竹島問題の歴史

2.11.13

Disposition of the Korean Scholar

A Korean made a rebuttal statement to my this post according to published studies by Korean scholar. We must validate Korean studies.

1. A study by Prof. Shin Yonha and Choi Chang-geun

A Korean newspaper article about a Japanese book published by the Mainichi newspaper
"A named endowed chair professor of the Hanyang University, Shin Yong-ha and chief researcher of the Seoul Graduate School of International Studies, Choi Chang-geun, showed[....]Moreover, on page 82 of the book, “The Treaty of Peace with Japan” that contains the “Japanese territorial map,” there is a detailed Dokdo map with the explanation that “Japanese administrative power was suspended by order number 677 of the General Headquarters of the Allied Powers.” However, there is no content that Dokdo is a Japanese territory in the book."
table of contents
page82
This is the table of contents and page82  of the book.
Takeshima(page 82) mentioned in the part of Japanese territory. It seems that Prof. Shin disguised passed over the table of contents. The text body explains that Takeshima belongs to the Japanese local county at that time.
" Though Takeshima is in the Goka town of Ochi county NOW, Japanese government’s administrative right for it was ceased by SCAP’s directive in 1946."
It seems that Prof. Shin disguised passed over this sentence. Prof. Shin fabricates is often hallucinate too. He explained 48 countries agreed to "Agreement Respecting the Disposition of Former Japanese Territories".

2. A study by Prof. Hosaka

Prof. Hosaka managed “Truth of Dokdo” video series. He explained the Japanese book published by the Mainichi newspaper too.
Truth of Dokdo
"
The Japanese government pronounced the results of San Francisco Peace Treaty with Japan in 1951(6th Sept, 1951) in the Mainichi Newspaper. The Mainichi Newspaper, in corporation with the Japanese Ministry of Foreign Affairs, produced a Map of Japan describing Dokdo to be Korean territory."
There is no evidence that Japanese government corporated with Mainichi newspaper. It seems that Prof. Hosaka was hallucinate too. This is a publication about the SF peace treaty super edited by the Japanese Ministry of Foreign Affairs at Sep 1951.
" Though Takeshima was excluded from Japanese administration area by SCAP’s directive in 1946, it follows that Takeshima is recognaized as Japanese territory. Because the treaty never mention about it"
Japanese Ministory of Foreign Affairs recognaized that Takeshima is Japanese territory.

Prof. Hosaka also negated the Rusk note in the video series according to the Dulles's statement.
John Foster Dulles served as the U.S. special envoy to the Peace Treaty with Japan, and latter became U.S. Secretary of State. He acknowledged in an address that the “Letter by Rusk” represented only the view of U.S.“ The US View re Takeshima is simply that one of many signatories to the treaty.”(from a document recorded by U.S. Secretary of John Foster Dulles) 
Although the Japanese Ministry of Foreign Affairs published the content of the “Letter by Rusk” in ten languages, the letter represented merely the views of the U.S. at that time, not the agreed upon consensus of the Allies Powers.
The original secret document about the Dulles's statemant is here. Dulles pointed another important thing. Prof. Hosaka disguised passed over it.
"US view regarding Takeshima simply that of one of many signatories to treaty. Article 22 was framed for purpose settling treaty disputes. "
USA and other signatories must go to International Court of Justice, when she has a problem in the interpretation of the treaty. There are no signatory countries who go to ICJ about the Takeshima. All signatory countries has been silent, though he Rusk note opened in 1968. International law view the silence as the connivance.
S.F peace treaty
Article 22
If in the opinion of any Party to the present Treaty there has arisen a dispute concerning the interpretation or execution of the Treaty, which is not settled by reference to a special claims tribunal or by other agreed means, the dispute shall, at the request of any party thereto, be referred for decision to the International Court of Justice.
Prof. Hosaka said follows too.
Truth of Dokdo
"A letter from U.S. Ambassador in Korea who unaware of the Letter by Rusk, indicated that he operated on the assumption that Dokdo was Korean territory. (Nov, 1952)
The original source of the letter is here. The letter didn’t say that U.S. Ambassador in Korea thought Dokdo was Korean territory. It seems that Prof. Hosaka must fabricate be hallucinate. Here is another letter by the U.S. Ambassador in Korea at Oct, 1952.
 “Although this Embassy is not in possession of complete information regarding the Department’s views on the ownership of Tokto Island (also called Dokdo, Takeshima, or the Liancourt Rocks), it appears that its status is unsettled."
U.S. Ambassador in Korea didn’t thought that Dokdo was Korean territory. It seems that Prof. Hosaka disguised passed over this letter. Prof. Hosaka also claimed as follows.
Munhwa News
“ USA had assumed the role of the drafter about the peace treaty. It was set rule that the draft made by USA discussed at the Far Eastern Commission and the article of the draft was decided according to the agreement by commission members (11 countries). However the Rusk note wasn’t discussed at the Far Eastern Commission and commission members didn’t agree. USA sent Rusk note to Korea government behind closed doors and didn’t open other countries. USA beguiled into believing that the commission members agreed the Rusk note and sent only to Korea. Because USA violated this draft decision rule, Rusk note was invalid”
 Prof. Hosaka doesn’t show the evidence about this draft decision rule. Though I researched documents about the Far Eastern Commission, but I can’t find any document about the rule. The probability that the rule which Prof. Hosaka asserts was fabricated does not exist is very high, because the Far Eastern didn’t have the function about the peace treaty. Commission members can't discuss about the territory at the commission, because the commission didn’t have the right about the territorial adjustments.
FAR EASTERN COMMISSION AND ALLIED COUNCIL FOR JAPAN
II. Functions
A. The functions of the Far Eastern Commission shall be:
1. To formulate the policies, principles, and standards in conformity with which the fulfillment by Japan of its obligations under the Terms of Surrender may be accomplished.
2. To review, on the request of any member, any directive issued by the Supreme Commander for the Allied Powers or any action taken by the Supreme Commander involving policy decisions within the jurisdiction of the Commission.
3. To consider such other matters as may be assigned to it by agreement among the participating Governments reached in accordance with the voting procedure provided for in Article V-2 hereunder.
B. The Commission shall not make recommendations with regard to the conduct of military operations nor with regard to territorial adjustments.
C. The Commission in its activities will proceed from the fact that there has been formed an Allied Council for Japan and will respect existing control machinery in Japan, including the chain of command from the United States Government to the Supreme Commander and the Supreme Commander's command of occupation forces.
I think that Prof. Hosaka should change the title of his video to “Truth of childish Korean propaganda technique”.

 

3. Disposition of the Korean Scholar about Takeshima.

  • They pass over the sentence of sources which are inconvenient for Korea.
  • They give priority to sources by private person and company than government. They
    give priority to sources under the discussion process than result. They give priority to internal document than official diplomatic document. (It thought that their criteria of the priority is whether  it is convenient for Korea or not.)
  • They  make their own rule for denial inconvenient truth without proof.
  • They often are hallucinate.
Then we should verify original sources which Korean scholar cited.

64 comments:

  1. Prof, Takashi Tsukamoto's famous article is now translated into English. You can download from this site.

    The Treaty of Peace with Japan and Takeshima’s Legal Status by Takashi Tsukamoto

    "The Treaty of Peace with Japan and Takeshima’s Legal Status"

    http://islandstudies.oprf-info.org/research/a00002/


    "... the “Korea” Japan renounced in the peace treaty’s Article 2(a) is that Japan annexed in 1910. While this is clear from the “context,” “object,” and “purpose”—as described in the first paragraph of the Vienna Convention’s Article 31 on the “general rule of interpretation”—I have made an attempt to reconfirm this fact and eliminate any ambiguity or obscurity through recourse to the “supplementary means of interpretation”—as stipulated in Article 32 of the convention— by examining the “preparatory work of the treaty and the circumstances of its conclusion” in sections 5 to 7. Section 7, in particular, clearly shows that the “Korea” renounced in Article 2(a) does not include Takeshima.

    Clause 8 of the Potsdam Declaration of July 26, 1945, specifies that Japanese sovereignty “shall be limited to the islands of Honshu, Hokkaido, Kyushu, Shikoku and such minor islands as we determine,” meaning that Japan could have been stripped even of those islands that were historically part of the country depending on the wording of the peace treaty. But as the treaty stipulated no change in the legal standing of Takeshima, the islands were confirmed as Japanese territory."

    ReplyDelete
  2. Kaneganese,

    Where is Gokasyo town of Ochi county?

    ReplyDelete
  3. Kaneganese said:

    "Prof. Hosaka also claimed that Rusk note is invalid, because it was secret. Vienna Convention on the Law of Treaties never sets such condition for the supplementary means of interpretation. Moreover the document of Dulles's statement which is ground of Hosaka's tentative theory is secret.Prof. Hosaka didn't aware his contradiction."

    Don’t try to mislead the readers including the Japanese with your illogical comment. I already explained why your comment is silly.
    When Prof. Hosaka says Rusk note is invalid, it means it’s invalid as Japanese evidence that Takeshima was affirmed as part of the territory of Japan based on the Rusk Note because the other signatories of Treaty were not aware of Rusk Note. In other words, Rusk Note which was secret to the signatories of Treaty was not reflected in the final decision of Treaty.

    When Prof.Hosaka says Rusk Note is invalid because it was secret, it doesn’t mean the document Rusk Note itself is invalid. Nobody can say US documents themselves including Dulles's telegram are invalid.

    Do you want to say Dulles’s telegram is invalid because it was secret like Rusk Note? Then all US secret documents even in favor of Japan should be invalid. Does this statement make sense to you?

    I sense Japan is very frustrated by Prof. Hosaka’s perfect interpretation of Rusk Note because it makes Japanese claim "Based on this correspondence(=Rusk Note), it is evident that Takeshima was affirmed as part of the territory of Japan." invalid.


    ReplyDelete
  4. Sloww: When Prof. Hosaka says Rusk note is invalid, it means it’s invalid as Japanese evidence that Takeshima was affirmed as part of the territory of Japan based on the Rusk Note because the other signatories of Treaty were not aware of Rusk Note.

    This is not veracity. I corrected the article and added the Prof. Hosaka's distortion.

    ReplyDelete
  5. Sloww:because the other signatories of Treaty were not aware of Rusk Note.

    The other signatories of Treaty were not aware Dulles's telegram, early draft and most of the USA document.
    Then Prof.Hosaka fabricated the draft decision rule and tried to differentiate.

    ReplyDelete
  6. opp,

    No matter how hard you try, you can’t change the fact Rusk Note was not reflected in the final decision by the Allied Powers of SF Treaty, thus Japan’s claim "Based on this correspondence(=Rusk Note), it is evident that Takeshima was affirmed as part of the territory of Japan." is invalid.

    Initially, the above post was written by Kaneganese. Now, it's written you are the poster. I don’t why happened to you, but I think now you as a poster owe the readers to explain why Takeshima was in the Goka town of Ochi County at the time and where Goka town of Ochi County is.

    The text of the book of Mainich Newspaper has more weird explanation. I’ll tell later.

    ReplyDelete
  7. Sloww:No matter how hard you try, you can’t change the fact Rusk Note was not reflected in the final decision by the Allied Powers of SF Treaty, thus Japan’s claim "Based on this correspondence(=Rusk Note), it is evident that Takeshima was affirmed as part of the territory of Japan." is invalid.

    I am not interested in your own rule which isn’t supported reliable source. Japanese claim isn’t based on the Rusk note but SF treaty. Of course Japan never claim that Rusk note is treaty (the treaty need agreement). Rusk note is a supplementary means of interpretation of SF treaty. Read Vienna Convention on the Law of Treaties article32. You can’t even distinguish the treaty from the supplementary means of interpretation.
    I am not interested in Prof. Hosaka’s fabricated rule which isn’t support reliable source too. But Prof. Hosaka’s fabricated rule is spreading by Korean media. Then I should tell the truth by this post.

    ReplyDelete
  8. Sloww:I think now you as a poster owe the readers to explain why Takeshima was in the Goka town of Ochi County at the time and where Goka town of Ochi County is.

    Why? Can you explain that why Pusan is in Gyeongsang Province?
    And my owe is that the textbody of the book by the mainichi newspaper describes Takeshima as Japanese territory. And I already done and show the original source. Ochi county was swallowed in Oki district at 1969. Goka town became Okinoshima-cho with other towns in 2004.

    ReplyDelete
  9. Sloww:No matter how hard you try, you can’t change the fact Rusk Note was not reflected in the final decision by the Allied Powers of SF Treaty

    Why should the supplementary means of interpretation of the treaty been decided by Allied Powers? Vienna Convention on the Law of Treaties never say so. Though Prof. Hosaka tried to prove this rule, he couldn’t. Then he fabricated the draft decision rule by the Far Eastern Commission. Even Prof. Hosaka failed to prove miserably, it seems that you find the evidence. Please show the evidence of your logic. I am looking forward to your answer. Don't escape and change the subject.

    ReplyDelete
  10. opp,

    I am not interested in your own rule based on the distortion of the evidence, either.

    I didn’t,don’t and will not expect you agree with my argument based on the evidence. What I’m concerned is the unbiased readers including some Japanese on Dokdo issue. I’m pretty sure they will make a sound judgement based on the talks between you and me.



    “Rusk note is a supplementary means of interpretation of SF treaty. Read Vienna Convention on the Law of Treaties article32. You can’t even distinguish the treaty from the supplementary means of interpretation.”

    opp, Let me put it in a very easy way for understanding. Rusk Note is just a piece of US document secretly sent only to Korea non-signatory country. To be a supplementary means of interpretation of treaty, it should be open to the signatories of the treaty. Rusk Note was never open to the signatories of SF Treaty including Japan until signing of the Treaty. A document the signatories didn’t know its existence can’t be a supplementary means of treaty. "SCAPIN 677" and "Agreement Respecting The Disposition of Former Japanese Territories" are perfect examples of the supplementary means of interpretation of SF treaty. Even though you don’t understand or accept, it doesn’t matter. I’m pretty sure the readers do.

    Prof. Hosaka’s interpretation on Rusk Note perfectly kills Japanese claim "Based on this correspondence(=Rusk Note), it is evident that Takeshima was affirmed as part of the territory of Japan."

    "Why should the supplementary means of interpretation of the treaty been decided by Allied Powers?"

    It’s a very stupid question. The Allied Powers were the signatories of the Treaty.

    --------------
    Thank you for your information on the Goka town of Ochi County. It’s a new fact to me. Now I have no issue with it.

    ReplyDelete
  11. Sloww:I am not interested in your own rule based on the distortion of the evidence, either.

    I showed the reliable source looks like textbook of the international law and judicial precedents which support my comment. Then my comment is based on the world rule. But Prof. Hosaka and your comment is not supported reliable source. Then your comment based on your desire.
    Think logcaly.

    Sloww:Rusk Note is just a piece of US document secretly sent only to Korea non-signatory country.

    Sloww:"Agreement Respecting The Disposition of Former Japanese Territories" are perfect examples of the supplementary means of interpretation of SF treaty. Even though you don’t understand or accept, it doesn’t matter. I’m pretty sure the readers do.

    Of course everyone except Korean can't accept and understand.

    1. SF treaty contradict to the agreement.
    Korean logic give priority to draft of the agreement(Allies didn't agree and know the agreement) over SF treaty(Allies and sovereign (=Japan) agreed).

    2.Korean didn't aware contradiction
    They say Rusk note is invalid, because it was secret to Japan and other allies. The agreement is not deliver any countries. (Rusk note is deliver to Korea as official diplomatic note)

    SLoww:Prof. Hosaka’s interpretation on Rusk Note perfectly kills Japanese claim "Based on this correspondence(=Rusk Note), it is evident that Takeshima was affirmed as part of the territory of Japan."

    If you want to say so and convince readers. Let's show the evidences which prove the draft decision rule by the Far Eastern Commission.

    OppEven Prof. Hosaka failed to prove miserably, it seems that you find the evidence. Please show the evidence of your logic. I am looking forward to your answer. Don't escape and change the subject.

    I forecasted your run out. Because I have knew that there was no evidence which prove Hosaka's comment, I couldn't expect your answer.
    But readers of this blog will know the truth from your silence about the evidence.

    ReplyDelete
  12. 柳美林氏が何か見つけたようです。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【ソウル聯合ニュース】「竹島は鬱陵島の東北部にあり、面積はそれほど大きくないが、鬱陵島の属島になる」
     「鬱陵島と竹島、済州島はもともと朝鮮に属した領土だ。法理と道義で言えば、われわれは当然これらが朝鮮に属すると主張すべきだ」
     終戦後、朝鮮の信託統治案として中国が連合国に提示したもので、中国外務省の史料館「档案館」で見つかった外交文書の内容だ。1947年10月以前に作成されたと推定される。これらの文書は中国が独島を鬱陵島の付属島嶼(とうしょ)として朝鮮半島の領土範囲に含まれるとみていたことを示す。
     韓亜文化研究所代表の柳美林(ユ・ミリム)博士が中国で初めて入手し、これまで発表した独島に関する論文の内容を盛り込み、「わが史料の中の独島と鬱陵島」を出版した。中国政府がこれら文書の撮影やコピーを禁じ、筆写した史料だという限界はあるが、当時、中国の領土認識を確認できる意味ある資料と評価される。
     柳博士は「中国は鬱陵島が歴史的背景、人口分布をみても韓国の領土で、独島は鬱陵島の属島とみていた」と指摘する。
     独島が韓国領土であることをあらためて裏付けている同記録は領土問題対応で貴重な資料になりそうだ。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/12/01/2013120101406.html

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    原記事はこれでしょうか。

    http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2013/12/01/2013120100777.html

    중국 외교문서에서도 독도는 한반도 영토임을 보여주는 자료가 처음 발견됐다.

    한국해양수산개발원 독도연구센터에서 부연구위원을 역임하고 현재 한아문화연구소(韓亞文化硏究所) 대표인 유미림 박사는 “중국 외교부 사료관인 당안관(국가기록보관소)에서 찾아낸 다수의 외교문서에 ‘죽도(竹島ㆍ독도)는 울릉도의 동북부에 있는데 면적은 크지 않으나 울릉도의 속도가 된다’는 표현이 나온다”고 1일 밝혔다

    유 박사에 따르면 1947년 10월 이전에 작성된 것으로 추정되는 중국 외교문서들은 중국이 독도를 울릉도의 부속도서로, 한반도 영토 범위에 속한다고 생각했음을 보여주고 있다는 것이다.

    중국이 이들 문서를 작성한 시기는 해방(1945년) 이후 한국의 신탁통치방안이 논의되던 때다.

    중국은 연합국 총사령부가 낸 지령이자 ‘일본으로부터 일정 주변 지역의 통치및 행정상의 분리’를 규정한 ‘SCAPIN-677’에 근거해 작성한 이들 문서에서 자신들이 구상한 한국 영토 처리 방침을 연합국에 제시했다.

    유미림 박사는 “중국은 울릉도의 역사적 내력, 인구 분포를 보더라도 한국 영토이며 독도는 울릉도의 속도라고 보았다”면서 “하지만 울릉도•독도 귀속에 대한 중국의 태도와 제주도 귀속에 대한 중국의 태도는 같지 않았다. 이는 중국이 제주도를 지정학적 차원에서 중시했음을 의미한다”고 말했다.

    이들 외교문서는 유 박사가 중국에서 최초로 입수한 것으로 알려졌다.

    비록 중국 정부가 이를 촬영 또는 복사해 외부로 가져가는 것을 금지해 필사(筆寫)한 것이라는 한계점이 있으나 당시 중국의 한국 영토에 대한 인식을 엿볼 수 있다는 점에서 의미있는 자료라는 지적이다.

    유미림 박사는 독도에 관한 새로운 사료를 발굴하고 그동안 발표했던 논문들을 묶어 ‘우리 사료 속의 독도와 울릉도’(지식산업사 펴냄)라는 책을 최근 냈다.

    (試訳)
    中国外交文書でも独島は韓半島領土であることを見せてくれる資料が初めて発見された。

    韓国海洋水産開発院独島研究センターで副研究委員を歴任して現在韓亜文化研究所代表である柳美林博士は「中国外交部資料館である档案館(国家記録保管所)で捜し出した多数の外交文書に『竹島 (独島)は鬱陵島の東北部にあり、面積は大きくないが鬱陵島の属島となる』という表現が出てくる」と1日明らかにした。

    柳博士によれば1947年10月以前に作成されたと推定される中国外交文書は中国が独島を鬱陵島の附属島嶼で、韓半島領土範囲に属すると考えたことを見せているということだ。

    中国がこれら文書を作成した時期は解放(1945年)以後韓国の信託統治方案が議論された時だ。

    中国は連合国総司令部が出した指令「日本から一定周辺地域の統治および行政上の分離」を規定した‘SCAPIN-677’に基づいて作成したこれら文書で自分たちが構想した韓国領土処理方針を連合国に提示した。

    柳美林博士は「中国は鬱陵島の歴史的いきさつ、人口分布を見ても韓国領土であり独島は鬱陵島の属島だと見た」としながら「だが、鬱陵島・独島帰属に対する中国の態度と済州島帰属に対する中国の態度は同じでなかった。これは中国が済州島を地政学的次元で重視したことを意味する」と話した。

    これら外交文書は柳博士が中国で最初に入手したということだ。

    中国政府がこれを撮影またはコピーして外部で持っていくのを禁止して筆写したという限界点があるが、当時中国の韓国領土に対する認識をのぞくことができるという点で意味のある資料だという指摘だ。

    柳美林博士は独島に関する新しい史料を発掘してこれまで発表した論文を集めて『私たちの史料の中の独島と鬱陵島』(知識産業社編集)という本を最近出した。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    お金を払うとさらに次の記事が読めるようですがまだ見ていません。。
    http://premium.chosun.com/site/data/html_dir/2013/12/02/2013120200144.html
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    本の紹介は、ここにもあります。
    http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2013/12/01/2013120101746.html




    「竹島は鬱陵島の東北部にあり」というのは、中国側の知識が正確でないことを露呈しています。
    また、済州島への中国の「領土野欲」も見えてくるようですが、
    はたして、
    サンフランシスコ条約の生成過程に何らかの影響を与えうる資料でしょうか?

    ReplyDelete
  13. 「竹島は鬱陵島の東北部にあり・・・・・・」

    「竹島は鬱陵島の東北部にあり・・・・・・」

    「竹島は鬱陵島の東北部にあり・・・・・・」

    「竹島は鬱陵島の東北部にあり・・・・・・」


    ある意味そのとおりですが・・・・・・

    ReplyDelete
  14. Chaamieyさん
    面白い! ざぶとん1枚。 

    確かに、韓国名「竹島」(=竹嶼)は、鬱陵島の東北部にありますね。


    上記、朝鮮日報の「プレミアム」で公開されている記事の冒頭部分です。
    http://premium.chosun.com/site/data/html_dir/2013/12/02/2013120200144.html


    2차대전 직후 中 국민당 정부 "우리가 제주도 信託統治해야"

    1947년 외교문서 내용 첫 공개 "대마도는 한국 귀속이 바람직"

    "이 3개 섬(울릉도•독도•제주도)은 원래 한국에 속하는 땅이다. 법리와 도의로 말하자면, 우리는 당연히 이 영토들이 한국에 속한다고 주장해야 한다. 한국을 신탁통치하는 기간에 이 세 섬은 미국이나 중국에 의해 통치돼야 한다. 아니면 울릉도와 죽도(竹島•독도)는 미국이, 제주도는 우리 중국이 맡아 관할해야 한다."1947년 중국 국민당 정부의 외교문서 '일본 영토 처리 변법연구(日本領土處理辨法硏究)'의 일부다. 중국이 제2차 세계대전 직후 옛 일본 영토를 처리하는 과정에서 작성한 외교문서의 내용이 처음으로 공개됐다. 이 문서들에는 ..

    (試訳)
    第2次大戦直後、中国国民党政府「我々が済州島を信託統治すべきだ」

    1947年外交文書 内容初公開 「対馬は韓国帰属が望ましい」

    「この3個の島(鬱陵島・独島・済州島)は本来韓国に属する領土だ。法理と道義で言ってみれば、私たちは当然この領土が韓国に属すると主張しなければならない。韓国を信託統治する期間に、これら3島は米国や中国によって統治されなければならない。そうでなければ、鬱陵島と竹島(独島)は米国が、済州島は我々中国が引き受けて管轄しなければならない。」
    1947年、中国国民党政府の外交文書「日本領土處理辨法硏究」の一部だ。中国が第2次世界大戦直後、過去の日本領土を処理する過程で作成した外交文書の内容が初めて公開された。 この文書には..

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    面白いのは、この中国語の文献「日本領土處理辨法硏究」原文には、「죽도(竹島)」と書かれ、「独島」とは書かれていなかった、と考えられることです。

    中国でも「竹島」とよび、「独島」とはよんでいなかった。


    さらに注目すべきは、この「日本領土處理辨法硏究」で、尖閣諸島がどうあつかわれていたか、です。
    柳美林博士は、その部分は「筆写」してこなかったんですかね・・・。

    中国は、この文書を決して公開しないでしょう。

    いまごろ、中国外務省「档案館」の担当者が、「特定秘密保護法」違反で捕まって処分されているかもしれません。

    ReplyDelete
  15. 「日本領土處理辨法硏究」という史料の存在自体を暴露されたことも、中国には痛手かもしれませんね。
    これも中韓蜜月の副作用というところでしょうか。

    台湾に、この「日本領土處理辨法硏究」の写し(あるいは原本)はないでしょうかね。
    国民党時代の資料ですから。

    国民党の対日戦後政策史研究というテーマは、香港、欧米でも盛んにやっているかもしれません。

    そもそも、外国人たる柳美林氏が、直接「日本領土處理辨法硏究」という資料に接近できた、ということは、この資料の存在自体は、これまでも良く知られていた、ということなのかもしれません。

    ReplyDelete
  16. 尖閣関係のものは、時事通信社中国総局の城山英巳氏が2012年12月に発見して、12月28日に大きく報道されたものですね。

    中国外交部档案館(外交史料館)に収蔵されていた「対日和約中関於 領土部分問題与主張提綱草案」(1950年5月15日作成)では、「釣魚島」という呼称ではなく「尖閣諸島」と記され、「台湾」でなく「琉球」の帰属の中で扱っていて、「尖閣は琉球の一部」としているものです。

    城山氏は閲覧禁止前にコピーを入手し、メモも取れたそうですが、今年の1月から外交部档案館は閲覧も制限されコピーも出来なくなったということです。柳美林氏がこの史料館を調べたきっかけは、この城山氏の報道だったのかも知れません。

    尖閣のほうの日付は1950年ですので、柳美林氏の考える1947年10月以前に作成されたと推定する根拠は何なのでしょうか。

    matsuさんの指摘通り台湾の史料館に当たってみる必要がありますね。調べれば柳美林さんが困る資料が出て来ることでしょう。

    ReplyDelete
  17. 寒いので座布団はありがたく頂戴。

    戦後、中国が使っていた地図に竹嶼と竹島がどういうふうに書かれていたか興味がわきますね。何せ「東北部」なので。

    尖閣に関しては、日本人記者が既に調査ずみということならば一安心というところでしょうか。

    ReplyDelete
  18. 小島日向守さん

    ありがとうございました。
    時事通信の尖閣についての記事は、恥ずかしながら、知りませんでした。

    ただ、時事通信が2012年12月に報道した「対日和約中関於領土部分問題与主張提綱草案」(1950年5月15日作成)(中国共産党の文献)と
    今回、柳美林氏がみつけた「日本領土處理辨法硏究」(1947?)(国民党の文献)は別の資料ですね。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・
    時事通信の報道は
    http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012122700471
    のようですが、もう見られないようで、次に引用があります。

    http://www.asyura2.com/12/senkyo141/msg/852.html
    中国外交文書に「尖閣諸島」=日本名明記、「琉球の一部」と認識-初めて発見
    【北京時事】沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐり中国政府が1950年、「尖閣諸島」という日本名を明記した上で、琉球(沖縄)に含まれるとの認識を示す外交文書を作成していたことが27日分かった。時事通信が文書原文のコピーを入手した。中国共産党・政府が当時、尖閣諸島を中国の領土と主張せず、「琉球の一部」と認識していたことを示す中国政府の文書が発見されたのは初めて。
     尖閣諸島を「台湾の一部」と一貫して主張してきたとする中国政府の立場と矛盾することになる。日本政府の尖閣国有化で緊張が高まる日中間の対立に一石を投じるのは確実だ。
     この外交文書は「対日和約(対日講和条約)における領土部分の問題と主張に関する要綱草案」(領土草案、計10ページ)。中華人民共和国成立の翌年に当たる50年5月15日に作成され、北京の中国外務省档案館(外交史料館)に収蔵されている。
     領土草案の「琉球の返還問題」の項目には、戦前から日本側の文書で尖閣諸島とほぼ同義に使われてきた「尖頭諸嶼」という日本名が登場。「琉球は北中南の三つに分かれ、中部は沖縄諸島、南部は宮古諸島と八重山諸島(尖頭諸嶼)」と説明し、尖閣諸島を琉球の一部として論じている。中国が尖閣諸島を呼ぶ際に古くから用いてきたとする「釣魚島」の名称は一切使われていなかった。
     続いて「琉球の境界画定問題」の項目で「尖閣諸島」という言葉を明記し、「尖閣諸島を台湾に組み込むべきかどうか検討の必要がある」と記している。これは中国政府が、尖閣は「台湾の一部」という主張をまだ展開せず、少なくとも50年の段階で琉球の一部と考えていた証拠と言える。

     東京大学大学院の松田康博教授(東アジア国際政治)は「当時の中華人民共和国政府が『尖閣諸島は琉球の一部である』と当然のように認識していたことを証明している。『釣魚島』が台湾の一部であるという中華人民共和国の長年の主張の論理は完全に崩れた」と解説している。
     中国政府は当時、第2次世界大戦後の対日講和条約に関する国際会議参加を検討しており、中国外務省は50年5月、対日問題での立場・主張を議論する内部討論会を開催した。領土草案はそのたたき台として提示されたとみられる。
     中国政府が初めて尖閣諸島の領有権を公式に主張したのは71年12月。それ以降、中国政府は尖閣諸島が「古来より台湾の付属島しょ」であり、日本の敗戦を受けて中国に返還すべき領土に含まれるとの主張を繰り返している。
     領土草案の文書は現在非公開扱い。中国側の主張と矛盾しているためとの見方が強い。  (2012/12/27-14:37)

    ReplyDelete
  19. この文献「対日和約中関於領土部分問題与主張提綱草案」については、
    以下のサイトに指摘があります。

    http://atlantic.gssc.nihon-u.ac.jp/~kondou/denb/2013/denb13_06.html
    尖閣諸島をめぐり日中対立が続いています。しかし、中国外交部(外務省)档案館(外交史料館)に収蔵されている「対日和約中関於領土部分問題与主張提綱草案(領土草案)」(1950年5月15日作成)には、「釣魚島」という呼び名でなく、「尖閣諸島」との日本名が明記されていました。かつ琉球の一部と認識しているのです。つまりは、「尖閣は沖縄の一部」とする日本政府と同じということになると、城山英巳・時事通信中国総局記者「封印された尖閣外交文書」『文藝春秋』は指摘しています。現在の中国の対応は、「過去の外交文書に記された歴史に『嘘』をついているようなものだ」とまで、城山は言い切っています。


    「封印された尖閣外交文書 : 自国の歴史にさえ無責任な中国外交の呆れた実態 」
    『文芸春秋』 91(7):2013.6

    https://ndlopac.ndl.go.jp/F/NI6FEEP151GSIP4X29LIKPRA7LUIQ4NMTDVHATVJB5AK2N62PF-10973?func=full-set-set&set_number=912437&set_entry=000001&format=999
    ・・・・・・・・・・・・・・

    もうひとつ

    http://shinriji.exblog.jp/m2012-12-01/
    時事通信が、尖閣に関する北京の外交部の檔案を新発見として報道。しかし、「対日和約中関於領土部分問題与主張提綱草案」(105-00090-05)というこのファイルは、たとえば、今年出版された高原明生・服部龍二編『日中関係史 1972-2012 Ⅰ政治』(東大出版会、2012年)の冒頭の論文の註記に紹介されているほどで、内容的にも既に知られたもの。中国側は、これが日本で知られていても、なお「いにしえより、中国固有の領土」と言っていたのである。とまれ、これが「新発見」ということになるのかどうか。。。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・
    こんな論文もあります。

    中国での档案公開は、かなり厳しくなっているようです。

    中華人民共和国外交部档案公開の現段階


    http://www3.kumagaku.ac.jp/research/fa/files/2013/11/95cf0e6fc60785f5108228cbd74e49ef.pdf

    ReplyDelete
  20. 今回、柳美林発見の資料(1947?)については、
    ゲリーさんが新しく投稿されたので、そちらに議論が行くでしょう。

    Chaamieyさんも書いておられるように、「文献をそのまま」読めば、確かにこの「竹島」は竹嶼のこととも考えられます。

    ただ、当時の歴史的状況を考えると、中国国民党が、この段階で「領土問題」として関心を示していたのは、やはり竹嶼のことではなく、現竹島=独島のことだと私は思います。

    SCAPIN677については、連合国の一員である中華民国も、関心を持って注目していたと思います。

    ところで、アメリカの1947年草案を、中国が知ることはできたんでしょうか?


    また、上にも書いたように
    「日本領土處理辨法硏究」(1947?)の尖閣部分、
    また、逆に
    「対日和約中関於領土部分問題与主張提綱草案」(1950)の竹島部分が気になります。

    ReplyDelete
  21. >ところで、アメリカの1947年草案を、中国が知ることはできたんでしょうか?

    1947年草案はアメリカ内部の検討だけだと思います。(関係諸国に配布された痕跡なし)

    この中国国民党の「竹島」について、私の考えは以下のとおりです。

    ・SCAPIN677をベースに「日本領土處理辨法硏究」を作成。
    ・しかし、中国国民党はSCAPIN677の竹島の位置を知らなかった(よくSCAPIN677の説明に使われている地図は、SCAPIN677に添付されたものではない)
    ・総督府の地図等から、中国国民党がSCAPIN677の竹島を竹嶼と錯誤。

    >柳博士は「中国は鬱陵島が歴史的背景、人口分布をみても韓国の領土で、独島は鬱陵島の属島とみていた」と指摘する。

    こういう根拠のない断定(属島とみていた)は、いいかげんにしてほしいですね。鬱陵島の歴史的背景、人口分布を中国国民党が調べた証拠もない。正直、中国国民党の判断基準は、「テキトー」だと思います。

    ReplyDelete
  22. matsuさん
    補足ありがとうございます。城山氏の「発見」では無かったのですね。
    また柳美林さんの年代推定に従えば
    日本領土処理弁法研究(国民党文書)
    對日和約中關於領土部分問題與主張提綱草案(共産党文書)

    という解釈になるわけですが、年代によっては日本領土処理弁法研究も(共産党文書)かもしれないと思ったもので、二つの文献を混同する様な書き方をしてすみませんでした。

    皆さん
    外務省の動画の多国語版が出ました。しかしあいかわらず字幕がありません。

    外務省の方に申し上げます。
    聴覚障害者・外国語学習者を考慮して、字幕を付記するよう繰り返しお願い致します。

    ReplyDelete
  23. 柳美林の紹介している地図がありました。

    この地図が、柳美林の発見した文書とくっついている地図であれば、「竹島」は現竹島=独島です。
    ただ、なぜ東北部と書いているかは不明です。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・
    上記朝鮮日報の「プレミアム」で公開されている記事
    http://premium.chosun.com/site/data/html_dir/2013/12/02/2013120200144.html

    にはログインできませんでしたが、引用しているサイトがありました。


    http://www.kalim.org/xe/70046

    ここに地図があります。
    コメント欄には画像は表示されないので、上のサイトに入ってみてください。

    最後に
    http://premium.chosun.com/site/data/html_dir/2013/12/02/2013120200144.html
    と書いてあるので、ここからの引用と思います。初めのパラグラフは一致しています。
    ただし、地図のキャプションについている引用文献の名前は違っています。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    2차대전 직후 中 국민당 정부 "우리가 제주도 信託統治해야"
    국제 조회 수 7 추천 수 0 2013.12.02 14:35:13

    1947년 외교문서 내용 첫 공개 "대마도는 한국 귀속이 바람직"


    "이 3개 섬(울릉도•독도•제주도)은 원래 한국에 속하는 땅이다. 법리와 도의로 말하자면, 우리는 당연히 이 영토들이 한국에 속한다고 주장해야 한다. 한국을 신탁통치하는 기간에 이 세 섬은 미국이나 중국에 의해 통치돼야 한다. 아니면 울릉도와 죽도(竹島•독도)는 미국이, 제주도는 우리 중국이 맡아 관할해야 한다."

    1947년 중국 국민당 정부의 외교문서 '일본 영토 처리 변법연구(日本領土處理辨法硏究)'의 일부다. 중국이 제2차 세계대전 직후 옛 일본 영토를 처리하는 과정에서 작성한 외교문서의 내용이 처음으로 공개됐다. 이 문서들에는 ▲중국이 독도를 한국 영토로 분명히 인식했고 ▲대마도(對馬島•쓰시마)까지도 일본이 아닌 한국 영토로 귀속되기를 바랐으나 ▲제주도는 중국이 관할하기를 원했다는 내용이 들어 있다.

    독도 전문가인 유미림 박사(정치학•한아문화연구소 대표)는 지난 29일 출간한 단행본 '우리 사료 속의 독도와 울릉도'(지식산업사)에 실린 논문 '중국의 대한(對韓) 영토 인식'을 통해 이 같은 사실을 밝혔다. 유 박사는 최근 중국 난징(南京)의 제2역사당안관에서 '유관일본강역문제적자료(有關日本疆域問題的資料)' '구일본영토(舊日本領土)' '기밀(機密) 일본영토처리변법연구' 등 1947년의 외교문서들을 찾아내 그 내용을 일부 소개했다.

    이 문서는 중국이 연합국 최고사령관 총사령부(GHQ)가 낸 지령인 'SCAPIN-677'(1946)을 근거로 대일(對日) 영토 처리 방침을 구상한 것이다. 열강이 한반도의 신탁통치를 논의하던 시점이기도 하다. 이런 중국의 방침은 1951년 샌프란시스코 강화회담에는 반영되지 않았다.
    이 문서에서 중국은 "죽도(독도)는 울릉도의 동북부에 있는데 면적은 크지 않으나 울릉도의 속도가 된다"고 했다. 독도가 울릉도의 부속 도서로서 한국의 영토라는 점을 분명히 인식하고 있었던 것이다.

    중국은 나아가 "대마도는 조선과 관계가 가장 깊었으므로 조선으로 귀속시킬 것을 주장해야 한다"는 입장을 밝혔다. "일본군이 그대로 대마도를 가진다면 조선해협(대한해협)의 정세는 일본이 보유하게 된다"며 일본이 이 지역의 제해권을 잡을 것을 우려했던 것이다.

    그러나 중국은 제주도에 대해서는 영토적 야심을 드러냈다. 제주도가 한국령이라는 것은 인정하되 '중국이 신탁통치를 할 수 있다'고 주장하고 나선 것이다. "제주도에는 (일본이 건설한) 양호한 비행장이 있는 데다 군수함 기지도 될 수 있다"며 제주도의 전략적 가치에 주목했기 때문이다.

    중국은 또 "만일 강성한 한국이 있다면 제주와 울림(울릉도)•죽도(독도)는 당연히 한국에 귀속돼야 한다. 그렇지 않은 경우에도 소련에 귀속되거나 소련이 탁치할 수 없으며 미국이나 중국이 탁치해야 한다"고 했다.

    유 박사는 "이것은 한국이 강성해지지 못할 경우 중국의 탁치가 장기화되거나 귀속처가 바뀔 수도 있다는 것을 내포한 논리"라고 분석했다.
    http://premium.chosun.com/site/data/html_dir/2013/12/02/2013120200144.html?csmain

    유미림 박사

    중국 국민당 정부의 1947년 외교문서 ‘대일화약 초안’에 실린 ‘일본 영토 강계도’(부분). 울릉도와 독도(竹島로 표기)가 일본이 아닌 한국 영토임을 분명히 했다. /유미림 박사 제공
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    (試訳)
    第2次大戦直後、中国民党政府「我々が済州島を信託統治すべきだ」

    2013.12.02 14:35:13

    1947年外交文書内容初公開「対馬は韓国帰属が望ましい」

    「この3個の島(鬱陵島・独島・済州島)は本来韓国に属する土地だ。法理と道義で言ってみれば、私たちは当然この領土が韓国に属すると主張しなければならない。韓国を信託統治する期間にこの三つの島は米国や中国によって統治されなければならない。あるいは鬱陵島と竹島 (独島)は米国が、済州島は我々中国が引き受けて管轄しなければならない。」

    1947年、中国国民党政府の外交文書「日本領土處理辨法硏究」の一部だ。中国が第2次世界大戦直後、過去の日本領土を処理する過程で作成した外交文書の内容が初めて公開された。この文書には、▲中国が独島を韓国領土と明確に認識した、▲対馬までも日本ではない韓国領土に帰属することを願ったが、▲済州島は中国が管轄することを望んだという内容が入っている。

    独島専門家である柳美林博士(政治学・ハンア文化研究所代表)は、去る29日出版した単行本『私たちの史料の中の独島と鬱陵島』(知識産業社)に収録した論文「中国の対韓領土認識」を通じてこのような事実を明らかにした。柳美林博士は、最近中国南京の第2歴史档案館で「有関日本疆域問題的資料」「旧日本領土」「機密日本領土處理辨法硏究」等、1947年の外交文書を捜し出してその内容を一部紹介した。

    この文書は、中国が、連合国最高司令官総司令部(GHQ)が出した指令である「SCAPIN-677」(1946)を根拠に対日領土処理方針を構想したものだ。列強が韓半島の信託統治を議論した時点でもある。このような中国の方針は、1951年サンフランシスコ講和会談には反映されなかった。

    この文書で中国は、「竹島(独島)は鬱陵島の東北部にあり、面積は大きくないが鬱陵島の属島となる」とした。独島が鬱陵島の付属島嶼として韓国の領土という点を明確に認識していたのだ。

    中国は進んで「対馬は朝鮮と関係が最も深かったので朝鮮で帰属させることを主張しなければならない」という立場を明らかにした。「日本軍がそのまま対馬を持つならば、朝鮮海峡(大韓海峡)の情勢は日本が保有することになる」として、日本がこの地域の制海権を捉えることを憂慮したのだ。

    しかし、中国は済州島に対しては領土的野心を表わした。済州島が韓国領ということは認めるものの、「中国が信託統治できる」と主張して出たのだ。「済州島には(日本が建設した)良好な飛行場があるところに、군수함(?)基地もできる」として、済州島の戦略的価値に注目したためだ。

    中国はまた「もしも強盛な韓国があるならば、済州と울림(鬱陵島)・竹島(独島)は当然韓国に帰属しなければならない。そうではない場合にも、ソ連に帰属したり、ソ連が信託統治してはならず、米国や中国が信託統治しなければならない」とした。

    柳美林博士は「これは韓国が強盛になることができない場合、中国の信託統治が長期化したり、帰属が変わることもありうるということを内包した論理だ」と分析した。


    (写真説明)
    柳美林博士

    中国国民党政府の1947年外交文書「対日和約草案」にのせられた「日本領土疆界図」(部分)。鬱陵島と独島(竹島と表記)が日本でない韓国領土であることを明確にした。/柳美林博士提供


    http://premium.chosun.com/site/data/html_dir/2013/12/02/2013120200144.html?csmain

    ReplyDelete
  24. 引用されている地図は、日付から見て、SCAPIN677によるものでしょう。

    ただ、「日本領土疆界図」(部分)と「日本領土處理辨法硏究」の関係は不明です。


    一、本図根拠盟軍総部一九四六年
    一月二十九日●三月二十二日致日本
    政府而製。

    一、本図係供日本領土疆界四週範
      囲之参考至●界内之小島

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    柳美林は、コピーをとることは許されなかった、と記事にあるので、この地図も、彼女の手書きの写しかもしれません。

    ReplyDelete
  25. 小嶋日向守さま

    >外務省の動画の多国語版
    情報提供、ありがとうございました。

    http://www.mofa.go.jp/region/asia-paci/takeshima/index-k.html
    https://www.youtube.com/watch?v=fsAx8-NAYjk&feature=youtu.be

    この韓国語のサイト、竹島のある島根県「隠岐の島町」が、島根県隠岐の「島町」になっています。
    시마네현 오키의 시마초(島町)에 속한다.

    竹島のある自治体の地名を外務省が間違えているのはひどいですね。

    ReplyDelete
  26. 12月1日前後の関連記事を探してみましたが、みな同じような内容ばかりで、隔靴掻痒の感があります。東亜日報の12月2日の記事の冒頭に、次のようなやや詳しい内容がありました。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    http://m.donga.com/home/3/all/20131201/59264606/3

    “독도는 한국땅… 1947년 中외교문서도 밝혔다”
    입력시간 | 2013-12-02 03:00:00
    독도연구가 유미림씨 신간서 주장
    ‘울릉도는 원래 신라에 속한다. 임진왜란 때 일본군에 점거됐다가 도쿠가와 막부 때 한국이 되찾았다. 일본이 한국을 병합한 후에는 그대로 조선 경상북도 관할로 소속됐다. 죽도(竹島•독도)는 울릉도의 속도(屬島)가 된다. 인구는 1928년 조사에 따르면 1만466명이고 이 가운데 일본인은 겨우 600명을 차지한다. 그렇다면 울릉도와 죽도는 일본에 귀속돼서는 안 된다.’

    1947년 작성된 중국 외교문서 ‘일본 영토처리 변법 초안’에 나오는 내용이다. 당시 중국 정부가 독도를 울릉도의 속도로서 조선 영토로 여겼음을 확인할 수 있다.

    한국해양수산개발원 독도연구센터 부연구위원을 지낸 유미림 한아문화연구소 대표가 1940년대 중국 외교문서를 수록한 ‘우리 사료 속의 독도와 울릉도’(지식산업사•사진)를 펴냈다. 이 책에는 ‘일본 영토처리 변법 초안’ ‘유관 일본강역문제 자료’ ‘한국강역문제의견-주일대표단’ ‘구 일본 영토’ 등이 수록돼 있다. 유 대표는 이 문서들을 중국 외교부 사료관인 중국 난징의 제2역사당안관에서 찾아냈다고 밝혔다.

    중국은 한국 신탁통치 방안이 논의되던 시기에 작성된 이 외교 문서들에서 한국 영토 처리 방침을 제시했다.

    유 대표는 “중국 정부가 자료 촬영이나 복사를 금지해 일부를 필사했다. 독도에 대한 당시 중국의 생각을 처음 확인할 수 있는 자료여서 의미가 있다”고 밝혔다. 이 책에는 독도 연구가인 유 대표의 독도 관련 논문과 자료도 수록돼 있다.

    박훈상 기자 tigermask@donga.com

    (試訳)
    “独島は韓国の地… 1947年中国外交文書も明らかにした”

    入力時間| 2013-12-02 03:00:00

    独島研究者柳美林氏新刊で主張

    「鬱陵島は本来新羅に属する。壬辰倭乱の時日本軍に占拠されて徳川幕府の時韓国が取り戻した。日本が韓国を併合した後にはそのまま朝鮮慶尚北道管轄として所属した。 竹島(独島)は鬱陵島の属島となる。人口は1928年の調査によれば1万466人でこの中日本人はやっと600人を占める。それなら鬱陵島と竹島は日本に帰属してはいけない。」

    1947年に作成された中国外交文書「日本領土處理辨法草案」に出てくる内容だ。当時中国政府が独島を鬱陵島の属島として朝鮮領土と見なしたことを確認することができる。

    韓国海洋水産開発院独島研究センター副研究委員であった柳美林韓亜文化研究所代表が1940年代中国外交文書を収録した「私たちの史料の中の独島と鬱陵島」(知識産業社・写真)を出した。この本には「日本領土處理辨法草案」「于関日本疆域問題資料」「韓国疆域問題意見―駐日代表団」「旧日本領土」等が収録されている。柳代表はこの文書を中国外交部資料館である中国、南京の第2歴史档案館で捜し出したと明らかにした。

    中国は韓国信託統治方案が議論された時期に作成されたこの外交文書で韓国領土処理方針を提示した。

    柳代表は「中国政府が資料撮影や複写を禁止して一部を筆写した。独島に対する当時の中国の考えを初めて確認できる資料なので意味がある」と明らかにした。この本には独島研究者である柳代表の独島関連論文と資料も収録されている。

    パク・フンサン記者tigermask@donga.com

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    OPPさんが言う
    >柳博士は「中国は鬱陵島が歴史的背景、人口分布をみても韓国の領土で、独島は鬱陵島の属島とみていた」と指摘する。

    に書かれている「歴史的背景」とは
    「鬱陵島は本来新羅に属する。壬辰倭乱の時日本軍に占拠されて徳川幕府の時韓国が取り戻した。日本が韓国を併合した後にはそのまま朝鮮慶尚北道管轄として所属した。」の部分で、
    「人口分布をみても」の部分は、なんと、日本による1928年の鬱陵島の人口調査の事のようです。

    「竹島(独島)は鬱陵島の属島となる。」の前には、問題の「東北部」の記述がありません。

    そもそも、いったい原文の中国語で、どの史料に、どのように書かれているのか、柳美林が筆写したという影印も、翻刻もありません。

    この本を買えば出ているんでしょうね。(笑)

    한아문화연구소(韓亜文化研究所)を検索しても、ホームページは見つからないし。

    まったく
    >中国国民党の判断基準は、「テキトー」だし、
    柳美林の資料解釈も「テキトー」なんでしょう。

    ReplyDelete
  27. 年代の推定根拠もさっぱり分かりませんね。「一九四七年十月以前」ではなく、一九四六年以降としか言えないような気がします。

    matsuさんが紹介して下さった、メモ書きの地図と註釈の写真は、地図の「対馬」の馬が切れていることと、註釈文の末尾の「之小島」のあとに「。」が付いていない事から、もう一行書かれている可能性もあるのかも知れません。
    悪字すぎて、判読できない字もあります。「劃」は何とか判読できます。

    一、本圖根據盟軍總部一九四六年一月二十九日●三月二十二日致日本政府而製。
    一、本圖係供日本領土疆界四週範圍之參考至抱劃界内之小島

    ●は「監」でもないようですし、分かりません。

    ReplyDelete
  28. 小島日向守さま

    いつも、ありがとうございます。

    私が勢いにまかせてかなりいいかげんに起こしていくのを、しっかりと、正確な文字に直していただいているのを、いつも感謝しております。

    さて、不明の文字ですが、知り合いの中国人に見てもらったところ、
    曁 およぶ  ではないかということでした。

    「いたる」「~まで」という意味のようです。

    http://kanjitisiki.com/jis2/2-2/275.html
    http://jigen.net/kanji/26305


    1946年1月29日というのはSCAPIN677の日付ですが、3月22日というのは、SCAPIN 841「日本のある外部地域を日本の政治行政より分離することについて 」ですかね。

    SCAPIN-841: GOVERNMENTAL AND ADMINISTRATIVE SEPARATION OF CERTAIN OUTLYING AREAS FROM JAPAN 1946/03/22

    こんなサイトがありました
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・
    1946年3月22日に連合国最高司令官の布告(SCAPIN第841号)によって日本に対する行政権排除の対象が「修正」されて,「伊豆諸島及び嬬婦岩を含むそれ以北の南方諸島」は日本に含まれることになった
    http://uub.jp/hmt/hmt18.html
    ・・・・・・・・・・・・・・・・

    日付がきっちりと書かれていることで、この地図の時代が特定できます。

    この時代、竹島は一時的に日本の行政区域から除外されていましたが、サンフランシスコ条約で日本領土に確定したわけです。
    この図は、その時、1946年の行政区域の区分をあらわすだけで、領土の境界とはまったく関係がありません。


    写真の説明に
    中国国民党政府の1947年外交文書「対日和約草案」にのせられた「日本領土疆界図」(部分)。鬱陵島と独島(竹島と表記)が日本でない韓国領土であることを明確にした。

    とありますが、
    これを領土的境界とみるのは、とんでもない大ウソです。

    ReplyDelete
  29. なるほど、曁でしたか。勉強になります。資料の年代の詳しい説明と合わせて、ありがとうございました。
    ただ、私にはまだ国民党文書ではなくて、それを元にして作られた1949年頃の共産党の文書ではないのかという思いが払拭できません。

    ところで、私が敢えて、
    日本領土処理弁法研究
    對日和約中關於領土部分問題與主張提綱草案
    のように漢字の字体を変えてコメント投稿したのは、のちのち誰かが別書体で検索した場合にもこのページがヒットするようにと思ってのことです。以前matsuさんもおっしゃっていましたが、このサイトの中で昔のスレッドを探すのはなかなか見つけにくいことがあります。

    話変わって、外務省の韓国語の説明で「隠岐の島町」の表記ミスは酷いですね。
    오키의 시마초(島町)
    http://www.mofa.go.jp/region/asia-paci/takeshima/index-k.html
    http://www.mofa.go.jp/region/asia-paci/takeshima/pamphlet_k.pdf

    念のため他の言語も調べてみましたが、このミスは、韓国語版だけのようです。中国語の「的」は仕方がないのかもしれません。
    日本語 島根県隠岐の島町
    中国語 島根縣隱岐的島町(岛根县隐岐的岛町)
    英語 Okinoshima Town of Shimane Prefecture.
    フランス語 commune dʼOkinoshima du département de Shimane
    ドイツ語 Stadt Okinoshima in der Präfektur Shimane
    スペイン語 Ciudad de Okinoshima de la Prefectura de Shimane
    アラビア語 وﺗﻌد ﺗﺎﻛﯾﺷﯾﻣﺎ ﺟزء ﻣن ﻣدﯾﻧﺔ أوﻛﯾﻧوﺷﯾﻣﺎ اﻟﺗﺎﺑﻌﺔ ﻹﻗﻠﯾم ﺷﯾﻣﺎﻧﻲ .
    イタリア語 città di Okinoshima, nella Prefettura di Shimane
    ポルトガル語cidade de Okinoshima, na província de Shimane
    ロシア語 города Окиносима в префектуре Симанэ

    さらに別の話題です。slow君のいつものナンクセでzakzakのニュースを思い出しました。(笑い)
    韓国の民間団体、竹島公文書めぐりあきれた虚偽発表
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131213/frn1312131542007-n1.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131213/frn1312131542007-n2.htm

    ReplyDelete
  30. 岛根县隐岐的岛町
    も誤訳だと思います。
    「的」は所有格のようなもので、韓国語の「의」と同じ意味だと思います。

    ああ、ひどいなあ。

    むしろ「隐岐之岛町」とすべきではないでしょうか。

    それから、もっとひどいのは、

    한국에 의한 다케시마 불법 점거가 계속되는 상황 속에서 일본 국민이 한국 본토경유등에 의해 다케시마에 입역(人域)하는 것은, 일본국민이 다케시마에서 한국측의 관할권에 굴복함을 인정했다거나, 다케시마에 대한 한국의 영유권을 인정했다는 식의 오해를 초래할 수 있습니다. 이 점에 대해 국민 여러분의 이해와 협조를 부탁드립니다.

    の部分です。

    これは日本語のページの
    http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/takeshima/index.html

    韓国による竹島の不法占拠が続いている状況の中で、我が国国民が韓国の出入国手続に従って竹島に入域することは、当該国民が竹島において韓国側の管轄権に服することを認めたとか、竹島に対する韓国の領有権を認めたというような誤解を与えかねません。そのような入域を行わないよう、国民の皆様のご理解とご協力をお願いします。

    にあたる部分だと思いますが、

    「我が国国民が韓国の出入国手続に従って竹島に入域することは、」を
    「일본 국민이 한국 본토경유등에 의해 다케시마에 입역(人域)하는 것은,」
    「日本国民が韓国本土経由などによりタケシマに人域することは、」としています。

    입역「入域」を「人域」と間違えているのもひどいですが、(外務省が、この韓国語ページをまともに監修していないことがわかります。)

    「韓国の出入国手続に従って」をそのまま翻訳せずに、「韓国本土経由などにより」としているのは、どうしてなのでしょうか?
    「韓国本土」という言葉は、「韓国の離島」という意味合いを予測させはしないでしょうか?

    外務省の韓国担当者は、このページを見ていないのではないでしょうか?

    (2013年12月16日11時検索)

    ReplyDelete
  31. This comment has been removed by the author.

    ReplyDelete
  32. 確信犯?
    自治体固有名詞の「隠岐の島町」を、隠岐の「島町」と誤解したり、活字の「入」と「人」を誤読して翻訳したということは、韓国人に翻訳を丸投げしたということでしょうか。翻訳者が日本人とは考えにくいです。
    先頃あった北海道の土下座強要・実名写真公開事件のウリハッキョの主婦が、漢詩の「也夫人」という語句を「亡夫へ」と読んだことを思い出しました。
    これは、竹島関係で言えば、「右島」を「石島」と読んだセンスと同じです。
    漢字の理解力が著しく低水準にある人物の為せる業のように思えます。

    しかし、本当にそうなのでしょうか。
    それにしては、본토「本土」をわざわざ挿入しているのは、政治的な意図を疑われても当然な不自然さです。matsuさんのおっしゃるように、竹島は韓国本土の延長だという「ステルスマーケティング」をしているように思えます。

    これは、外務省に委託された韓国系の翻訳者が初歩的ミスをしたのではなく、監修している外務省職員の中に、コリアスクールあるいはドクトスクール(いわゆるチャイナスクールのような)が紛れ込んで犯した確信犯ではないでしょうか。確信犯といっても、巷間に誤用される「いわゆる確信犯」ではなく、間違いとして済まされることを計算した、正しい意味での確信犯ではないでしょうか。


    ReplyDelete
  33. 外務省のホームページ
    http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/takeshima/index.html

    パンフレット「竹島問題を理解するための10のポイント」
    の各国語版が、貼ってありますが、この韓国語版にも
    http://www.mofa.go.jp/region/asia-paci/takeshima/pamphlet_k.pdf
    2枚目の画像の地図の下の方に、
    시마네현 오키의 시마초(島町)에 속한다.
    「島根県隠岐のシマチョ(島町)に属する。」
    となっています。

    このパンフレットは、2008年2月発行とあり、紙の冊子として広く配られています。

    ここの記述全体は、

    ■오키제도 북서쪽 약 158km, 북위 37도 14분, 동경 131도 52분의 일본해상에 위치하는 군도. 시마네현 오키의 시마초(島町)에 속한다.
    ■히가시지마(메지마), 니시지마(오지마)의 2개의 작은 섬과 그 주변의 수 십개의 암초로 구성되어 있으며, 총 면적은 약 0.21km2 [히비야 (日比谷)공원과 거의 같은 면적].
    ■각 섬은 수면에서 우뚝 솟은 험준한 화산섬이며, 주위는 깎아지른 듯한 절벽을 이룬다. 또 식물과  음료수가 부족하다.

    ですが、現在のホームページの記述も、これと全く同じなので、この2008年の時のデータをそのまま使っているのでしょう。
    http://www.mofa.go.jp/region/asia-paci/takeshima/index-k.html


    • 오키제도 북서쪽 약 158km, 북위 37도 14분, 동경 131도 52분의 일본해상에 위치하는 군도. 시마네현 오키의 시마초(島町)에 속한다.
    • 히가시지마(메지마), 니시지마(오지마)의 2개의 작은 섬과 그 주변의 수 십개의 암초로 구성되어 있으며, 총 면적은 약 0.21km2 [히비야 (日比谷)공원과 거의 같은 면적].
    • 각 섬은 수면에서 우뚝 솟은 험준한 화산섬이며, 주위는 깎아지른 듯한 절벽을 이룬다. 또 식물과 음료수가 부족하다.



    動画の隣にある「竹島フライヤー」というパンフレットでは、
    http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/takeshima/pdfs/takeshima_flyer_ko.pdf
    오키노시마초  オキノシマチョ=「隠岐の島町」になっています。

    こちらの方が新しいパンフレットだと思いますが、訂正の機会はあったはずですよね。

    領土問題の広報に力を入れる、というのであれば、外務省のホームページは早く直してほしいです。

    ちなみに、まだ直っていません。(笑)
    http://www.mofa.go.jp/region/asia-paci/takeshima/index-k.html
    (2013年12月19日8時検索)

    外務省の人は、このサイトを見ていないんでしょうね。

    ReplyDelete
  34. 「隠岐の島町」がいつ誕生したのか知りたくて

    隠岐の島町
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9A%A0%E5%B2%90%E3%81%AE%E5%B3%B6%E7%94%BA

    を見たら出ていなくて、「隠岐の歴史」にリンクになっていました。

    隠岐の歴史
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9A%A0%E5%B2%90%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2

    ここに、
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    平成16年(2004年)10月1日、西郷町、布施村、五箇村、都万村が合併して隠岐島後全島をカバーする隠岐の島町が誕生した。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    とありました。竹島は「五箇村」所属、という感覚が強かったのですが、もう10年近く前から「隠岐の島町」なんですね。そして、2005年に「竹島の日」が出来た時には、もう「隠岐の島町」だったんですね。それであれば、この固有名詞「隠岐の島町」を外務省の人間が知らない、というのは、なんとも情けないです。


    ところで、そのあとに、
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    なお、竹島は隠岐島の北西約157キロに位置する岩礁(総面積、230,967平方メートル)で、明治38年(1905年)2月22日閣議で島根県隠岐島司の所管とされ、同年5月17日に島根県の官有台帳に記載されている。戦時中は海軍用地として舞鶴鎮守府の所管となる。昭和28年(1953年)以来大韓民国の実効支配下にあるが、日本政府の見解では日本国の国有財産として財務省理財局の所管となっている。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    と記述されていました。

    1952年にサンフランシスコ条約で日本領土として確定した話が出ていませんね。

    ReplyDelete
  35. 外務省の北東アジア課に連絡しました。
    「入域」を「人域」とは、明らかな間違いですので、「隠岐の島町」も含め訂正してくれる模様です。
    「韓国本土から竹島へ」という作為的な翻訳の不自然さも指摘しましたし、動画に字幕も付けて欲しいという要望も伝えました。

    それにしても、日本人が犯した間違いとは思えない御粗末なミスです。韓国人による翻訳のリスクに無防備過ぎたのでしょう。しかし責任は、監修した外務省の職員にあります。

    サイバー攻撃などによって書き換えられたものではないようです。(笑)

    ReplyDelete
  36. 小嶋日向守さん、お疲れさまでした。

    ReplyDelete
  37. 2014年の新春を彩る毎度おなじみの主張


    「独島、韓国固有の土地」動画 今夜0時配布

    2013-12-31 YTNニュース
    http://www.ytn.co.kr/_ln/0101_201312311735133551



     政府は独島が私たちの固有の土地ということを知らせる動画を、今夜、インターネットを通じて再び配布します。チョ・テヨン外交部スポークスマンは独島が歴史的・地理的・国際法的に私たちの領土という事実を入れた動画を、今夜深夜12時を期して外交部ホームページとユーチューブに掲載する予定だと明らかにしました。
    政府が製作した独島動画は世宗実録など歴史的史料を通じて独島が私たちの固有の領土であることを確認する内容を含んでいます。
    外交部は、今回製作された韓国語動画に続き、来年初めには日本語をはじめとする多様な言語で「独島動画」を製作して順に配布する計画です。
    外交部は去る10月に12分の独島動画を製作して配布しましたが、この動画が日本の放送会社の画面を任意に使ったこと明らかになって削除した後、新しい動画を製作しました。

    ReplyDelete
  38. Chaamiey様

    情報提供、ありがとうございました。

    確かに韓国側の新動画、上がっていますね。
    http://www.youtube.com/watch?v=muB4_LNZ2Rk

    あいかわらず、既に論破された議論しかしていないと思います。
    外務省は、ひとつひとつ、徹底的に反駁して、全世界にわかりやすく発信してほしいと思います。

    海外への広報に力を入れる、として予算もついたようです。しっかり働いてほしいと思います。

    小島さんが電話をしてくれたにもかかわらず、まだ韓国語版のHPはなおってないですが。
    http://www.mofa.go.jp/region/asia-paci/takeshima/index-k.html
    시마네현 오키의 시마초(島町)
    일본 국민이 한국 본토경유등에 의해 다케시마에 입역(人域)하는 것은

    ReplyDelete
  39. 上記、韓国側の動画
    http://www.youtube.com/watch?v=muB4_LNZ2Rk

    冒頭に卞栄泰外務部長官の「独島は日本の韓半島侵奪の最初の犠牲物でした」という文言が1954年10月28日のこととして載っています。

    以前、Makotoさんたちと議論したことがありますが、
    http://dokdo-or-takeshima.blogspot.jp/2009/08/21th-column-seeking-truth-based-solely.html
    2009年9月12日以降のコメント部分

    この卞栄泰外務部長官の「発言」あるいは「声明」なるものについて、はたして本当に存在しているのか、最近では疑問に思っています。
    つまり、捏造(でっちあげ)(韓国語で言う「造作」)ではないかと言うことです


    東アジア歴史財団理事長になった金学俊の最近の著書
    金学俊『独島研究』論創社2012翻訳本 276~7pでは、
    「卞栄泰長官」ではなく、「在日本大韓民国代表部」の「声明」としています。
    しかも、これも一次史料を示していません。

    独島は日本の韓国侵略に対する初の犠牲地である。解放とともに独島はふたたび我々のもとに戻ってきた。独島は韓国独立の象徴である。この島に手を出す者は、韓民族全体の頑強な抵抗を覚悟せよ。独島は単なる列岩ではなく、我が民族の栄誉の軸である。これがなくしていかに独立を守ることができようか。日本による独島奪取の企ては、韓国への再侵略を意味するのである。


    確かに、同じ10月28日の、在日本大韓民国代表部が日本側に提出した「口上書」に、似た文言はあります。しかし、そのものズバリ、ではありません。
    塚本孝「竹島領有権をめぐる日韓両政府の見解」レファレンス2002年6月 67p

    この卞栄泰長官の言葉は、韓国側の独島領有権主張の根源ともいえる文句ですが、それ自体が、「虚偽」「虚構」ではないかと思っています。

    この文句は、金東祚がでっちあげたものではないでしょうか。
    金東祚(キム・ドンジョ Kim Dong Jo)の回想録
    『韓日の和解―日韓交渉14年の記録』
    林建彦訳(サイマル出版会1993年10月 )105p
    (原著『回想30年 韓日会談』1986年 中央日報社)80p

    ReplyDelete
  40. 卞栄泰長官の発言について

    Chaamieyさんのブログに、中央日報の記事が紹介されています。
    http://blogs.yahoo.co.jp/chaamiey/54923887.html

    もと記事
    独島問題、韓国外交の基準は58年前の「卞栄泰文書」
    http://japanese.joins.com/article/215/158215.html?servcode=A00&sectcode=A10
    2012年08月25日13時30分
    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

    独島(ドクト、日本名・竹島)に対する韓国外交通商部の立場は昨今に決まったことではない。58年前に当時の卞栄泰(ビョン・ヨンテ)外務部長官(1951-55年在任)が韓国側の立場を断固かつ論理的に叙述した外交文書に明示されている。3枚分量のこの口上書(note verbale)は、独島に対する韓国政府の立場を初めて公式的に整理した文書だ。金星煥(キム・ソンファン)外交通商部長官が22日、野田佳彦日本首相の書簡を返送することにした決定にも、重要な準拠になったという。

    卞元長官はこの文書で、「韓国は独島に対する領有権を持っており、韓国が国際司法裁判所(ICJ)で権利を証明しなければならない理由は何もない」と強調した。日本は52年1月の李承晩(イ・スンマン)大統領の平和ライン宣言に異議を提起して以来、独島領有権の主張を続けてきた。韓国政府は独島に警備部隊を常駐させ、韓国領という表示を設置して対応した。

    日本は54年9月25日、独島問題をICJに行って最終決定をしようと提案した。韓国政府は1カ月後の10月28日、独島が韓国の領土という事実には論争の余地がないとして、これを拒否した。卞元長官の口上書はこの時に作成された。

    「ICJに紛争を提出しようという提案は、誤った主張を法律的に偽装しようという試みにすぎない。領土紛争が存在しないのに‘類似領土紛争’を作り出しているのが日本だ。妥協の余地なく完全で、紛争の余地がない韓国の独島領有権に対し、日本は‘類似請求権’を設定しようとしているのだ」。

    独島を過去の問題に連携させたのも卞元長官だ。卞元長官は「独島は日本の韓国侵略に対する最初の犠牲領土だ。独島に対する日本政府の不合理ながらも始終一貫した主張に対し、韓国国民は日本が同じ方法の侵略を繰り返しているのではと疑問を抱く」と書いた。これを根拠で卞元長官は「韓国国民にとって独島は日本に対する韓国の主権の象徴であり、また韓国の主権の保全を試験する実例だ。韓国国民は独島を守護し、韓国の主権を保全する決意を持っている」と宣布した。

    文書とともに発表された声明も目を引く。「独島は単なる岩の塊ではなく、私たちの民族の栄誉の錨だ。これを失ってどうやって独立を守れるだろうか。日本が独島奪取を図るのは韓国再侵略を意味するものだ」。

    その後、韓国政府は65年に韓日会談を終える時もこの内容を基本方針とした。シン・ヨンハ蔚山大学大学院教授((独島学会会長)は卞栄泰元外相について「韓国政府の立場を確立した責任者」とし「政府は今後もこの立場をずっと堅持するべき」と述べた。金星煥長官も「(独島をめぐる)領土紛争は存在せず、植民地後の領土守護を歴史的脈絡で接近しなければならないということを当時、しっかりと整理していなかったとすれば、今ごろ大きな問題が発生していたかもしれない」と述べた。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    これによると、①「3枚分量の口上書(note verbale)」(10月28日作成)と
    ②「文書とともに発表された声明」のふたつがあるようです。

    前者①には「独島は日本の韓国侵略に対する最初の犠牲領土だ。」とあるようで、その意味で、動画冒頭の言葉は、1954年10月28日のものとして良いようです。
    塚本孝「竹島領有権をめぐる日韓両政府の見解」レファレンス2002年6月 67p
    「独島は日本の侵略の犠牲となった最初の韓国領土であった」

    ところで、この口上書は、「大韓民国駐日代表部」によるものとされています。
    はたして「卞栄泰外務部長官」の名前は、書いてあったのか?

    そして、後者②「文書とともに発表された声明」に
    「独島は単なる岩の塊ではなく、私たちの民族の栄誉の錨だ。これを失ってどうやって独立を守れるだろうか。日本が独島奪取を図るのは韓国再侵略を意味するものだ」。

    があったとされています。

    現在の韓国の主張の「哲学的根拠(?)」をなすものですが、
    はたしてこの「声明」は実際に存在するのか?

    前掲
    金東祚(キム・ドンジョ Kim Dong Jo)の回想録
    『韓日の和解―日韓交渉14年の記録』
    林建彦訳(サイマル出版会1993年10月 )105p
    (原著『回想30年 韓日会談』1986年 中央日報社)80p
    にこの「声明」があらわれますが、

    これより前にあらわれるのは、

    朴実(パク・シル)『韓国外交秘史』麒麟苑 1979年夏「まえがき」(1980再版)
    294p
    だけです。

    これよりさかのぼる資料は見たことがありません。

    つまり、「1954年当時の新聞記事」や「韓国外務部の実際の記録」というような確定的な一次史料はどこにも提示されていない、ということです。

    政治記者である朴実(パク・シル)に、この「声明」を提供したのは、実は外務部の金東祚ではないかとも考えられます。

    よって
    「独島は単なる岩の塊ではなく、私たちの民族の栄誉の錨だ。これを失ってどうやって独立を守れるだろうか。日本が独島奪取を図るのは韓国再侵略を意味するものだ」。

    という「卞栄泰長官の声明」なるものは、実は金東祚のでっちあげではないか、という私の仮説ができました。


    ただの「妄想」かもしれませんが、これからも一次史料をさがしたいと思います。

    ReplyDelete
  41. うーむ、言われて見れば、韓国の「独島領有権」とやらの根拠は、「歴史的」、「地理的」、「国際法的」なものに加えて「哲学的」根拠もあったのですね。これは手強い(笑)

    ReplyDelete
  42. 「3枚分量の口上書(note verbale)」(10月28日作成)
    というのは、以下のものだと思います。

    島根県資料
    http://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/web-takeshima/takeshima04/takeshima04_01/takeshima04c.html
    (6)「竹島/独島問題」に関する日韓両国往復外交文書(1952〜76) 福原裕二
    http://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/web-takeshima/takeshima04/takeshima04_01/takeshima04c.data/4-6-01.pdf
    p119~121

    26 1954.10.28次我側口述書

    島根県のHPに載っていますが、韓国側文書が「我側口述書」とあることから、韓国側でまとめられた資料集だと思います。
    ひょっとして『独島問題概論』1955?

    3の終わりの方に(120p)
    Thus, Dokdo was the first Korea territory which had been made a victim of the Japanese aggression.
    とあり、
    「独島は日本の韓国侵略に対する最初の犠牲領土だ。」
    にあたるものと思います。

    「ICJに紛争を提出しようという提案は、誤った主張を法律的に偽装しようという試みにすぎない。領土紛争が存在しないのに‘類似領土紛争’を作り出しているのが日本だ。妥協の余地なく完全で、紛争の余地がない韓国の独島領有権に対し、日本は‘類似請求権’を設定しようとしているのだ」
    は2の内容をまとめたものでしょう。

    「独島に対する日本政府の不合理ながらも始終一貫した主張に対し、韓国国民は日本が同じ方法の侵略を繰り返しているのではと疑問を抱く」
    の部分は、3の最後にあります。

    ところが、この文書を出しているのは、冒頭にあるように
    The Korean Mission in Japan
    であり、最後に 「東京 1954年10月28日」 とあることからも、
    塚本孝氏の翻訳にある「大韓民国駐日代表部」であると思われます。

    少なくとも、「卞栄泰外務部長官」の署名はありません。

    「大韓民国駐日代表部」は外務省傘下の機関だから、すべて卞栄泰長官の命令下にあるので、これはすなわち卞栄泰長官の言葉と解釈できる、ということなのでしょうか?

    また、
    これを根拠で卞元長官は「韓国国民にとって独島は日本に対する韓国の主権の象徴であり、また韓国の主権の保全を試験する実例だ。韓国国民は独島を守護し、韓国の主権を保全する決意を持っている」と宣布した。
    とありますが、この部分は、口上書の4の部分と思われます。

    ここで、「宣布した」の意味がよくわかりませんが、あくまでも
    「口上書をもって日本政府に伝えた」、ということであって、韓国内で韓国国民や日本国民にむかって「宣布した」ものではありません。

    あわせて「文書とともに発表された声明」の内容とされる
    「独島は単なる岩の塊ではなく、私たちの民族の栄誉の錨だ。これを失ってどうやって独立を守れるだろうか。日本が独島奪取を図るのは韓国再侵略を意味するものだ」。
    については、この「口上書」の4の部分に似た文句がありますが、
    「私たちの民族の栄誉の錨だ。これを失ってどうやって独立を守れるだろうか。」にあたる部分はないように思います。

    卞栄泰長官は、いつ、どのような形で、「文書とともに発表された声明」を出したのでしょうか?

    愼鏞廈『獨島領有權 資料의 探究』4巻 304p (456)にこの資料の翻刻があります。

    ReplyDelete
  43. 上の中央日報の記事は、日本政府が竹島問題を国際司法裁判所で解決しようと提案したのに対して1954年10月28日付けで大韓民国駐日代表部がそれを拒否したときの日本政府あて口上書のことを説明しているわけですね。この口上書は『独島問題概論』にも収録されています。


    その発信者は一応「駐日代表部」であって「卞栄泰(ビョン・ヨンテ)外務部長官」の署名はないのでしょうが、それにもかかわらず上の記事ではしきりに「卞元長官が」、「卞元長官が」と強調していることからすると、その口上書はmatsuさんの推定のとおり卞長官の指示によって作成されたものであり、事実上、卞長官の文書であるということなのでしょう。駐日代表部が単独でああいう口上書を日本政府あてに提出することはおそらくできなかったでしょう。本国の指示を受けながら作成したと考えるのが自然でしょうね。

    そうすると、結局、現在の韓国人たちのお好みの「独島は日本の韓国侵略による最初の犠牲だ」という主張が初めて公式に表明されたのは、この1954.10.28口上書によってであるということになりますね。


    中央日報の記事中の「宣布した」はあまり深く考えなくてもいいのではないでしょうか。口上書で「韓国国民にとって独島は日本に対する韓国の主権の象徴であり、また韓国の主権の保全を試験する実例だ。韓国国民は独島を守護し、韓国の主権を保全する決意を持っている」という意味のことを述べたことを「宣布した」と若干大きく表現しただけでしょう。

    「文書とともに発表された声明」については判断材料が無いですが、推測するに、口上書は日本政府に提出されたわけですが、同時に、韓国のマスコミ向けに「こういう口上書を日本政府に出したぞ」と説明したということは大いに考えられることです。そのときに、口上書そのものとは別に口上書の趣旨などを説明する文書を作成して発表したということが考えられます。それが「文書とともに発表された声明」なのでしょう。
    『独島問題概論』にはそういう声明文は収録されていませんが、そういう声明は公的文書としての位置付けは口上書に比べれば格下ですから、扱いは軽いと思います。ただ、中央日報の記者はその声明文の内容を知っているわけですね。

    ReplyDelete
  44. 韓国側正式拒絶
    日本の独島問題「国際裁」提訴

    東亜日報 1954.10.30

    【東京28日発AP=合同】日本外務省は、28日、独島の領有権をめぐる韓日両国間の主張に対する裁定をハーグの国際法廷に提訴しようという日本側の要請を韓国政府が拒絶したと発表した。同外務省の公式発表によれば、駐日韓国代表部は、独島の領有権が韓日両国のいずれに帰属するのかを国際法廷に決定してもらおうという日本側の要求を拒絶したとのことである。



    *********************

     韓国政府が積極的に発表したという記事は、今のところ辿りつけません。

    ReplyDelete
  45. 同じ日付の京郷新聞は、駐日代表部が日本政府に裁判拒否の口上書を提出したことを報じて、口上書の内容も全部紹介していますが、口上書とともに発表されたという声明については何もふれていません。
     この日付から2、3日後の新聞までは見てみましたが、続報はないようです。

    ReplyDelete
  46. Chaamieyさん

    ありがとうございます。

    この時期の新聞記事を当たらなければならないと思っていたのですが、『東亜日報』と『京郷新聞』と2つも探していただいて、ありがとうございました。

    そのいずれにも、「文書とともに発表された声明」なるものは、全く記録されていないことが確認できると思います。

    ところが、「卞栄泰長官の声明」なるものは、今日、必ず次の形で紹介されています。

    「独島は日本の韓国侵略に対する最初の犠牲である。解放とともに独島はわが国の懐に戻ってきた。独島は韓国独立のシンボルである。この島に手をつける者は、全韓国民の頑強な抵抗を覚悟せよ。独島は単にいくつかの岩塊でなく、わが民族の栄誉の錨である。これを失っていかに独立を守れようか。 
    日本が独島奪取をはかるのは、韓国に対する再侵略を意味するものである」

    翻訳文の違いで若干文言が異なるものはありますが、内容は同じです。

    いつ、どのように出されたのか、全く注記されないままで、です。

    >同時に、韓国のマスコミ向けに「こういう口上書を日本政府に出したぞ」と説明したということは大いに考えられることです。そのときに、口上書そのものとは別に口上書の趣旨などを説明する文書を作成して発表したということが考えられます。それが「文書とともに発表された声明」なのでしょう。

    というのは、まさにその通りだと思います。
    でもそれが本当に存在するのか?

    本当に発表されたものであるのなら、それをもとにいろいろ議論するのは良いと思います。しかし、実際に何も発表されなかった内容を、後世の人間が「卞栄泰長官の言葉」として記録し、発信していくのは、「史料の捏造」ということではないでしょうか。


    口上書の翻訳、いただいておきます。ありがとうございます。
    実際に韓国側から日本に送られた原文は英文で、韓国語はその翻訳だと思います。
    この中には、上記「卞栄泰長官の声明」と似た趣旨・文言はありますが、全く同じフレーズがあるわけではありません。

    http://blogs.yahoo.co.jp/chaamiey/53066919.html

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    大韓民国駐日代表部は日本外務省に敬意を表し、独島領有問題に関する1954年9月25日付け貴省の覚書に関して大韓民国政府の見解と決定を次のとおり貴省に送達する光栄に浴する。

    1 幾多の機会に韓国政府が明白にしたように、独島は太古の時代から韓国領土であり、また、現在にも韓国領土である。そして、韓国政府は独島に対する領土権を主張するあらゆる種類の日本の主張を無根なものであるとするのみならず不当なものであると反駁して来た。前述の覚書の第1項に明示した抗議が単に過去の覚書の反復に過ぎず、また、それが日本は独島に対する領土権を有しているという全く無根の仮説に基づくものであって事実上首肯することができない以上、韓国政府は、従前に提示したところと同じ明白な理由と根拠によって同抗議に反駁するものである。

    2 紛争を国際司法裁判所に付託しようという日本政府の提案は、司法的な仮装により虚偽を主張するまた一つの企図に過ぎない。韓国は独島に対して最初から領土権を有しており、その権利の確認を国際司法裁判所に求めなければならないとする理由は認定できない。いかなる紛争も存在し得ないのに類似的領土紛争を作るのは日本である。
     日本は、独島問題の国際司法裁判所への提起を提案して、いわゆる独島領有紛争に関して単に暫定的にでも自国を韓国と同等の立場に置き、そうすることにより独島に対する韓国の完全かつ論議の余地のない領土権と妥協して紛争の余地が無いのに日本のために仮の主張を押し立てようと企図している。

    3 加えて、韓国は40年以上も帝国的日本の侵略によってその権利が略奪されていたという事実を日本に喚起させるところだ。日本政府が明らかに知っているように、侵略は次々と進行し、1910年に全韓国の日本との併合によりその頂点に到達した。しかし、日本はあらゆる実際的な目的のために1904年に韓国を支配するための権力を掌握し、その当時、日本は韓国にいわゆる韓日議定書と韓国と日本との最初の協定を強要した。島根県庁が独島を自称してその管轄権に包含したのは、このような協定の一年後であった。そうして、独島は日本の侵略の犠牲となった最初の韓国領土であった。
     現在、独島に対する日本政府の不合理ではあるものの終始一貫した主張に鑑み、韓国国民は日本が同じ方法の侵略を繰り返しているのかどうか非常に疑っている。

    4 周囲の諸事実がかくのごときであることから、韓国国民に対して独島は東海に離れた一個の小島であるのみならず、それは、日本と相対する韓国の主権の象徴であり、また、韓国の主権の保全を試す実例である。韓国国民は独島を守護し、ひいては韓国の主権を保全する決意を有している。故に、韓国政府は、一時的にしても、また国際司法裁判所の前においても独島に対する韓国の主権に疑義を付すことはできない。

    5 故に、大韓民国政府は独島問題を国際司法裁判所に提出しようという日本政府の提案に反駁することを遺憾に思う。しかし、大韓民国政府は、日本政府が独島は韓国領土の不可欠の一部であることを確信するときまで、日本政府が有するかも知れない独島に関連するいかなる質義にもいつでも応答するものである。

    本代表部は貴省に改めて敬意を表する。

    1954年10月28日  東京

    ReplyDelete
  47. >『独島問題概論』にはそういう声明文は収録されていませんが

    『独島問題概論』(1955)は金東祚が編集したものであり、同じ金東祚が、後日、自分の著書で、この「卞栄泰長官の声明」を紹介しています。

    『韓日の和解―日韓交渉14年の記録』林建彦訳(サイマル出版会1993年10月 )105p
    (原著『回想30年 韓日会談』1986年 中央日報社)80p

    この声明は、韓国側の主張を非常に端的にあらわしたものであり、ある意味で「名文」(?)ともいえます。

    もし1954年10月の段階で、本当に発せられていた声明であるならば、金東祚は、『独島問題概論』(1955)にこの「声明」をのせることができたのではないでしょうか?

    ReplyDelete
  48. 2011年8月15日の中央日報の記事です。

    http://article.joins.com/news/article/article.asp?total_id=5973972

    ここでは卞栄泰長官の「手紙」となっています。「公翰」=公式の手紙、として日本に送ったことになっています。そんな「手紙」を本当に送ったのか?

    これも、正体は、この「口上書」のことだと思います。

    「口上書」の内容が一部改変されて、『卞栄泰長官の「手紙」』として流布し、それを現職の外交通商部長官、すなわち外務大臣が、8月15日の「解放記念日」に、実在した「公翰」として引用して振り返られているわけです。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    57年前の「卞栄泰の手紙」 …キム・ソンファンが再び取り出した理由は

    [中央日報]入力2011.08.15 01:04 /修正2011.08.15 01:18

    歴史の反復… 1954年「独島は日本侵略の最初の犠牲物」引用

    キム・ソンファン外交通商部長官が12日、定例ブリーフィングで57年前の卞栄泰外相の公翰(公式の書簡)を直接引用して独島関連の発言をした。「卞栄泰公式書簡」は、1954年、日本が独島領有権問題を国際司法裁判所(ICJ)に回付しようと主張したことに対するわが政府の公式の返事だ。内容は次のとおりである。

    「独島は日本の韓国侵略による最初の犠牲物だ。解放と共に独島は再び私たちの懐に抱かれた。独島は韓国独立の象徴だ。日本が独島の奪取を試みたことは韓国に対する再侵略を意味するものだ。そして日本政府の提案は司法手続きに仮託したもうひとつの虚偽の試みに過ぎない。韓国は独島に対する領有権があって、韓国が国際司法裁判所でその権利を証明しなければならない何の理由もない」

     日本は、52年1月、独島を韓国領土に含ませた李承晩大統領の平和線(李承晩ライン)宣言に異議を提起した以後、ずっと独島領有権の主張を繰り広げ、わが政府は独島に警備部隊を常駐させて独島に韓国領土という標示をたてた。これに対して日本は、自国領土を不法占拠したと公開的に抗議し、54年、初めて独島の領有権問題をICJに提訴しようとわが政府に提案した。

    ブリーフィングで直接卞栄泰公簡を読んだキム長官は「ほぼ60年近くが流れたが、卞栄泰外相が明らかにした立場と私たちの政府の立場は一つも変わったものがない」と強調した。
    独島問題は日帝の植民地侵奪の過程で起きたことで、領有権紛争の対象になりえないという立場だ。これは「(独島について)強力に対応しなければならない」という日本の枝野幸男官房長官の発言に対する正面対抗の性格が強い。

    政府の独島対応基調は強くなる雰囲気だ。今年3月、日本が歴史を歪曲した中学校教科書検定結果を発表した直後から、政府はそれまでの「物静かで断固たる」外交対応方針を「厳正で断固たる」立場に整理した。

    しかし、以後にも、日本外務省の大韓航空利用自制命令、自民党議員の鬱陵島入島の試みなど、日本の露骨な挑発が続き、政府内にも政界の強硬気流が反映されていく姿だ。 政府は、日本の独島挑発が続く場合、韓日自由貿易協定(FTA)交渉など他の分野にまで悪影響を与える恐れがあるという点を伝達している。

    クォン・ホ記者

    ◆ピョン・ヨンテ(卞栄泰・1892~1969)=中央高等普通学校教師、高麗大教授を経て、李承晩大統領によって1951年第3代外相に任命されて55年まで過ごした。 教授時期、大統領特使として政府承認交渉のためにフィリピンに行くなど、外交の舞台で活躍した。 54年には国務総理と外相を兼任した。退任後にはソウル大商学部教授、高麗大教授などとして後進養成にあたった。「偉大な怒りは宗教より深く… 」で始まる詩「論介」で有名な樹州ピョン・ヨンノ(卞榮魯)は弟である。

    卞栄泰公翰の主な内容
    独島は日本の韓国侵略に最初の犠牲物だ。解放と共に独島は再び私たちのふところに抱かれた。独島は韓国独立の象徴だ。日本が独島の奪取を試みたことは、韓国に対する再侵略を意味することだ。 …韓国は独島に対する領有権があって、韓国が国際司法裁判所でその権利を証明しなければならない何の理由もない。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    記事原文

    57년 전 ‘변영태 편지’ … 김성환, 다시 꺼낸 까닭은
    [중앙일보] 입력 2011.08.15 01:04 / 수정 2011.08.15 01:18
    역사의 반복 … 1954년 ‘독도는 일본 침략 최초 희생물’ 인용
    김성환 외교통상부 장관이 12일 정례 브리핑에서 57년 전 변영태 당시 외무장관의 공한(公翰•공식 편지)을 직접 인용하며 독도 관련 발언을 했다. ‘변영태 공한’은 1954년 일본이 독도 영유권 문제를 국제사법재판소(ICJ)에 회부하자고 주장한 데 대한 우리 정부의 공식 답변이다. 내용은 다음과 같다.

     ‘독도는 일본의 한국 침략에 의한 최초의 희생물이다. 해방과 함께 독도는 다시 우리의 품에 안겼다. 독도는 한국 독립의 상징이다. 일본이 독도의 탈취를 꾀한 것은 한국에 대한 재침략을 의미하는 것이다. 그리고 일본 정부의 제의는 사법절차를 가정한 또 다른 허위의 시도에 불과하다. 한국은 독도에 대한 영유권이 있으며, 한국이 국제사법재판소에서 그의 권리를 증명해야 할 하등의 이유가 없다’.

     일본은 52년 1월 독도를 우리 영토에 포함시킨 이승만 대통령의 평화선(이승만 라인) 선포에 이의를 제기한 이후 계속 독도 영유권 주장을 펴왔고, 우리 정부는 독도에 경비부대를 상주시키고 독도에 한국 영토라는 표지를 세웠다. 이에 대해 일본은 자국 영토를 불법 점거했다고 공개 항의했으며 54년 처음으로 독도의 영유권 문제를 ICJ에 제소하자고 우리 정부에 제의했다.

    브리핑에서 직접 변영태 공한을 읽은 김 장관은 “거의 60년 가까이 흘렀지만 변영태 외무장관이 밝힌 입장에서 우리 정부의 입장은 하나도 변한 것이 없다”고 강조했다. 독도 문제는 일제의 식민지 침탈의 과정에서 생긴 것으로 영유권 분쟁의 대상이 될 수 없다는 입장이다. 이는 “(독도와 관련해) 강력하게 대응해야 한다”는 에다노 유키오(枝野幸男) 일 관방장관 발언의 맞대응 성격이 강하다.

     정부의 독도 대응 기조가 강해지는 분위기다. 올 3월 일본이 역사를 왜곡한 중학교 교과서 검정 결과를 발표한 직후부터 정부는 그간 ‘차분하고 단호한’ 외교 대응 방침을 ‘엄정하고 단호한’ 입장으로 정리했다.

    그러나 이후에도 일본 외무성의 대한항공 이용 자제령, 자민당 의원의 울릉도 입도 시도 등 일본의 노골적인 도발이 이어지면서 정부 내에도 정치권의 강경 기류가 반영돼 가는 모양새다. 정부는 일본의 독도 도발이 이어질 경우 한•일 자유무역협정(FTA) 교섭 등 다른 분야에까지 악영향을 미칠 수 있다는 점을 전달하고 있다.

    권호 기자

    ◆변영태(卞榮泰•1892~1969)=중앙고등보통학교 교사, 고려대 교수를 지내다 이승만 대통령에 의해 1951년 제3대 외무장관으로 임명돼 55년까지 지냈다. 교수 시절 대통령 특사로 정부 승인 교섭을 위해 필리핀을 다녀오는 등 외교 무대에서 활약했다. 54년엔 국무총리와 외무장관을 겸임했다. 퇴임 후엔 서울대 상과대 교수, 고려대 교수 등으로 후진 양성에 힘 썼다. ‘거룩한 분노는 종교보다 깊고 … ’로 시작되는 시 ‘논개’로 유명한 수주(樹州) 변영로가 동생이다.

    변영태 공한(公翰) 주요 내용
    독도는 일본의 한국 침략에 최초의 희생물이다. 해방과 함께 독도는 다시 우리의 품에 안겼다. 독도는 한국 독립의 상징이다. 일본이 독도의 탈취를 꾀한 것은 한국에 대한 재침략을 의미하는 것이다. … 한국은 독도에 대한 영유권이 있으며, 한국이 국제사법재판소에서 그의 권리를 증명해야 할 하등의 이유가 없다.

    ReplyDelete
  49. 内藤正中・金柄烈『史的検証 竹島・独島 』(岩波書店、2007年)
    金柄烈「韓国の実効的支配と独島」
    215~6p 
    1954年9月1日、韓国政府は独島の風景を入れた3種の切手を発行した。そして1954年9月25日、独島問題の国際司法裁判所への提訴を提案してきた日本に対して、
    「独島は日本の韓国侵略により一番最初に犠牲になった地である。解放とともに独島は再び我々のところに戻った。独島は韓国の独立の象徴である。この島に手をつけようとする者はすべて、韓民族の激しい抵抗を受ける覚悟をしなければならない。・・・日本の独島奪取のたくらみは韓国を再侵略する意図だと理解する」と表明した。その後、10月28日付で「日本政府の提案は司法手続きを装ったもう1つの脅威の見せびらかしに過ぎない。韓国には、独島に対する領有権があり、また如何なる国際司法裁判所においてもその権利を証明される理由など全くない。・・・・・日本は独島の領有権において韓国と対等な位置を占めようとしているのだ」と書かれた拒否口述書を渡した。(注195)

    注195 外務部『独島問題概論』 119~121p
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    日本に対して「表明した」となっているが、「声明」等の用語は使われていない。
    主語は、文脈上「韓国政府は」と考えられる。しかし具体的な言及はない。
    「9月25日」はどこまでかかるのか?日本の提起と同日に表明したのか?

    「表明した。その後、10月28日付で」、となっており、少なくとも10月28日の「口上書」より「前」のこととなっている。

    なお、注195 外務部『独島問題概論』 119~121pには、
    「解放とともに独島は再び我々のところに戻った。」
    「この島に手をつけようとする者はすべて、韓民族の激しい抵抗を受ける覚悟をしなければならない。」
    にあたる記述は存在しない。よってこの注記は後半部分のみに対するものと解釈すべきである。すなわち「表明した」の部分を裏付ける史料がない。



    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    玄大松『領土ナショナリズムの誕生』ミネルヴァ書房 2006
    278p
    独島は日本の韓国侵略に対する初の犠牲物だ。日本の敗戦とともに独島は再び我々の懐に抱かれた。独島は韓国独立の象徴だ。この島に手を付ける者は我が民族の頑強な抵抗を覚悟せよ。独島はただいくつかの岩塊でなく、我が民族の栄誉のイカリだ。これを失ってどうして独立を保つことができるだろううか。日本が独島を奪取しようとすることは、即ち韓国に対する再侵略を意味することであるのを忘れてはならない。(注5)

    これは1954年9月に、日本が独島領有権を主張したことに対して、卞栄泰・外務部長官が行った反駁であるとともに、「独島死守に関する悲壮な決意」(注6)を示した談話内容である。

    注5 『韓国日報』1996年2月25日
    注6 同前
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    注記として1996年の新聞を引用する。1954年にさかのぼる史料は提示し得ていない。

    ReplyDelete
  50. Chaamiey様
    以前、柳美林の見つけた史料にをめぐって「ざぶとん1枚」を差し上げましたが(12月5日)、実は全くの「大正解」だったわけで、本来なら「ざぶとん10枚」だと思います。詳細はゲリーさんの投稿にコメントしました。
    英語にするのが難しくて、日本語で書いています。すみません。

    http://dokdo-or-takeshima.blogspot.jp/2013/12/first-discovery-of-chinese-documents.html

    ReplyDelete
  51. matsuさん、ありがとうございます。そちらのページも読んでいます。中国政府はその当時、現竹島の状況とか歴史などは良く知らなかったでしょうね。だから、現竹島と竹嶼とを混同して考えていた可能性はあると思います。だから、柳さんがこのときの中国政府の見方がどうだと言っても大勢に影響はない話ですね。
     ただ、柳さんが書き写して来たという地図では、一応、現竹島が記載されていましたが、それが正確なものか、正確なものであるとしてもどういう説明に用いられていたものか、良く分からない点は残るようです。



    卞栄泰・外務部長官の「独島は日本の韓国侵略により一番最初に犠牲になった地である。解放とともに独島は再び我々のところに戻った。独島は韓国の独立の象徴である。この島に手をつけようとする者はすべて、韓民族の激しい抵抗を受ける覚悟をしなければならない。・・・日本の独島奪取のたくらみは韓国を再侵略する意図だと理解する」という声明についてですが、matsuさんは、その原本が確認できないので存在自体があやしいと見ていらっしゃるようです。私は、韓国人の皆さん方があれだけしばしば引用するということは、実際に存在したものであろうと思います。ところが、韓国の新聞記事によれば、その声明は日本政府あての口上書と共に発表されたという説と、口上書に先立ってとりあえず発表されたという説の二つがあるわけですね。何がホントがまだ良く分かりません。

     ただ、この声明文は、(実際に存在するとして)、要するに格好良く激烈な言葉で表現してあるものの、その本質は正式な口上書と大した違いは無いですね。口上書によって韓国政府の基本的な主張は分かりますので、声明のことは分からないなら分からないでもいいかなと思わないでもないです。

     日本政府が国際裁判を提案した日から韓国政府が口上書で拒否するまでの一か月間の東亜とハンギョレを全部見てみれば出てくるのかも知れませんが、その気力がない・・・・・・・・

    ReplyDelete
  52. 柳女史手描きの地図の竹島は、島根県の竹島でした。
    さらにmatsuさんが明らかにしてくれた、以下の『日本領土処理弁法草案』の説明文も、その前半だけ取り出すと、柳氏の曲解も可能かも知れません。勿論、慶尚北道管轄という点を無視すればですが。

    「日本併合朝鮮後 仍属朝鮮慶尚北道管轄、其本島 為7255平方公里 竹島即為属島
    人口拠1928年調査 為10466人 日本人 僅佔600名 即鬱陵島竹島 不応画帰日本」

    しかし、もう一方の『韓国疆域問題意見』の説明にある「在日人統治時、尚不敢畫歸日本」で、その曲解が成り立たないことは明白です。この語句によって、鬱陵島の東北部にあって、鬱陵島の属島である竹島とは、竹嶼を指していることは疑いの余地がありません。

    「1907年(韓隆熙元年)編入慶尚南道 
    日韓合併後、1914年(大正3年)改属慶尚北道
    翌年頒布島制、設島司面長等官 以治理之
    在日人統治時 尚不敢画帰日本 公認該島為韓国領土 豪無疑義 竹島在該島之東北部 面積不大 為鬱陵島之属島 」

    今回の中国史料のニュースに関しては、韓国の研究者からも、このような一見すると韓国側に有利かと思われて大きく報道された資料でも、よく調べてみると実は日本側有利な資料であることがよくあるので、早計な判断をしてはいけないという意味の冷静なコメントがありましたが、まさにそうなりました。

    ReplyDelete
  53. 小嶋日向守様
    Chaamiey様

    どちらに投稿すべきか迷いつつ、日本語ベースのこちらにいれます。

    柳美林の本の起こしの漢字ですが、これは「中華民国」(「中華人民共和国」にあらず)の文献ですから、当然、旧漢字(繁体字)で書かれています。
    その意味で、「画」などはありません。また私がずぼらをして日本の漢字をあててしまっており、その意味で不正確です。引用としてはこれではまずい、と思っています。

    小嶋さんに確認していただく意味でも、スキャンして本の一部をネットにあげればいいと思いますが、パソコン音痴でごめいわくをかけています。画像をインターネットにあげるスキルを教えていただければと思います。

    「柳美林の手書きの地図」ですが、これも新聞記事より広い範囲が本には掲載されており、小嶋さんご指摘のように、左側は切れていて続きがあります。
    また、中華民国外務省の印字があり、これは彼女の「手書き」ではなく、複写が許された原史料のコピーだと思います。「三十六年」(三十は横棒に縦線3本)となっており、「中華民国36年」で、1947年の資料であると思われます。

    この地図に「竹島」が描かれていますが、
    本圖根據盟軍總部一九四六年一月二十九日曁三月二十二日致日本政府而製
    とあり、SCAPIN677からSCAPIN841までの考え方によるもので、日本の領土を確定したものではありません。

    これも画像をネットにあげられればと思っています。教えてください。


    Chaamiey様
    >日本政府が国際裁判を提案した日から韓国政府が口上書で拒否するまでの一か月間の東亜とハンギョレを全部見てみれば出てくるのかも知れませんが、その気力がない・・・・・・・・

    私もなかなか調べようという気持ちにならないのですが、それは「たぶん、ない」という予想があるからで、徒労に終わることがほぼ確実に予測されるからです。

    しかし、たとえば外務省や内閣府などで、あるいは領土問題担当大臣の傘下で、大学院生の学生アルバイトなどをやとって、悉皆的に新聞記事を調査して、この時期に「卞栄泰長官の声明」なるものも
    「卞栄泰長官の公翰」なるものも存在しない、ことを(少なくとも新聞記事には出ていないことを)明らかにできれば、韓国側の主張の「虚構性」を証明していけるのではないかと思います。
    数十万円の予算でできると思います。

    ReplyDelete
  54. matsuさん

    お疲れ様です。pdf等のスキャンデータをメールいただければ記事にしますよ。

    ReplyDelete
  55. 柳美林『わが資料の中の独島と鬱陵島』は、今年の第5回「独島学術賞」を受賞したようですね。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2014/01/16 08:09

    東北アジア歴史財団(理事長:キム・ハクチュン)が14日、第5回独島(日本名:竹島)賞授賞式を開催した。独島学術賞に研究書『わが資料の中の独島と鬱陵島』を執筆したハンア文化研究所代表のユ・ミリム氏(52)、独島愛賞に独島博物館初代館長の李鍾学(イ・ジョンハク)氏(1928-2002)と東国大学名誉教授のイム・ヨンジョン氏(75)らがそれぞれ受賞した。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    新資料の発見という点からすれば、韓国側が圧倒的なヒト・モノ・カネにものをいわせて、いろいろ見つけてくれます。
    問題は、その解釈で、今回のようにとんでもないものが多いです。
    東北アジア歴史財団と共同研究ができれば、特に韓国側の歴史的事実への理解促進に非常に役立つのではないか、と時に本気に考えてしまいます。

    OPPさん、
    >pdf等のスキャンデータをメールいただければ記事にしますよ。
    ありがとうございます。
    実はスキャナーというものが我が家になくて(昔あったのですが、かみさんがどっかにしまってパソコンとつなぐ線をなくしてしまった)、それでも
    どこかでなんとかPDFを作ってみます。

    それから、上のコメントで「中華民国外務省の印字」は、正確には、
    「外交部 
    THE MINISTRY OF FOREIGN AFFAIRS 
    REPUBLIC OF CHINA」です。

    ReplyDelete
  56. matsuさん

    若干費用はかかってしまいますが、コンビニのコピー機でスキャンしてPDFを作成することが可能です。
    USBメモリーやデジカメで使用しているSDカードを持参すればそこにデータを保存できます。

    ReplyDelete
  57. This comment has been removed by the author.

    ReplyDelete
  58. Oppさん

    ありがとうございます。
    とりあえず、関係か所3枚、PDFで送りました。

    鮮明度がいまいちで、すみません。
    スキャン時に、もっと良いテクニックがあるのかもしれません。

    ReplyDelete
  59. matsuさん他の皆様
    御教示下さい。
    こちらに書いた、15/1/14 18:56 の私のコメント

    >>「今回の中国史料のニュースに関しては、韓国の研究者からも、このような一見すると韓国側に有利かと思われて大きく報道された資料でも、よく調べてみると実は日本側有利な資料であることがよくあるので、早計な判断をしてはいけないという意味の冷静なコメントがありましたが、まさにそうなりました。」

    これは聯合ニュースをもとに補足した韓国の大手新聞記事だったと思うのですが、「中国史料、柳美林、竹島」に関するその日本語訳記事が既に削除されてしまったようです。
    上記の冷静なコメントは、韓国の長老研究者の誰であったのか確認出来なくなってしまいました。原文でも翻訳でも構いませんので、お判りの方は情報提供願います。

    ReplyDelete
  60. 朝鮮日報以外の記事は全て見てみましたが、そのような慎重なコメントはありません。朝鮮日報はmatsuさんが翻訳ずみですが、これにもありませんね。どこの新聞だったんでしょうね。

    ReplyDelete
  61. 小嶋さん

    私も探してみましたが、見つかりませんでした。
    そもそも、いま韓国側では、そうした発言をするのは大変難しい状況だと思います。
    それでもあえてそうしたコメントがあったのであれば、大変貴重だと思います。
    またそうした報道をした新聞の見識も貴重です。

    あるいは、日本語で報道された記事を見た、日本人の、日本語による、記事へのコメントであった可能性はないでしょうか?

    ReplyDelete
  62. Chaamiey様、matsu様

    お二人に調べて頂いても見つからないのではもう見つからないでしょう。幻のコメントになってしまいました。ご迷惑をおかけしましたが、年末から年始に何度も読み返したので、その記事が存在したことは間違いありません。そのコメントをしたのは、「会長」という肩書きで、名前が短めの年配の韓国人専門家でした。メモもコピーを取っておかなかった私が油断していました。

    まあ、見つかったところで、別に何ということもないのですが、とっくに論破されていることを延々と蒸し返す韓国人の中にも、学問的な話がある程度通じる人物がいそうなことを知って嬉しかったのと、その人が、既に日本側有利な証拠と認めている史料を、sloww君に紹介したいと思った迠のことです。

    ありがとうございました。

    ReplyDelete
  63. I must make myself clarified. Dokdo IS KOREAN territory. From 512, Korea left a historical document about Dokdo. Since then, it has been Korean territory. Japan keeps on saying it is Takeshima and it is territory of Japan, when we see the situation based on fact, it is surely. Korean territory. I hope you don't get it confused.

    ReplyDelete
  64. Hi, Mr. Kim

    Thank you for your comment.

    The island, which you mentioned above, Korean invaded and concuered the aboriginal in 512 is not Today's Takeshima/Dokdo, but Ulleungdo. There is no single Korean old document which shows Korean recognised Takeshima/Dokdo as Korean territory whatsoever.

    And yes, Japanese used to call it Takeshima, and later in 1870's, they started Matsushia as well. Until 1905, there are several names on it, and It did confused Japanese a lot.

    ReplyDelete