusteeship, these three islands should be governed by the United States or China, During the trusteeship, the three islands should be governed by the United States or China and otherwise United States should have jurisdiction over Ulleongdo and 竹島 and China should have jurisdiction over Jeju Island.
    (元屬韓國 就法理道義言 我均應主張以之屬韓國 在韓國托治其間 比三島應由美國或中國托治 或者鬱陵 竹島由美托管 濟州由我托管)


    From these texts, it’s unquestionable 竹島 in the Chinese documents is Dokdo/Takeshima, not Jukdo. 竹島 China wanted to govern during the trusteeship is Dokdo/Takeshima SCAP separated from Japan and U.S. decided to return to Korea. It just doesn’t make sense China wanted to govern the small islandjust 2.2 km off Ulleongdo which has no value at all. Then, what is the value of Dokdo/Takeshima(竹島)? The answer is in Yamaza Enjiro’s statement that said Japan needed to build watchtowers and install wireless or submarine cable for Russo-Japanese War in 1905 and in William J. Sebald’s statement that said weather and radar stations can be built in Dokdo in 1949.

    ReplyDelete
  40. Mr. opp insists 竹島 in the Chinese documents above is Jukdo because of the description “竹島 is northeast of Ulleungdo; its area is small, but it belongs to Ulleungdo. (竹島在該島之東北部 面積不大 爲鬱陵島之屬島)” from the document 「韓國疆域問題意見-駐日代表團 」 , but the same document writes as follows:

    The Supreme Court of the Allied Powers (SCAP) deliberated on three islands- Ulleongdodo, Dokdo/Takeshima(竹島) and Jeju Island- in the Article 3 of a directive of territorial separation of Japan issued on Jan. 29, 1946. Even though the word ‘Korea’ was not attached, it shouldn’t be regarded either as being carelessly omitted or existing other intention.“
    (惟盟軍摠部 於1946年1月29日所發 日本領土劃分之指令第3項 特別提出 鬱陵竹島濟州三島 並未冠以 ‘韓國’字様 不應爲無意遺漏 抑或有其他企圖)


    This document cites SCAP’s instruction to separate Japan from Dokdo/Takeshima(竹島). In other words, the description “竹島 is northeast of Ulleungdo.(竹島在該島之東北部)” is just a mistake.


    In addition, there is an attached map entitled 日本領土疆界図 to 「對日和約草案」 showing 竹島 is definitely Dokdo/Takeshima. (Mr.opp uploaded this map above and it seem he agrees 竹島 in this map is Dokdo/Takeshima ).


    I think it’s clarified 竹島 in the Chinese documents is definitely Dokdo/Takeshima

    ReplyDelete
  41. 政府の領土問題のホームページが出来ました。

    http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014012400983

    「日本の領土」発信へHP開設=政府
     政府は24日、沖縄県・尖閣諸島や島根県・竹島などに関する日本の立場を発信するため、内閣官房のホームページ(HP)に領土関係に特化したコーナーを新設した。英語版も今後作成し、日本の主張の正当性をアピールしていく考え。
     新コーナーでは、尖閣諸島や北方領土、竹島を「日本固有の領土」と明記。東シナ海に石油埋蔵の可能性が指摘された後の1971年に初めて中国と台湾が尖閣諸島の領有権を主張し始めたことや、日本人が17世紀にはすでにアシカの漁獲地として竹島を利用していたことなどを写真や資料を使って紹介している。 
     山本一太領土問題担当相の日本語と英語による動画メッセージも掲載。山本氏はこの中で「わが国の領土や主権をめぐっては厳しい情勢が続いている。力による現状変更は許されない」と訴えている。(2014/01/24-20:26)

    時事
    ________________________________________
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    http://www.cas.go.jp/jp/ryodo/index.html

    http://www.cas.go.jp/jp/ryodo/torikumi/ryodoshitsu/ryodoshitsu-djm.html#movie
    政権放送みたいですね。
    これを見て、韓国側は「やられた!」と思うでしょうか?
    具体的に、不法占拠されていることについて、ここが間違っている、とか、もっと説得力のある具体的攻撃材料が必要と思います。

    http://www.cas.go.jp/jp/ryodo/torikumi/ryodoshitsu/ryodoshitsu-djm-eg.html
    基本的に日本語版と同じことを言っているんでしょうが、
    英語で発信していることのメリットは何なんでしょうか?
    それぞれ、韓国・中国・ソ連が、具体的にいかに非道なのかを説かなければ、反対勢力に対しても、「傍観勢力」に対しても、説得力も、効果もないと思います。

    これにいくら予算をかけているか知りませんが、
    「歴史戦争」の弾薬は「史料」だと思います。
    その裏付けのないサイトは、空虚です。
    官僚と政治家の自己満足のためのサイトに見えます。

    http://www.cas.go.jp/jp/ryodo/ryodo/takeshima.html
    これから充実させていくんでしょうが、
    やはり、これを見て、韓国側が「やられた!」と思う史料をもっと積み上げるべきでしょう。
    間違いだらけのバーバーさんの個人経営のサイトのほうが、はるかに「迫力」があります。

    やはり、いずれ転勤していく事務官ではなく、研究者が発信するシンクタンクにならないと、外国への説得力は持ちえないと思います。

    ReplyDelete
  42. matsuさん・oppさん
    判読の補足と掲載に感謝します。
    「於」で間違いありません。旁(つくり)の部分が「乞」または単に「乙」のようになることは良くあります。この漢字は更に崩すと、日本人なら小学生でも知っている平仮名の「お」になります。したがって、偏(へん)の部分が、手偏の「扵」のように書かれていることも多いです。

    恥ずかしながら私自身が、朴世堂『西渓雑録』と申光璞『蔚陵島事蹟』のスレッドで、
    http://dokdo-or-takeshima.blogspot.jp/2009/05/1693-1703.html
    7/12/12 00:57 のコメントに、
    「(草書体では、⺘手偏のように見えるのは方偏で、方のように見えるのは弓偏です)」
    と自分でも書いていました。なお、この手偏だけを表した字は、MS明朝フォントなどでは、小さな細長い四角で表示されますが、 ⺘は、unicode2E98の「⺘」(表示可能フォントは花園明朝Aなど)です。

    ついでながら、現代中国語の表現を台湾のYahooの検索サイトで調べてみました。
    http://tw.yahoo.com/
    「本圖係供」と「四周範圍」は四字熟語のように使用例が多々ありました。
    これで、すっきり判読できました。

    >>翻譯はあっているのだから不思議です。
     笑ってしまいました。柳さんが、誰かに意味だけ尋ねたのでしょう。意味を教えた人は、「須」と読めているといことですね。

    ReplyDelete
  43. Sloww:Jukdo sharing the same Chinese character 竹島 as Takeshima has nothing to do with the Chinese documents Researcher Yoo found.

    I said that you should study the elimination method at the junior high school.

    1. The word ”竹島” used for Jukdo or Liancourd Rocks.
    →This is proved by my post at 23/1/14 16:46
    2. Jukdo can be described to be at the northeast of Ulleongdo. (this is proven by documents)
    →This is proved by my post at 23/1/14 16:32
    3. Liancourt Rocks can be described to be at the northeast of Ulleongdo.
    →You can’t prove this.

    Then the island labeled “竹島” which locate at the northeast of Ulleungdo is Jukdo. In order to refute this conclusion based on elimination, you have two methods.

    No1:You must prove that Liancourt Rocks can be described to be at the northeast of Ulleongdo.
    No2:You must prove that another island labeled “竹島” which locate at the northeast of exist.

    If you can prove this, it can say that "竹島" of the『韓國疆域問題意見』is uncertain.

    I will present you other evidence.
    http://farm3.static.flickr.com/2413/2491732312_eb8864a649_b.jpg
    其地即チ古來ノ鬱陵島ニシテ其北方ノ小島竹島ト號スル者アレ共

    This is the first Japanese record that use the word “竹島” for Jukdo in 1880. The first Korean record use the word “竹島” is鬱陵島検察日記 in 1882 (Though it used the word “松竹島” and it is uncertain that the island is Jukdo). It has possible that Japanese named “竹島”because Japanese went to Ulleungdo and the Japanese named "松島" to Ulleungdo(See 鬱陵島検察日記) at that time.
    And this record describes that the location of the Jukdo is at the north of the Ulleungdo.

    ReplyDelete
  44. SLOWW:The Chinese document 「日本領土處理辨法草案」 says as follows:
    「日本領土處理辨法硏究 」 says as follows:


    First of all, 「日本領土處理辨法硏究 」 isn’t「日本領土處理辨法草案」. I had pointed at problematic points of your essay. You neglect direct descriptions of the records themselves by presumption from other records.

    1.”竹島” which described at 『日本領土處理辨法草案』 and『韓國疆域問題意見』is Liancourt Rocks, because Takeshima which describes at the map of SCAPIN is Liancourt Rocks.
    [Problematic points of Sloww’s essay]
    ・SCAPIN’s map wasn’t a attached map of 『日本領土處理辨法草案』 and『韓國疆域問題意見』.
    ・He neglects descriptions of the 『日本領土處理辨法草案』 and『韓國疆域問題意見』 which describe the geographical and historical information during annexation.


    It seems that 「日本領土處理辨法硏究 」is earlier than 「日本領土處理辨法草案」 by the title and contents. And China referred the SACPIN as reference. But China knew that SCAPIN isn't the territorial decision(盟摠指令 對和約自無任何拘束力 惟此爲最重要之参考文献).

    First, China recognized that Liancourt Rocks should give to Korea based on SCAPIN (There is no specific description about the history at日本領土處理辨法硏究).
    After China had researched the records of the Governor-General of Korea, she had knew that the existence of “竹島(Jukdo)” at the northeast of Ulleungdo. She had knew that the “竹島” at the northeast of Ulleungdo had governed by Governor-General of Korea too. Then she decided that the “竹島(Jukdo)” is Korean territory at the 「日本領土處理辨法草案」.


    Sloww: but the same document writes as follows: The Supreme Court of the Allied Powers (SCAP) deliberated on three islands- Ulleongdodo, Dokdo/Takeshima(竹島) and Jeju Island- in the Article 3 […]

    This is same pattern. The ground of the 『日本領土處理辨法草案』 and『韓國疆域問題意見』 aren’t SCAPIN but the governed area during annexation. And 『日本領土處理辨法草案』 described that the location of the “竹島” is at the northeast of the Ulleungdo, though she knew that the location of Liancourt Rocks is at the south east of the Ulleungdo (See the map of this article).

    ReplyDelete
  45. 元屬韓國(Sloww’s transelation: Those islands (Ulleung Island, Dokdo, and Jeju Island) originally belong to Korea)

    This interpretation is biased. There is no mention about "Those island". And there is no specific description about former Korean territory. It can translate as follows.

    “We should say that the territory which had belonged to former Korea is Korean according to the legal and moral principles. During the trusteeship, these three islands should be governed ……”

    It seems that China shows a principle or common belief at the first sentence. The first sentence (former Korean territory) and second sentence (SCAPIN) are contradictory because SCAPIN can’t become the evidence of the former Korean territory. It thought that China didn’t know the former Korean territory at that time and she only mentioned about SCAPIN as reference.
    It cannot be judged that the meaning of these sentences without whole text. But it is clear that the interpretation by SLOWW is unnatural. If China knew the former Korean territory at that time, she would describe the evidence (historical record) directory looks like 『日本領土處理辨法草案』 and 『韓國疆域問題意見』.

    ReplyDelete
  46. Mr. opp

    Please read my comments above again, then you can understand 竹島 in the Chinese document Dr. Yoo found can’t be Jukdo. If you still don’t understand, let me know. I’ll try another way to explain it even though it would be a waste of time. I hope you are not pretending you don’t understand 竹島 in the Chinese document is Dokdo/Takeshima.


    You said:
    "This interpretation is biased. There is no mention about "Those island". And there is no specific description about former Korean territory."

    There’s no subject in the Chinese text, but the subject of "元屬韓國(originally belong to Korea)" should be the islands mentioned before. What are the islands China is talking about? They are three islands Jeju Island, Ulleongdo and 竹島(Dokdo/Takeshima). I gave you the original text. Compare with it.

    ReplyDelete
  47. SLOWW: If you still don't understand, let me know. I'll try another way to explain it even though it would be a waste of time.

    Your another explain only showed that you mixed up various records for your desire. I never expect your presumption. My demand is original text itself which proves your essay. I don’t want to waste time for your essay.

    1. China recognized that SCAPIN wasn’t final decision of the territory, though it was important reference.

    2. 「日本領土處理辨法草案」mentioned that former Korean territory should back to Korea. It referred SCAPIN (a). But they didn’t show the evidence of former Korean territory.

    3. 『日本領土處理辨法草案』 and『韓國疆域問題意見』described that “竹島” should be Korean territory(a). They didn’t refer SCAPIN(b). They referred the historical record about Ulleungdo and records by Governor-General of Korea which showed local administration during the annexation(c). And the location of “竹島” is at the northeast of the Ulleungdo(d).

    You mixed up 2(a) and 3(a). You neglect 3(b), 3(c) and 3(d) because these facts contradict to your essay. Can you understand?


    SLOWW: There’s no subject in the Chinese text, but the subject of "元屬韓國(originally belong to Korea)" should be the islands mentioned before. What are the islands China is talking about? They are three islands Jeju Island, Ulleongdo and 竹島(Dokdo/Takeshima). I gave you the original text. Compare with it.

    Can’t you distinguish “before” and “after” ? Please show the original text which mentioned before the sentence of "元屬韓國” (If original text mentions about three islands before, Dr. Yoo must copy.) China expected that these tree islands would be Korean territory at this time. But their ground was only SCAPIN and couldn’t decide. (After the research by China, she inverted this recognition)

    ReplyDelete
  48. Matsuさん

    スローの「日本領土處理辨法硏究 」の「比三島應由美國或中國托治」ですが、「比」であってますでしょうか?彼の訳は「此」とみなしているような。。。
    (すみません。pdfの一部が受信できていませんでした。)

    ReplyDelete
  49. Sloww,

    You should thank this blog for allowing you to talk nonsense endlessly. I've commented on your blog multiple times, but you erased most of them. Thanks for that! Your blog and DokdoTakeshima.com already lost credibility since they don't allow viewers' comments.

    ReplyDelete
  50. OPPさん

    「比」ではなく、「此」です。
    330pの注44にあります。

    元属韓國 就法理道義言 我均應主張以之属韓國 在韓國托治期間 此三島應由美國或中國托治 或者鬱陵竹島由美托管 但應声明 一候韓國托管期満 仍應劃帰韓國管轄 不過無論如何 不應帰此三島諸日本或舊諸蘇聯
    (『日本領土處理辨法研究』)

    この「法理と道義」の部分については、のちほどコメントを上げます。

    それにしてもスローさんは、どうやってこの部分を翻刻したんでしょうね。
    どこかのサイトに載っているのか。それとも彼自身に漢字翻刻能力があるのか。

    Kumabearさんによると、スローさんは、またまたDokdoTakeshima.comのバーバーさんと同一人物ということになるのでしょうね。とすれば「右島」と「石島」の区別がつかない人だったと思いますが、進化したのでしょうか?


    論文、7回にわけて送ったと思いますが、届いているページと届いていないページを教えてください。さらにわけて送ります。

    ReplyDelete
  51. This comment has been removed by the author.

    ReplyDelete
  52. correction:

    比三島應由美國或中國托治
    --> 此三島應由美國或中國托治

    ReplyDelete
  53. This comment has been removed by the author.

    ReplyDelete
  54. 「法理と道義」について述べている部分について書きます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    新聞記事

    「この3個の島(鬱陵島・独島・済州島)は、本来韓国に属する土地だ。法理と道義で言ってみれば、私たちは当然この領土が韓国に属すると主張しなければならない。韓国を信託統治する期間にこの3島は米国や中国によって統治されなければならない。あるいは鬱陵島と竹島(独島)は米国が、済州島は我々中国が引き受けて管轄しなければならない。」(拙訳)

    "이 3개 섬(울릉도•독도•제주도)은 원래 한국에 속하는 땅이다. 법리와 도의로 말하자면, 우리는 당연히 이 영토들이 한국에 속한다고 주장해야 한다. 한국을 신탁통치하는 기간에 이 세 섬은 미국이나 중국에 의해 통치돼야 한다. 아니면 울릉도와 죽도(竹島•독도)는 미국이, 제주도는 우리 중국이 맡아 관할해야 한다."

    http://premium.chosun.com/site/data/html_dir/2013/12/02/2013120200144.html

    http://www.kalim.org/xe/70046(引用)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    この記事に対応する柳美林のこの本での記述は以下の通りです。

    P330

    이 세 섬은 원래 한국에 속하는 땅이다. 법리와 도의로 말하자면, 우리는 당연히 이 영토들이 한국에 속한다고 주장해야 한다. 한국을 신탁통치하는 기간에 이 세 섬은 미국이나 중국에 의해 통치돼야 한다. 아니면 울릉도와 竹島는 미국이, 제주도는 우리 중국이 맡아 관할해야 한다. 그러나 탁관托管 기간이 끝나면 당연히 한국이 관할하도록 되돌려주어야 한다는 사실을 밝혀야한다. 다만 어떤 경우라도 위 세 섬은 일본이나 소련에 귀속되지 않아야 할 것이다.(注44)

    (翻訳)
    この3島は元来韓国に属する土地だ。法理と道義で言ってみれば、私たちは当然にこれらの領土が韓国に属すると主張しなければならない。韓国を信託統治する期間に、この3島は米国または中国によって信託統治されなければならない。あるいは鬱陵島と竹島は米国が、済州島は我々中国が引き受けて管轄しなければならない。しかし、託管期間が終われば、当然に韓国が管轄するように返さなければならないという事実を明らかにしなければならない。但し、いかなる場合でも、上の3島は日本やソ連に帰属させないようにするべきだ。

    原文の中国語として挙がっているのは、以下の「注44」(p330)です。

    注44
    元属韓國 就法理道義言 我均應主張以之属韓國 在韓國托治期間 此三島應由美國或中國托治 或者鬱陵竹島由美托管 濟州由我托管 但應声明 一候韓國托管期満 仍應劃帰韓國管轄 不過無論如何 不應帰此三島諸日本或舊諸蘇聯
    (『日本領土處理辨法研究』)
    ・・・・・・・・・・・・・・
    主語にあたる「この3島は」の部分が確かに注44の原文にありません。しかし、そのような文脈ででてきたのだろうとは一応推測可能ではあります。

    「諸」は「これ」と読むようで、現代日本人には慣れない用法のようです。
    「舊」は本当にこの文字なのか、やや疑問です。「属」かもしれないと思いつつ、確認の方法がありません。解釈の段階でアドバイスをくれた人が、翻刻の段階ではそばについていなかったので間違えたのかも知れません。


    さて、これを見ると、SCAPIN677を研究している1947年の段階で、中国は、「法理と道義」から言っても、「竹島」を含めて3島は、韓国に属せしめるべきだと確かに言っています。
     
    就法理道義言 我均應主張以之属韓國

    ところが、直前に書かれている「元属韓國」という文言から見て、「竹島」を含めてこれらの3島は、「もともと韓国に属していた」と見ていることは明らかです。

    一方で、少なくとも、1905年から1945年までは、現竹島=独島は、日本の島根県に属していたことは確かです。よって、直近の事を言えば「元属韓國」ではなかったわけです。

    それでは、中国が、1905年以前の竹島が韓国に属していた、という何らかの史料をこの時点で持っていたのか?
    もとよりあろうはずもないですが、それがあれば提示しているはずです。

    逆に、ここで朝鮮の資料の中から見つけ出されている「竹島」、すなわち竹嶼は、
    中国も鬱陵島の属島と見ているわけですから、「元属韓國」なわけです。

    とすれば、この「法理と道義で言ってみれば、私たちは当然にこれらの領土が韓国に属すると主張しなければならない」という時の根拠になっているのは、「『竹島』は『竹嶼』だ」という認識だということになります。

    SCAPIN677からすれば、間違った「さがしもの」をしてしまったわけです。



    中国のこの文献は、「法理と道義」について述べ始めますが、突然、「済州島は我々中国が引き受けて管轄しなければならない。」などと言い始めます。

    その理由は、飛行場や、艦船の寄港地として地政学上重要だということのようです。韓国が強ければよいが、韓国が弱い場合、敵対勢力にとられてはいけない、ということのようです。
    これもまた中国の「領土野欲」ではないのでしょうか。

    所詮、「法理と道義」などという文言で言われることは、自分たちに都合のよいことを言っているにすぎないようにも思います。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ついでに、余談。
    朝鮮日報日本語版の記事

    「鬱陵島と竹島、済州島はもともと朝鮮に属した領土だ。法理と道義で言えば、われわれは当然これらが朝鮮に属すると主張すべきだ」

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/12/01/2013120101406.html

    注44にあるように、原文は「韓国」で、柳美林の引用でも韓国なのに、朝鮮日報日本語版が、なぜ「朝鮮」と訳しているのか不思議です。

    ReplyDelete
  55. さきほどのせたコメントで「濟州由我托管」がぬけていたので、入れなおしました。

    2つ前のコメントも、正しくは
    注44
    元属韓國 就法理道義言 我均應主張以之属韓國 在韓國托治期間 此三島應由美國或中國托治 或者鬱陵竹島由美托管 濟州由我托管 但應声明 一候韓國托管期満 仍應劃帰韓國管轄 不過無論如何 不應帰此三島諸日本或舊諸蘇聯
    (『日本領土處理辨法研究』)

    ReplyDelete
  56. 柳美林『我が史料の中の独島と鬱陵島』序文を翻訳します

    なかなか良いことをおっしゃっています。
    下記サイトにこの文章が載っており、自動翻訳が出来たので、それを手直ししておきます。
    http://www.jisik.co.kr/book/view.asp?num=24766

    紹介されている彼女の人脈から、現在の韓国での独島研究の状況が少し見えてきます。

    考えてみれば、柳美林がこれまでに見つけ、この本で紹介している史料、
    張漢相「鬱陵島事跡」、朴世堂「鬱陵島」、「策文」、大韓帝国「鬱島郡節目」
    は、すべて、このブログで取り上げられた新史料ばかりです。「史料発掘」という点で言えば、彼女は今、韓国における独島研究のトップスターであるとも言えます。

    翻刻も翻訳も、かなり正確だと思います。

    ただし、その史料解釈は、目にウロコが入っているために、何も見えていません。
    今回の中国の史料も、また同じです。

    序文翻訳・・・・・・・・・・・・・

    本の冒頭に
    1.
    私はここで独島が私たちの領土だという主張を繰り返したくはない。独島は厳格に大韓民国領土であるからだ。
    この本は、これまで発表した論文を修正・補完して纏めたものである。論文をまた見ると間違いも多く、確認しなければならない事項も多いため、原典を再び確認し、最近の研究成果も反映して少なくない部分を修正した。この本に載せられた論文は、ほとんど日本の主張に対する反論として書いたものや、新しく発掘された史料に基づいて書いたものだ。 2000年代以後、韓日両国では新しい史料が少なからず発掘されたが、韓国側に有利な史料が大部分である。その中で、2005年に日本で発掘されたのがいわゆる「元禄覚書」である(訳注:「元禄九年丙子年朝鮮舟着岸一巻之覚書」のこと)。張漢相の「鬱陵島事跡」、朴世堂の「鬱陵島」、「策文」、大韓帝国の「鬱島郡節目」などは韓国側史料だ。張漢相の文はかなり以前から知られていたが、全文が翻訳されたことがなかったし、朴世堂の文も「于山島」関連の内容が研究されていなかった。「鬱島郡節目」もまた鬱陵郡が裵季周の子孫から入手したが、その内容が知られていなかった。粛宗の時「鬱陵島争界」を科挙試験に出題した「策文」は、崔鳳泰(チェ・ポンテ)弁護士が私に分析を依頼したものだ。中国档案館の文書は今回初めて発表する論文であるが、玄大松(ヒョン・デソン)博士の情報提供で中国南京档案館資料を調査して書いたもので、全文が手に入るのを待ってここに発表することになった。

    「鬱陵島事跡」「鬱陵島」「策文」「鬱島郡節目」は、全部原文を整理して解読し翻訳した。史料解釈はいつも誤訳の恐れがあるが、皆さんの助けを受けて万全を期そうと思った。関心ある方々の叱正を待つ。

    ReplyDelete
  57. 2.
    これまで「独島研究」に従事しながら、一時は研究機関に従事した研究員として、今は一人の研究者(歴史学)として、「研究」と「広報」の側面で普段残念に感じてきたことを書こうと思う。
    私が独島研究に足を踏み出すことになったのは2006年韓国海洋水産開発院独島研究センターに入所してからだ。初めは先行研究を学習しながら「独島問題」を理解して行き、関連文書を読んだ。しかし、たくさん引用される史料に誤訳が多くて用語に統一性がないということを知るようになり、私の関心は原典の確認に向かっていった。研究者が原典を確認するのは当然のことだが、私たちの学界の一部の学者は、これを見逃して先学の誤りを踏襲する傾向がある。基本書と先行研究に対する検討なしに行われる研究は研究者に自身の発見が初めてであるように誤認させる恐れがあり、原典確認なしで踏襲する研究は先学の誤訳を正すことができないだけでなく自身の誤りにもつながる危険性がある。歴史学は史料が新しく発掘されれば既存の説は再考されなければならない。さらに「独島」関連史料は新しく発掘される余地が多いだけでなく、依然として確認しなければならない内容も多いので、原典を几帳面に確認して最新の動向を反映して誤りを最小化しなければならないだろう。

    「独島」関係研究に対する支援予算は、これまで着実に増加してきた。しかしその支援が多いと言って独島問題解決に役に立つとは考えない。研究事業だけ見ても、多額の予算がかえって不必要な研究を量産し、研究の質を低下させる側面があるためだ。研究者が多くなれば水準も向上するだろうが、予算消耗のための事業をするならば不必要な研究もすることになり、一方では特定の主題に偏重される。実際、ここ数年間の研究成果は過去50年間に蓄積されたものより多いが、荒れ地で「独島の歴史」を切り開いて史料の発掘をやり遂げた業績で見るならば、私たちが第一世代の研究者、および宋炳基(ソン・ビョンギ)慎鏞廈(シン・ヨンハ)先生の研究範囲と史料発掘からどれくらい抜け出したのかは疑問だ。その上で、希望的であることは、過去には独島通史と韓国史料の分析を主としたとすれば、最近は日本史料に分析対象を拡大して行きつつあるという点だ。逆説的なことに、韓国の独島領有権立証に有利な史料を発掘したり、独島が日本の領土ではないことを日本側の史料で論証している人は主に日本人だ。もちろんこれらの論著を翻訳して紹介したり、韓国側の反論の論拠に活用するのも必要だが、もうこれを越えて資料発掘と研究、二つの側面で質的な跳躍をしなければならない時である。

    独島研究は資料発掘と解釈がカギだ。独島は私たちの領土であるから史料を発掘するほどこれを立証するのに有利になるためだ。ところで個人研究者は史料に接近するのが容易でないだけでなく時間も多くかかる限界がある。また、研究者がすべて一次史料に対する解読能力を持つわけでもない。従って研究機関は、色々な個人に配分して単発性研究を任せたり、領有権と直接的関連性が少ない地図の購入に予算を使うよりは、史料の脱草(訳注:草書を正字に解読すること。翻刻)や翻訳のような基礎研究を遂行して深化研究の資料を提供することが効率的だと考える。私たちは独島領有権を主張する時、512年の新羅の于山国征服を前面に出すが、これを領有権の根拠とすることは難しい。それよりは1905年以前に韓国が独島を統治した実状と、日本が独島を侵奪した状況を証明することがさらに重要である。これを立証できる史料が、現在、韓国の奎章閣、日本の外交資料観などにあるが、閲覧が容易でないだけでなく活用できる研究者も制限されている。また、史料を収集・翻訳するのは適切な人材を確保した研究所(機関)でなければ難しいことだ。さらに、史料は収集自体に意味があるのではないので、研究機関は収集史料と研究結果を他の機関および色々な研究者たちと共有するのに積極的であってこそ、内外で研究のシナジー効果を出せるはずである。
    もう機関ごとに似た広報物を発刊し、同じ史料を重複収集し、似たホームページとアーカイブを構築する浪費を止める必要がある。そのためには統合的なデジタルアーカイブを構築して、史料と研究結果を公開し、情報を共有しなければならないだろう。そして研究は政策的対応と分離して対外的変数と関係なく持続しなければならないだろう。広報物を発刊する時は、対象の水準に合わせつつ内容の統一性を期すれば良い。広報物が地域ごとに均衡的に配布されるのかも管理されなければならない。公共機関の「独島」ホームページも機関の性格に合うように史料を選別して誤りなく掲載するならば、公信力がより大きくなるだろう。

    最後に、独島関連用語と表記は統一されなければならない。独島関連サイトと発刊物、博物館(広報館、記念館)の展示物を見れば、用語と表記がさまざまだ。このような混乱は研究機関が原則をたてて正さなければならない。広報物の発刊より優先されなければならないのが、誤りを正すことだ。良く知られているように、日本が「鬱陵島争界」によって渡海禁止令を出す時称した「竹島」は本来鬱陵島を示すものだった。一方日本が1905年に自国領に編入する時命名した「竹島」は独島の呼称だった。そして当時我が国と日本が鬱陵島のそばのテッソムを示す時使った呼称は「竹島」であった。(訳注:テッソムは竹の島、すなわち竹嶼のこと)ところで現在の我が国は公共機関さえ独島の呼称として「タケシマ」の代わりに「竹島」と表記する場合がある。翻訳書も同じだ。「タケシマ」が日本式呼称であることにより「竹島」と表記することを主張し、英語では‘Takeshima’と表記するならばこれは理に適わない。表記は時代により変わるはずだ。最近は、シマネ県をトグンヒョン(島根県)、ヨシダ首相をキルジョン(吉田)首相と表記することは殆どないではないか。日本が定めた2月22日を「タケシマの日」、「竹島の日」、「独島の日」とメディアごとに違うように表記して、研究者まで曖昧な立場を見せるのは考えてみる必要がある。その他にも混乱している用語は多い。「独島」研究自体があまりにも論争的だとすれば内容の統一性を期するのが難しいが、史料の性格を正しく認識するならば、このような混乱は払拭されるだろう。私たちは正確な記述と表記が、正しい教育と広報に直結するということを念頭に置かなければならないだろう。

    私が独島研究者としてあえてこのような指摘する理由は、独島が大韓民国領土であるのにこれを立証しなければならない現実に直面しているためだ。 1877年に日本が独島は日本の領土ではないと公式に認めた太政官指令と、1900年に大韓帝国が石島すなわち独島を鬱島郡の所轄区域として明示した勅令第41号を広報するのは大変重要だ。しかしこうした決定がされてくるまでの歴史的脈絡を説明するのに統一性が欠如してはいけないと感じて憂慮を表明しているのだ。従ってその意図が、独島は私たちの領土だという厳然な事実を傷つけようとする所には無いことは勿論である。

    ReplyDelete
  58. 3.
    この本が出来るまでに感謝申し上げなければならない方がとても多い。まず政治学者である私には少し慣れない韓国海洋水産開発院を紹介されたユン・ジンスク博士に感謝申し上げる。私が研究員として在職する間、力量を力いっぱい発揮することができるように激励して下さった。そして鬱陵島を現地調査するたびに親切に案内して下さった鬱陵郡庁のキム・キベク課長にも感謝申し上げる。本では習うことのできない鬱陵島の歴史と貴重な資料を提供された。慶尚北道・独島対策課のイ・ソリ先生にも感謝申し上げる。東京大学で会った知己、玄大松(ヒョン・デソン)博士と崔鳳泰(チェ・ポンテ)弁護士にも感謝の気持ちを伝える。本当に友好的な韓日関係を望む二人の同学に多くのことを学んだ。そして史料解読を助けた麗沢斎の同学に心より感謝する。その中でも麗沢斎の同学であり今は高麗大学校漢字漢文研究所に在職中であるチェ・ビョンジュン先生とカン・ヨジン先生に感謝する。これらの方々がいなかったとすれば脱草と翻訳、どれも見込めなかっただろう。また、中国外交文書解釈を助けたパク・ムンジン博士、日本史料解釈を助けたチェ・ウンソク、パク・ジヨン博士にも感謝申し上げる。その他にも国際法と地理学、地図、漁業史関連の部分で多くの方々に諮問を受けた。いちいち指名できなくて申し訳ないばかりである。韓国海洋水産開発院と東北アジア歴史財団、慶尚北道・独島史料研究会は私が独島研究者に成長するのに動力になった機関だ。

    この本を出しながら、長い間の縁が大切なことを今一度悟った。大変な時に私を信じて励ましてくれた先後輩と知人たちに感謝の気持ちを伝える。最後にこの本の出版を喜んで受諾して下さった知識産業社社長と編集チームの労苦に深く感謝申し上げる。

    2013年10月
    柳美林


    目次
    本の冒頭に4

    第1章 于山島は独島だ
    地理誌記述方式と「鬱陵・于山二島」説 16
    「于山島=独島」説の立証 42
    鬱陵島捜討と捜討制の推移に関する考察 66
    「鬱陵・于山」記述と「申景濬改竄」説の虚構 94

    第2章 石島も独島だ
    日本の「石島=独島」説否定に対する批判 130
    借字表記方式と「石島=独島」説立証 152

    第3章 独島は大韓民国領土だ
    収税慣行と独島に対する実効支配 194
    朝鮮地理誌の鬱陵島・独島認識 235
    日帝強占期日本人の「独島」呼称 268
    中国の対韓領土認識 311

    第4章 史料の中の鬱陵島と独島
    張漢相の「鬱陵島事跡」(1694) 350
    朴世堂の「鬱陵島」(1696以後) 369
    策文と対策(1696以後) 399
    「鬱島郡節目」(1902) 431

    参考文献 448
    索引 458

    著者略歴
    柳美林
    梨花女子大学校政治外交学科および大学院卒業(政治学博士)
    韓国古典翻訳院国訳研修院修了
    日本東京大学法学政治学研究科就学
    韓国海洋水産開発院独島研究センター副研究委員歴任
    現在韓亜文化研究所代表

    主な著述
    『朝鮮末期の政治思想』(知識産業社、2002)
    『韓国政治思想史』(共著、白山書堂、2005)
    (高校生用)『独島正しく知ること』 (柳美林他、東北アジア歴史財団、2011)
    (小学生用)『独島が愛している』 (柳美林、許英蘭(ホ・ヨンラン)、天才教育、2012)
    (中学校)『美しい独島』 (許英蘭(ホ・ヨンラン)、柳美林、天才教育、2012))ほか

    ReplyDelete
  59. OPPさん

    文書を誰が書いたかという件ですが、
    注35に、『舊日本領土』は、南京外交部 亜東司科長 張廷錚が作成したものであることを明らかにしている。
    という記述がありました。

    (皆さんには見えていないと思うので、もしメールが届いていたら、出していただけたらと思います。)

    それで「張廷錚」で検索すると、こんな記事がありました。

    http://blog.big5.voc.com.cn/blog_showone_type_blog_id_771518_p_1.html
    1940年代國民政府圍繞琉球問題的論爭與實踐

    在外交部的研究方案中,張廷錚所起草的《我對琉球政策之研究》應屬一篇關鍵報告。[39] 張廷錚時任外交部亞東司東一科科長,主管琉球事務。他參與了琉球問題的全過程,也是基本政策的起草人。


    「外交部 亞東司 東一科 科長」というのは、いわば外務省アジア局東アジア課長ぐらいの感じでしょうか。ここでテーマになっているのは琉球問題ですが、「基本政策的起草人」というのは領土問題全般に言えたのではないかと思います。この部分の記事も1947年の事ではないかと思います。[39]の注記から該当の場所を探せます。

    『舊日本領土』は、この実務的責任者の書いた文献ではないでしょうか。

    盟軍摠部於1946年1月29日會領發指令 詳細規定 以爲占領期間 日本之行政區域 盟摠指令 對和約自無任何拘束力 惟此爲最重要之参考文献

    を書いた人です。

    ReplyDelete
  60. スロウ君の正体、敢えて否定しなかったと言うことは、図星だったんですかね。

    それにしても、スロウの英訳のこの部分もさらっと凄い訳し方ですね。
    鬱陵島 原屬新羅 慶長之役時 爲日軍所占據 德川幕府時 復歸還韓國
    Ulleongdo originally belonged to Shilla (Kingdom). It was occupied by Japanese Army during the Japanese Invasion of Korea in 1592 and Korea took it back during the period of Tokugawa Bakufu.

    空島政策で誰も居なかった竹島(鬱陵島)を、日本人が日本領土として開発利用していた約百年間を無視した文章です。
    「鬱陵島 原屬新羅」という原文も、新羅に侵奪される以前は新羅に属してはいなかったという歴史を無視しているわけですが、慶長の役に、鬱陵島すなわち当時の竹島が占拠されたというのは、正しいのでしょうか。
    何か史料があるのか、史料はなくても当然そのはずだ程度の認識で書かれたように思える原文を、スローの翻訳は、さらに日本を貶める印象操作をしているように思えます。

    ReplyDelete
  61. matsuさんへ
    >それにしてもスローさんは、どうやってこの部分を翻刻したんでしょうね。

    手書入力を使えば漢字を知らなくても入力は可能かと思います。また、彼がSteave バーバーなら、奥さんが韓国人だったはずなので少しは漢字を知っているかもしれません。ただ、「此」と「比」は漢字を常用している人であればしない間違いですね。


    >とすれば、この「法理と道義で言ってみれば、私たちは当然にこれらの領土が韓国に属すると主張しなければならない」という時の根拠になっているのは、「『竹島』は『竹嶼』だ」という認識だということになります。

    私は、単純にSCAPINに基づいて「元属韓國」と判断したのではないかと考えます。すなわち、日本領土處理辨法研究の竹島は現竹島だと思います。その後、総督府時代の資料を調査して竹嶼の存在を認識し韓国領としたのではないでしょうか。中国がSCAPINの竹島と総督府の竹嶼を同じ島だと錯誤した可能性はありますね。

    >所詮、「法理と道義」などという文言で言われることは、自分たちに都合のよいことを言っているにすぎないようにも思います。

    彼らの「法と道理」は国際法や国際社会ではなく、「中華秩序」におけるそれなのだと思います。

    Pdfですが311~315、334~339、340~345、346~は頂いてます。これ以外の部分を再度送付頂けないでしょうか。(細かく分割しなくても大丈夫のような気もします。)


    小嶋さんへ
    >慶長の役に、鬱陵島すなわち当時の竹島が占拠されたというのは、正しいのでしょうか。

    「壬申倭乱」ではなく「慶長之役時」という用語からして、参考にしているのは日本側の資料ではないでしょうか。1947年に外務省が領土交渉用に作成した「Minor Islands Adjacent to Japan proper」の鬱陵島部分を見ると「1952年の豊臣秀吉による遠征時にこのエリアに対する活動を活発化した」、「1679年徳川幕府は渡海を禁止した」といった記述があります。韓国側の活動として「韓国でも古くから知られており、12世紀中旬以降、韓国がたびたび植民化を試み、1400年以降空島政策がとられた」としていますが、新羅時の記述はありません。この資料と朝鮮王朝実録あたりを参考にして作成されたのではないでしょうか。

    >スローの翻訳は、さらに日本を貶める印象操作をしているように思えます

    慶長之役の英訳については、この言い方が定着してしまっているようです。

    ReplyDelete
  62. "其本島"の"本"をスローは、指示詞"the"と訳しています(柳も?)が、"本"の前に"其"があるのでこの場合”the main island”のが正確だと思います。

    右島ではありませんが、シン・ヨンハは、よく"本島"を"the island"ではなく"main island"として訳して「竹島は鬱陵島の属島だった」と歪曲するわけですが、柳のこの解釈と比較して、その出鱈目ぶりを説明すると面白いかもしれません。

    http://english.chosun.com/site/data/html_dir/2012/10/15/2012101501034.html

    ReplyDelete
  63. 訂正。
    正確にはSlowwは"其"を"the"、"本"を"Ulleongdo"と訳してました。其本島="the the(Ulleongdo) island"という訳になります。
    「最初の鬱陵島=慶尙北道に管轄された鬱陵島=本島と属島(竹島)から構成される」という構図を誤魔化すためにこのような訳し方をしているのではないでしょうか。

    ReplyDelete
  64. oppさん
    コメント有り難う御座います。
    貴殿の仰るとおり、慶長という日本の元号を使っていますから、出典は日本の史料を元にしているのだと思います。しかし慶長の役は1596年であり、英語訳にある1592年では、文禄の役になってしまいます。この辺りも出鱈目な翻訳です。
    Armyは、軍勢、兵力と考えれば誤訳ではないかもしれませんが、無人島であった鬱陵島なのに、あたかも日本の陸軍が島民を蹂躙したような印象を与えます。近代の日韓併合の歴史に疎い外国人に、史実とは異なる想像を畳みかけるようです。
    「德川幕府時 復歸還韓國」は、鬱陵島の帰属問題に関する1697年の幕府の鬱陵島渡海禁止の通知という歴史的事実を指しての記述ですから、この文は「徳川政権下の或る時期に、韓国の領有に帰した」という意味に訳すべきです。
    徳川幕府時の「時」を、徳川幕府の「時代」と訳しても間違いとはいえませんが、前置詞はinを使うべきです。しかしこの英訳文は、during the period of Tokugawaとしています。duringでも一定の期間内のある時を示す表現も有り得る前置詞ですが、一般的な意味合いとしては、むしろ「徳川幕府の全時代を通じて、韓国が鬱陵島を取り戻していた」という意味に取れるようにわざと訳していると判断されます。したがってこの訳文も歪曲といえます。

    ReplyDelete
  65. matsuさんに頂いた柳氏の参考文献を本記事の画像に追加しておきました。

    ReplyDelete
  66. 小嶋さん

    こんな感じでどうでしょうか?

    Ulleongdo originally belonged to Shilla. Japanese troops occupied during the Japanese Invasion of Korea in 1596 and it was went back to Korea in the period of Tokugawa Bakufu. Since Japan annexed Korea, it remained under the jurisdiction of North Gyeongsang Province of Korea. The area of the main island is about 7,225 square meter and 竹島 is the attached island. According to the survey of 1928, the population is 10,466 and only 600 among these are Japanese. Then, Ulleongdo and 竹島 should not be returned to Japan.

    ReplyDelete
  67. oppさん
    ああ、素晴らしい。正確な翻訳に感謝します。

    皆様
    この漢字原文にある、慶長の役に関する認識の日本側の元史料の一つを見出しました。
    このスレッドで紹介するのは、些か離れた話題となりますので、matsuさん他の皆さんには若干気が引けるのですが、なんと慶長の役の「竹島」は、鬱陵島ではなかったことを示す史料ですので、紹介させて下さい。

    史料は日本式の漢文で、訓点が施されていますが、レ点や送リガナを書き表すことが出来ませんので漢文の白文と読み下し文になります。

    ReplyDelete
  68. 『征韓偉略』

    天正十五年[丁亥]、秀吉欲乗勢取路朝鮮入明。
    以沙乙背同為郷導、遣兵船十六艘、自嶺南外洋、直到興陽、勦竹島 、以先嘗朝鮮兵力強弱。
    機張営、清正住箚、兵数万、離東萊府二里。倭陣小。釜山浦倭陣大。正成、行長住箚、兵数万。金海府倭陣大。直正住箚、兵数万、竹島朝鮮降民住。倭陣大近万。
    浮田秀家、毛利秀元屯釜山。無幾留其兵而還本邦。小西行長居金海城、加藤清正梁山城、鍋島直茂竹島、黒田長政機張城、舟軍諸将、築城唐島備水師。
    既而惟敬、行長始廻。又撤西生浦竹嶋等屯。而釜山四屯不撤。

    [慶長二正月]十四日 先鋒清正、既先諸軍入朝鮮、復竹島旧塁、与原留釜山兵合、在機張住箚、随攻梁山。
    秀吉令曰。釜山城豊臣秀秋守之。太田小源五掌軍務。安骨浦城高橋直次、筑紫広澄守之。竹島城久留目秀包守之。
    後占拠東萊、機張、西生浦、豆毛浦、安骨、竹島、梁山、蔚山、加徳。而横行熊川、金海、昌原、咸安、晋州、固城、泗川、昆陽。然不掠財殺人、務在招撫。
    釜山、南連対馬、北通全慶、東有東萊、機張、西生、琳瑯、五浦、為之左臂、西有安骨、加徳、熊川、森浦、巨済、閑山、徳橋、金海、竹島、竜堂、為之右臂、聯絡犄角、可攻可守。
    麻貴、先至王京、諭李昖、練兵固守。成允門、権応銖等、住慶州以防鳥嶺。金応瑞等、住宣寧、以防釜山。元均以舟師、専備竹島、加徳、以候明大兵至。
    我将帥、浮田秀家、管四国九州諸将、営于釜山、鍋嶋直茂、営于竹島、毛利吉成、毛利豊前守、島津忠恒、秋月種長、高橋直次、相良長安、営于安骨浦、加藤清正、営于蔚山、島津義弘、営于加徳嶋、小西行長、有馬政純、大村嘉前、松浦鎮信、安国寺恵瓊、五島盛勝、営于順天、宗義智、営于南普拝島。南端泗川、島津義弘、忠恒、守焉。迤北五里為南海。立花宗茂、有馬晴信、大村嘉前、松浦鎮信、守焉。自南海距唐島二十余里間、拠要害列戦艦。自唐島十里迤北、為竹島。鍋嶋直茂守焉。自竹島迤北四里、為梁山。黒田長政守焉。梁山北八里、釜山浦也。総督浮田秀家、毛利秀元分二城鎮焉。自釜山北十四里、為西生浦。自西生浦北、二日程為蔚山。山北為順天。小西行長守城焉。清正居蔚山城。
    義弘、欲自陸路攻之。与諸将期、率兵三千屯唐島。聞舟師喊声、同発喊、放大砲、水陸合勢攻之。忠恒跳乗一敵船、勇戦 悉殺其兵、遂奪船。均至絶影島、督諸軍進戦。夜深風盛。舟分漂。均還至加徳島。
    義弘、予分布手下兵二千于十五六里間、悉殺逃兵。時鍋島勝茂在竹島。聞此戦、馳舟至。而戦将終。猶見嘉明乗敵艦奮撃。勝茂憾不及戦酣、云々

    ReplyDelete
  69. 出典は、『松浦静山の甲子夜話三篇三十五』 です。

    原文には読み下すには、不十分ながら訓点が施されています。その訓点を生かしつつ、私流に書き下し文にしてみました。

    征韓偉略
    天正十五年[丁亥](1587年)、秀吉、勢いに乗じて路を朝鮮に取り、明に入らんと欲す。
    沙乙背同を以って、郷導と為し、兵船十六艘を遣わし、嶺南の外洋に自(よ)り、直ちに興陽に到り、竹島を勦(ほろぼ)して 、以て先づ朝鮮の兵力強弱を嘗(な)む

    機張の営は、清正が住箚(じゅうさつ)す、兵数万、東萊府を離ること二里。倭陣小なり。
    釜山浦の倭陣大なり。正成、行長が住箚す、兵数万。
    金海府は倭陣大なり。直正が住箚す、兵数万、竹島は朝鮮の降民を住はす。倭陣大にして万に近し。
    浮田秀家、毛利秀元は釜山に屯す。幾(ほど)無くして其兵を留めて本邦に還る。
    小西行長は金海城に居り、加藤清正は梁山の城、鍋島直茂は竹島、黒田長政は機張の城、舟軍の諸将は、唐島に城を築て水師に備ふ。
    既にして惟敬、行長は廻(かえ)し始む。又、西生浦竹嶋等の屯を撤(さ)る。而して釜山の四屯撤さず。

    [慶長二正月]十四日 先鋒の清正は、既に諸軍に先んじて朝鮮に入り、竹島の旧塁を復し、原留釜山の兵を合せ与(く)み、機張に在て住箚し、随て梁山を攻む。
    秀吉令して曰く。「釜山の城は豊臣秀秋之(これ)を守れ。太田小源五軍務を掌(つかさど)れ。安骨浦の城は高橋直次、筑紫広澄之を守れ。竹島の城は久留目秀包が之を守れ。」
    後に、東萊、機張、西生浦、豆毛浦、安骨、竹島、梁山、蔚山、加徳を占拠す。而して、熊川、金海、昌原、咸安、晋州、固城、泗川、昆陽に横行す。然れども財を掠めず、人を殺めず、務(つとめ)て招撫に在り。
    釜山、南は、対馬に連なり、北は、全慶に通じ、東は、東萊、機張、西生、琳瑯、五浦を有し、之が左臂(さひ)と為し、西は、安骨、加徳、熊川、森浦、巨済、閑山、徳橋、金海、竹島、竜堂を有して、之が右臂と為し、犄角(きかく)を聯絡し、攻む可く守る可し。

    麻貴、先づ王京に至り、李昖に諭して、兵を練り固く守る。成允門、権応銖等は、慶州に住して以て鳥嶺を防ぐ。金応瑞等は、宣寧に住して、以て釜山を防ぐ。元均は舟師を以て、専ら竹島、加徳に備へ、以て明の大兵至るを候(ま)つ。
    我が将帥、浮田秀家は、四国九州の諸将を管し、釜山に営し、鍋嶋直茂は、竹島に営し、毛利吉成、毛利豊前守、島津忠恒、秋月種長、高橋直次、相良長安は、安骨浦に営し、加藤清正は、蔚山に営し、島津義弘は、加徳嶋に営し、小西行長、有馬政純、大村嘉前、松浦鎮信、安国寺恵瓊、五島盛勝は、順天に営し、宗の義智は、南普拝島に営す。南端泗川は、島津義弘、忠恒、焉(ここ)を守る。迤北五里を南海と為す。立花宗茂、有馬晴信、大村嘉前、松浦鎮信、焉を守る。南海自り唐島を距ること二十余里の間、要害に拠り戦艦を列す。唐島自り十里迤(ななめ)北を、竹島と為す。鍋嶋直茂は焉を守る。竹島自り迤北四里を、梁山と為す。黒田長政は焉を守る。梁山の北八里は、釜山浦也。総督浮田秀家、毛利秀元は二城を分って焉に鎮す。釜山自り北十四里を、西生浦と為す。西生浦自り北、二日程で蔚山為り。山北を順天と為す。小西行長焉の城を守る。清正は蔚山城に居る。
    義弘、陸路自り之を攻めんと欲す。諸将与(ともに)期し、兵三千を率いて唐島に屯す。舟師の喊声を聞きて、同じく喊を発し、大砲を放ちて、水陸勢を合せて之を攻む。忠恒跳(おどり)て一敵船に乗り、勇戦して其兵を悉く殺し、遂に船を奪う。均しく絶影島に至り、諸軍を督して進み戦ふ。夜深く風盛なり。舟(ふね)分漂す。均しく還りて加徳島に至る。
    義弘、予(あらかじ)め手下の兵二千を十五六里間に分布して、逃兵を悉く殺す。時に鍋島勝茂は竹島に在り。此戦を聞き、舟を馳せて至る。而して戦(たたかひ)将に終わんとす。猶(なほ)、嘉明が敵艦に乗じて奮撃するを見る。勝茂は戦酣(たたかひたけなわ)なるに及ばざるを憾(うら)む、云々

    ReplyDelete
  70. 小嶋さん
    ありがとうございます。

    鍋島直茂・勝茂がいた「竹島」は、釜山の近くの金海竹島倭城だと思います。

    http://www.busannavi.jp/1380756690
    http://jibusakon.jp/shiromeguri/wajo/kinkaitakeshima

    いまも城跡がのこっていて、日本人にも人気があるようです。

    鬱陵島は、これとは別個に、日本側に占領されたのだと思います。

    ReplyDelete
  71. 「慶長之役時 爲日軍所占據」とある、もとの資料のひとつは『芝峯類説』ではないかと思います。

    秀吉の出兵の時に、鬱陵島は日本に占領されていた、という話です。
    これはすなわち、朝鮮側が防御できなかった、ということだと思います。

    張漢相が安龍福の直後に鬱陵島に行ったとき(1694)に、日本人の名前が木の幹だかに刻まれていたままになっていた、というくだりがあったと思いますが、日本人のプレゼンスを示す話だと思います。

    文禄・慶長時代から、江戸時代に入って大谷・村川の竹島渡海時代を経て、1696年に日本側が竹島渡海を禁止するまで、この100年くらいは、鬱陵島は実質上日本側の支配下にあったのだと思います。

    渡海禁止以降も、鳥取藩民以外には公式に禁止令は出ていないわけですから、実際に鬱陵島に行った日本人は相当数いたと思います。

    一方の朝鮮側は、張漢相以降、3年に一回の捜討を行う建前にはなっていましたが、予算がかかることもあり、確実に行われたわけではないわけで、鬱陵島を実効的に「押さえる」ことはできていなかったと思います。

    この状態が、李奎遠派遣のあとの1882年の開拓令、移住開始まで続いていたのだと思います。

    『韓國疆域問題意見』にある「該島所屬問題、在昔日韓兩國 一再攘奪。 自1884年以後、 韓人移住該島者 浸假增加、 勢力日大 爭論始平。」はそのあたりの認識を示したものと思います。


    李睟光『芝峯類説』
    島根県のサイトに載っている『磯竹島事略』に
    http://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/web-takeshima/takeshima04/takeshima04_01/takeshima04c.data/shiryou-4-1-2.pdf

    11pから『芝峯類説』の引用があり(漢字影印そのまま)
    12p3行目から、次の記述があります。

    「壬辰變後、人有往見者、亦被倭焚略、無復人烟。近聞、倭奴占據磯竹島。或謂、磯竹即蔚陵島也。」

    「壬辰倭乱の後、島に住みつくために渡った者もいたが、倭人の略奪を受け、二度と渡る者はいなかった。最近、聞くところによると、倭奴が磯竹島を占拠したというが、磯竹島とはまさに鬱陵島のことである」
    http://hide20.blog.ocn.ne.jp/mokei/2010/01/post_b067.html



    この『芝峯類説』の年代ですが、

    1614年の『芝峰類説』
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%94%90%E8%BE%9B%E5%AD%90

    万暦42年(1614年)の7月付けの序文がある李スグァンが編纂した芝峰類説
    http://takeshima05.wiki.fc2.com/wiki/%E8%8A%9D%E5%B3%B0%E9%A1%9E%E8%AA%AC%E6%9B%B0%E3%80%81%E7%A3%AF%E7%AB%B9%E5%B3%B6%E5%8D%B3%E8%94%9A%E9%99%B5%E5%B3%B6%E4%B9%9F%E3%80%80%E7%8B%AC%E5%B3%B6%E5%95%8F%E9%A1%8C%E6%A6%82%E8%AB%964-1-1

    とあります。
    「最近」、日本が磯竹島を占拠したという、その「近聞」というのが、『芝峰類説』の序文の年だという1614年からどれほどの前のことなのか。

    秀吉の死後も、鬱陵島の日本人は引きあげずに残っていて、鬱陵島を占領し続けていたのではないかと思います。(朝鮮側の兵力はないわけですから)

    『竹島図説』も、朝鮮人が来たのは、安龍福を連れてくることになる年の前の年が初めてだと言っています。この年までは、ずっと朝鮮人は鬱陵島に来ておらず、日本人がドミナントだったのでしょう。

    ここで、同時代人である李睟光が、「壬辰倭乱」を「壬辰變」、すなわち「乱」ではなく「変」だと言っているのも面白いと思います。

    ReplyDelete
  72. OPPさん

    >私は、単純にSCAPINに基づいて「元属韓國」と判断したのではないかと考えます。すなわち、日本領土處理辨法研究の竹島は現竹島だと思います。その後、総督府時代の資料を調査して竹嶼の存在を認識し韓国領としたのではないでしょうか。中国がSCAPINの竹島と総督府の竹嶼を同じ島だと錯誤した可能性はありますね。

    →この「元属韓國」の「竹島」は、現竹島ではありえない、と私は思います。
    「属韓國」ではなくて、「元」の字が入っているところがポイントです。

    『日本領土處理辨法研究』
    元属韓國 就法理道義言 我均應主張以之属韓國

    「SCAPINに基づいて」ということは、1946年以前の事を言っているわけですが、それまでに「現竹島が韓国に属していた」という歴史的事実はないし、それを証明する文献も無いからです。

    中国が「竹島」を「元属韓國」と判断したのは、まさに「総督府時代の資料を調査して竹嶼の存在を認識」したからだと思います。そしてまさに「中国がSCAPINの竹島と総督府の竹嶼を同じ島だと錯誤した」のだと思います。

    その結果が
    「元属韓國。就法理道義言 我均應主張以之属韓國。」
    という言葉となってあらわれたのだと思います。

    中国が、現竹島の歴史的由来をきっちりと把握できる資料を見つけ出したのであれば、そのことが書いてあると思いますが、まったくその記述がありません。

    逆に、そうした資料に基づいた判断として、「竹島」を含めた3島が「元属韓國」と中国が考えたのだとすれば、この資料は韓国側に非常に有利になるはずですが、その証拠がありません。

    SCAPINに基づいて地図をつくれば、その「竹島」は日本の範囲から外れ「属韓国」のように見えます。ところがそれは「元属韓國」を証明するものではありません。

    中国の犯した滑稽な間違いを、柳美林がそのまま踏襲しただけだと思います。

    ReplyDelete
  73. Matsuさん

    >中国が、現竹島の歴史的由来をきっちりと把握できる資料を見つけ出したのであれば、そのことが書いてあると思いますが、まったくその記述がありません。

    まさに、このことが引っかかっています。この時点では、中国は歴史資料を調べていないと思います。調べていれば、『日本領土處理辨法草案』のようか記述が出てくると思います。
    では、この時点で中国が参考にできた史料は何かと考えると、この文章の後ろに出てくるSCAPINしかないと考えます。
    すなわち、中国はSCAPINを見て「アメリカがSCAPINで日本の竹島の統治権を停止したのは、竹島が昔韓国領土だったからに違いない。このため、この島は日本に返してはいけない」との推定が働いたのだと考えます。(この中国の推定が正しいか正しくないかは別問題で、この時点で中国はこのような推定をしたという考えです)
    何れにしても『日本領土處理辨法研究』ではSCAPINを参考にしているのは明らかですので、この竹島がSCAPINの竹島(=りゃんこ島)ではないとするためにはもっと明確な証拠が必要な気がします。

    ReplyDelete
  74. OPPさん

    内容が着々と整備されていっていますね。
    お疲れ様です。

    >>中国が、現竹島の歴史的由来をきっちりと把握できる資料を見つけ出したのであれば、そのことが書いてあると思いますが、まったくその記述がありません。

    >まさに、このことが引っかかっています。この時点では、中国は歴史資料を調べていないと思います。


    1947年の時点で、独島が韓国所属であることを示す歴史的文書は、ないと思います。
    中国が、独自にそれを探し出しているとはとても思えません。
    (そもそもそんな文書は存在しないのですから、むしろ当たり前ですが)

    独島=于山島説がでてくるのは1953年でしょうし、
    勅令41号が「発見」されるのも1960年代ですから、独島=石島説もそれ以前にはありません。

    よって、中華民国はSCAPIN677の「竹島」の来歴をさぐって、朝鮮総督府の資料の中に「竹島=竹嶼」を見つけて、竹嶼がSCAPIN677の「竹島」であると信じ込んでいるだけだと思います。


    *2月1日に論文の残りを送っています。(316~333 3回に分けています)
    送れなかった旨の通知は来ていないので、またスパムになってしまっているのではないかと思います。

    ReplyDelete
  75. matsuさんへ

    >よって、中華民国はSCAPIN677の「竹島」の来歴をさぐって、
    >朝鮮総督府の資料の中に「竹島=竹嶼」を見つけて、
    >竹嶼がSCAPIN677の「竹島」であると信じ込んでいるだけだと思います。

    私もそう思います。
    ただ、中国は『日本領土處理辨法研究』の時点で、朝鮮総督府の資料の中に「竹島=竹嶼」とあるのを見つけてはいなかったと考えます。

    時系列で言えば、
    1『日本領土處理辨法研究』
    歴史的資料未調査。SCAPINを根拠に竹島を元属韓國と判断。(この時点の竹島は現竹島)

    2中国が総督府の資料入手・調査及び駐日代表団からの意見書を見て竹嶼を知り韓国領と判断。(竹島と錯誤した可能性もあり)

    3日本領土處理辨法草案で2の知見に基づき竹嶼を韓国領とした。

    という流れだと考えます。いかがでしょうか?


    論文の件でメールいたしました。ありがとうございました。
    あと、柳も其本島を「その島」と訳しているか教えて頂けないでしょうか。(本島・属島と1セットとなっていることを隠す意図があるような気がします)

    ReplyDelete
  76. There are some mistakes in the SLOWW’s translation of 「日本領土處理辨法草案」

    SLOWW’s translation:It was occupied by Japanese Army during the Japanese Invasion of Korea in 1592 and Korea took it back during the period of Tokugawa Bakufu.

    ・慶長之役 is second inroads in 1596. 1592 is first inroads
    ・The word “時” is at that time. Word which have the meaning of “during” is “間”

    SLOWW’s translation:The area of Ulleongdo is about 7,225 square metre and 竹島 belongs to it(Ulleongdo).

    ・Sloww translated “其本島” as “ the island(=Ulleungdo)”. “其” is a demonstrative too, it can’t lap over demonstratives. The correct meaning of “其本島” is “the main island (= main island of Ulleungdo)” It is clear that Ulleungdo consists of Main island and “竹島” which are governed by the North Gyeongsang Province. And “竹島” of this document is Jukdo.

    ReplyDelete
  77. opp,

    What is the evidence "China recognized that SCAPIN677 is invalid about the peace treaty, thought it is a important background material."?

    ReplyDelete
  78. OPPさん

    柳美林は「本島」を「鬱陵島」と翻訳しています。

    325p~329pの翻訳です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・
    4 中国の対韓領土認識 鬱陵島、独島、済州島、対馬
    1) 領土処理関連諸文書
    対日講和条約草案の準備過程と関連して、中国の立場を伺うことができる外交文書は色々な文献がある。筆者が確認したものとしては『有関日本疆域問題的資料』、『舊日本領土』(注35)、『日本領土処理弁法研究』、『機密 日本領土処理弁法研究』、『機密 日本領土処理弁法草案』、『韓国疆域問題意見―駐日代表団』、『対日和約国各方意見輯要』、『外交部 対日和約草案』『有関対日和約資料』などの文書集がある。これ以外に英文と中国語文による『対日和約草案』と添付地図「日本領土疆域図」がある。(注36)

    注35 
    『舊日本領土』は、南京外交部 亜東司科長 張廷錚が作成したものであることを明らかにしている。

    注36
    『有関日本疆域問題的資料』『舊日本領土』『日本領土処理弁法研究』『機密 日本領土処理弁法研究』『機密 日本領土処理弁法草案』『韓国疆域問題意見―駐日代表団』『対日和約国各方意見輯要』『対日和約草案』『有関対日和約資料』上の文書のうち、一部は複写が許されず、筆写した。すべてを筆写することができず、再び訪問したが、中国は入館を許可しなかった。

    しかし、これらの文書は、日付と作成者が示されておらず、同じ内容が重複して書かれていることが多い。従って、この中でどの部分がどのように条約草案に反映されたのか、その性格と推移を正確に把握するのは難しいが、大略、中国の領土認識を把握できるものである。これらの文書は大部分SCAPIN677(1946年1月)、キャンベラ会議(1947年6~9月)、Draft Peace Treaty with Japan(1947年3月)などと関係していることから見て、1947年10月以前、そして韓国の信託統治方案が論議されていた時期に作成されたものと推定される。
    これらの文書の特徴は、まず中国の対日領土処理方針についての研究が1946年1月29日のSCAPIN677の研究から始まっており、またそれを根拠としていたことを明らかにしている点だ。これは、当時、米国をはじめとする連合国の対日処理方針がSCAPIN677で提示されていたためであり、従って中国もその影響下にあったことを示している。知られているように「日本から一定周辺地域の統治及び行政上の分離」を規定したいわゆるSCAPIN677は、日本の統治権と行政権が行使できない地域を明示したものであるが、中国もこれに従っていた。中国は「連合国最高司令官指令」を「盟摠指令」と称した。平和条約の解釈問題はこの論文の主題からははずれるので、ここでは中国が平和条約準備文書に、SCAPIN677をどのように反映させているのか、そして韓国領土をどのように認識していたのかを調べて見ることにしよう。

    2) 鬱陵島と鬱陵島の属島としての独島
    1947年当時中国は、対日領土処理方針を1946年1月29日のSCAPIN677を根拠として構想していた。中国はSCAPIN677が条約についての如何なる拘束力もないけれども、当時としては最も重要な参考指針になるという事実を明らかに認識していた。(注37)

    注37
    此項小島 究應如何劃定 盟軍摠部於1946年1月29日會領發指令 詳細規定 以爲占領期間 日本之行政區域 盟摠指令 對和約自無任何拘束力 惟此爲最重要之参考文献(『舊日本領土』)

    中国は、連合国指令を根拠に、各小島を確定し、地図を作った。そしてこれを協約の付属文書とした。中国は、必ず研究しなければならない区域として連合国最高司令官指令の第3項に言及された日本領土から除外されるべき地域のうち「隣接諸小島に含まれない地域」である「鬱陵島と竹島(注38)、済州島」を挙げた。これは、SCAPIN677で言及された「鬱陵島、リアンクールロックス、済州島」を意味する。鬱陵島と独島に対する中国の認識は下の草案に表れている。

    注38 
    『有関日本疆域問題的資料』のなかの「日文、英文 地名対照表」では、鬱陵島を Ullung-to鬱林島と、独島をTake-Shima 竹島と、済州島をSaishu-to (Quelpart I) 済州道と表記している。

    「鬱陵島は元来新羅に属する。壬辰倭乱の時、日本軍に占拠されたが、徳川幕府の時、再び韓国に戻った。日本が韓国を併合した後には、そのまま朝鮮慶尚北道の管轄に所属した。鬱陵島の面積は約7225平方メートルであり、竹島はまさに属島になる。人口は1928年の調査によれば10466名であり、このうち日本人がわずかに600名を占めている。それであれば、鬱陵島と竹島が日本に帰属してはならない。」(注39)

    注39 
    “鬱陵島 原屬新羅 慶長之役時 爲日軍所占據 德川幕府時 復歸還韓國 日本併合朝鮮後 仍屬朝鮮慶尙北道管轄、其本島 爲7255平方公里 竹島卽爲屬島 人口據1928年調査 爲10466人 日本人 僅佔600名 則鬱陵島竹島 不應劃歸日本”(『日本領土處理辨法草案』)

    中国が把握した鬱陵島関連の来歴は以下の通りである。

    「鬱陵島は日本海の中に位置し、北緯37度27分から34分、東經130度47分から56分にある。 面積は73平方キロメートル、海岸線の長さは45キロメートルである。韓国の江原道竹辺との距離は66海里、釜山とは173海里、日本の鳥取県境港とは172海里離れている。人口は17664名であるが、このうち日本人はわずかに642名(1943年)である。農産物としては、じゃがいも、とうもろこし、大豆、麦などがあり、島民の日常の食料となる。海産物もまた相当に豊富であり、每年の漁獲価値が日本円で30万円以上になる。」(注40)

    注40 『韓国疆域問題意見―駐日代表団』より「5 鬱陵島竹島済州 3島問題」


    また、以下のような記述もある。

    「鬱陵島の所属問題は、過去に韓日両国が1~2回(お互いにー訳者=柳美林注)攘奪したが、1884年以後から、この島に移住した韓国人が次第に増加し勢力が日ごとに大きくなり、紛争がようやく静まった。初めは江原道に属したが、1907年には慶尙南道に編入され、韓日合併の後の1914年に再び慶尙北道に属した。その翌年に島制を頒布し、島司と面長などの官職を作って統治した。日本人が統治した時にも敢えて日本に帰属させることが出来なかったので、該島が韓国領土であることを認めることはいささかの疑念もない。」

    独島については、簡潔に「竹島はこの鬱陵島の東北部にあるが、面積は大きくないが、鬱陵島の属島になる」(注41)としている。

    注41 
    “竹島 在該島之東北部 面積不大 爲鬱陵島之屬島”(『韓国疆域問題意見―駐日代表団』)

    この時の「竹島」が、鬱陵島の近くの「竹島」ではないことは、この内容が「盟軍総部が1946年1月29日に発表した日本領土劃分之指令」に出てくることと、「まことに、この3島は、みな軍事的価値があるが」としていることから知ることが出来る。中国は、鬱陵島の歴史的来歴、人口分布をみても韓国領土であり、独島は鬱陵島の属島であると見た。また、この3つの島は法理と道義、どの面から見ても、韓国領土であるとした。従って、いかなる場合でも鬱陵島と独島、済州島が日本やソ連に帰属してはならないと主張した。さらに中国は、鬱陵島と独島の帰属については、「鬱陵島と竹島はそのまま朝鮮に返さなければならない」と短く建議するにとどまっている。(注42)このように独島に対する記述が多くないことは、独島が鬱陵島の属島として、再考の余地のない明確な朝鮮領土だと見たからである。独島を鬱陵島の属島と認識していることは、中国文書の特徴である。

    注42 (八)済州 対馬二島 鬱陵島 竹島
    甲. 建議
    済州道元属朝鮮、対馬島毎朝鮮関係最深、応主張帰属朝鮮 済州対我国防 甚関重要 我可為朝鮮政府高酌使問題、鬱陵島竹島仍応帰朝鮮(『機密 日本領土処理弁法)

    *すみません新漢字を使っています。注記の原文は影印の旧漢字を見てください。

    ReplyDelete
  79. MATSUさん

    ありがとうございます。SLOWWは柳の本を見て訳したようですね。また、原本にも日付がなかったようですね。
    柳は意図的に「其本島」の「本」を抜かして訳したのかな。そのほうが慶尙北道管轄が鬱領島限定のような読み方にできるし。
    しかし、竹嶼ではないことの説明部分は、惨い史料のパッチワークぶりですね。

    ReplyDelete
  80. SLOWW:What is the evidence "China recognized that SCAPIN677 is invalid about the peace treaty, thought it is a important background material."?

    If you can't read the original text(Chinese), you should read Yoo's book. She explain this record in Korean.

    ReplyDelete
  81. Chaamieyさんに翻訳をチェックして直していただき、いくつか変更しました。

    Chaamieyさん、ありがとうございました。
    こまかくチェックしていただけると本当に助かります。

    実際に論文を翻訳して思いましたが、柳美林は、原文の注記をせずに解読だけを本文に載せていたり、後の場所で注記したりと、何やら「未完成感」が、この原稿にはあります。出版間際にぎりぎりでやったのかもしれません。翻刻の不確実性もそこに起因するものがあるのかもしれません。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    4 中国の対韓領土認識 鬱陵島、独島、済州島、対馬

    1) 領土処理関連諸文書
    対日講和条約草案の準備過程と関連して、中国の立場を伺うことができる外交文書は色々な文献がある。筆者が確認したものとしては『有関日本疆域問題的資料』、『舊日本領土』(注35)、『日本領土処理弁法研究』、『機密 日本領土処理弁法研究』、『機密 日本領土処理弁法草案』、『韓国疆域問題意見―駐日代表団』、『対日和約国各方意見輯要』、『外交部 対日和約草案』『有関対日和約資料』などの文書集がある。これ以外に英文と中国語文による『対日和約草案』と添付地図「日本領土疆界図」がある。(注36)


    注35 
    『舊日本領土』は、南京外交部 亜東司科長 張廷錚が作成したものであることが明らかにされている。

    注36
    『有関日本疆域問題的資料』『舊日本領土』『日本領土処理弁法研究』『機密 日本領土処理弁法研究』『機密 日本領土処理弁法草案』『韓国疆域問題意見―駐日代表団』『対日和約国各方意見輯要』『対日和約草案』『有関対日和約資料』。上の文書のうち、一部は複写が許されず、筆写した。そのため、すべてを筆写することができず、再び訪問したが、中国は入館を許可しなかった。

    しかし、これらの文書は、日付と作成者が示されておらず、同じ内容が重複して書かれていることが多い。従って、この中でどの部分がどのように条約草案に反映されたのか、その性格と推移を正確に把握するのは難しいが、大略、中国の領土認識を把握できるものである。これらの文書は大部分SCAPIN677(1946年1月)、キャンベラ会議(1947年6~9月)、「Draft Peace Treaty with Japan」(1947年3月)などと関係していることから見て、1947年10月以前、そして韓国の信託統治方案が論議されていた時期に作成されたものと推定される。
     これらの文書の特徴は、まず中国の対日領土処理方針についての研究が1946年1月29日のSCAPIN677の研究から始まっており、またそれを根拠としていたことを明らかにしている点だ。これは、当時、米国をはじめとする連合国の対日処理方針がSCAPIN677で提示されていたためであり、従って中国もその影響下にあったことを示している。知られているように「日本からの一定周辺地域の統治及び行政上の分離」を規定したいわゆるSCAPIN677は、日本の統治権と行政権が行使できない地域を明示したものであるが、中国もこれに従っていた。中国は「連合国最高司令官指令」を「盟摠指令」と称した。平和条約の解釈問題はこの論文の主題からははずれるので、ここでは中国が平和条約準備文書に、SCAPIN677をどのように反映させているのか、そして韓国領土をどのように認識していたのかを調べて見ることにしよう。

    2) 鬱陵島と鬱陵島の属島としての独島
    1947年当時、中国は、対日領土処理方針を1946年1月29日のSCAPIN677を根拠として構想していた。中国はSCAPIN677が条約についての如何なる拘束力もないけれども、当時としては最も重要な参考指針になるという事実を明らかに認識していた。(注37)

    注37
    「此項小島 究應如何劃定 盟軍摠部於1946年1月29日會領頒發指令 詳細規定 以爲占領期間 日本之行政區域 盟摠指令 對和約自無任何拘束力 惟此爲最重要之参考文献」(『舊日本領土』)

    中国は、連合国指令を根拠に、各小島を確定し、地図を作った。そしてこれを協約の付属文書とした。中国は、必ず研究しなければならない区域として、連合国最高司令官指令の第3項に言及された、日本領土から除外されるべき地域のうち「隣接諸小島に含まれない地域」である「鬱陵島と竹島(注38)、済州島」を挙げた。これは、SCAPIN677で言及された「鬱陵島とリアンクールロックス、済州島」を意味する。鬱陵島と独島に対する中国の認識は下の草案に表れている。

    注38
    『有関日本疆域問題的資料』中の「日文、英文 地名対照表」では、鬱陵島を Ullung-to鬱林島と、独島をTake-Shima 竹島と、済州島をSaishu-to (Quelpart I) 済州道と表記している。


    「鬱陵島は元来新羅に属する。壬辰倭乱の時、日本軍に占拠されたが、徳川幕府の時、再び韓国に戻った。日本が韓国を併合した後には、そのまま朝鮮慶尚北道の管轄に所属した。鬱陵島の面積は約7,225平方メートルであり、竹島はまさに属島になる。人口は1928年の調査によれば10,466名であり、このうち日本人はわずかに600名を占めている。それであれば、鬱陵島と竹島が日本に帰属してはならない。」(注39)

    注39 
    「鬱陵島 原屬新羅 慶長之役時 爲日軍所占據 德川幕府時 復歸還韓國 日本併合朝鮮後 仍屬朝鮮慶尙北道管轄、其本島 爲7255平方公里 竹島卽爲屬島 人口據1928年調査 爲10466人 日本人 僅佔600名 則鬱陵島竹島 不應劃歸日本」(『日本領土處理辨法草案』)


    中国が把握した鬱陵島関連の来歴は以下の通りである。

    「鬱陵島は日本海の中に位置し、北緯37度27分から34分、東經130度47分から56分にある。 面積は73平方キロメートル、海岸線の長さは45キロメートルである。韓国の江原道竹辺との距離は66海里、釜山とは173海里、日本の鳥取県境港とは172海里離れている。人口は17,664名であるが、このうち日本人はわずかに642名(1943年)である。農産物としては、じゃがいも、とうもろこし、大豆、麦などがあり、島民の日常の食料となる。海産物もまた相当に豊富であり、每年の漁獲価値が日本円で30万円以上になる。」(注40)

    注40 『韓国疆域問題意見―駐日代表団』より「5 鬱陵竹島済州 3島問題」


    また、以下のような記述もある。

     
    「鬱陵島の所属問題は、過去に韓日両国が1~2回(お互いに―訳者=柳美林注)攘奪したが、1884年以後から、この島に移住した韓国人が次第に増加し勢力が日ごとに大きくなり、紛争がようやく静まった。初めは江原道に属したが、1907年には慶尙南道に編入され、韓日合併の後の1914年に再び慶尙北道に属した。その翌年に島制を頒布し、島司と面長などの官職を作って統治した。日本人が統治した時にも敢えて日本に帰属させることが出来なかったので、該島が韓国領土であることを認めることはいささかの疑念もない。」

    独島については、簡潔に「竹島はこの鬱陵島の東北部にあるが、面積は大きくないが、鬱陵島の属島になる」(注41)としている。

    注41
    “竹島 在該島之東北部 面積不大 爲鬱陵島之屬島”(『韓国疆域問題意見―駐日代表団』)


    この時の「竹島」が、鬱陵島の近くの「竹島」ではないことは、この内容が「盟軍総部が1946年1月29日に発表した日本領土劃分之指令」に出てくることと、「まことに、この3島は、みな軍事的価値があるが」としていることから知ることが出来る。中国は、鬱陵島の歴史的来歴、人口分布をみても韓国領土であり、独島は鬱陵島の属島であると見た。また、この3つの島は法理と道義、どの面から見ても、韓国領土であるとした。従って、いかなる場合でも鬱陵島と独島、済州島が日本やソ連に帰属してはならないと主張した。さらに中国は、鬱陵島と独島の帰属については、「鬱陵島と竹島はそのまま朝鮮に返さなければならない」と短く建議するにとどまっている。(注42)このように独島に対する記述が多くないことは、独島が鬱陵島の属島として、再考の余地のない明確な朝鮮領土だと見たからである。独島を鬱陵島の属島と認識していることは、中国文書の特徴である。

    注42 (八)済州 対馬 二島 鬱陵島 竹島
    甲. 建議
    「済州道元属於朝鮮、対馬島毎朝鮮関係最深、応主張帰属朝鮮 済州対我国防 甚関重要 我可為朝鮮政府高酌使問題、鬱陵島竹島 仍応帰朝鮮」(『機密 日本領土処理弁法)。

    ReplyDelete
  82. 「其本島」の部分ですが、ここで「鬱陵島」と訳した柳美林は意識的に誤訳をしていると思います。日本が朝鮮を併合した後に朝鮮慶尙北道管轄に屬した「鬱陵島」の中の、「その本島」と「属島」の話をしているのだからです。
    属島の「竹島」は、その当時には慶尙北道ではなく島根県に属していた現竹島の叙述でないことは明らかです。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「鬱陵島は元来新羅に属する。壬辰倭乱の時、日本軍に占拠されたが、徳川幕府の時、再び韓国に戻った。日本が韓国を併合した後には、そのまま朝鮮慶尚北道の管轄に所属した。鬱陵島の面積は約7,225平方メートルであり、竹島はまさに属島になる。人口は1928年の調査によれば10,466名であり、このうち日本人はわずかに600名を占めている。それであれば、鬱陵島と竹島が日本に帰属してはならない。」(注39)

    注39 
    「鬱陵島 原屬新羅 慶長之役時 爲日軍所占據 德川幕府時 復歸還韓國 日本併合朝鮮後 仍屬朝鮮慶尙北道管轄、其本島 爲7255平方公里 竹島卽爲屬島 人口據1928年調査 爲10466人 日本人 僅佔600名 則鬱陵島竹島 不應劃歸日本」(『日本領土處理辨法草案』)

    ReplyDelete
  83. 鬱陵島横の竹島とリアンクール・ロックスの竹島を見分けるためには、同じ一枚の地図にその二つの島が描かれていてどちらにも「竹島」という名前が付してあるものがあれば、さてSCAPIN677の竹島はどちらの方なのか、という観点で検討することによって、それはリアンクール・ロックスの竹島のことだという正しい答を得ることができるでしょう。しかし、この当時に、中国政府が使っていた地図として、そういう地図があったのでしょうかね。現代でもなかなか見ないような気がしますが。

    柳さんが書き写して来た地図のように、日本と朝鮮半島とリアンクール・ロックスの竹島を描くような地図の場合、縮尺の制約上、鬱陵島横の竹島は消えてしまいます。逆に鬱陵島近辺を詳しく描いた地図なら、たぶんリアンクール・ロックスの竹島は描かれないのではないか、と想像します。

     そうすると、別々の地図に現れる「竹島」なるものは一つのものだと誤解する余地が大いにあると言えそうです。

    柳さんが書き写して来た地図の竹島は確かにリアンクール・ロックスの竹島なんでしょうが、その位置は多少微妙であって、鬱陵島付近詳細図に現れる竹島がこの島だと誤解しても不思議ではなさそうです。

     地図ではなくて中国政府が調べた文献資料の方で言えば、竹島は鬱陵島の「東北部」ですし、リアンクール・ロックスの竹島の来歴は全く出て来ていないわけですね。

     したがって、matsuさんとoppさんの見立てのとおり、この時の中国政府は竹島と竹嶼を混同して、鬱陵島の付属島だから当然に韓国のものと判断していたように思われます。

     matsuさん、私のコメントを大分採用していただいたようで、ありがとうございます。一か所だけ、注37の「盟軍摠部於1946年1月29日會領頒發指令」の「領」が消去もれのようです。

    ReplyDelete
  84.  柳さんは本文中に「平和条約の解釈問題はこの論文の主題からははずれるので」と書いていますが、まことにごもっともです。中国政府が何を考えていたとしても、定まったサンフランシスコ講和条約の規定に何の変更も生じません。柳さんの中国文書解析は、「サンフランシスコ講和条約の第〇次草案では独島は韓国のものとなっていた」というおなじみの主張と大した違いはないですね。


    なお、「其本島」を「鬱陵島」と翻訳してあるというのは、これはまあいいんじゃないかと思いますが・・・・・・。「鬱陵本島」とでも訳しておけば何も問題なかったでしょうけどね。

    ReplyDelete
  85. Chaamieyさん

    ありがとうございます。
    確かに
    >注37の「盟軍摠部於1946年1月29日會領頒發指令」の「領」が消去もれ
    でした。

    正しくは、注37「盟軍摠部於1946年1月29日會頒發指令」です。「領」を「頒」に直していただいたのが、残ってしまったのですね。いつもそそっかしくてすみません。

    ほかの部分も翻訳を進めていますが、なかなか進みません。少しずつ上げていきます。

    それにしても、SCAPIN677に出てくる「竹島」の来歴について、中国側は、1905年以降は明らかに島根県に属していた現竹島について、その資料を全く見つけられていないようです。
    というか、故意に柳美林が拾っていないだけなのかもしれませんが。
    少なくともこの論文では、全く記述がありません。

    すなわち中国は、SCAPIN677の「竹島」を、Liancourt Rocksであるところの現竹島と確認したうえで「元属韓国」とか「不應劃歸日本」とか言っていたわけではない、ということがわかります。


    >「其本島」を「鬱陵島」と翻訳してあるというのは、これはまあいいんじゃないかと思いますが・・・・・・。「鬱陵本島」とでも訳しておけば何も問題なかったでしょうけどね。

    その通りだとは思いますが、
    この記述では「鬱陵島」という全体集合について、その歴史・来歴を記述しているわけで、その「鬱陵島」という全体集合が、「其本島」+「属島竹島(=竹嶼)」という部分集合に分かれるわけです。
    ここで「其本島」を「鬱陵島」と訳してしまっては、意味が変わってくると思います。
    まさに「鬱陵本島」と訳さなければいけないと思います。

    ReplyDelete
  86. 329p
    3) 済州島
    中国は、「鬱陵島は最も良い潜水艇根拠地であり、済州島には良好な飛行場があるばかりでなく、軍需艦基地となることが出来る」(*注記なし)として、鬱陵島だけでなく済州島に対しても軍事基地としての関心を見せている。中国は、済州島が朝鮮で最も大きな島であり、過去全羅南道に属しており、人口も朝鮮人が絶対多数を占めているので日本に帰属させてはならないという点を明確にした。(注43)

    注43
    “為朝鮮第一大島 戦前或全羅南道 面積為1846平方公里 人口195218人 内日本人僅1125人 済州道在歴史上既属朝鮮 人口又系朝鮮人佔絶対多数 自不応属於日本”(『旧日本領土』)

    ところが、中国は朝鮮の鬱陵島と独島、済州島を一くくりにしながらも、済州島に対しては、鬱陵島・独島認識とは若干違う認識を見せている。

    「この3島は、元来韓国に属する土地だ。法理と道義で言ってみれば、私たちは当然にこれらの領土が韓国に属すると主張しなければならない。韓国を信託統治する期間に、この3島は米国または中国によって信託統治されなければならない。あるいは鬱陵島と竹島は米国が、済州島は我々中国が引き受けて管轄しなければならない。しかし、託管期間が終われば、当然に韓国が管轄するように返さなければならないという事実を明らかにしなければならない。但し、いかなる場合でも、上の3島は日本やソ連に帰属させないようにするべきだ。」(注44)

    注44
    “元属韓國 就法理道義言 我均應主張以之属韓國 在韓國托治期間 此三島應由美國或中國托治 或者鬱陵竹島由美托管 濟州由我托管 但應声明 一候韓國托管期満 仍應劃帰韓國管轄 不過無論如何 不應帰此三島諸日本或舊諸蘇聯”(『日本領土處理辨法研究』)

    上の言及からわかることは、中国は鬱陵島と独島、済州島の3島が韓国領という事実を当為的だと認めながらも、信託統治の場合に備えていたという点である。中国は、これらの地域が韓国領土であることは明確であるが、信託統治を受けることになる場合を想定して、3島に対する一定期間の信託統治を主張しているのである。信託統治の方法は二通りである。一つは、3島をすべて米国か中国の信託統治を経た後で返すという方法である。もう一つの方法は、鬱陵島と独島は米国が、済州島は中国が信託統治する一種の分離信託統治である。また、次のような内容も見える。

    「もし強盛な韓国があれば、済州や鬱林、竹島は当然に韓国に帰属するべきである。そうでない場合でも、ソ連に帰属させたり、ソ連が信託統治してはならず、米国または中国が信託統治しなければならない。」(注45)

    注45
    “如有一強盛之韓国 則済州鬱林竹島 当以之属韓国 否則 至所不能属蘇, 或由蘇 托治応由美国 或中国托治 或者鬱林竹島 由美国托治 済州由我国托治, 但亦不応再以此等島嶼 還帰日本”(『機密 日本領土処理弁法研究』)

    これもまた、信託統治する場合、米国と中国の信託統治は容認するが、ソ連の信託統治は容認しないという立場を見せたものである。中国は、これらの島嶼の帰属可能性に対しても、ソ連や日本による帰属は容認しなかった。また、これらの島嶼の中でも済州島の帰属に対する中国の態度と、鬱陵島・独島の帰属に対する中国の態度は同じではなかった。
    中国は、「済州島は元来朝鮮に属し、対馬は毎朝鮮ごとに関係が最も深いので朝鮮に帰属させることを主張しなければならない。済州島は我々中国の国防とも非常に重要な関係を持つので、我々は朝鮮政府が済州島を使用する問題を深く考えてみることもできる*。鬱陵島と竹島は当然に朝鮮に帰属しなければならない」とした。(注46)

    注46
    “済州道 元属於朝鮮、対馬島 毎朝鮮関係最深 応主張帰属朝鮮 済州対我国防 甚関重要 我可為朝鮮政府高酌使用問題、鬱陵島竹島 仍応帰朝鮮”(『機密 日本領土処理弁法草案』)

    *注42と混同か 同じところが引用されているようだが用字が若干違う。
    *ここ不明。漢文の文意からすると、朝鮮に貸せという交渉をしろ、といっているのではないか。「高酌」の意味は?)

    対馬の朝鮮帰属に言及していることが興味深い。ところが済州島については朝鮮領土と認定し、朝鮮が使用する問題を考慮しなければならないと言及している。これは、中国が済州島を地政学的次元で重視していたことを意味する。このため中国は、鬱陵島と独島に対しては、信託統治後、朝鮮帰属に異議を唱えていないが、済州島の帰属に対しては留保的な立場を見せている。
    中国は、済州島が歴史的に朝鮮に属して来ており、済州島に朝鮮人の人口が多数であることをもって朝鮮帰属を認め、日本帰属の不当性に言及した。しかし日本帰属の不当性に言及したとしても、それがそのまま朝鮮帰属の正当性に帰結するということではなかった。連合国総指令部が済州島の朝鮮帰属を明白にしたのに、中国は海を統治するために済州島を中国に帰属させたいと願っていた。それが不可能な場合、韓国に帰属させ、その次に米国に帰属させたいと願った。しかし、どの場合でも、日本に帰属させてはならないという立場だけは確保した。中国は済州島をソ連が獲得する場合の危険性に対しても警告した。こうした態度は、済州島に関する中国の関心は非常に大きいが、自国に帰属させることが容易ではないということを自ら予見していたことを見せてくれるものでもある。
    韓国が強盛であれば、済州島と鬱陵島、独島を取り戻すことが出来るという中国の立場は、領土返還に一定の但し書き条項を付けたものと見ることが出来る。これは、韓国が強盛であることが出来ない場合、米国や中国の信託統治が長期化したり、帰属自体が変更されたりすることもあり得るということを内包する論理である。そうであっても、中国は3島に対するソ連の信託統治や日本に帰属させることには反対している。これは、国共内戦がまだ終息しておらず、ソ連よりも米国との協調関係に、より楽観的であった国民党政府の対ソ、対日認識を見せてくれる部分でもある。しかし、中国は「米国が中国は3島に別の意図を抱いて租借を要求したり、口実を設けて信託統治を要求する場合、韓国は必ず(この島々を)放棄することを望まないはずだ。我々は当然に、公道をもって、韓国に同情しなければならない」(注47)とした。(*ここ意味不明)

    注47 (『韓国疆域問題意見―駐日代表団』)
    *原文内容記述なし 

    このように中国は、3島に対する米国の戦略的利用を警戒しながら韓国を支持するという立場をとっている。中国は、韓国がこれらの島々について容易に放棄しないだろうということを予想したのである。このように中国は、鬱陵島と独島に対しては朝鮮帰属を当然視していたが、済州島に対しては自国との利害関係の中で二重的な態度を見せていることを知ることが出来る。

    ReplyDelete
  87. 333p
    4) 対馬島(ツシマ)
    中国外交部の官吏張廷錚は、「日本 疆域問題」で、対馬島を日本管轄から離脱させることを建議した。(注48)中国は、「日本軍がそのまま対馬島を保持すれば、朝鮮海峡の情勢は日本が保有することになる」(注49)として、日本が制海権を保持するのを憂慮した。


    注48
    “建議 将対馬島脱離日本管轄” 『旧日本領土』

    注49 朝鮮 属島
    盟軍摠部 指明除対馬属日外 鬱林竹島済州 各島応脱離日本 琉球応帰還韓国 或―作其他 外置 尚未明白規定 日軍如仍控有対馬島 則朝鮮海峡之形勢 仍為日本所保有
     如有一強盛之韓国 則済州鬱林竹島 当以之属韓国 否則 至所不能属蘇 或由蘇 托治応由美国 或中国托治 或者鬱林竹島 由美国托治 済州由我国托治, 但亦不応再以此等島嶼 還帰日本”(『機密 日本領土処理弁法研究』)

    *最初の部分を除いて注45と同じ
    *「琉球応帰還韓国」とあり、翻刻の信憑性が疑われる。

    中国は、対馬島が韓国に帰属したり、米国と中国が信託する可能性を開けておいたが、ソ連の取得に対しては、容認しなかった。中国は、対馬島が日本の国力を左右する要素と見ていた。そこで対馬島の日本帰属が不確実だった当時が、中国が対馬島を獲得することができる良い機会だと見た。このため、中国か米国が信託統治をするか、両国が共同信託統治することを望んでいたのであり(注50)、そうならない時には韓国に帰属することもできると見た。しかし、韓国が信託統治を受ける間は、米国が管轄することを提案した。中国は、鬱陵島と独島については韓国領土と断定し、対馬島については韓国への帰属可能性を開いていたことになる。

    注50
    (乙)対馬島
    “日本常因此島之得失而盛衰 最好由我国 或美国 或中美共同托管 不然可帰韓 而在韓国托治期間 由美托管”(『日本領土処理弁法研究』)

    当時、中国は「盟軍摠部が対馬は日本に属すと明らかにした以外には…」として連合国総司令部が対馬島を日本領土に認定した事実を認知していた。ところがなぜ中国は対馬島の信託統治または朝鮮帰属を希望したのだろうか? それは、日本の対馬島領有が、朝鮮海峡の情勢を日本に有利にすることだと判断したためである。従って中国の立場では、日本に帰属するよりもむしろ朝鮮に帰属することが良いと判断したようである。中国が済州島利用を建議した事実も、こうした戦略的考慮から出たものと見ることが出来る。済州島を信託統治しようという中国の意図も対馬島の日本帰属に備えて、済州島に対する影響力を行使するためと見られる。こうした考慮が中国をして済州島に対して二重的態度をとらせたものと見られる。
     中国は、鬱陵島と独島以外にも日本に属さない島を列挙し(注51)その妥当性を研究することを提議した(注52)。また、中国は連合国総司令部がすでに指定した地域を日本領土とするとしても、種子諸島、対馬、伊豆諸島、済州島について、問題が発生する可能性があると見た(注53)。種子諸島については琉球群島に帰属させて処理される可能性を、対馬については米国と中国が信託するか日本に予属する可能性を、伊豆諸島については日本の固有領土の主張に対して米国が放棄する可能性を、済州島については中国に帰属させることが上策であると言及した(注54)。さらに、済州島は中国に帰属させることが上策であるが、そうならない場合には、韓国に帰属させ、その次に米国に帰属させるのがよいとした。しかし、どんな場合でも済州島を日本やソ連に帰属させてはならないという立場を明確にした。(注55)


    注51 
    “乙.北緯30度以南之琉球群島伊豆南方小笠原崋山群島 及其他所有在太平洋上之島嶼”
    丙.千島群島哈火馬渋群島伊豆島”(『旧日本領土』)この内容はSCAPIN677の3項の内容と似ている。

    注52
    丙. 千島群島哈火馬渋群島伊豆島関於盟摠指令 不属日本之各島 是否妥当及有無根拠 自分別研究如何・・・(『旧日本領土』)

    注53
    “関於日本応保存之領土 除盟軍摠部已指定 当脱離日本之各地 其明定 仍属日本之領土 為北海 本州 四国九州四大島 及其付近之一千余小島 惟可能発生問題 而当加以特別主意者 有下列各処処”(『日本領土処理弁法研究』)

    注54(『機密 日本領土処理弁法研究』)のうち 「五 日本領土」

    注55
    “甲. 種子諸島 為琉球群島之最北部 依盟軍摠部指示 留舊日本 惟亦可帰入琉球群島 同作処置

    乙. 対馬島― 対馬島介間日本群島与朝鮮半島之間 控日本海之南口 乃形勝之地 可以帰韓 可交由美国与我国托管 但 絶対不可為蘇聯所得 無已則仍使使之隷属日本

    丙. 伊豆諸島― 伊豆諸島 已明定不帰日本 惟実際過于逼近東京 日本可能要求舊日本 美国亦可能放棄其地 可作折衝之対象

    丁. 済州島― 元属韓国属島 盟軍摠部 已明定脱離日本 惟未確定何属其地 控黄海 東海 与日本海之形勢 我当主意 力争能帰我 為上策 其次帰韓 再次帰美国 盛我国托治 切不可再帰日本 或界予蘇聯 因其可与旅大青島成掎角之勢成”(『日本領土処理弁法研究』)

    対馬島については、韓国の関心も中国に遅れていなかった。韓国は、1948年8月5日、「憂国老人会」が、独島、鬱陵島、パラン島、対馬島など朝鮮半島の近海にある諸島に対して領有権を主張したことがあった。また、この団体は、声らの返還を要求する請願書(「Request for Arrangement of Lands between Korea and Japan」)をマッカーサー司令官に提出し、「好意的な考慮」を要請したことがあった。(注56)中国の対馬島認識が、こうした韓国人の認識、」および、後日の李承晩政権の対馬島領有権の主張などとどのような関連性があるのかを断定するのは難しい。しかし、「憂国老人会」は対馬島を韓国に割譲すべき理由として、第一に、韓国人に対する威嚇玄大松を完全に除去するため、二番目に日本の大陸侵略を封鎖するため、三番目に侵略者が再び登用を踏みにじることを防止するためだとした。憂国老人会は、対馬島が地理的にも韓国に近く、歴史的にも1396年と1419年に対馬島を従属させた事実をあげて領有権を主張した(注57)。しかし、対馬島についての韓国人と李承晩大統領の要求は、対日賠償要求のための逆攻勢の一環として提起されたものだとする視覚が支配的である(注58)。

    注56
    玄大松(2006) 上掲書 69p

    注57
    また、「憂国老人会」は、第3にパラン島の領有権に関して、明確な見解を表明するようにGHQに要請した。(玄大松 上掲書 69~70p)

    注58
    鄭秉峻『独島1947』トルペゲ出版 2011 174p ;
    チョ・ソンフン 上掲論文

    ReplyDelete
  88. This comment has been removed by the author.

    ReplyDelete

  89. opp said "China recognized that SCAPIN677 is invalid about the peace treaty, thought it is a important background material." (It seems you deleted this sentence in the post.)

    Sloww asked “What is the evidence "China recognized that SCAPIN677 is invalid about the peace treaty, thought it is a important background material."

    opp answered "If you can't read the original text(Chinese), you should read Yoo's book. She explain this record in Korean."

    opp, the statement "China recognized that SCAPIN677 is invalid about the peace treaty, thought it is a important background material." is what you made. Ms Yoo didn’t say that in her book. One of the statements she made about SCAPIN 677 is :

    After the war, through SCAPIN 677, the Allied Powers provided the clue(단서) in examining the future area of Japan for the Japanese Ministry of Foreign Affairs and the important basis for China as well. (p. 316)

    opp, please stop distorting Ms Yoo's book.

    ReplyDelete
  90. Sloww,

    Why don't you see p.327?

    ReplyDelete
  91. This comment has been removed by the author.

    ReplyDelete
  92. Chaamiey,

    OK. Thank you.

    Ms Yoo exactly wrote China was clearly recognizing the fact that SCAPIN 677 was the most important guideline even though it doesn’t carry any binding force on Treaty. (중국은 SCAPIN-677이 조약에 대해 어떠한 구속력도 없지만 당시로서는 가장 중요한 참고지침이 된다는 사실을 분명히 인식하고 있었다.)

    It’s true SCAPIN677 is not the final decision on Japanese territories of SF Treaty. However, it’s clear SCAPIN 677 became the base of the Chinese documents regrading the disposition of the post war Japanese territories, right? Then, isn’t it common sense 竹島 is Dokdo/Takeshima and China at the time considered 竹島(Takeshima) as Korean land?

    FYI, Ms Yoo told me the Chinese map drawing 竹島(Dokdo/Takeshima) within Korea is the original one, not copied by hand.

    ReplyDelete
  93. >ここで「其本島」を「鬱陵島」と訳してしまっては、意味が変わってくると思います。


    私は意味を変えるための誤訳と考えています。
    「仍屬朝鮮慶尙北道管轄の対象は鬱陵島であって属島の竹島は対象外=現竹島でも矛盾はきたさない」と解釈させよう(言い逃れよう)という意図があるのではないでしょうか。

    ReplyDelete
  94. SLOWW: opp, please stop distorting Ms Yoo's book

    I already have showed the original text in this article.
    You can't read original text (Chinese). You didn't read even Korean book.
    I am not your teacher.

    ReplyDelete
  95. opp,

    You still distort Ms. Yoo’s book.

    You admitted SCAPIN 677 was the most important background material. What is SCAPIN 677? It was about the definition of Japan separating Liancourt Rocks(Dokdo) from Japan. In other words, China clearly understood Liancourt Rocks(Dokdo) was separated from Japan and should be returned to Korea based on SCAPIN 677. It’s said China wanted to govern Liancourt Rocks(Dokdo) during the trusteeship. It’s no wonder China wanted to govern Liancourt Rocks(Dokdo) when considering why Japan was greedy for Liancourt Rocks(Dokdo) in 1905.


    It’s absolutely plausible 『日本領土處理辨法草案』 was also based on SCAPIN 677. You distort the sentence “日本併合朝鮮後 仍屬朝鮮慶尙北道管轄”. You said Liancourt Rocks had been exercised jurisdiction by Shimane prefecture of Japan during the annexation. Yes, Japan put Liancourt Rocks under the Shimane prefecture after Japan unrighteously took it, but it’s a Japanese version. The fact Liancourt Rocks was under the jurisdiction of Shimane prefecture since Japan annexed Korea doesn't mean China considered Liancourt Rocks belonged to Japan and 竹島 meant Jukdo. China didn’t specifically say 竹島 was under he jurisdiction of North Gyeongsang Province of Korea or of Shimane prefecture of Japan. What China said was Ulloengdo was under the jurisdiction of North Gyeongsang Province of Korea and 竹島 was an attached island to Ulleongdo, thus they should not be returned to Japan. Then, what is 竹島? It’s Liancourt Rocks (Dokdo/Takeshima) SCAPIN separated from Japan, not Jukdo. Again, SCAPIN 677 was the background material of Chinese perception on Japanese post war territories.

    There is a similar description in 『韓國疆域問題意見』 to “日本併合朝鮮後 仍屬朝鮮慶尙北道管轄” in 『日本領土處理辨法草案』. It says “ 日韓合併後 1914年(大正3年)改屬慶尙北道” meaning “After the Japanese annexation of Korea, in 1914, it(=Ulleongdo) belonged to North Gyeongsang Province of Korea.” 『韓國疆域問題意見』 was based on SCAPIN 677. Thus, your interpretation of 『日本領土處理辨法草案』 that China made a judgement according to old history of the Ulleongdo and administration area during the annexation is groundless. China made a judgement according to SCAPIN 677. There’s no evidence on such a nonsense claim China used the criteria that border should be made according to the local administration during the annexation.


    What do you think about this sentence “則鬱陵島竹島 不應劃歸日本 (Then, Ulleongdo and 竹島 should not be returned to Japan.)” from the same document.『日本領土處理辨法草案』 ? Does it make sense China said Jukdo 2.2 km off Ulleongdo should not be returned to Japan? China was not stupid enough to make such a claim.


    The description “竹島在該島之東北部(竹島 is located at the northeast of Ulleungdo)” is from the document 『韓國疆域問題意見』 . However, the same document proves it’s wrong description and 竹島 is Dokdo/Takeshima as follows:

    "The Supreme Court of the Allied Powers (SCAP) deliberated on three islands- Ulleongdodo, 竹島 and Jeju Island- in the Article 3 of a directive of territorial separation of Japan issued on Jan. 29, 1946.”
    (惟盟軍摠部 於1946年1月29日所發 日本領土劃分之指令第3項 特別提出 鬱陵竹島濟州三島)“

    Nobody can deny the island 竹島 SCAP deliberated was Liancourt Rocks (Dokdo/Takeshima), not Jukdo.


    The aforementioned Chinese documents are just good sources showing how SCAPIN 677 influenced China’s perception on Japanese territories and how China viewed the ownership of Dokdo. There’s no any room for the distortions such as
    “they made a judgement that "竹島(Jukdo)" should be returned to Korea."


    opp, it’s you who just pick up favorable descriptions for Japanese claim and patch them to make the story you want ignoring the unfavorable descriptions for your story. The Chinese documents are interrelated. It doesn't make sense 竹島 is Dokdo in this document and then 竹島 is Jukdo in the other.


    I think I have done with talking about the Chinese documents here.

    ReplyDelete
  96. 議論が一段落したようですので、コメント投稿します。
    遅レスになりましたがmatsuさんコメントありがとうございました。

    慶長の役についてですが、日本の軍勢が、竹島(現在の鬱陵島)を占領したという確たる史料は存在しないと思います。見つかっていない以上、それが歴史的事実として確認できるものではないということを指摘しておくべきだと思います。放置しておくと、NHKの大河ドラマでさえ、竹島(鬱陵島)に秀吉の軍勢を上陸させるファンタジーをやりかねません。
    私の見るところでは、慶長の役の戦史の時間軸では、鬱陵島への航海は、航路的にも季節的に不可能だと思います。
    むしろ、可能性があるのは文禄の役の方かも知れません。

    「毛利吉成が率いる四番隊は7月(グレゴリオ暦の1592年7月)に漢城を出発して東へ向かい、朝鮮半島東岸の城を安辺から三陟まで占領した。その後、四番隊は内陸へ向かい、旌善、寧越、平昌を占領し、江原道の都であった原州に駐留した。ここで毛利吉成は民政を行い、日本に準じた身分制度を導入し、更に国土調査を行った。」
    Turnbull, Stephen. Samurai Invasion: Japan's Korean War 1592–98. London: Cassell & Co, 2002, ISBN 0-304-35948-3.

    私は、文禄の役でも日本の武将が、鬱陵島を調査したなどという史料は今のところ無いと思うのですが、考えられるのは、三陟から鬱陵島への直接航路となった場合です。しかし航海性能の低い軍船の関船(せきぶね)を利用して、毛利吉成による竹島探検航海があったとすれば、この年のグレゴリオ暦の十月から十一月頃ならば、季節的にあるいは可能だったかもしれないという推定程度の話です。

    文禄の役についても慶長の役についても、同様ですが、多くの人が、朝鮮を占領したのだから、鬱陵島も占領したはずだと考えるようですが、当時の日本人にとっては、無人島であった鬱陵島は、朝鮮の島でも日本の島でもなかったはずです。この時期は、秀吉による、1588年の「海賊停止令」の発布のあとにあたります。竹島(鬱陵島)に住み着いていた倭寇が少数ながら居たかもしれませんが、おそらくは無人島であったはずです。無人島にも軍勢が進出して当然のように考える現代人の思い込みは禁物だとおもいます。

    また前回の私のコメントをお読み頂いた方の中には、「竹島倭城」と竹島(鬱陵島)を混同したのが、私の個人的な誤りだと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、けっしてそうではありません。「征韓偉略」を自著に引いた松浦静山をはじめ、天保時代の竹島事件当時の大名たちが、征韓偉略に書かれた釜山に近いところにあるように読み取れる竹島と、隠岐の先にある竹島を混同していた事実が存在するのです。このことは、同じように元禄の鬱陵島帰属問題の政治判断にも多大な影響を与えたと考えられます。

    したがって、『日本領土處理辨法草案』にある「慶長之役時」という、おそらく日本の史料を元にしたと考えられる記述は、現時点では、竹島倭城と混同した根拠のない話で、眉唾ものだと思います。

    しかしながら、その一方で、当時の日本人が、鬱陵島の存在を明確に知っていたことを示す史料は存在します。福井県福井市内の浄得寺にある、ほぼ正しい位置に鬱陵島が描かれた、桃山時代の屏風です。

    http://www16.tok2.com/home/otakeshimaoxdokdox/Japan%20Map/1580.16CL.Jotokuji.JPN.JE.jpg

    これは福井県三国の豪商内田家から寄進された日本図屏風で、一説には狩野永徳の作ともいわれる重要文化財です。描かれているのは、現在の函館から五島列島などです。九州肥前の名護屋から朝鮮半島への航路が赤線で書かれていて、文禄の役の豊臣秀吉の朝鮮出兵後に描かれたものと判断できます。1592年から1600年頃のものということになります。

    ReplyDelete
  97. 小嶋さんから興味深い投稿を頂いたのですが、もう暫くslowwとの無味乾燥なやりとりも続けさせてください。

    Sloww,

    You abused me by your delusion. First of all, you must apologize me, If you have a common sense.

    SLOWW: You still distort Ms. Yoo’s book.

    distort? What do you want to say? You can't distinguish a distortion from a review. If I quoted her description as her claim and the quotation is wrong, I should be criticized as distortion. If I said that Yoo wrote that "竹島" of the "日本領土處理辨法硏究" is Jukdo, this is a distortion. I never say so. I said that Yoo’s translation is wrong according to the original text. This is not a distortion but a review based on the fact(original text).

    SLOWW: It’s absolutely plausible 『日本領土處理辨法草案』 was also based on SCAPIN 677…..

    See this article especially part of "PATCHWORK of the records". It can say that the new world is India according to Columbus, if the patchwork of the records is effective. I don't want to waste time for your dull mystery novel that contradicts to the original text. If you want to say that "日本領土處理辨法硏究" is based on the SCAPIN, let’s show the original text of the "日本領土處理辨法硏究" which glances SCAPIN. Don’t mix up records for your desire.

    Sloww:China didn’t specifically say 竹島 was under he jurisdiction of North Gyeongsang Province of Korea or of Shimane prefecture of Japan. What China said was Ulloengdo was under the jurisdiction of North Gyeongsang Province of Korea and 竹島 was an attached island to Ulleongdo, thus they should not be returned to Japan.

    lol!! We has been discussion about this runaround based on Yoo's poor translation about "其本島". "其(that) 本(main) 島(island)"="The main island of Ulleungdo" shows that Ullengdo consists of a main island and other island. The other island was expressly provided in the next sentence with opposite word against “本(main)”. Namely, the other island is “竹島”. Then the term of "Ullengdo" in the "日本領土處理辨法草案" shows both a main island and "竹島".

    1.Ulleungdo was administrated by North Gyeongsang Province during annexation
    2.Ulleungdo = a main island and an attached island “竹島”

    1+2=A main island and an attached island "竹島" ware administrated by North Gyeongsang Province by during annexation.


    "竹島" ware administrated by North Gyeongsang Province is Jukdo. Then it was proved that "竹島" in the "日本領土處理辨法草案" is Jukdo according to algebra and elimination. If you can’t understand elementary algebra and elimination, you must go back to the junior high school. I am not your teacher or parent. I am not obligated to give you basic scholarship.

    Dr. Yoo translated "其本島" to " Ulleungdo". According to her poor translation, this algebra and elimination become to fail and she can disguise inconvenient fact for Korea. Then we have been discussing that she was intentionally deceitful or her ability about Chinese is poor.

    ReplyDelete
  98. 小嶋さんへ

    >私の見るところでは、慶長の役の戦史の時間軸では、鬱陵島への航海は、航路的にも季節的に不可能だと思います。
    むしろ、可能性があるのは文禄の役の方かも知れません。

    慶長の役時に鬱陵島へ渡ったという事実はないと思います。
    ただ、1947年に日本外務省が領土交渉用に作成した「MINOR ISLANDS ADJACENT TO JAPAN PROPER」の鬱陵島の歴史の項目に「1592年の秀吉の韓国遠征(expedition)は、この地域における日本の活動の活性化を促した」としているのが気になります。
    鬱陵島を占領したと誤解を招くような資料が日本側にあることも考えられるのではないでしょうか。

    ReplyDelete
  99. oppさんコメントありがとうございます。

    はい。私も昭和になってからの日本側の史料に、慶長の役時占領云々と書かれていたのだと思います。それはおそらく、下記のような慶長の役の舞台になった釜山の近くにある竹島と、竹島(鬱陵島)を峻別できないままの江戸時代以来の影響による誤謬だと考えます。


    前述した「甲子夜話」による竹島の情報には以下のようなものがあります。
    天保竹島事件当時の幕府の文書には、
    「浜田沖竹嶋と申す方」、
    「右、竹嶋は浜田領沖郷の島にて無人島にて、朝鮮の向かいの島に候ふところ、大嶋にて」

    と書かれています。明らかに現在の鬱陵島を論じていますが、読みようによっては、朝鮮の地ではない日本領土のようにも読み取れます。

    これは、幕府の老中達が自ら書いたか、少なくとも目を通して出した公文書です。

    その一方で、幕府政治の中枢とも親しい学者大名サロンにいた松浦静山が敢えて匿名にした人物が、「朝鮮に絶影島と云へる処あるは、いま世に風説する、竹島と云ふと同処なり」。古くは、「多景島とも記したるを、或いは絶影島に作る」という解釈をしています。

    こちらの竹島に関して松浦静山は
    降伏した捕虜を竹島に住まわせ、鍋島直茂に守らせたのち、慶長二年には、久留米秀包に竹島を守らせたなどの記載がある『征韓偉略』を詳しく引用した上で、

    徳川家康の時代には既に、日朝友好のために竹島の地を朝鮮に与えたということ。
    「この竹島は、神祖の御時既に御和好の為、かの地を朝鮮に与えられしと〔このこと、前に防州の家老、対州の臣に古文書を借しこと見ゆ〕

    また徳川家康が、竹島に穀物倉庫を建設して日本が豊作の年には、余った穀物をその蔵に納めてさせて、朝鮮の食糧不足に援助したが、その後、倉庫を朝鮮に下賜したという話も記しています。
    「のちまた徳廟の御時、御廩(みくら)を彼地に建させ給ひて、吾邦楽歳には、必ず余粟をかの廩に歛(オサ)め置かれて、朝鮮の不足(タラザル)を補はさせ給ひけるが、何の故にや、遂にかの廩(クラ)を朝鮮に賜りて、今は其事止しと。...」

    文化八年(1811年)に、御勘定役として韓聘使に随行した人物によれば、その御廩の白壁を遠望ながら目撃し見渡すことができたと。

    また延宝年間(1673~1681)に、鎌倉時代に和田義盛(1147年~1213年)の三男の和田義秀が、戦に敗れて高麗に逃れたという伝説の真偽を、対馬藩を通じて、朝鮮に問い合わせたところ、和田義秀を祀った祠が絶影島に存在するという回答を朝鮮側から得たという話もあります。

    もし朝鮮側が真面目に調べて回答したのだとすれば、日本側の質問にあったであろう「竹島」をどの島の事と考えて回答したのか不明ですから、これも鬱陵島と混同していた可能性があるでしょう。

    回答が得られた時期が不明ですが、あるいは、1694年の張漢相が見つけた鬱陵島の洞窟の中にあった建物を勘違いしたのかもしれません。

    「四層築砌、累石皆錬磨玉色有文彩也、十餘間瓦家、甚極奢麗、丹青及戸牖之制、非泛然我國搆屋之規則、模樣大異無他見物而近入簷下、則、如硫黃腐肉之嚊滿鼻敝口不能遠行亦分明說道是去乙僉使多率船卒六十餘名親自入見果如忠貞所告屋上藤葛盤結之中階砌庭城之内蕭灑無一累之塵非人所居處、則、強入非関、兺不喩、心迷宜不忍近入簷下」

    なお、この記述は現代日本人が読めば、火山性ガスが臭くて恐怖を感じさせた洞窟の中にあって、朱塗りの柱や、緑色の連子窓があったということから、弁天様などを祀って、航海の安全を祈願するために、村川・大谷の両家が造営したもので、現在の江の島神社の中津宮のような社殿だったのではないかと思えるものです。
    http://www.enoshimajinja.or.jp/gosaijin/nakatsumiya.html
    参考までに、元禄二年(1689年)再建の江ノ島神社の社殿が再現されています。

    ReplyDelete
  100. 小生も「竹島の日」に行ってきました。

    いろいろな感慨がありますが、
    一番びっくりしたのは、
    山本一太 領土問題担当大臣が、ツイッターで

    https://twitter.com/ichita_y

    「今日2月22日は 、猫の日 。」

    とつぶやいていたことです。

    そのあと、
    「一昨年の年末に旅立った愛猫、銀之助を思い出した。疲れた帰った夜も、どんなに癒されたか。銀之助、17年間、ありがとう!」
    と続きます。

    このつぶやきに、
    「山本一太議員!本日が猫の日とは笑わせますね。竹島の「た」の字もありませんけど・・」

    という指摘がありましたが、これを受けて、その後、どんなフォローをしたのか?

    「領土問題担当大臣」として、どれだけ国から報酬を得ているのか知りませんが、
    はたして、この「大臣」は、島根県の人たちの気持ちを、どう受け止めているのでしょうか。何も言わないつもりなんですかね。

    ReplyDelete
  101. 竹島(鬱陵島)の神社に言及した日本側の史料としては、「大坂島に大神宮の小祀これあり」という吉田松陰の手紙があります。

    安政五年七月十一日(1858年8月19日)付の吉田松陰から桂小五郎宛の書状です。

    「竹島・大坂島・松島合せて世に是れを竹島と云ひ、二十五里に流れ居り候。竹島計り十八里之あり、三島とも人家之れなく候。大坂島に大神宮の小祀之れあり、出雲地より海路百二十里計り。産物蛇魚類、良材多く之れあり、開墾致し候上は良田美地も出来申すべし。此の島蝦夷の例を以て開墾仰せ付けられば、下より願ひ出で航海仕り候もの之れあるべく候。」

    期待していた「桂島」の言及はありませんが、この書状には、見慣れない「大坂島」という名称があります。
    竹島がアルゴノートつまり存在しない島、または鬱陵島。
    大坂島がダジュレーすなわち鬱陵島。
    松島が現在の竹島と考えられると思います。

    大坂島は、大坂浦の存在する島と考えれば、鬱陵島だと思います。
    これを竹嶼と考える人もいるかもしれませんが、張漢相の発見した洞窟と神社の存在から考えて蓋然性は低いと思います。信心の篤かった時代ですから各島に石仏の一つや二つは在って不思議はないのですが、わざわざ言及したのは、社殿の立派さから考えて首肯できるのではないでしょうか。

    oppさん
    私はインターネットで中継動画を見ました。
    式典会場の冒頭で、韓国人によると思われるヤジで酷く妨害されたことなどマスコミは一切報じませんでした。
    島根県の式典であっても、BS放送ならNHKで中継可能であったと思うのです。
    あの様子を地上波のニュースで報道すればさぞ耳目を集めたとおもうのですが、NHKの地上波で生放送するためには、国の式典にさせなければならないのでしょう。

    山本大臣にはがっかりですね。大臣の就任直後のコメントを素直に読めば、本サイトや、ゲーリー・ビーバーズ氏には、優良サイト認定や報償なりがとっくに与えられていてしかるべきだと思います。あれは「六尺の大イタチ」の口上でした。

    ReplyDelete
  102. 安倍首相、夏にも内閣改造
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140225-00000046-jijp-pol.view-000

    ReplyDelete
  103. 小嶋様

    >式典会場の冒頭で、韓国人によると思われるヤジで酷く妨害されたことなどマスコミは一切報じませんでした。

    妨害していたのは、韓国人ではありません。日本の「右翼」の人たちです。

    島根県議会が慰安婦について「誠実な対応」を求める決議をしたために、議長が登壇した時に「売国奴!」「国賊!」というヤジが飛んだのです。

    ReplyDelete
  104. Chaamiey様

    引用、ありがとうございました。
    http://blogs.yahoo.co.jp/chaamiey/56064953.html

    『竹島問題100問100答』寸評
    期待しています
    http://blogs.yahoo.co.jp/chaamiey/56063546.html

    こちらも、いい議論をされていますね。
    http://blogs.yahoo.co.jp/chaamiey/55996333.html

    ReplyDelete
  105. matsuさん
    なるほど。それで次の演説者からは静かになったのですか。
    思い込みとは危険なものですね。
    去年、会場の外で騒ぎを起こして逮捕された韓国人がいたことや、中継動画に書き込まれた視聴者コメントが、悉く韓国人を疑うものであったので、こっちはてっきり韓国人が騒いで、つまみ出されて静かになったのかと思っていました。教えて戴かなかったら誤解していたままでした。

    「思い込み」で思い出したのですが、司馬遼太郎ファンの人が竹島に関して、こちらが聞いて卒倒するような大誤解をしていました。
    小説が作り話であることを忘れて、書かれていることが事実だと思い込んでいるのです。そこで調べて見ました。突っ込みどころ満載
    です。

    歴史小説というものは、歴史的事実に作家の想像を交えて成立するものですし、小説にして初めて新しい歴史の見方ができることもあるので、一概に悪いとは言えないのですが、現在の竹島と鬱陵島に関して、この小説家の大嘘・大誤解を真に受ける人がいるのには困ったものです。

    以前にmatsuさんが話題にした小美濃晴明氏の誤解もこれにもとづくように思います。

    -------------------------------------------------------------
    司馬遼太郎『花神』  (昭和44年から昭和46年朝日新聞連載)

    蔵六が、この長州藩の青年政治家にもちこんだ話題というのは、日本海にうかぶ無人島のことであった。
     その小さな島は隠岐島から西北百五十八キロの海上にある。
    「竹島」
     と、漁民たちからよばれていた。
     この島は、朝鮮でいう欝陵島とよくまちがわれるが、そうではない。この島は島のかたちをなす東島と西島を本体とし、その付近の岩礁をふくめて「竹島」と称される。風浪がつよく、このためわずかに島の上に草がおおっているにすぎない。この島の存在は豊臣期に発見され、山陰地方の漁民が漁場としてひらいた。島には水がなく、人の居住をゆるさないが、漁場としての価値が大きい。が、いったいこの無人島が日本のものであるのか韓国のものであるのか帰属がはっきりせず、江戸初期、日韓外交の一課題としてしばしば操め、明治三十八年やっと日本領になり、島根県隠岐郡に属したが、第二次大戦後、ふたたびややこしくなり、韓国が主権を主張し、いまなお両国のあいだで未解決の課題になっている。
     幕末、海防が時勢の大きな課題になるや、この島の領有を明確にすることがやかましい問題になり、土佐藩士岩崎弥太郎がここへ探険に出かけたこともある。
     この蔵六の時期は、岩崎の探険よりずっと前のことである。ただし蔵六が先覚的にいいだしたのではなく、蔵六と同時代人で長府藩(長州藩の支藩)の侍医であった興膳昌蔵が先唱者だったといっていい。興膳は京都の人だが、シーボルトについて蘭方医学をおさめ、長府藩の侍医になった。かれの家はかつては長崎で代々貿易商をいとなんでいたため、東シナ海や日本海の事情にあかるく、竹島のことも家系伝説としてふるくからつたわっていた。
    「竹島を堂々たる日本領にせねばならぬ」
     というのは興膳の持説で、吉田松陰もこの説をきいて大いに賛同したことがある。後年松陰の門人の高杉晋作が、
     ――奇兵隊をもって占領しよう。
     といっていたが、藩内の動乱のためにそれどころでなくなり、さらに興膳昌蔵自身も、あるつまらぬ事件にまきこまれて暗殺されてしまった。蔵六は興膳とはべつに江戸において竹島という日本海の孤島の存在を知った。

    --------------------------------------------------
    竜馬がゆく  (昭和37年から昭和41年 産経新聞夕刊連載)
    (文庫本第八巻・司馬遼太郎全集五 竜馬がゆく三) 朱欒(ざぼん)の月  

    竜馬は、にがい顔をした。この度量の大きすぎる男は、たいていのことなら冗談に仕立てあげて人との調和をはかろうとするのだが、こと岩崎弥太郎に関してのみつねに笑わない。いまも、熊の胆を嘗(な)めたような顔をしている。たいした理由があるわけではなく、互いに虫が好かないのであろう。
    (あいつは一体なんだろう)
     弥太郎も竜馬が理解できなかったように、竜馬のほうも弥太郎という男がよくわからなかった。
    (異常児らしい)
     ということはわかる。藩吏としての事務仕事などは、人が一日かかるところを弥太郎は三十分ほどで片付けてしまう。
     あとは、人と談笑もせず、じっとすわり、鬱勃(うつぼつ)とした顔で四方を睥睨(へいげい)している。この世で自分がなにをなすべきか、それがまだつかめないらしい。
     一介の村浪人の分際から大監察待遇のいまの身分に抜擢されたところでいっこうにうれしがりもせぬところをみると、よほど自分の能力に自信があると思われるし、藩での立身出世などを頭から問題にしていないようでもある。
     他藩の志士ともつきあわない。弥太郎自身政治にはなんの興味もないのである。
    (あいつは、闇の辻に立っている)
     竜馬はそうみていた。異常児のもっている異常な情熱が、どの方角にむかうべきかが弥太郎にはまだわからないらしい。すくなくともその情熱はこの封建の世には適(ふさ)わないようなのである。
     弥太郎は、帳付けにに明け暮れしているいまの職にあきあきしたのか、ことしの春、藩の汽船に命じ、狂気のような航海に乗り出したことがある。
    「無人島を占領するのだ」
     というのであった。この風聞を京にいた竜馬がきいて噴き出した。
     目標は、日本海にうかぶ孤島竹島である。弥太郎が大まじめであった証拠に、
    「大日本土州藩の命を奉じ、岩崎弥太郎この島を発見す」
     という標柱も積みこんで行った。付き従っていたのは下僚の山崎昇六である。
     岩崎は、竹島がどの国にも属せぬ無人島であることを長崎の白楽という朝鮮人からきいた。そのうえ樹木が豊富にあるというので、伐採夫まで乗せて行った。おそるべき行動力といっていい。
     ところが竹島に上陸してみると、どうも様子が違う。

     弥太郎は、竹島の海浜に立ち、四方をうかがってみると、どうも人が居るらしい。
    (無人島ではなかったのか)
     こういう場合、弥太郎の性格として失望よりも腹立ちを覚えるたちで、住んでいる者こそ不埒(ふらち)だと思った。
     浜辺に毛氈を敷き、その上で食事をしはじめると、やがて十数人の半裸の男があらわれ、弥太郎らを取りかこんで物珍しげに見物した。
    「この島はなんという名か」
     と弥太郎が紙に書いてかれらに渡すと、かれらのうちの長老らしい白衣の老人が、
    「大韓鬱陵島(うつりょうとう)也」
     と書いて返した。どの男も朝鮮人であるらしい。さらに弥太郎は筆談していよいよ失望した。朝鮮人たちは定住しているのではないが、海獣を獲りにやってくるのだという。
     弥太郎は腹が立ち、
    「わしは大日本土佐国の武士岩崎弥太郎という者だ。きょうからは貴様らも土佐藩の土民になったゆえよろこべ」
     と喋りながらそれを文章にし、老人に渡した。老人は何をいっているという面つきで返事もしなかった。
     弥太郎は、菓子を与えた。するとみなよろこんで食った。老人はもっとよこせというように掌(て)を出した。
     そのあと山のほうに分け入ってみると、材木になるような樹木もなく、垂木(たるき)というろくでもない雑木がわずかに生えているだけだったので、弥太郎は忿懣(ふんまん)のやりばにいよいよこまった。
     たまたま、山間に小屋がある。入ってみると人はおらず、大鍋の下に火が燃えている。鍋のなかに、獺(かわうそ)の死骸が入っているところをみると、丸煮をして皮をとるつもりらしい。
    「火を掛けろ」
     突如、弥太郎はいった。下僚の山崎昇六がおどろき、反対した。それでは朝鮮人たちが可哀そうではないか、というのである。が、弥太郎はかぶりを振った。
    「痛快だ」
    というだけが、理由だった。山崎がさらにとめたが、他の者がわら屋根に火をかけてしまった。小屋は白煙をあげて燃えはじめた。
    「逃げるんじゃ」
     弥太郎はまっさきに山を駆け降りた。そのあと出帆してしまっている.
     長崎に帰ってから、弥太郎は、朝鮮では牛皮が廉(やす)いことをきいた。
     ――その牛皮で靴を作ろう。
     と弥太郎は思いたち、今度は英国船をやとい入れて朝鮮へ出発した。が、朝鮮はそのころ大院君(たいいんくん)の極端な鎖国主義で統制されていたため沿岸に近づくこともできず、砲撃さえ受けたので早々に長崎に帰ってきた。
     弥太郎の場合、そういう冒険的な企業のほか、日常業務は何ごとにも興味がないらしい。まして藩の長崎金庫の金をせびることと、こんどのような紛争をおこすだけの海援隊など、会計をにぎる弥太郎にとっては厄介なだけの存在である。
    -----------------------------------------------

    ReplyDelete
  106. 小嶋さん

    この当時、司馬遼太郎さんは、完全に鬱陵島と竹島を混同していますね。

    それだけ、紹介する史料も少なかったのでしょうし、日本での関心もそれほど高くなかったのでしょう。

    「岩崎弥太郎」は、李奎遠に出てくる「松島槻谷」を書いた岩崎からの発想でしょうか?

    それにしても、この文章、どこかにデータでのっているのですか?
    それとも全部書き起こされたのでしょうか? 感嘆します。

    ReplyDelete
  107. 「猫大臣」の本日のブログによると、「領土・主権対策企画調整室」を含む「事務方のトップ」が、またまた「会議」をやったようです。

    http://ichita.blog.so-net.ne.jp/
    2014年2月27日
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    本日夕方の「司令塔連携調整会議」には、6つの司令塔(総合科学技術会議事務局、IT戦略本部、宇宙政策本部、海洋総合政策本部、領土・主権対策企画調整室)の事務方のトップが集まった。 健康・医療戦略室の幹部にもオブザーバーとして参加してもらった。

     会議の冒頭、担当大臣として熱いトーンでこう訴えた。 「過去1年、司令塔機能強化のために力を合わせて頑張って来た。与党では内閣府の見直し議論が始まっている。政府内でも内閣官房・内閣府のあり方が検討されることになるだろう。」

     ひと息ついて、言葉を続けた。 「内閣府見直しの議論は必要。内閣府の大臣としては歓迎すべき流れだ。ただし、内閣府の総合調整機能(司令塔機能)は極めて重要だと考えている。司令塔不要論が起こらないように、力を合わせてアピールしていこう。そのためにも、各司令塔本部の総合調整機能の強化が不可欠だ!」
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・

    これを読むと、「主導権を他部局に奪われるな」という、きわめて官僚的な発想が語られているのに驚きます。

    それよりも気になるのは、「竹島の日」当日、島根県から亀岡内閣府政務官に託された「7項目の要望」が、この「事務方のトップ」をふくむ「領土・主権対策企画調整室」の人たち、そして政府内にどれだけ切実に伝わっているか、です。

    式典に参加した国会議員を含めて、地元の「気持ち」をどれだけ真剣に汲み上げ、竹島を取り戻すために、有効な戦略をどのように打ち出していくのか、実益のある「会議」で知恵をしぼってもらいたいものだと思います。

    「領土問題担当大臣」なんだから、もう。

    結局、2月22日の24時間内に、竹島の「た」の字の発信もなかったのは、やっぱり、おかしいですよね。韓国に配慮しながらも、何かを「しゃべる」のが仕事じゃないでしょうか。



    2014年2月24日の引用
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    初代領土担当大臣の過去と未来:その1

    本日の衆院予算委員会で、結いの党の某議員から竹島問題についての質問を受けた。 島根県等が主催する「竹島の日」を政府主催の行事にするべきではないかという問いだった。 領土担当大臣である自分と安倍総理が一回ずつ、答弁に立った。

     先ず、自分のほうから、日本政府の立場を丁寧に説明した。 「島根県主催の『竹島の日』式典には、00議員(質問者)も御党を代表してご出席になったと承知しています。安倍内閣全体として、諸般の情勢を総合的に判断した結果、政府から領土担当の亀岡内閣府大臣政務官が出席することとなりました。」

     こう続けた。 「政府は、島根県による『竹島の日』に関する条例制定、式典の開催等、これまでの種々の取り組みには、敬意を表しています。」

     次の一節も改めて加えた。 「竹島は、歴史的事実に照らしても、かつ国際法上も明らかに我が国固有の領土です。政府としては、竹島の領有権の問題に関する我が国の立場を主張し、問題の平和的解決を図る上で、有効な方策について普段に検討して来ました。」

     以下のように締めくくった。 「いずれにせよ、お尋ねの政府による『竹島の日』の制定や式典の開催については、安倍内閣全体として、諸般の情勢を踏まえ、適切に対応してまいりたいと考えています。」 安倍総理からも、同じ趣旨の答弁があった。

     安倍内閣の領土担当大臣として、安倍総理の外交戦略を見極め、岸田外相(=日本外交)の路線との整合性を図り、内閣全体の方針を踏まえて発信し、行動する。 当然のことだ。 改めて言う。 政府全体の総合判断で、「政務官を派遣する」と決定したのだ。 

     一昨年の12月、安倍総理から初代の領土担当大臣に任命された。 そもそも、領土担当大臣に「対外発信」の機能を持たせるのも、手足になる組織(領土・主権対策企画調整室)を立ち上げるのも本当に大変だった。

     前回のブログでも触れた。 外から勝手なことを言うのは簡単だ。 が、初代の領土担当大臣は、そんなに容易い仕事ではない。 過去1年間、領土担当相として何をやって来たのか? ここから何を目指していくのか? 領土担当大臣の過去と未来、このポストの可能性と限界について、この際(書ける範囲で)書かせてもらう。

     と思ったが、今晩はここまで。 明日は衆院沖縄・北方特別委員会の質疑がある。 役所の早朝レクが待ち受けている。 腹筋と背筋をやって、午前零時までに布団に潜り込まないと。 この続きは「初代領土担当大臣の過去と未来:その2」で。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「初代領土担当大臣の過去と未来:その2」、まだ出ていませんが、期待しています。

    ReplyDelete
  108. matsuさん、「猫の日」の件はもう少し広めてもよいかなと思ったので転載させてもらいました。


    寸評は・・・・・・まあ適当に書きます。




    小嶋日向守さん、長文資料の紹介お疲れさまです。さすがの司馬さんも勘違いすることはあったんですね。
     どうやら来年あたりには、韓国側から、「日本の国民的作家である司馬遼太郎も鬱陵島のみならず独島も鬱陵島争界の対象となっていたことを明確に認めたっ!」という主張が出てくるかもしれません(笑)

    ReplyDelete
  109. 韓国人ばかりでなく日本人でも、竹島を他の島と混同している例が現代でもあることを司馬遼太郎作品で紹介しました。間違いが多すぎる司馬遼太郎氏の文章のどこがどう間違っているのかを指摘し、一般の人に分かりやすく説明するには別のスレッドが必要な程です。たしかに時代的制約もあったでしょう。しかし現在でも、「幕末史研究家」に悪影響を与え、多くの一般読者がいる小説家の文章なので見過ごせないと思いました。

    以前にmatsuさんが寄せられたコメントから、小美濃清明氏の文章を引用します。
    ---------------------------------------------------------------------------------------------------
    小美濃清明『坂本龍馬と竹島開拓』新人物往来社2009年2月25日発行

    101pに
    幕末期、徳川幕府は長州藩の「竹島(鬱陵島)開拓建言書」を却下していた。朝鮮との間に問題は起きていなかった。ところが、明治期になって松島(現・竹島)の領有をめぐり、新政府と朝鮮国との間で対立が始まった。

    7/10/12 22:32
    http://dokdo-or-takeshima.blogspot.jp/2012/09/1876-watanabe-koukis-second-opinion-on.html

    ------------------------------------------------------------------------------

    インターネットを検索したら、小美濃氏の講演がありました。
    いやはや、こっちも酷いものです。惘然としてしまいます。

    http://www.ryoma-club.com/office/date/kawaraban/2009/soukai09.pdf#search='
    演題 「坂本龍馬と竹島開拓に」について
    講師 坂本龍馬倶楽部県外幹事 幕末史研究家 小美濃晴明氏

    今年、本を出しました(レジメあり)坂本龍馬と竹島開拓という本です。龍馬をはじめ幕末に関する研究のきっかけは、刀剣研究にはじまり、宮地佐一郎先生(高知市出身).平尾道雄先生(山内家の歴史研究家)との出会いがあり、その中に坂本龍馬の研究があった。宮地先生とは家が近くだったこともあり親しくお付き合いしていただいた。平尾先生は、多くの龍馬に関する本を書かれていますが、一番大きなものは坂本龍馬全集です。一方、宮地先生は龍馬の手紙を解説、最初は128通を3刊文庫本にした。
    続いての新刊では、139通の手紙が載っている。これが最後で病床に就かれ途中より私がお手伝いをし発刊に至った。20余年ご指導いただいた。新しい坂本龍馬の実像を掘り起こせという遺言でした。139通の手紙を読みなおしたところで新たな発見があった。それが坂本龍馬と竹島開拓という本ができた。これは、平尾先生も、宮地先生も書いていない新しい研究です。竹島のことが書かれた2通の手紙、印藤肇あて、伊藤助太夫あてもの。手紙は箇条書きで1段から10段で書かれている、その7段目に(要約)竹島は直接往復すると三日かかる、いろは丸に乗って竹島を目指すとはっきり書かれている。(地図を広げながら説明)、竹島は韓国との元禄の時代から領土権争いがあったが、このときの竹島は今言われている竹島とは違う、韓国により近い島である。両国の交渉で人の住まない無人島であると龍馬は思った、だからここを開拓しようとした。8段、三吉慎蔵にも一緒に行こうと言っている。9段、龍馬はあちこちに借金をしており、ここでも金を借りる話がでている。10段、島に専門家を連れていき調査して諸国の浪人を連れていきたい、若者に生きがいのある人生をおくらせたい。日本、韓国、中国3国連合を作ろうと考えた。ヨーロッパとも対等に戦える。龍馬はどこから竹島という問題をつかんだのか、実は、吉田松陰は龍馬より早くから竹島を目指していた。平戸でアヘン戦争を知り、イギリスに竹島に基地を造られたら日本は太刀打ちできない、こちらから先に竹島を目指せと松下村塾で話し、それを受け継いだのが伊藤博文である。私も、竹島に行ってみました。周りは韓国の人ばかりで怖かった。

    岩崎弥太郎日記を読むと、岩崎弥太郎から150円都合され、龍馬はいろは丸で大阪に行って帰りに下関から竹島に行く予定だったが、鞆の浦でいろは丸が沈んだためいけなくなった。その後岩崎弥太郎が竹島に行った。岩崎弥太郎日記で渡航期間中の5日間が空白になっているが、現実にはあると思う、公表できない内容だったのだろうと思う、今、三菱グループに公表を依頼している。実は竹島には人が住んでいた、家が建っている、頭にきて家をぶっ壊して帰ってきた、それを三菱グループは公表したくないので抜いたのではないかと私は思っている。大河ドラマではここでまでは出ないだろう出れば国際問題にもなりかねない。私はそれを本に書いたそれが「龍馬と竹島開拓」です。弥太郎は「ここは日本の領土である」と立て看板を立てて帰っている。岩崎弥太郎日記を見ると弥太郎と龍馬は何度もあっている、何度もアドバイスをしている、非常に親しかったようだ。龍馬は経済を使って世界に出ようとし海運事業を目指したが11月15日暗殺にあいそれもできなかった、弥太郎はその情熱、意思を受け海運事業始めたのではないか。まだまだ龍馬研究は続いて行くんだと思うが、どんな人物に会って、どんな付き合いをしていたのかわからないと龍馬の実像はつかめない。ペルー艦隊が2回来た時、偶然龍馬は2回とも出会っている。ちょうど江戸に出ており、幕開けの舞台を龍馬は見ている。この本を書いていて龍馬が身近にいるよう様な気にもなりおもしろかった。
    ----------------------------------------------------------------

    ReplyDelete
  110. 前回のコメントで、小美濃晴明氏の名乗をコピペした際に誤記していましたので訂正します。

    1975年に刊行された『岩崎弥太郎日記』が区立図書館や市立図書館には珍しいことに、墨田区立緑図書館に蔵書されていました。

    慶應三年四月二十五日から五月十二日の部分を昨日今日とで漸くテキスト化の文字入力を終えました。matsuさん他の方のお知恵を拝借して内容の解読が必要です。

    ちょっと長いので、後々の事を考えると、別ポスティングの必要があると思います。こちらから電子メールでテキストを送信するか、コメントが少なくて「過疎」になっている別のポストにコメントとして投稿してその後削除するという手段などを考えています。

    宜しければ、Chaamieyさん、oppさん、Kaneganeseさんどなたか新規スレッド建ての御協力して戴けませんでしょうか。タイトルは、「岩崎弥太郎の竹島・松島探険」などです。


    ReplyDelete
  111. 「竹島の日」について、日本の新聞各紙の報道は、「政府の対応が、新しい段階に入った」という島根県知事の言葉を取り上げています。日本政府としても、担当大臣の設置や、教科書の対応や、対外広報にも、遅まきながら乗り出している、ということを評価しているのでしょう。

    一方で、韓国側の報道では、今年の竹島の日の特徴として、「慰安婦問題」「河野談話再検討問題」との同時進行が取り上げられ、警戒感を示しています。

    日本側の竹島の記事には、「慰安婦」はまったく出てきません。
    当日の、式典会場におけるそれなりの「出来事」であった、県議会議長へのヤジについても、日本のマスコミは一様に、ニュースにせずに、無視しています。

    両者の報道の仕方が違いますが、でも、実は、これは、同じことの両面を言っているようにも思います。

    韓国や中国が世界に向けてまき散らそうとしている「歴史の嘘」を、日本は今、懸命に
    なって「正そう」としている、ということなのだと思います。

    まさしく、「歴史修正主義」。
    いわれなき歴史の嘘を、正しい姿に「修正」する。

    中韓の作り出したファンタジーであるところの、慰安婦の強制連行や、南京大虐殺や、韓国の独島領有について、
    「歴史的事実」をもって、日本側が反攻に出ている、という局面なのだろうと思います。

    「歴史の嘘」をもって、押しつけられ、傷つけられた「日本の誇り」を取り戻す、というのが、安倍政権の目標であり、戦後体制の再検討、とはまさにこのことなのだと思います。

    だからこそ、韓国も中国も、(そしてアメリカも?)、警戒し、反発しているのだろうと思います。

    第二次大戦の結果はすべて正当なので受け入れろ、という中国の言い分は、1949年に誕生した国家の主張としてはいささか滑稽なところもあるのですが、戦争で勝ったものの言うことを敗戦国は受け入れろ、ということです。
    では、戦争に勝てば、すべては正当化されるのか。ソ連~ロシアの北方領土への仕打ちは、まさにそういうことなのでしょう。

    しかしこれは、いわば無限戦争の連鎖の考え方で、「次に勝てば良い」という考え方です。中国は今、この考えの誘惑にさらされていると思います。だからとても危険です。

    しかし、こちらに日本も引きずられて行ってはいけないと思います。竹島や尖閣のために日本の若者が死ぬのは見たくありません。敗戦のぎりぎりのなかから日本人が築き上げてきた「平和国家」の理念は、まさに世界遺産なのであって、守らねばいけないものだと私は思います。

    対応策としては、「説得の積み重ね」しかないと思います。
    それにしては、日本は歴史認識戦争の弾薬であるコンテンツの作成に、もっと金を使わなければならない。宣伝戦にスマートに勝たなければいけないと思います。

    今回のフランスのアングレーム漫画祭での韓国の慰安婦コンテンツはひどいものです。思うがままのフィクションであって、歴史的事実に反します。でも、韓国側のアニメには、作品としてとても訴える力があります。竹島の場合と同じで、歴史的事実を捏造しているのですが、信じ込んでいる人が金をかけて作っているから、思わず慰安婦の少女たちに同情してしまう。日本も、「歴史的事実」をもって反駁するにあたって、世界の人の「心を打つ」ソフトをつくっていかなければならないと思います。

    「猫大臣」にも、是非頑張ってもらいたいと思います。

    ReplyDelete
  112. ↑ 賛同1票。

    >まさしく、「歴史修正主義」。いわれなき歴史の嘘を、正しい姿に「修正」する。


    これ、いいですねえ。そうだ、我々は嘘歴史修正主義者だ(笑)

    ReplyDelete
  113. 島根県の7項目の要求、をあげておきます。
    亀岡内閣府政務官から領土問題担当大臣や政府にしっかりと伝わり、来年の竹島の日10周年までに、いささかの成果でもあげることを期待します。

    差出人のひとり「島根県議会議長 五百川純寿」さんが、当日会場で「売国奴!」「国賊!」との罵声をあびていた人です。

    http://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/web-takeshima/takeshima02/takeshima02_03/shikitenH26.html

    http://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/web-takeshima/takeshima02/takeshima02_03/shikitenH26.data/H26.2.22youbousho.pdf

    竹島の領土権の早期確立等について
    要望書
    島 根 県
    島根県議会

    竹島の領土権が早期に確立するよう下記の事項について要望します。

    1衆参両院本会議で採択された「李明博韓国大統領の竹島上陸と天皇陛下に関する発言に抗議する決議(平成24年8月)」及び「竹島の領土権の早期確立に関する請願(平成18年6月)」を踏まえ、次の事項について早期の具体化を図ること
    (1) 政府において、国民世論の啓発や国際社会への情報発信などを積極的に展開すること
    (2) 領土権の早期確立に向け、国際司法裁判所への単独提訴を含め外交交渉の新たな展開を図ること
    (3) 国民世論の啓発のために、政府主催による「竹島の日」式典の開催や「竹島の日」の閣議決定を行うこと
    (4) 竹島問題や国境離島に関する啓発施設を隠岐の島町に設置すること
    (5)国境に位置する離島については、領土保全という重要な役割を考慮し、一般の離島振興とは別に、特別の支援措置を講ずること

    2学校教育において竹島問題を積極的に取り扱われるよう取組みを強めること

    3本県沖合水域における漁業秩序を確立するため、排他的経済水域の境界線を画定し、暫定水域の撤廃を図るとともに、それまでの間、両国の責任のもとで、暫定水域における実効ある漁業管理体制を確立すること

    平成26年2月22日
    島根県知事 溝口善兵衛
    島根県議会議長 五百川純寿

    現状と課題

    ○韓国による竹島の不法占拠
    竹島は、韓国の警備隊員の常駐など、半世紀以上にわたって不法に占拠され、漁業権などの我が国の主権が行使できない状況になっている。

    ○北方領土問題と同様に、国における広報啓発活動が必要
    竹島を含めた所管組織として、内閣官房に「領土・主権対策企画調整室」が設置されたものの、北方領土問題においては、「北方領土の日」の制定や広報啓発施設である「北方館」なども設置され、全国的な広報啓発活動が定着している。

    ○「竹島の領土権の早期確立に関する請願」が衆議院、参議院で採択
    国際司法裁判所における解決を含めた外交交渉の展開及び国における所管組織の設置と啓発活動の取組を求める請願が、平成18年6月16日に採択された。これを受け、内閣から処理経過が衆参両院に報告された。

    ○「李明博韓国大統領の竹島上陸と天皇陛下に関する発言に抗議する決議」が衆議院、参議院で採択(平成24年8月)
    この決議では、竹島問題の解決に関して「我が国政府は、断固たる決意をもって、韓国政府に対し、毅然とした態度をとり、我が国政府が一丸となって、竹島問題について効果的な政策を立案・実施するべきである。」とされている。

    ○他国と国境を接する離島に人が暮らすための特別な支援が必要
    離島に人が住んでいることが他国による不法占拠の防止や領土保全につながっていることを考慮し、生活基盤確保のための特別措置が必要である。

    ○平成26年1月、中学校及び高等学校の学習指導要領解説の一部が改訂され、竹島が我が国の固有の領土であること等が記載
    小学校では第5学年の社会科教科書5種全てに、中学校では地理的分野4種全て、公民的分野7種全てに竹島が取り上げられている。
    また、高校では、平成25年度から使用する教科書において、地理7冊全て、現代社会の大半で竹島が取り上げられている。

    本県の取り組み状況・方針

    ○「竹島の日を定める条例」の制定に伴う啓発活動の実施
    県民、市町村及び県が一体となって領土権の早期確立を目指した運動を推進し、国民世論の啓発を図ることを趣旨とした条例が制定され、この趣旨に沿った啓発活動を実施する。施行:平成17年3月25日

    ○竹島資料室の設置運営
    平成19年4月に「竹島資料室」を開設し、竹島問題に関する資料の収集整理・閲覧・提供を実施している。

    ○第3期竹島問題研究会の設置
    第1期研究会(平成17~19年)、第2期研究会(平成21~24年)に引き続き、平成24年10月に第3期研究会(下條正男座長)を設置し、史実に基づいた調査研究を継続している。第3期研究会では、各委員の執筆によりこれまでの研究成果を分かりやすくまとめ、平成26年2月に「竹島問題100問100答」を発刊した。

    ○竹島問題を考える講座の実施
    平成20年度から竹島問題の理解を広め、かつ深めるため、県内外の一般の方を対象に年4回程度「竹島問題を考える講座」を実施している。

    ○学校における竹島に関する学習
    県内の学校では、県が独自に作成した教材(竹島学習副教材DVD、竹島学習リーフレット)及び高等学校・特別支援学校用の学習指導案等を使った学習が進められ、現在は全ての小・中学校、高等学校、特別支援学校で竹島に関する学習を実施し
    ている。

    ReplyDelete
  114. Chaamieyさん

    ありがとうございます。
    貴サイトでは、たいへん良い議論がされていると思います。

    たとえば、
    http://blogs.yahoo.co.jp/chaamiey/56038348.html
    http://blogs.yahoo.co.jp/chaamiey/56070463.html
    そして
    http://blogs.yahoo.co.jp/chaamiey/43798545.html#55548444

    ReplyDelete
  115. 3つめは竹島問題ではなくて慰安婦問題問題ですが、せっかく紹介してもらったので、一言だけ結論を書いておきたくなりました。


     今、朝鮮人慰安婦20万人説が花盛りですが、その実は、ある韓国の新聞がかつて「挺身隊として動員された朝鮮と日本の女性は全体でおよそ20万であり、そのうちの朝鮮女性は5万~7万人と推算される。」と書いたものを後で勝手にいじくり回して「朝鮮人慰安婦20万人」と言っているだけのシロモノです。

    ReplyDelete
  116. 「猫大臣」以外の方は、「竹島の日」前後にどんなことを言っていたか、調べてみようと思います。

    佐藤正久 参議院議員 
    鬱陵島視察で韓国から入国拒否された国会議員のおひとりです。
    当然、関心は高いと思います。

    https://twitter.com/SatoMasahisa

    2月21日
    明日は竹島の日、自民党領土特命委員会事務総長として、松江に赴き、式典に参加します。竹島の地名が東島、西島であることはおかしい、これは韓国の呼び名で、日本では本来、男島、女島とよんでいたはずです。その他の頂きも日本名を、国土地理院に申請すべきです。これは一例ですが、運動を強化します

    2月21日
    河野談話の検証、韓国の反発は想定内だが、この反発は韓国にとっては再検証は困るということの証左だと理解しているのかな? 竹島もそうだが、第三者による裁定や検証には極度の抵抗を示す傾向が強い。強弁の割りに自信がないようだ

    2月22日
    竹島の日、韓国は隣国であり友好推進は当然だが、主権や領土、誇り、名誉に関することは譲れないし譲ってはいけない。事実は事実として明確に証拠を持って国際社会にも主張しないと。先の予算委員会での外相答弁で、第二、第三の広報ビデオを作ると名言。竹島とリンクした東海否定ビデオを作るベき

    2月22日
    松江市内、主要な交差点には警察官が既に配置され、警戒にあっています。式典が始まる一時間前ぐらいからは、街宣車等の活動により、かなりの混雑になるようです。韓国からの活動家も市役所前等でアピールをするようですが、武力で不法に竹島を占拠した事実は動きません。11時から講演会で訴えます

    2月22日
    竹島の日記念式典、ただ「奪還の日」となっていないのがとても残念。国民の意識啓発は李大統領の竹島不法上陸以来、やや拡ったものの、正直、まだまだの感じだ。自民党の公約でもある竹島の日を北方領土同様、国が指定し総理出席の奪還大会としないと

    2月28日
    日本海呼称問題について外務省が広報ビデオを作成しました。 「日本海は世界で使用されているもので、国連は日本海が標準的な地名であり、公式文書では日本海が使用されなければいけないと確認しています」 韓国語、中国語での作成も期待しています。

    3月1日
    河野談話検証に朴韓国大統領が「孤立招く」と牽制。 ただ「見直し」でなく「検証」なのに大統領が動くとは。お国柄か? 虚構の上に真の友好は生まれないし、事実でないなら名誉を守るのは、どこの国でも政治の務めだ。政治が歴史に向き合うのは当然

    3月2日
    朴大統領の河野談話検証牽制発言もそうだが、韓国外交部スポークスマン声明で「日本の竹島挑発と慰安婦問題の責任回避の根は一つ」と二つの異なる問題を同一視し、日本を歴史修正主義との批判も異例だ。先日には韓国国会本会議で「日本軍慰安婦被害者追悼公園の造成及び追悼碑設置決議案が採択された

    3月2日
    また、韓国による漫画での日本叩きを仏で実施との報道。米国では慰安婦の碑、仏では漫画攻勢。恐らく内容も先回同様、事実と乖離したものの可能性もあるし、朝鮮半島が日本併合時に受けた恩恵は表現はしないだろうし。明日、外務省に事実関係を確認する
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    さすがによく見ておいでだと思います。

    ただ、あげ足をとるようですが、
    >「竹島の地名が東島、西島であることはおかしい、これは韓国の呼び名で、日本では本来、男島、女島とよんでいたはずです。」(2月21日)

    「東島、西島」は「韓国の呼び名」でしょうか?
    もともと「日本側」の水路誌にあった名前を、そのまま韓国でも呼んでいるのではないでしょうか? 
    さらにそのもとは、イギリスの水路誌の命名?

    「日本では本来、男島、女島とよんでいた」は大正解だと思います。
    さすがです。
    最近、竹島資料室の調査でわかったことで、隠岐の人たちが「男島、女島(おじま、めじま)」と呼んでいたことがわかっています。
    よく現地の情報に接しておられると思います。


    「自民党領土特命委員会事務総長」として、ご活躍を期待します。

    定期的に竹島の勉強会をされて、秘書の方などが成果をまとめて発信されたら、よい記録となり、有効な資料=「歴史認識戦争の弾薬」として使えると思います。

    ReplyDelete
  117. このほかの方々のサイトも見てみました。敬称略させていただきます。

    新藤義孝
    大臣としてお忙しいのか、特に今回の竹島の日についての発言はないようです。
    https://twitter.com/shindo_y
    http://www.shindo.gr.jp/
    http://www.shindo.gr.jp/related/takeshima


    稲田朋美
    http://www.inada-tomomi.com/
    とくに竹島問題については発言されていないようです。

    山谷えり子
    http://www.yamatani-eriko.com/
    式典会場にメッセージを寄せられていましたが、特に当日のネットへの発信はないようです。

    亀井亜紀子
    http://akiko-kamei.home-p.info/
    去年は式典に参加されていましたが、落選されてから竹島についての発言はないんでしょうか?

    竹下亘
    http://ameblo.jp/t-w/entrylist.html
    とくにネットへの発言はないようです。

    細田博之
    http://h-hosoda.jp/
    https://twitter.com/HosodaHiroyuki
    とくにネットへの発言はないようです。


    全部を網羅していませんし、見落としもあると思います。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・

    当日式典に参加されていた和田正宗議員が、つぶやいています。
    https://twitter.com/wadamasamune

    2月21日
    本日の竹島の日の式典に、みんなの党青年局長として出席します。これから島根に向かいます!

    2月22日
    「竹島の日」式典終了。私は党を代表し挨拶しましたが「こうした式典を9回も10回も開くのではなく、早く奪還達成式典にしなくてはならない。国会議員が具体的に国際世論に働きかけなくては。私は竹島の碑を各国に作るため呼びかけを始める」と述べた

    2月23日
    昨日の「竹島の日」式典の私の発言について、韓国メディアが批判したようですが、竹島についての韓国の主張は荒唐無稽。竹島を取り戻すまで、やるべきことをやっていきます。

    2月24日
    「竹島の日」式典での私の発言が「扇動」であると韓国の中央日報に取り上げられました。竹島の日は「全国的な右翼イベント」だそうです。当たり前の主張と奪還のための決意を示す場であるわけですが。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    2月22日 「国会議員が具体的に国際世論に働きかけなくては。」は大いに期待します。具体的に何をされるのか、しっかり見守りたいと思います。

    ただ、「私は竹島の碑を各国に作るため呼びかけを始める」、とありますが、
    いったい、どこにつくるのか?
    「碑」を作るとなると相当なお金もかかるでしょうが、そうした運動体を、「竹島」に関して、外国で構築できるのか?

    アメリカでの慰安婦をめぐる韓国系議員の活動は、それなりの個人的な政治的思惑をもった人たちが動いた結果でもあり、「女性の人権問題」というベールをかぶせての活動の結果だと思いますが、「竹島の碑を各国につくる」というのは、あまり実効的で効果的なアイディアではないような気もします。

    ReplyDelete
  118. This comment has been removed by the author.

    ReplyDelete
  119. 海外の人々に、歴史の真実を広めて行くには積極的な広報が必要で、日本人の美徳とする沈黙は禁物ですね。国会議員の方にはとりわけ積極的に発言して欲しいものです。

    広報するという点で、映画というものは効果が絶大です。だからこそ韓国は捏造アニメを制作しているのでしょうが、女子挺身隊をテーマにした作品で、欧米人にも知られている作品は、黒沢明監督・矢口陽子主演の「一番美しく」ではないでしょうか。気丈な勤労動員女学生による頑張り屋さんの物語で、単純な戦意高揚映画ではなく、感動的な名品です。戦時中に日本光学平塚工場の寮に実際に住み込んで工員作業をしながら撮影されたということです。20万人の女子挺身隊とはこの映画で描かれた工場や道路建設など勤労動員の仕事をする若い女性たちのことです。それに対して当時一般的には「女郎」と呼ばれていた慰安婦と全く別のものであることを、海外の人に瞬時に理解して貰える作品です。
    監督の演技指導に一々疑問を呈して生意気だと思われたという矢口さんは、後に黒沢夫人となったことも伝えると、なるほど黒沢の夫人は、女子挺身隊を経験したわけだ、と納得してくれて、それを売春婦体験などと思う人物は皆無なこと請け合いです。

    ところで、黒沢作品には、「デルス・ウザーラ」があります。アムール川支流のウスリー川流域に住むゴリド人の老猟師を描いた名作です。作品では沿海州の森と草原に暮らす民族のように描かれていますが、ゴリド人の生業はむしろ漁業です。現在ではナナイ民族という名で知られています。また沿海州のアムール川河口付近のウリチ族にはアイヌを出自とするクイサリ氏族がいました。1930年代までは蝦夷刀の鍔を帯飾りにした民族衣装が伝来していました。クイサリとは、「アイヌの子孫の意味」です、クイは、元史では、骨嵬と記され、(こっかい・コックァイ・クイ・クギ)国と言われていました。アイヌ民族は、自分たちのことをクイに近い音で称していたようです。蝦夷という語も、本来はカイ・クァイ・クィなどと発音したものを漢字で表記したもので、千島諸島のことをクリル諸島というロシア語もこのクイという言葉から来ていると考えられています

    こうした繋がりによると思うのですが、1593年の南部信直の書状に、下北半島の田名部・横浜・野辺地で多くの「ゑぞふね」が建造されていたことを記していて、このアイヌの船というのは、ナナイ民族が五葉松で造った船の影響を受けた優秀なものであったらしいのです。このことは当然ながら、北海道側の松前にも蝦夷船があったことを意味します。

    一五九二年(文禄元年)豊臣秀吉から高麗陣の先将を命じられた加藤清正の軍は、四月十二日釜山に上陸、五月二日には京城を占領、七月二十三日には会寧を攻略、朝鮮の二王子、左右大臣、大官十二名を捕虜にし、さらに豆満江を渡り七月二十六日兀良哈(オランカイ)に攻め入りました。オランカイとは、女真族から常に掠奪にあっていた朝鮮人側から見た野蛮人を意味する言葉で、加藤清正の軍がはいってきたことで、清正軍と朝鮮人は連合軍をつくって協力して女真族を攻撃したのです。このあたりは、是非、sloww君などに勉強してほしいところです。この戦いは、女真にはまだ統一政権がなく、ゲリラ活動が予想されることなどからここを征服するルートで、明(みん)に入ることは不可能であると秀吉への報告にあるように、敵情の探索が目的でした。

    さて面白いことに、『清正高麗陣覚書』に、「せいしう浦」で「せるとうす」という名の「北国の武者大将」を生け捕りにしたが、その配下に「おらんかい口(女真語)をも、朝鮮口をも、日本口をも、自由に使い申し候う、能よき通詞」がおり、清正は重宝がって二郎と名づけ召し仕った。この二郎はもと松前の漁師で、風に流され「せいしう浦」に漂着し、二〇年ほど暮した人だった、と。[村井章介『海から見た戦国日本』ちくま新書一九九七年.六〇-六一頁]

    二郎さんが乗っていた船が、和船であったのか、蝦夷船であったのか、まったく分かりません。ただ1572年頃に、彼が予期しなかった東風によって漂流し、しかし沈没せずに、現在の清津(チョンジン)に流れついたことは確かです。季節は分かりません。
    努力して朝鮮語と女真語を学び、セルトウスの配下となった二郎さんの苦労は大変なものであったと思います。

    先だってコメントに揚げた、1590年代の日本図屏風の全体画像を見ていただけば、
    http://www.geocities.jp/saitohmoto/essay/NewWorld/NihonzuByobu.jpg
    屏風の上の方に、北海道の松前と函館付近が描かれている理由の一つは、加藤清正と「二郎」さんのおかげかも知れません。


    Chaamieyさん
    貴殿に喧嘩を吹っ掛けるつもりは毛頭ありません(笑)。しかし、一つ確認しておきたいのですが、貴殿が言われた「地元」とは、、竹島(鬱陵島)・松島(現竹島)での、日本人による活動の本拠地となった地元という意味で、具体的には隠岐と米子(大谷・村川家の所在地)という理解でよろしいでしょうか? 

    筆舌につくしたがたい苦労をされているであろう方で、米子と朝鮮といえば、昭和五十二年(1977年)10月21日に、米子市に住んでいた松本京子さんが、自宅から近くの編み物教室へ向かって外出したまま消息を絶ち、後に北朝鮮に拉致されたことが知られています。脱北者の証言で、容貌が松本京子さんとよく似た拉致されてきたという日本女性が、チョンジン港に輸入された中古車を見て、「昔にくらべて日本のクルマもよくなったものね」と言っていたという証言などから、北朝鮮の咸鏡北道清津市に居住していたとされています。(なお2012年11月25日の読売新聞によれば、金正日総書記死亡直前、後継者の金正恩第一書記の指示で平壌に移住させられたとのことです。)

    現代のエンジンの付き高速艇なら小型の北朝鮮の船であっても、季節を問わずに日本から北朝鮮に渡ることは可能です。

    一般に、北朝鮮のボートやボートの破片が日本の海岸に漂着するのは、偏西風が強まる冬に漂着することが多くなります。

    2014年2月9日サンケイ新聞記事
    http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140209/dst14020918070013-n1.htm

    逆に言えば、近代以前に、日本側から帆船によって、竹島・松島に向かうには、北海道でも北陸でも山陰からでも、日本海横断となり、ただでさえ大荒れとなる冬の季節には極めて困難といえます。

    ReplyDelete
  120. 小嶋日向守さん、

    「地元」とは、おおよそ「竹島(鬱陵島)・松島(現竹島)での、日本人による活動の本拠地となった地元という意味」で書いています。具体的な地理的範囲は分かりません。少なくとも隠岐とか米子は含むことになるだろうとは思いますが。

    ReplyDelete
  121. This comment has been removed by the author.

    ReplyDelete
  122. 皆様
    私は、慶長の役のときに、鬱陵島の占領や航海が可能であったかどうかの検討の詳細をコメントしたいと思っていたのですが、それに関連して、司馬遼太郎の小説による岩崎弥太郎の話をしてしまい、さらにそれが、小美濃晴明氏によってとんでもない解釈をされてしまっていることを知りました。

    岩崎弥太郎が、明治維新の前年に、竹島・松島探険に出発したことは歴史的事実です。それでは、小美濃氏によって提起された嫌疑についてはどうなのか。これは一見、悪魔の証明のように思える事柄です。しかし私は、岩崎弥太郎の乱暴狼藉や、日記の隠蔽・改竄などは、いろいろな状況証拠から有り得ないと証明できると考えています。

    それに関連しての岩崎弥太郎日記の「その日」前後の記述内容の紹介をしたいと思ったのですが、常連の皆さんにとって興味の湧かない話かも知れないように思えてきました。このスレッドで話題にして良いものかどうか悩んでいます。

    Chaamieyさん
     早速お答えありがとうございます。当たり前のことを何故にとお思いでしょう。
    実は、私の見解は貴殿とはちょっと違うのです。見解の違いは人それぞれですから当然といえば当然なのですが、そのことが、岩崎弥太郎の航海の解釈とも関係していると思いますので、念のためお聞きしたかったのです。揚げ足を取るつもりは有りませんからご安心下さい。

    ReplyDelete
  123. リツイートされていますが、竹島の属する島根県の隠岐の島町「ふるさと納税」で「竹島の領土権の確立に資する事業」に協力が出来ます。

    https://twitter.com/WiLL_edit

    WiLL編集部 ‏@WiLL_edit 5時間
    竹島が属する「隠岐の島町」でも、「竹島の領土権確立のため」と使い道を指定して寄付ができます。http://www.town.okinoshima.shimane.jp/informations/view/1522 … 税金の控除もありますし、「なかなか島根/隠岐の島までは行けないけど……」という方も、こんな形での「竹島事業応援」もありますよ!

    http://www.town.okinoshima.shimane.jp/informations/view/1522
    隠岐の島町では皆様が寄附金の使途をご指定いただける『ふるさと隠岐の島応援寄附金』を設け、個人・法人問わず多くの皆様からのご支援をお待ちしております。  
    ご指定いただける事業一覧
    ①青少年教育又は地域文化の振興に資する事業
    ②医療又は保健・福祉の充実に資する事業
    ③竹島の領土権の確立に資する事業
    ④自然環境の保全・整備に資する事業
    ⑤隠岐の島町長が必要と認める事業    


    島根県にもあります。

    WiLL編集部 ‏@WiLL_edit 5時間
    島根県への「ふるさと納税」では、「竹島の領土権確立に関する事業」へと使い道を指定しての寄付ができます!http://www.pref.shimane.lg.jp/seisaku/kifu/  しかし制度を知らない人が多いからか、本年度は7件しかなかったとか。確実に竹島に関して使われる寄付です。どんどん広めましょう!

    http://www.pref.shimane.lg.jp/seisaku/kifu/

    http://www.pref.shimane.lg.jp/seisaku/kifu/jigyo.html

    6 竹島の領土権の確立
    竹島は、歴史的にも国際法に照らしても島根県に属する我が国固有の領土です。
     竹島の領土権の早期確立に向けて、次の事業を応援してください。
     ●竹島問題の研究成果の普及(報告書等を全国の図書館・大学等へ配布)
     ●広報啓発事業の実施(パンフレット等の作成など)
     ●竹島問題に関する学校教材の作成、配布
     ●竹島関係資料の購入
      
    山際澄夫さんがリツイート
    https://twitter.com/yamagiwasumio

    山際澄夫 ‏@yamagiwasumio 2時間
    @WiLL_edit 舛添さん、尖閣買収の寄付の使い道に困っているなら竹島に回したらどうなんだろうね!

    ReplyDelete
  124. 小嶋さま

    >岩崎弥太郎日記の「その日」前後の記述内容

    私も大変興味があります。明治2年、鬱陵島で「日本松島槻谷」と書いた「岩崎」は、ほんとうに三菱関連の岩崎かも知れないと思うからです。

    坂本龍馬の海援隊と鬱陵島が関連があることはこれまでも指摘されていますし、北前船の船乗りのルートに、鬱陵島と竹島は確かにあったわけで、意外なところから鬱陵島や竹島に関する情報が見つかるかもしれないと思うところです。
    八右衛門の道案内をしたのも瀬戸内海の船乗りですし、龍馬との関係で、当時海運に力があった薩摩藩あたりの資料にもあるのかもしれない。

    佐倉の人間や、長崎の人間が、鬱陵島(竹島であったり、松島であったり)の開拓願いを出しているのは、当時のいろいろな立場の「志士」たちの意外な人的ルートがあったのかもしれません。

    ReplyDelete
  125. その意味で、このポストの『韓國疆域問題意見』で
    「該島所屬問題、在昔日韓兩國一再攘奪。 自1884年以後、韓人移住該島者、浸假增加、勢力日大、爭論始平。」
    とあるように、鬱陵島に「韓人」が増えたのは1884年以降だと思います。
    それまでは日本人が優勢だったのではないかと思います。

    ReplyDelete
  126. 『竹島問題100問100答』売れているみたいですね。

    WiLL編集部 ‏@WiLL_edit 3月3日
    【大好評発売中!】『竹島問題100問100答』がアマゾンの「雑誌―ほしいものリスト」に、浅田選手や羽生選手が表紙の雑誌と共にランクインしております!http://www.amazon.co.jp/gp/most-wished-for/books/13384021/ref=zg_mw_nav_b_1_b … ネット在庫は完売状態ですが、店舗在庫はありますので、お近くの書店へお問い合わせください

    ReplyDelete
  127. 「2月22日の発言」をさがしていたら、次のような記事がありました。
    やさしく、わかりやすく書こうとしており、良くまとまった記事ではありますが、間違いが多いです。問題となるところを■■で囲み、私の考えを*で示しました。

    以下、引用です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・
    2月22日は「竹島の日」 竹島問題は今どうなっている?
    2014.2.22 11:21
    http://thepage.jp/detail/20140222-00000003-wordleaf?page=1

    日本と韓国の関係が冷え込むなか、再び「竹島問題」がクローズアップされています。2月22日は島根県が条例で「竹島の日」と定めた日で、日本政府は記念式典に政務3役の内閣府政務官を派遣すると発表しました。しかし、■竹島を実効支配する韓国■はこれを挑発行為と受け止め、日本政府に「竹島の日」の式典開催と政務官派遣の中止を要求するなど猛反発。日韓の亀裂がいっそう深まっているのです。

    *「実効支配」は「平穏」であることが条件。日本は再三にわたって韓国側の不法占拠に抗議しており、「平穏」ではない。従って、韓国は竹島を「実効支配」しているとは言えない。
     
    とはいえ、島根県隠岐島の北西約160キロの日本海に浮かぶ竹島は、本州や朝鮮半島から200キロ以上も離れ、総面積は東京の日比谷公園ほどしかありませんが、周辺の海域は豊かな漁場としても知られています。その小さな島をめぐり、いったいなぜ日韓のあいだで問題になっているのでしょうか。

    竹島をめぐる日本の立場と韓国の主張
     特に大きいのは、韓国が竹島の問題を「歴史問題」として考えていることです。
     竹島にはかつてアシカが多数生息し、隠岐島の人々が皮革をとるためにアシカ漁をしていました。そこで明治政府は1905年、この島がどこの国のものでもないことを確認したとして、島根県に編入することを閣議決定。■翌年には島根県の調査団が韓国領の鬱陵島に立ち寄り、韓国側に竹島を島根県に編入したことを伝えました。それによって「国際法上も領有権を再確認した」というのが日本の立場です。■

    *日本が領有権を確立したのは、閣議決定と1905年2月22日の「島根県告示」。通告は必要条件ではない。従って翌年の「編入通知」をもって「国際法上も領有権を再確認した」というわけではない。
     
    一方、韓国は「島根県への編入は侵奪行為で、国際法上も効力がない」と主張しています。竹島を島根県に編入した9か月後、日本は当時の大韓帝国の外交権を握り、5年後には日本の一部にしました。この「韓国併合」は敗戦まで続き、韓国はずっと日本の植民地でした。つまり、韓国にしてみれば「植民地支配の一環として、韓国の領土である独島(トクト)を奪われた」ということになるわけです。「国際法に基いて領有権を確認した」という日本の主張とは真っ向から対立しているのです。
     こうした経緯から、■戦後も竹島をめぐる日韓の争いが続きます。■

    *「戦前」には「竹島をめぐる日韓の争い」は存在しない。江戸時代にも鬱陵島をめぐっては争いがあったが、竹島をめぐっての争いは存在しなかった。

    http://thepage.jp/detail/20140222-00000003-wordleaf?page=2

    1952年に韓国側が「李承晩ライン」宣言
     日本は1951年に米国などの連合国とサンフランシスコ講和条約を結び、朝鮮の独立を承認。日本は朝鮮半島と済州島、鬱陵島などに対する権利を放棄しました。この過程で韓国側は竹島を放棄の対象にするように求めましたが、米国は「この島が朝鮮の一部として取り扱われたことはない」と拒否。このため、日本は「竹島を放棄していないのだから日本領だ」としているのですが、韓国はそうではありません。「名前が出ている島は例として挙げられただけだ。日本の敗戦によって、■植民地として奪われた領土■はすべて韓国に戻された」と主張しているのです。

    *竹島は「植民地として奪われた領土」ではない。1905年以前に竹島が韓国領土であることを実証する文献はない。

     そんななかで、1952年には当時の李承晩大統領が周辺海域に線を引き、■「この線の中は韓国の領海だ」と一方的に宣言します。■「李承晩ライン」と呼ばれるもので、この線の内側には竹島も含まれていました。

    *李承晩ラインは「領海」を宣言したものではない。

    これ以降、日本漁船の拿捕が始まり、4000人近い漁船員が抑留され、5人が死亡しました。1954年からは竹島に韓国側の警備隊が駐留するようにもなりました。日本は不法占拠として国際司法裁判所に提訴することを求めましたが、韓国側は拒否。国際司法裁判所というのは紛争当事国の双方が了承しないと審理に入れない仕組みで、韓国は「領有権をめぐる問題は存在しない」として提訴を認めなかったのです。

    1965年に「日韓条約」を結ぶ
     その後も緊張状態が続きました。日韓両国は竹島問題を棚上げしたまま1965年には日韓条約を結び、関係を深めていきましたが、韓国が周辺海域を「排他的経済水域」だと主張していることで、日本の漁船と韓国側でトラブルになるケースが増えたのです。竹島周辺で漁をしていると、韓国の警備艇が来て追い出されることもありました。
     そこで日韓両国で話し合い、双方の漁船が排他的経済水域でに漁業ができる日韓漁業協定を結びましたが、それでも日本の漁船は自由に漁業ができません。2005年に島根県が「竹島の日」を制定したのは竹島が編入されて100年になることを記念したものでしたが、背景には排他的経済水域の問題があり、「竹島が韓国に占領されてしまっている事実を多くの日本国民に知ってもらいたい」という狙いがあったのです。

    http://thepage.jp/detail/20140222-00000003-wordleaf?page=3

    2012年には李前大統領が竹島上陸
     しかし、この問題をめぐる日韓のこじれた関係を立て直すのは容易なことではありません。2012年8月には、当時の韓国・李明博大統領が竹島に上陸。日本側は反発を強め、国際司法裁判所への合意付託などを提案しましたが、韓国側は拒否しています。そもそも、第2次安倍政権が発足して以降、日韓の首脳会談は一度も開かれていません。また、朴槿恵大統領は諸外国の首脳に歴史問題をめぐる日本の立場を批判して回るなど、反日姿勢をエスカレートさせています。3月下旬にはオランダのハーグで核安全保障サミットがあり、秋には北京でAPEC首脳会議も行われますが、いまのところ日韓首脳会談の実現のめどはまったく立っていません。
     ■竹島は韓国による実効支配が続いている状態です。■ですから、竹島は日本固有の領土であるという主張はしっかり行っていかなければなりません。

    *前掲 韓国は竹島を「実効支配」していない。

    ただ一方で、■相手の主張にもちゃんと耳を傾ける、そうした「大人の対応」も求められているのかもしれません。■日韓の関係改善の糸口を見つけられるかどうか、安倍首相の外交手腕が問われそうです。
    (真屋キヨシ/清談社)

    *相手の主張に耳を傾けた結果、それが間違いだと気づいたら、「それは違う」と相手を説得するのが「大人の対応」ではないか。間違いを知りながら、無条件に無批判に受け入れているだけでは、真の友好関係は生まれない。一方、韓国側にも相手の主張に耳を傾ける「大人の対応」を求めたいものである。

    ReplyDelete
  128. matsuさん
    岩崎弥太郎は、明治二年二月には、長崎にいたアリバイがあります。また弥太郎は、自分では「好古」と称していましたので、「明治二年二月十三日(1869年3月25日)の岩崎忠照」は、たまたま同姓であった別人だと思います。
    貴殿に興味を持って頂いて有り難いのですが、弥太郎日記を紹介すると、その内容解釈と合わせると、このスレッドがそれだけで全部埋まってしまいそうで、oppさんに申し訳ない気がします。

    一般読者の皆さま
    「地元」論に関してですが、韓国人からすれば、遠くて見えないところにある場所を「地元」と呼ぶのはおかしいという声が聞こえてきそうな気もします。「朝鮮半島本土からは竹島は見えないけれども、鬱陵島からなら、条件がよいときなら、竹島を見ることは可能だから」という妙な理屈による声高な主張です。しかし実際には、韓国側の史料というのは、無人島であった鬱陵島に検察にきた役人が、山頂から現在の竹島とおぼしき島を見たという記録が辛うじて一件ある程度に過ぎないのです。

    では隠岐はどうなのか、念のため、計算してみました。
    隠岐の最高峰大満寺山608m
    竹島の男島が海抜168m、女島が海抜98m、
    高い方の男島と大満寺山を加えて、約750mです。

    地球を半径6378kmの球体とし、障害物がなければ
    また大気の屈折により6%遠くまで見えると仮定しても、全然高度が足りません。
    1000mを加えて、視点の標高を1750mとして計算して
    r=6378km (地球半径)
    h=1.75kmで計算して
    d=1.06√h(2r+h)
    これで、見通し距離 d = 158.39 km になりました。

    つまり計算してみると、隠岐から見た場合、最高峰の大満寺山に登っても、竹島は水平線の下に隠れてしまい見ることが出来ません。158㎞離れた竹島を見るためには、大気の屈折率を考慮して6%ほど遠くまで見みえるとして計算しても、大満寺山にさらに高さ千メートル近い鉄塔を建てないと、見えない計算になります。
    しかし、自然現象には、下方の空気が冷やされ海面付近の大気密度が大きくなれば、通常では水平線の下に隠れて見えない風景や船などが見える現象が存在します。これは上位蜃気楼の一種ですが、こうした条件が揃えば見えることも不可能ではないはずです。

    現代のような中国大陸からのpm2.5のような汚染物資がなかった時代で、そうした極めて条件の良いときと思われる記録があります。杉原先生が紹介されている、文政六年(1823年)に大西教保が記した『隠岐古記集』です。そこには、「隠岐の漁師達は、秋の晴れた日で北風の強い日には、大満寺山から松島(現在の竹島)が見えると言う」とあるそうです。日本人の記録魔ぶりは有り難いものです。

    まあ、竹島(鬱陵島)・松島(現竹島)への活動拠点という考え方からすれば、見える・見えないは、そもそも関係ありません。その点で、福浦という両島への活動拠点の港を擁した隠岐は確実に「地元」です。

    これに対して、韓国側には、現竹島への活動拠点となった「地元」は、20世紀になるまで存在しませんでした。

    Chaamieyさん
    前置きが長くなりました。私は1800年頃から1882年頃の期間も、日本人による竹島(鬱陵島)の実効支配があったと見ていて、その活動拠点の地元は、「下関」だと考えています。

    ReplyDelete
  129. 159㎞という距離感の参考までに、離れた山から、スカイツリーを見た写真があります。
    視力の良かった昔の漁師の分解能なら、見間違いではないと実感できます。

    http://homepage3.nifty.com/tasiro/sky.htm
    http://yamao.lolipop.jp/sky/enpo.htm
    http://parnassus333.web.fc2.com/tst/tst_enbo02.htm
    http://www.karuizawa.co.jp/newspaper/topics/t_2013-117.php
    118㎞離れた伊豆大島では標高の低い波浮港付近からでも、スカイツリーが見える。
    157㎞離れた、静岡県と長野県の境にある聖岳の標高450mでスカイツリーが見える。
    205㎞離れた御蔵島の標高約770メートル以上の御山・長滝山では、スカイツリーが見えるようです。
    群馬県庁展望ホール32階(127m)に、群馬県庁の標高 105mから、101㎞離れたスカイツリーの上から三分の二が見える。

    うーんすごい。計算よりもよく見えるようです。

    ReplyDelete
  130. 小嶋様

    >岩崎弥太郎は、明治二年二月には、長崎にいたアリバイがあります。また弥太郎は、自分では「好古」と称していましたので、「明治二年二月十三日(1869年3月25日)の岩崎忠照」は、たまたま同姓であった別人だと思います。

    ありがとうございました。
    私も、いきなりドンピシャリはないだろうと思っていましたが、さすがにご本人ではなかったようですね。
    それにしても、小嶋さんの「明治二年二月十三日=1869年3月25日」の新暦換算は、またまたすごいです。

    真冬ではなく、春、季節が良くなってから出かけているのがわかります。

    中井養三郎のころに、鬱陵島から韓人とともに出漁していた「山口県人 岩崎某」もあり、これも三菱か、とひそかに思っております。(笑) 川上健三『竹島の歴史地理学的研究』189p


    それから、

    >杉原先生が紹介されている、文政六年(1823年)に大西教保が記した『隠岐古記集』です。そこには、「隠岐の漁師達は、秋の晴れた日で北風の強い日には、大満寺山から松島(現在の竹島)が見えると言う」とあるそうです。

    これって、日本人の竹島認知の、これまた一つの大きな証拠ですね。
    『隠岐古記集』の原文、見つかりますかね。

    ReplyDelete
  131. 『竹島問題100問100答』についてWill編集部さんの「つぶやき」で情報を頂きました。
    韓国側『文化日報』の記事を翻訳しておきます。

    https://twitter.com/WiLL_edit
    『竹島問題100問100答』について韓国メディアが報道。
    http://www.munhwa.com/news/view.html?no=2014030601030243002002 … … 
    独島研究所研究員「ややもすると独島に対する歪曲された論理が、日本人の間に広がると懸念される」だそう。雑誌が完売したら、日本人が正しい知識をつけてしまう!と脅威を感じるでしょう

    ・・・・・・・・・・・・・・・
    『文化日報』
    http://www.munhwa.com/news/view.html?no=2014030601030243002002

    ‘다케시마 100문 100답’ “日, 독도 지배” 교묘한 왜곡
    영남대 독도硏 분석… “고유 영토” 주장과도 모순

    게재 일자 : 2014년 03월 06일(木)

    일본 시마네(島根)현이 지난 2월 22일 ‘다케시마(竹島•독도의 일본식 명칭)의 날’ 행사에 맞춰 출간한 ‘다케시마 문제 100문 100답’(사진) 책은 교묘하게 역사를 왜곡, 독도를 자국의 영토라는 주장을 담고 있는 것으로 나타났다.(문화일보 2월 10일자 4면 참조) ‘일본인들이 꼭 알아 두어야 할 우리나라 고유 영토’라는 부제를 달고 펴낸 이 책은 교육기관 배포는 물론, 일반인에게 판매도 하고 있는 것으로 알려졌다.

    6일 문화일보가 영남대 독도연구소와 함께 책을 분석한 결과, 일본은 어부들이 1600년대 중•후반 독도를 중간 기착지 삼아 울릉도에 가던 중 독도에서 전복을 채취하면서부터 독도를 지배하는 역사적 권원(權原)을 갖고 있으며 1905년 시마네현의 독도 편입 내용을 담은 ‘시마네현 고시 40호’는 이를 재확인하는 차원이라고 기술했다. 그러나 역사적으로 이미 고유 영토라고 하면서 굳이 주인 없는 땅을 편입한다는 무주지 선점론(無主地 先占論)을 펴는 것은 모순된 논리라는 게 독도연구소 측의 설명이다.


    이와 함께 책은 독도의 강치(바다사자)는 한국이 불법 점거하던 1950년대 200∼500마리였으나 1970년대 사라졌다고 했다. 그러면서 일본은 어민들이 1910년대 독도에서 주로 움직임이 둔한 새끼와 암놈을 총과 몽둥이로 잡았다고 기술하고 포획량까지 기재하면서도 독도에서 시마네현 관할인 오키(隱岐)섬으로 회유하는 강치를 1965년 목격했다고 기술했다. 이는 일본인들의 남획이 독도 강치 멸종을 불러왔지만 한국이 입도하면서 사라진 것으로 해석될 수 있다.

    또 책은 1952년 이승만 대통령이 공해상에 일방적으로 평화선(일본 명칭은 이승만 라인)을 긋고 1954년 독도를 한국 해양경비대가 무력 침탈했다고 기술하며 이는 한•일 관계를 복잡하게 만든 원흉이라고 했다.

    특히 책은 국제사법재판소(ICJ) 제소 등 정공법 대신 역사 인식에 집착하는 한국 측의 실정을 이해한 다음 임기응변으로 대응할 수 있는 일본 내 연구기관의 존재가 불가결하다는 등 독도 영토 주장 전략도 기술했다. 송휘영 영남대 독도연구소 연구교수는 “진실을 상당 부분 왜곡한 이 책은 일본인 누구나 손쉽게 볼 수 있어 자칫 독도에 대한 왜곡된 논리가 일본인 사이에서 널리 퍼질까 우려된다”고 말했다.

    이 책은 240페이지로 질문에 답을 하는 형식으로 돼 있으며 일본 외무성이 2008년 펴낸 ‘다케시마 문제를 이해하기 위한 10포인트’라는 소책자(14페이지)에 비해 방대하고 세밀하게 일본 영유권 주장 내용을 담고 있다.

    일본 우익논단을 형성하는 ‘왁 매거진’이라는 잡지사가 ‘월간 윌’이라는 잡지의 3월 증간호로 발간, 일반인에게 판매(880엔)도 하고 있다. 외교부는 2008년 때처럼 이번에도 100문 100답을 분석해 반론할 것으로 알려졌다.

    경산 = 박천학 기자 kobbla@munhwa.com

    「竹島100問100答」 “日本の独島支配”巧妙な歪曲

    嶺南大独島研分析… “固有領土”主張とも矛盾

    掲載日時:2014年03月06日(木)

    日本の島根県が去る2月22日「竹島(独島の日本式名称)の日」の行事に合わせて出版した『竹島問題100問100答』(写真)という本は、巧妙に歴史を歪曲し、独島は自国の領土であるという主張を含んでいることが明らかになった。(文化日報2月10日付4面参照)「日本人が必ず知っておかねばならない我が国固有の領土」という副題をつけて出版したこの本は、教育機関への配布はもちろん、一般人にも販売していることがわかった。

    6日、文化日報が嶺南大学独島研究所とともにこの本を分析した結果、日本は漁師が1600年代の中~後半、独島を中間寄着地とみなして鬱陵島に行っている間に独島でアワビを採取して以来、独島を支配する歴史的権原を持っており、1905年、島根県の独島編入の内容を載せた「島根県告示40号」は、これを再確認する次元のものだと記述している。しかし、歴史的にすでに固有領土だとする一方で、あえて、持ち主のいない土地を編入したという無主地先占論を展開するのは矛盾した論理だ、というのが独島研究所側の説明である。

    それと共に、この本は、独島のアシカは韓国が不法占拠した1950年代に200~500匹いたのが1970年代に絶滅したと述べる。そう言いつつ、日本は漁民達が1910年代に独島で、主に動きが鈍い子供とメスを銃と棒で捉えたと記述し捕獲量まで記載しながらも、独島から島根県管轄である隠岐島に回遊するアシカを1965年に目撃したと記述している。これは日本人たちの乱獲が独島のアシカ絶滅の原因であるのに、韓国が入島したために絶滅したのだ言っていると解釈できる。

    また、この本は、1952年に李承晩大統領が公海上に一方的に平和線(日本名称は李承晩ライン)を引き、1954年に独島を韓国海洋警備隊が武力侵奪したと記述し、これが韓日関係を複雑にさせた元凶であるとしている。

    特にこの本は、国際司法裁判所(ICJ)提訴などの正攻法の代わりに、歴史認識に執着する韓国側の実情を理解して臨機応変に対応できる日本国内の研究機関の存在が不可欠だというなど、独島領土主張のための戦略も記述している。ソン・フィヨン嶺南大学独島研究所研究教授は「真実を相当部分歪曲したこの本は、日本人が誰でも容易に見ることができ、ややもすると独島に対する歪曲された論理が日本人の間で広く広がることが憂慮される」と話している。

    この本は240ページで、質問に答える形式になっており、日本の外務省が2008年に出した「竹島問題を理解するための10のポイント」という小冊子(14ページ)に比べ、ぼう大で細かい日本領有権主張の内容を含んでいる。

    日本の右翼論壇を形成する「ワックマガジン」という雑誌社が、『月刊ウィル』という雑誌の3月増刊号として発刊し、一般人に販売(880円)もしている。外交部は、2008年の時のように、今回も100問100答を分析して反論するということである。

    慶山=パク・チョンハク記者kobbla@munhwa.com

    ・・・・・・・・・・・・・・・・

    相当にインパクトがあったようですね。
    まともな反論はありません。嶺南大学独島研究所も困っているんじゃないでしょうか。どんな反論をしてくるか、楽しみでもあります。


    自動翻訳からの急いだ訳で、日本語がヘンですが、お許しください。
    間違いがあれば教えてください。

    ReplyDelete
  132. みなさま
    岩崎弥太郎日記の内容解釈の作業場所は下記のスレッドにてお願いします。
    http://dokdo-or-takeshima.blogspot.jp/2007/06/1994-san-in-chou-newspaper-article-on.html

    matsuさん
    あちらで、弥太郎日記の内容分析と現代語訳協力おねがいします。
    さしあたって、航海に同行した者の同定作業ですが、岩崎弥太郎、松井周助、山崎直之進の他に、田中幸藏、岩村八郎、水主の梅太郎が読み取れるように思います。
    インターネットを見回していたら、私にはどういう理由から判断されたのか不明なのですが、橋本喜之助と弥左衛門という人物が、同行した考える人もいるようです。

    底本に関してですが、幕末史研究者の某氏が、「公表したくないので抜いたのではないか」などと全くゲスな勘ぐりをしていることから推測出来ると思いますが、この底本は、翻刻活字版であり、影印本ではありません。
    ただし、当時編成されていた「伝記編纂会」には、各有名大学の教授陣が名を連ねていて、十二冊の日記の現物を見た上で、それを写真家が撮影して合計千枚にも達したという写真を、研究者たちが見て判読、翻字して、それを原稿にまとめたということです。しかも、かなり左派的(後述する理由、および時代的に)であった大学研究者たちに、三菱が箝口令を敷いて、内容の一部を隠蔽したなどということは、常識的に考えられません。

    後述する理由というのは、序文に続く、解説文から読み取れるものです。そこには、編纂会の研究者たちが、当時の鬱陵島を、すでに朝鮮人のよって実効支配されている貿易港であったと思い込んでいるのです。それは、司馬遼太郎の勘違い以上に、頓珍漢きわまる、極端な認識不足なのですが、そう思い込んでいることによって、「弥太郎による鬱陵島での朝鮮との密貿易」の証拠をあばこうとしているような無駄な努力のあとが読み取れるのです。その解説者が、この慶応三年五月の竹島航海を重要事項として、しかし記事が欠けているとわざわざ取り上げいるほどです。それもかなりバイアスが掛かった左派的な解説のように読み取れます。もし三菱グループによる、弥太郎の悪事の隠蔽工作などがあったとしたら、この執筆者たちが大騒ぎしたであろうことが容易に理解される、怪説文です。

    それから、「松竹二島 開拓之事説」の間に入れられている(松島、竹島)の括弧と文字は、おそらく編纂会による註釈だと思います。

    文章の切り方は、すべて底本にしたがっていて、行替えも底本通りです。句読点ですが、おそらく原本には全くなかったものを、編纂会が切り分けて、全てに「、」を入れたのだとおもいます。文末に「。」は全く使っていません。

    それと、五月十日に強いて出発させた、舟というのは、唐津から長崎への陸路帰還の際に使用した、手漕ぎの渡し船のようです。
    松島・竹島探険行は、下記のように六日の唐津帰還で終わっています。

    慶応三年四月三十日(1867年6月2日) 長崎出港(ただし当日は長崎港内の高鉾島に泊)
    慶應三年五月一日(1867年6月3日) この日の早朝に出港と思われる。
    慶應三年五月六日(1867年6月8日) この日の昼過ぎに唐津に入港

    ReplyDelete
  133. 2月22日「竹島の日」の新聞記事等を探していたら、「統一ニュース」というのがありました。ここに、当日韓国外務省が発表した「声明」なるものが引用されていました。
    韓国側が「竹島の日」をどうとらえているか、わかる資料だと思うので、記事と共に翻訳しておきます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「統一ニュース」
    http://www.tongilnews.com/news/articleView.html?idxno=106156

    島根県「竹島の日」行事に日本政府代表出席
    政府、政界 糾弾声明.. 「韓日関係悪化は安倍政府の責任」
    キム・チグァン記者| ckkim@tongilnews.com
    承認2014.02.22 16:54:00

    日本の島根県が22日島根県民会館で開催した「竹島の日」の行事に、昨年に続き政府代表が参加し、波紋を呼ぶものと見られる。

    島根県と県議会、「独島北方領土返還運動島根県民会議」が共同主催したこの日の行事には、我が国の次官級に当たる亀岡偉民政務官をはじめとして、細田博之自民党衆議院など国会議員17人と一般市民など500人余りが参加した。

    行事は、1部の公式行事に続き、『独島問題100問100答』の解説を主題に2部の講演が行なわれ、付帯行事として独島記念品販売と特別展示会「地図で見る独島」、『独島問題100問100答(独島問題研究会)』冊子発刊なども行なわれた。

    また「竹島の日」の行事に合わせて、「在日韓人の特権を容認しない集い」(在特会)をはじめとする日本の右翼団体は、東京都心と島根県、埼玉などで反韓デモを行うということである。

    外交部のチョ・テヨン スポークスマンは、この日の午後、強い声明を発表し、「日本の独島挑発と日本軍慰安婦問題責任回避の根は一つ」として「このような形態は、日本政府が帝国主義時代の韓半島侵奪の過去の歴史を否定し、歴史を変えて書くという歴史修正主義の道を歩いていくことを露骨化しているもの」と批判した。
    チョ スポークスマンは、「日本政府がいわゆる『積極的平和主義』という名の下に推進している軍事力増強の動きに対しても多くの憂慮が提起されている」として、世界言論の批判を例示しながら「日本政府はこのような国際社会の声を謙虚に受け入れなければならないだろう」と明らかにした。

    チョ スポークスマンは、「日本の指導級の人々が、今後も数えきれない程多くの理由を上げながら歴史を歪曲して否定しようとすれば、私たちは国際社会とともに、そして沈黙している多くの日本の良心勢力と共に、日本のそういう歴史修正主義的の動きを天下に知らせるための多角的な努力をずっと展開していくだろう」と警告した。

    政界でも、与野党が声を合わせて糾弾の論評をしている。

    セヌリ党ミン・ヒョンジュ スポークスマンは22日、書面ブリーフィングを通じて「独島に対する一方的領有権を主張する島根県の行事だけでなく、日本全域に右翼団体のデモも予定されているということ、これは日本が露骨で組織的に独島侵奪野心を表わすことと違わない」として「わが政府が強力な反対とともに遺憾を表明したにもかかわらず、日本政府がこのような厚顔無恥な行動を持続することに対して、セヌリ党は強力な遺憾を表わす」と明らかにした。
    ミン スポークスマンは「韓日関係が最悪に直面している状況でも日本政府が誤った判断と行為を継続するならば、韓日関係だけでなく国際社会でも無視されることになる」として、「日本の意図的歴史歪曲は結局『日本の未来はない』という結論を迎えること」だと警告した。

    民主党パク・グァンオはスポークスマンは、22日、「独島は歴史的にも実効的に大韓民国の領土」だとして「独島には、独島のほかに他の名前はない」と釘を刺した。
    パク スポークスマンは、「日本が大韓民国の独島領有権に対して言い争うのは、植民支配を正当化して侵略を美化する反歴史的で、反平和的な妄動」としながら「日本が独島を他の名前で呼んで記念行事をするのは、大韓民国の主権を侵害することであり、分別なく他人の領土を見下げる侵略主義根性を表わすもの」だと批判した。
    合わせて「日本の侵略的ごり押し主張は、大韓民国国民はもちろん、世界の人の嘲弄と軽蔑の対象になるだろう」と付け加えた。

    新政治連合(仮称)クム・デソプ スポークスマンは、22日「日本政府が、独島を自分たちの領土だと主張する島根県のいわゆる「竹島の日」の行事に、次官級高位官僚を出席させたことは、決して容認できない厚顔無恥な行為」として「韓日関係がさらに悪化するのは全面的に安倍政府の責任」と明らかにした。
    また「慰安婦問題に対する日本の公式的謝罪を含んでいる河野談話を無力化させようとする試みは、歴史を逆に回そうとすることで、座視できない」と指摘した。

    これに先立ち、日本政府スポークスマン菅義偉官房長官は、20日、衆議院予算委員会で日本軍「慰安婦」被害者の証言を「再検証」する必要性を尋ねた質問に、「機密を維持する中で検討する」と答え、事実上強制動員を認めて謝った「河野談話」を否認している。


    「外交部スポークスマン声明」

    “日本の独島挑発と日本軍慰安婦問題の責任回避の根は一つだ”

    1. 日本政府の官房長官がわずか二日前に日本軍慰安婦被害者の証言内容検証を検討するという発言をしたのに続き、今日は日本の地方政府が私たちの固有領土である独島に対してとんでもない主張をする行事をまた再び開催し、中央政府はこのような行事に高位級要人を昨年に続き再び出席させる挑発を強行した。

    2. 帝国主義日本が韓半島侵奪を本格化した1905年、「主人のいない島」として独島を不法編入した日本政府が、今度は独島が本来から日本の「固有領土」だったとのごり押し主張をしており、いわゆる「従軍慰安婦」という美名の下に若い女性たちを強制的に動員して、言葉では言いようのない苦痛と損傷を与えた反倫理的事実まで否認しようとしている。

    3. 日本が1877年の太政官指令など各種文献と史料で、独島が日本の領土ではないということを自ら認めたことは歴史が証明している。日本軍慰安婦問題については、河野官房長官が「募集・移送・管理などが、甘言・強圧などによって総体的に本人の意思に反して成り立った」ということを認めたことがあり、1996年クマラスワミ、1998年マクドゥーガル国連特別報告官報告書も、「暴力と拉致、強制そして欺瞞」を通じて日本軍慰安婦被害者を性的奴隷化したと結論付けた。最近米国議会は、2007年下院慰安婦決議採択に続き、2014年統合歳出法案を通じて日本政府の慰安婦問題解決を促すことを国務長官に要求した。

    4. 日本政府は、今このような国際社会の厳重な批判に耳をふさいで歴史の真実を否定している。このような形態は、日本政府が帝国主義時代韓半島侵奪の過去の歴史を否定して、歴史を変えて書くという歴史修正主義の道を歩いていくということを露骨化するものである。このような中で日本政府がいわゆる「積極的平和主義」という名の下に推進している軍事力増強の動きに対しても、多くの憂慮が提起されている。米国、ヨーロッパ、東南アジアなど世界有数の言論が、「集団的記憶喪失」、「破壊的な歴史不正行為(destructive historical denialism)」、「国粋主義の波」という表現で深刻な憂慮を表明していることがこれを証明するものであり、日本政府はこのような国際社会の声を謙虚に受け入れなければならないだろう。

    5. 日本の指導級の人々が、今後も数えきれない程多くの理由を上げながら歴史を歪曲して否定しようとすれば、私たちは国際社会とともに、そして沈黙している多くの日本の良心勢力と共に、日本のそういう歴史修正主義的動きを天下に知らせるための多角的な努力をずっと展開していくだろう。わが政府は、日本が帝国主義時代の誤りを合理化して美化しようとする迷妄から一日も早く抜け出して、日本の未来世代が正しい歴史認識を持つ市民になるべく育成するのに力を傾け、国際社会の責任ある国家として新たに出発することを心から望む。

    外交部スポークスマン
    (追加、19:59)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    以上、引用。

    「竹島の日」が主題であるはずなのに、大半が「慰安婦」についての批判です。
    李明博大統領の竹島上陸も、実は慰安婦問題の解決(?)を狙ったものだったという見方がありますが、ここにもそれがあらわれているようです。

    「竹島」と「慰安婦」を切り離すこと。

    そして、慰安婦問題で言えば、河野談話と共に、「1996年クマラスワミ報告」、「1998年マクドゥーガル報告」の事実関係をきっちりと批判して国際社会に訴えていかないといけないのではないかと思います。

    ReplyDelete
  134. 2月22日 外交部代弁人(スポークスマン)声明
    「統一ニュース」なるメディアの記事として紹介しましたが、外務省声明のもと原稿はこれです。
    韓国は、「竹島」と「慰安婦」をどうしてもくっつけたいようですが、
    歴史的事実を何も確認しないで、「正義」を振りかざす姿勢は、全く同じです。

    「韓国の竹島不法占拠と、慰安婦像建設策動の根っこは一つだ」

    http://www.mofa.go.kr/news/pressinformation/index.jsp?menu=m_20_30

    제14-85호 배포일시 : 2014. 2. 22(토)
    문 의 : 동북아시아국 동북아1과장 김기홍(☎ : 2100-7340)
    외교부 대변인 성명
    “일본의 독도도발과 일본군 위안부 문제 책임회피의 뿌리는 하나다”
    1. 일본 정부의 관방장관이 불과 이틀전 일본군 위안부 피해자들의 증언내용 검증을 검토하겠다는 발언을 한데 이어, 오늘은 일본의 지방정부가 우리의 고유 영토인 독도에 대해 터무니없는 주장을 하는 행사를 또다시 개최하고, 중앙정부는 이러한 행사에 고위급 인사를 작년에 이어 다시 참석시키는 도발을 강행하였다.
    2. 제국주의 일본이 한반도 침탈을 본격화하던 1905년 ‘주인없는 섬’이라면서 독도를 불법 편입하였던 일본 정부가 이제는 독도가 원래부터 일본의 ‘고유영토’였다는 억지 주장을 하고 있고, 소위 ‘종군위안부’라는 미명하에 젊은 여성들을 강제로 동원하여 형언할 수 없는 고통과 상처를 준 반인륜적 사실마저 부인하려 하고 있다.
    3. 일본이 1877년 태정관 지령 등 각종 문헌과 사료에서 독도가 일본의 영토가 아니라는 것을 스스로 인정하였음은 역사가 증명하고 있다. 일본군 위안부 문제에 대해서는 고노 관방장관이 “모집․이송․관리 등이 감언, 강압등에 의해 총체적으로 본인들의 의사에 반하여 이루어졌다”는 것을 인정한 바 있고, 1996년 쿠마라스와미, 1998년 맥두걸 유엔 특별 보고관 보고서도 ‘폭력과 납치, 강제 그리고 기만’을 통해 일본군 위안부 피해자들을 성노예화 하였다고 결론지었다. 최근 미국 의회는 2007년 하원 위안부 결의 채택에 이어 2014년 통합세출법안을 통해 일본 정부의 위안부 문제 해결 독려를 국무장관에게 촉구까지 하였다.
    4. 일본 정부는 지금 이러한 국제사회의 엄중한 비판에 귀를 막고, 역사의 진실들을 부정하고 있다. 이러한 행태는 일본 정부가 제국주의 시대 한반도 침탈의 과거사를 부정하면서, 역사를 바꿔 쓰겠다는 역사수정주의의 길을 걸어가겠다는 것을 노골화 하는 것이다. 이러한 가운데 일본 정부가 소위 ‘적극적 평화주의’ 라는 이름하에 추진하고 있는 군사력 증강 움직임에 대해서도 많은 우려가 제기되고 있다. 미국, 유럽, 동남아 등 세계 유수의 언론들이 ‘집단적 기억상실’, ‘파괴적인 역사부정 행위(destructive historical denialism)’, ‘국수주의 물결’ 이라는 표현으로 심각한 우려를 표명하고 있는 것이 이를 반증하는 것이며, 일본 정부는 이러한 국제사회의 목소리를 겸허히 받아들여야 할 것이다.
    5. 일본의 지도급 인사들이 앞으로도 수없이 많은 핑계를 대면서 역사를 왜곡하고 부정하려 한다면, 우리는 국제사회와 함께, 그리고 침묵하고 있는 많은 일본의 양심세력과 함께, 일본의 그러한 역사수정주의적 움직임을 만천하에 알리기 위한 다각적인 노력을 계속 전개해 나갈 것이다. 우리 정부는 일본이 제국주의 시대의 과오를 합리화하고 미화하려는 미망에서 하루속히 벗어나, 일본의 미래 세대가 올바른 역사인식을 가진 시민이 되도록 육성하는데 힘을 기울이고 국제사회의 책임있는 국가로 거듭나기를 진심으로 바란다. /끝/

    외 교 부 대 변 인
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ここに出てくる
    国連の「1996年クマラスワミ報告」「1998年マクドゥーガル報告」
    なるものを読んで、その内容に、唖然としました。

    「1996年クマラスワミ報告」
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%9F%E5%A0%B1%E5%91%8A
    http://www.awf.or.jp/pdf/0031.pdf

    「1998年マクドゥーガル報告」
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%AB%E5%A0%B1%E5%91%8A%E6%9B%B8

    http://www.awf.or.jp/pdf/0199.pdf

    こんなものを国連に出させてしまった、当時の日本の情報戦の防衛力は、一体どうなっていたのでしょうか。

    ReplyDelete
  135. 仕事に追われて記事の更新が滞ってます。すみません。
    気になる記事がありました。
    「慰安婦への賠償責任の有無と竹島及びEEZの境界画定」をセットにしてICJへ付託する方向にもっていくべきだと思います。慰安婦問題を絡めることで韓国が付託を拒否できなくなります。

    http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20140319-OYT1T00548.htm?from=ylist

    外務省幹部は協議のあり方について「韓国側は慰安婦問題に焦点を当てすぎている。懸案は数多く、慰安婦だけに絞るのは不自然だ」としている。日本政府は慰安婦問題について、1965年の日韓請求権・経済協力協定で「完全かつ最終的に解決済み」との立場を取っており、「これ以上、韓国に譲歩しようがない」(政府筋)という事情も背景にある。

    ReplyDelete
  136. 上記記事で重要な部分が引用から漏れておりました。


    「日韓関係の改善に向け、日本が韓国に提案している外務省高官級協議の概要が分かった。いわゆる従軍慰安婦問題に限らず、島根県・竹島問題や韓国人元徴用工を巡る訴訟など、日韓間の諸懸案を幅広く議題とすることを想定している。政府筋が19日、明らかにした。」

    ReplyDelete
  137. OPPさん

    斉木次官が韓国に行っていたことは報道されていましたが、内容については知られていませんでしたね。こうした形で、わざと「リーク」して様子を見るんだろうと思います。


    この場所が、大変重くなっているので、最近の日本政府の広報活動など、新しいものを張っていただけると、コメントも書きやすくなると思います、
    たとえば「日本海呼称問題」
    http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/nihonkai_k/
    ・・・・・・・・・・・・・・・・

    「猫大臣」によれば、3月14日に第7回「領土主権をめぐる有識者懇談会」が開かれたようですが、
    https://twitter.com/ichita_y
    ・・・・・・・・・・・・・・・・
    山本一太 ‏@ichita_y 3月14日
    第7回「#領土主権をめぐる有識者懇談会」を開催。有識者メンバー全員が参加。日本の対外発信について、突っ込んだ議論をやった。総理がタイムリーに発信するための広報担当官が必要だという複数の指摘。領土担当大臣として激しく 同意! pic.twitter.com/dyjMo7nrEI
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    内閣官房からは、「領土主権をめぐる有識者懇談会」については、去年6月の「第5回」までのものしか発表されていませんね。
    http://www.cas.go.jp/jp/houdou/

    「第6回」は、いつやって、何を話したんだろう?

    税金で働いている人には、
    「タイムリーに発信するための広報担当官が必要だ」とか言っていないで、自分で発信してほしいです。

    どこかに発表していたら、ごめんなさい。

    ReplyDelete
  138. あるところ(確かKJclub)から拾ってきた記事ですが、どなたかすでに紹介済みでしょうか? どなたか翻訳が正しいか、確認いただけませんか?

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    「54年独島義勇守備隊に対して日本政府が実力行使を検討」
    日本外務省課長、韓日会談文書公開裁判で明らかに

    キム・ドゥハン記者 2014.03.17

    去る1953年、鬱陵島の青年たちで構成された独島義勇守備隊が独島に常在して以後、1954年9月に日本政府が独島に実力行使を検討していたことが確認された。このような事実は去る13日、日本市民団体が申し立てた韓日基本条約日本側文書公開訴訟で小野啓一日本外務省北東アジア科課長が裁判府に提出した陳術書で判明した。

    陳術書で小野は独島と係わる一部文書を公開することができない理由を説明した陳述書で1954年9月頃、独島問題に対する日本政府の対処方案協議過程で実力行使方案も検討されたと説明した。(中略)

    陳術書で議論された1954年9月9日は鬱陵島青年たちが構成した独島義勇守備隊が独島に常在してから約1年5ヶ月。日本が同年9月25日に独島問題を国際司法裁判所に移そうと韓国に最初に申し入れる直前だ。

    これと共に日本側が公開を拒否した文書には、韓国側が非公開を前提とした協議で独島問題の国際司法裁判所提訴に賛成できない「本当の理由」を率直に明らかにした、という内容が書かれていると小野は明らかにした。小野はこの日東京高裁で行われた韓日条約文書公開第3次訴訟控訴審続行裁判で証人として出席した。

    http://www.kbmaeil.com/news/articleView.html?idxno=314163

    ーーーーーーーーーーーーーーーーー

    「韓国側が非公開を前提とした協議で独島問題の国際司法裁判所提訴に賛成できない「本当の理由」を率直に明らかにした、という内容が書かれていると小野は明らかにした」

    この部分が大いに気になります。

    ReplyDelete
  139. 上の翻訳で問題ありませんが、省略されている一段落も含めて私の翻訳を挙げておきます。



    「54年独島義勇守備隊に対して日本政府が実力行使を検討」
    日本外務省課長、韓日会談文書公開裁判で明らかに



    慶北毎日 2014.03.17
    http://www.kbmaeil.com/news/articleView.html?idxno=314163


     去る1953年に鬱陵島の青年たちで組織された独島義勇守備隊が独島に常駐した後の1954年9月、日本政府が独島に実力行使を検討したことが確認された。 この事実は、去る13日、日本の市民団体が提起した韓日基本条約の日本側文書の公開訴訟で小野啓一日本外務省北東アジア課長が裁判所に提出した陳述書で明らかになった。

     小野は、独島関連の一部の文書を公開できない理由を説明した陳述において、去る1954年9月ごろの独島問題に関する日本政府内の対処方法協議の過程で実力行使の方案も検討されたと説明した。

     彼は、「54年9月9日以後、韓日の実力行使による衝突を避ける方法を検討したが、今後の類似の紛争で日本の対応方針を推測する資料になる」とし、その「対応方針」として「実力行使と関係のある方針も検討された」と書いた。

     陳述書にいう1954年9月9日は鬱陵島の青年たちが組織した独島義勇守備隊が独島に常駐して約1年5ヶ月後で、日本が同年9月25日に独島問題を国際司法裁判所に付託しようと韓国に初めて提案する直前だ。

     また、日本側が公開を拒否した文書には、韓国側が非公開を前提とした協議において独島問題の国際司法裁判所提訴に賛成できない「本当の理由」を率直に明らかにした内容が記されている、と小野は明らかにした。 小野はこの日東京高裁で開かれた韓日条約文書公開第3次訴訟控訴審の続行裁判で証人として出席した。


    지난 1953년 울릉도청년들로 구성된 독도의용수비대가 독도에 상주한 이후 지난 1954년 9월 일본 정부가 독도에 실력행사를 검토했던 것으로 확인됐다. 이같은 사실은 지난 13일 일본 시민단체가 제기한 한•일 기본조약 일본 측 문서공개 소송에서 오노 게이이치(小野啓一) 일본 외무성 북동아시아과장이 재판부에 제출한 진술서에서 드러났다.

    진술서에서 오노는 독도와 관련된 일부 문서를 공개할 수 없는 이유를 설명한 진술에서 지난 1954년 9월쯤 독도 문제에 대한 일본 정부 내 대처방안 협의 과정에서 실력행사 방안도 검토됐다고 설명했다.

    그는 “54년 9월9일 이후 한•일 실력